【頭が悪い人】特徴31選!&疲れる?イライラする?対処法・改善する方法は?

こんにちは!頭が悪い人の特徴の記事へようこそ。

この記事では頭が悪い人の特徴や人からどのように思われているのか、頭が悪い人と話をするときの対処法や改善する方法を紹介していきます。

頭が悪い人の特徴

頭が悪い人

頭が悪い人の特徴について解説していきます。

頭が悪い人の特徴1:自分勝手

頭が悪い人は自分勝手です。

考え方がとても子供で自分が全て、自分中心な考え方です。

他人という概念、意識が自分の中に全く存在せず、自分の思い通りになることが全てだと思っています。

自分の思い通りになることが全てなので他人から嫌われるのは当然です。

頭が悪い人の特徴2:想像力に欠ける

頭が悪い人は想像力が絶望的に欠けています。

自分の行動がどのような結果をもたらすのかについて考えた経験がありません。

自分が思いついたことは何も考えずにそのまましていくので行動に一貫性がなく支離滅裂な行動になります。

行き当たりばったりの行動には良い結果が出ませんのでとんでもない人生になるでしょう。

頭が悪い人の特徴3:優しくない

頭が悪い人には「優しさ」が大きく欠落しています。

優しい人は他人の気持ちや痛みに寄り添うことができる人です。他人の気持ちを理解しようとする心に不可欠なのは想像力です。

相手のことを考えることは想像力が必要です。

ただ先ほども紹介したように頭が悪い人は想像力がない人なので他人の気持ちに寄り添おうとする優しさがありません。

自分のわがままを通し他人はどうなっても良いという考えなので人からは嫌われていきます。

優しい人の特徴・心理25選!損をする?優しい人の顔の見分け方・冷たい?

本当に優しい人の特徴は?習慣・しないこと・見分け方・どんな異性に惚れるか・恋愛などを紹介!

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴4:すぐにネガティブになる

頭が悪い人の特徴にすぐにネガティブになるのがあります。

頭が悪い人は何か自分の目標を立てて達成した経験がありません。

また挑戦する勇気もなく失敗体験すらないので自分自身成長することができずに頭が悪いままなのです。

成功体験も何かに挑戦した経験もないので頭の中が「できない」というネガティブな思考に支配されています。

ネガティブな思考なので頭は満足に働かず思考停止状態になるのです。

そうしても頭が悪い人になるのです。

【ネガティブな人】特徴・心理13選&疲れる理由&付き合い方&ネガティブであるのが悪くない理由は?

頭が悪い人の特徴5:親に甘やかされている人が多い

頭が悪い人の特徴に親に甘やかされている人が多いのがあります。

よくお金持ちの子供なのにすごく頭が悪い人に出会ったり話を聞いた経験はありませんか?

親に甘やかされた子供は親が自分のことを何でもしてくれたので自分で人生を切り開こうといった意識が全くありません。

自分の道を切り開いていこうという気持ちがないと頭を使う事もないのでバカになっていきます。

特に20代後半、社会人になっても親元で暮らしている人は家賃を払う必要がないので「これだけ家賃が高いのだから自分でもっと稼がないといけない」というハングリーがなくなり頭を使うようになりどんどん頭を使って生きている人から引き離されていくのです。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴6:質問しても明確な答えが返ってこない

頭が悪い人の特徴に質問をしても明確な答えが返ってこないのがあります。

例えば職場で「今日はどこまで仕事終わったの?」と聞いても「今日は別の部署の人から○○という仕事を頼まれて問題があって…」といった感じで質問に対して的確な答えがありません。

相手の質問に対して的確な答えがないのは相手の求めることを考える想像力に欠けているのと自分中心な考え方になっているからです。

的確な答えが返ってこないと質問している方はイライラしてくるので職場での人間関係の悪化に繋がります。

頭が悪い人の特徴7:自分のことで一杯一杯

頭が悪い人は他者に対する優しさだったり想像力に欠けている面があるとお伝えしましたがやはり自分のことで精一杯なために他人に配慮ができない一面があります。

自分に自信がない、自分に余裕がないと全て自分のことしか考えられなくなります。

ただ社会で生きるとどれだけ他人のために尽くしたかが大事になるために自分のことしか考えられないような人は相手にされません。

「頭が悪い人」と思われるのは当然でしょう。

頭が悪い人の特徴8:自分の世界に入っていて自分を客観視できない

頭が悪い人の特徴に自分の世界に入っていて自分を客観視できないのがあります。

頭が悪い人は他者の存在を必要としない自分の世界に入っている人が多いです。

他人を必要としないのでコミュニケーション能力も低いです。

自分の世界に入っていると何もかもが自分の世界で物事が済んでしまうので次第に自分のことを過大評価し始めます。

自分を過大評価し始めると自分を客観的に見ることができなくなります。

自分を客観視できないと完全に偏った人間になりやすいので他人の意向が分からず頭は悪くなっていきます。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴9:自分が頭が良いと勘違いしている

頭が悪い人に多いのが自分が頭が良いと勘違いしているのがあります。

自分は頭が良いと思っている人は自分の世界に入っている人です。

自分の世界に1人入っていると「自分はすごい」と勘違いしやすくなるために自分は頭が良いと錯覚し始めます。

頭が良いと思っていても勉強し続ける意識があればよいですが

独りよがりになると人から学んでいこうという意識が大変希薄になると自分の思いとは裏腹にどんどん頭が悪くなっていきます。

頭が悪い人の特徴10:プライドが高すぎる

頭が悪い人の特徴にプライドが高すぎるのがあります。

頭が悪い人の中にはプライドの塊みたいな人がいます。

「俺はすごい」「俺は人より頭が良い」といった謎のプライドに支配されています。

そのような人は偉そうな態度で人に接して人を不快な気持ちにさせていくので頭が悪いと思われます。

【偉そうな人】特徴や心理17つ・自信・感謝の心がない?ならない・見えない方法や対処法について解説!

頭が悪い人の特徴11:自分が悪かったと思わない・反省心がない

頭が悪い人の特徴に反省しないのがあります。

頭が悪い人は常に「自分は完璧なのだから人が悪い」という他人のせいにする気持ちがあります。

「自分が悪かった」と思えないとそこには反省がありません。

反省からは成長が生まれてきますが頭の悪い人には反省がないので成長もなく待っているのは後退だけです。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴12:論理性に欠けるが自分は論理的だと思っている

頭が悪い人の特徴に論理性に欠けるが自分は論理的だと思っているのがあります。

頭が悪い人は「自分は論理的だ」と思っていて人に対しても「論理的に話せよ」とインテリぶります。

ただそのような人の多くが論理的ではありません。

「論理的に話せよ」と言いながら自分が論理的ではないことが多く話をしているとすぐに矛盾が見つかりやすい傾向にあります。

頭が悪い人の特徴13:反論されると感情的になる

頭が悪い人の特徴に反論されるとすぐに感情的になるのがあります。

頭が悪い人はすごくプライドが高いです。そのため人から何かを言われたり、自分が言ったことに対して何か反論されるとすぐ頭に血が上りイライラして感情的になって人を攻撃する傾向にあります。

頭の良い人は反論されてイラっとする事はあるかもしれませんが一呼吸置く冷静さを持ち合わせています。

頭が悪い人は反論されると感情的になるので「あの人は何かを言うとすぐにキレるから」と思われて人が離れていきます。

頭が悪い人の特徴14:自分を意見を徹底的に通す

頭が悪い人は自分の意見を最後まで徹底的に通します。

自分の意見が絶対だと思っているところがあり自分の意見を否定されると自分の人格までも否定されたかのような感覚になります。

自分の人格は否定されたくないと思っているので自分の意見があれば最後まで徹底的に通していきます。

そのため人の話をしっかりと聞く耳がなく柔軟性に乏しい石頭と思われてしまいます。

石頭の人が頭が良いはずがないのは読者の皆様はお分かり頂けると思います。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴15:「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない

頭が悪い人は「ありがとう」とか「ごめんなさい」といった感謝の気持ちを現わしたり人に頭を下げるといったことができません。

そもそも他人に対する想像力が欠けているので感謝という考え、概念が存在しません。

自分が悪いと思わない性格なので「ごめんなさい」も言えないです。

つまり頭が悪い人とは人間性に問題を抱えた人物と言えます。

頭が悪い人の特徴16:学習能力がない

頭が悪い人には学習能力がありません。

頭が悪い人は反省することができず失敗から何かを学ぼうといった意識がなさすぎるために同じ間違いを何度も何度も繰り返します。

そのため何も進歩せずに何年経っても同じ間違えをして自分の人生を無駄にしてしまうのです。

頭が悪い人の特徴17:記憶力が弱い・物覚えが悪い

頭が悪い人の特徴に記憶力が弱い、物覚えが悪いのがあります。

頭が悪い人にはしっかりと物を覚える力が弱いです。

記憶力は自分が意識して訓練していけば向上させることができますが頭が悪い人は努力する気持ちが薄いのでものを覚えようという意識が弱く記憶力は弱いままです。

頭が悪い人は記憶力が弱いので物覚えも悪いです。

物覚えが悪く仕事もちゃんと覚えることができません。

何度も同じ注意をされるので指導している方も頭の悪い人と関わるのが嫌だと思われたり酷い場合にはいじめられたりします。

頭が悪い人の特徴18:洞察力・観察眼がない

頭が悪い人の特徴に洞察力がないのがあります。

頭が悪い人は物事を見よう、観察しようという意識がとても弱いです。

その理由は他人に対する興味のなさから来ているのが大きな原因です。

洞察力のない人は他人に対して興味がないので観察眼や洞察力が養われることはありません。

何かを学ぶこともないので頭が悪いままになっていきます。

【洞察力が鋭い人】特徴26選!恋愛の傾向・本当にモテるの?&洞察力の鍛え方を紹介!

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴19:気が利かない

頭が悪い人の特徴に気が利かないのがあります。

頭が悪い人は他人に対する関心がとても薄いので他人が何を求めているのかを理解するのを大変苦手としています。

何を求めているのかが分からない人間は気が利きません。

気が利かないと仕事はできません。仕事ができないと収入は上がっていきません。

頭が悪い人の特徴20:ウンチクを語る

頭が悪い人はすぐに自分のウンチクを語りたがります。

自分の中で何か知識を得ると自分は物知りで頭が良い人と思われたいがためにウンチクを語りたがります。

ただウンチクを聞かされる相手は別に知りたいとは思っていない情報について聞かされるので「また始まったよ」「嫌だな」という印象を持つようになります。

ウンチクを聞かされるとかなりイライラした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「嫌だな」と悪い印象を持たれる人が頭が良いはずがありません。

頭が悪い人の特徴21:自慢話が多い

頭が悪い人は自慢話が多いです。

自慢話はしている本人は気持ちが良いものかもしれませんが聞いている方にとって他人の成功話を聞かされるのはあまり耳触りの良い話ではありません。

たまに自慢話をするぐらいであればよいかもしれませんが自慢話が多いと他人もうんざりします。

他者に対する配慮が欠ける頭が悪い人なので自分の自慢話が他人をどのような思いにさせているのかが分かっていません。

他人を遠ざけてしまうのです。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴22:すぐに飽きる・集中力がない

頭が悪い人はすぐに物事に飽きてしまいます。

根気、集中力がとても弱く何をしても満足に続きません。

何をしても満足に続かないためにモノになるものがありません。

モノになるものがないのにいつも不満、不平を述べているのが特徴です。

頭が悪い人の特徴23:数字に弱い

頭が悪い人の特徴に数字に弱いのがあります。

物事を判断、決断するときには数字という客観的な指標を基にして考える必要があります。

ただ頭が悪い人は物事を勘や漠然とした雰囲気で判断します。

数字で物事を判断するのを大変苦手としておりまた自分が分かればよいと考えているために数字を使いたがりません。

人に正確に伝える方法を自ら放棄しているので人からは「頭が悪い」と思われるでしょう。

頭が悪い人の特徴24:すぐに質問するから自分の頭で考えられない

頭が悪い人は人に対してすぐに質問します。

質問することは良いことですが、すぐに人に質問するというのは一度も自分の頭で考えていない、考える気持ちがない証拠です。

自分の頭で物事を考えられないと頭はどんどん悪くなっていくのは明白です。

頭が悪いと感じている人は人にすぐ質問をする癖がついている人が多いです。

質問する前に一度人呼吸置いて「どうすればよいだろう」と考える癖をつけましょう。

それだけでも頭の動き方は大きく違ってくるはずです。

頭が悪い人の特徴25:全く人に質問しない

頭が悪い人には逆に全く人に対して質問をしないのも特徴に挙げられます。

人に質問をしない人はプライドが高く自分の頭の中で勝手な論理を作っているので思考は滅茶苦茶です。

ずっと考えているような雰囲気を出している人に質問をしても大体返ってくる答えは中身がない、「本当に今まで考えていたのか」と疑ってしまうレベルのものがとても多いです。

考えているように見せて実際は考えていないのです。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴26:とんでもない発言をする

頭が悪い人の特徴に空気が読めずとんでもない発言をするのが挙げられてきます。

頭が悪い人は自分のペースで生きているために周囲の空気を読むのを大変苦手としています。

そもそも空気を読むといった気持ちがありません。

周囲の状況も読めずにKYなとんでもない発言をします。

本人は面白がって言っているだけかもしれませんが周囲はドン引きしています。

そのドン引きしている状況にも気が付かないのが頭が悪い人なのです。

頭が悪い人の特徴27:会話が続かない

頭が悪い人は他人とコミュニケーションをとるのを大変苦手としています。

物事や社会の情勢に対して関心がない人が多く知識も乏しいので会話が続きません。

会話が続かないために話をしても面白みがない、ワクワクしないです。

会話が続かないと人が去っていくので自分の世界に入り込んでしまって頭が悪くなっていきます。

スポンサーリンク



頭が悪い人の特徴28:批判されることが多い

これまで述べたように頭が悪い人は数々のデメリットを抱えています。

問題点を抱えているので人からは批判されることが多くなってきます。

批判されることが多くなるとやはり暗い気持ちになってしまって人生が楽しくなくなってしまうのです。

人生がつまらないと感じるようになるとポジティブなイメージを作ることができなくなるのでより頭が悪くなってしまいます。

頭が悪い人の特徴29:被害者意識が強い

頭が悪い人は被害者意識が強いです。

自分が悪いと考える自責の精神がありません。

何か悪いことがあると「あいつが悪いんだ」と自分勝手な被害意識を持ち始めます。

自分勝手な被害意識があると人に理不尽に当たったりし始めますので周囲からは嫌われていきます。

避けられて自分の周りには人がいない状況になるでしょう。

頭が悪い人の特徴30:体型の自己管理ができない

頭が悪い人の特徴に体型の自己管理ができないのがあります。

後先考えずに自分の思うように行動していくので我慢を知りません。

我慢ができず食べたいものはどんどん食べていくといった感じでどんどん太っていきます。

太っている人でも優秀な人はいますがアメリカでは太っている人は自己管理ができないとみなされています。

頭が悪い人の特徴31:「えっと……」「あの…」「その……」が多い

頭が悪い人は会話をしていると「えっと……」「あの……」「その…」といった言葉が多く言葉に詰まる傾向があります。

言葉に詰まるのは頭がしっかりと回転していない証拠です。

頭の回転が悪く次に何を話すかのイメージができていないために「えっと……」「その……」といった言葉の詰まりになっていきます。

「えっと……」「その……」が口癖の人に対して一気に話をすると頭がこんがらがってもう何も話ができないという事態に陥りやすくなります。

頭が悪い人は人からどのように思われているのか?

ここまでは頭が悪い人の特徴について解説してきましたが頭が悪い人は人からどのように思われているのでしょうか?

頭が悪い人はバカにされている

頭が悪い人は基本的に人からバカにされています。

表や態度に表さなくても人間はどうしても自分より頭が悪い人に対しては見下してしまう傾向にあります。

そのため頭が悪い人は周囲の人間からバカにされやすいです。

バカにされやすいので今一つ信頼されにくいのが特徴です。

スポンサーリンク



頭が悪い人は一緒にいると疲れると思われる

頭が悪い人は一緒にいると疲れます。

人の話を聞かない、理解しようとしない、相手の立場に立って物事を考えることができないので一緒にいると次第に疲れると思われます。

時間が経つと共に頭が悪い人の嫌な面が目につくようになりもう一緒にいるのが嫌だと思われるようになるでしょう。

頭が悪い人は嫌われる

頭が悪い人は嫌われやすいです。

空気が読めない行動をとって人を不快な思いにさせてしまい、周りを嫌な思いにさせてしまうので嫌われてしまいます。

人間は弱いものいじめが好きなので頭が悪い人には厳しく当たるようになるでしょう。

スポンサーリンク



頭が悪い人がいる職場の雰囲気は悪くなる

頭が悪い人がいる職場の雰囲気はどうしても悪くなります。

頭が悪い人が一緒にいると手取り足取り仕事を教えていかないといけません。

物覚えが悪く自分が言った事をしっかり覚えてくれないと教える方もイライラして疲れてしまいます。

教える人も頭が悪い人に対して怒鳴ってしまったりと職場の雰囲気もだんだん悪くなっていきます。

頭が悪い人と接するときの対処法

それでは頭が悪い人と接するときの対処法について解説していきます。

頭が悪い人には簡単なことから始めさせよう

頭が悪い人と仕事をする、仕事を教えないといけないときには簡単なことからひとつずつ仕事を覚えさせていくことが大事です。

頭が悪い人は物事を理解する能力が低いです。

複数のことを一気に詰め込まれてしまうと頭の中がぐしゃぐしゃになってどうしようもない状態に陥ってしまいます。

そのため頭が良い人が頭が悪い人のために段階を踏んでできるようなステップを踏ませてあげる必要があります。

頭が悪い人でもできる方法を考えてあげることは自分の教える能力をあげることにもなります。

頭が悪い人には努力する必要があるのを理解させよう

頭が悪い人には努力する必要があるのを理解させる必要があります。

頭が悪い人の多くが努力不足です。

自分の頭の悪さを変えよう、もっと勉強しよう、物覚えを良くしよう、といった気持ちがとても薄いです。

自分ひとりで生きている分には向上しない生き方をするのは構わないかもしれませんが職場で一緒になったときには仕事をしっかり覚えて戦力になってもらわないといけません。

戦力になってもらうためには自分自身努力する必要がある、努力しないあなたは周囲に迷惑をかけているのを知ってもらう必要があります。

努力家の特徴・長所10選&短所や努力家になるための方法を紹介!

頭が悪い人には根気強く付き合おう。いつか開花するかも

頭が悪い人と付き合っていると疲れたり、イライラすることが多くなるかもしれません。

ただ頭が悪い人の中には辛い出来事が多発して精神的ストレスから頭が回っていなかったり、頭を使うような経験が今までなかった場合もあります。

そのような方は何かのきっかけで頭を遣うことに喜びを感じて一気に才能が開花する可能性があります。

「あいつは頭が悪いから」と短絡的に考えるのではなく本人の能力を開花させてあげる意識を持つことも大事です。

頭が悪い人が頭を良くするために

頭が悪い人が頭を良くするためにはどうすればよいのでしょうか?

頭が悪い人は頭が良い人の真似をしよう

頭が悪い人が頭を良くしたいのであればまずは頭が良い人の真似をすることが大事になります。

頭が悪い人と頭が良い人は考え方や行動が大きく異なっています。

そのため頭を良くしたかったら頭が良い人の真似をしてみましょう。

徹底的に真似をして盗むことで徐々に頭が悪い自分を脱却させて頭が良い人に近づいていくはずです。

【頭が良い人】25の特徴&話し方&仕事術&頭が良い人になるための方法は?

頭が悪い人はまずは本を読もう

頭が悪い人はまずは本を読みましょう。

頭が悪い人は本を読む機会が絶望的に少ないです。

本を読まないので教養が薄くまた自分の頭で何かを考えることがありません。

そのため本を読んで人生における大事なことを学ぶ必要があります。

また本を読むためには集中力が必要です。

頭が悪い人は集中力をつけるためにも本を読む必要があるのです。

頭が悪い人は0秒思考をしよう

頭が悪い人には0秒思考がおすすめです。

0秒思考とはA4のコピー用紙に何かお題を決めて制限時間1分間の間に自分の頭の中に浮かんできた内容を最大限書いていくことです。

0秒思考をすると頭の浮かんだ言葉をどんどんアウトプットしていくためにモヤモヤがなくなっていきます。

1週間もすると頭の中がスッキリして0秒思考を始めるよりも頭が良くなってくるのを実感できるでしょう。

頭の悪い人は努力して改善しよう

ここまで頭が悪い人について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

頭が悪いと信頼を失ったりチャンスを逃したりと人生において多くの損することが生まれます。

頭が悪い人でも頭の使い方が分かれば頭が良い人になることができます。

努力して頭が良い人になって今度は頭が悪い人を助けてあげることができる人になっていきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク