【頭が良い人】25の特徴&話し方&仕事術&頭が良い人になるための方法は?

こんにちは!頭が良い人の記事へようこそ。

あなたの周りには頭が良い人はいませんか?頭の良い人は一体何を考えて日々を生きているのでしょうか。

この記事では頭が良い人の特徴や話し方、仕事術、頭が良い人になるための方法について解説していきます。

頭が良い人の特徴は?

頭が良い人

それでは頭が良い人の特徴について解説していきます。

頭が良い人の特徴1:頭の回転が早い

頭が良い人

頭が良い人はまず頭の回転がとても早いです。

頭が良い人は子供の頃から一生懸命勉強してきた人が多いです。

制限時間の中で試験を受ける回数が多くすることで「早く解こう」としてきたことが頭の回転の早さに繋がってきています。

勉強だけではなく早くからアルバイトをしたり社会に出た人は同世代よりも早く大人達に揉まれることで大人の考えを身に着けたり上司の話を早く理解しようとすることで頭の回転が早くなってきました。

頭が良い人の特徴2:勉強家

頭が良い人はとても勉強家です。

筋肉を使わなければ衰えていくのと同様に勉強しないとどんどんバカになってしまいます。

頭が良い人はいつも仕事の勉強や学校の勉強を主体的にしています。

主体的に頭を動かし考えていくので頭を動かした分頭は良くなっていくのです。

勉強家なのは頭が良い人の条件になります。

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴3:相手に合わせることができる

頭が良い人は相手に合わせることができます。

相手に合わせるというのは相手の目線まで下がって話を聞くことができることです。

頭が良いと言われる人はえてして相手をバカだと思って自分のペースで話をしてしまいますが、会話である以上相手に伝わらなければ意味がなく会話とは言えないでしょう。

本当に頭が良い人は自分が引っ張っていきながらも相手に理解してもらう必要なときは相手に分かりやすく伝えていきます。

そして徐々に会話のレベルを上げていって相手のレベルを上げるのにも協力していきます。

上から目線かもしれませんがそのような見えない優しさを持っているのが頭の良い人なのです。

頭が良い人の特徴4:自分の頭で確かめる

頭が良い人は何事も一度自分の頭で確かめるのが特徴です。

頭が良い人は教科書に書いてあること、与えられた情報を鵜呑みにはしません。

自分の頭の中で「ここに書いてあることは本当だろうか?」と一度自分の頭の中でしっかりと考えます。

自分の頭で論理的に考えてから結論を出していくタイプなので思考力が抜群に高く騙されにくいです。

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴5:考えがシンプル

頭が良い人は考えがシンプルです。頭が良い人は物事の本質を掴むのが上手です。

何が大事なことかをすぐに理解して大事なことだけに焦点を当てて思考して行動していきます。

そのため成功しやすいです。頭が悪い人は簡単なことでも複雑に考えてしまって考えがあっちに行ったりこっちに行ったりと飛んでいきます。

そのため考えに一貫したものがなく何度も回り道をして露頭に迷っていくのです。

頭が良い人の特徴6:論理的思考の持ち主

頭が良い人は論理的思考の持ち主です。

頭が良い人はシンプルな考え方をすると述べましたがつまりは論理的に考えられるかどうかです。

AがBになるとCになるという論理的な考え方なので無駄がなく本質的なもの、するべきことだけに集中して仕事をすることができます。

また論理的な考え方なので他人にも話が伝わりやすく「話が分かりやすい」と思われるでしょう。

頭が良い人の特徴7:1つの視点に捉われない

頭が良い人の特徴に1つの視点に捉われないのがあります。

頭が良い人は1つを聞いて10を理解することができる人です。

1つを知ると2、3と物事の裏や見えていないところ、原因、本質をしっかりと考えていくことができます。

物事には表と裏があるのを分かっている人です。

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴8:挑戦を止めない

頭が良い人は挑戦を止めません。

人間は自分の成果に満足してしまって現状維持を心がけようとすると挑戦心がなくなってしまって何かを学ぼうという意識が大きく欠落していきます。

「俺はすごいんだ」という考えは慢心なのであっという間に一生懸命に努力している人に追い抜かれてしまいます。

頭が良い人は現状維持は停滞なのを理解している人です。

停滞すると結果的には自分の首を絞める結果になるのを知っているので挑戦を止めず自分ができないことにどんどん挑戦していくハートの持ち主です。

頭が良い人の特徴9:楽天的でポジティブ

頭が良い人は楽観的でポジティブです。

人間は絶望的な気持ち、ネガティブな気持ちになると自分が思ったように頭が働かなくなっていきます。

うつ状態になるとぼーっとして「何もかんがえたくない」と感じた経験がある方もいらっしゃると思います。

頭が良い人は楽観的なので頭が回りやすくなり思考状態が良くなります。

未来を楽観的に考えているので成功のためのプランを立てやすいです。

適切なプランを立てて行動していくので結果も出やすく自分の自信にもなるでしょう。

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴10:共感能力が高い

頭が良い人は共感能力が高いです。頭が良い人は自分の話を一方的にする人ではありません。

相手を立て相手の話をしっかりと理解していこうとする性格です。

そのため相手の話に対する共感能力が非常に高いです。

話を共感してくれるともっと話を聞いてほしいと思われますので色々な話をしてくれてそれが自分のためになる情報を引き出すことに繋がりますし、また自分の味方を増やすことにも繋がります。

頭が良い人の特徴11:冷静・落ち着いている

頭が良い人は落ち着いています。

頭が良い人は感情的になったところで何か物事が進展したり解決の方向に向かうとは思っていません。

感情的になればなるほど頭は冷静さを失って正しい判断ができない、感情的な部分に左右されてしまうと思っているので常に頭の中を冷静に落ち着けようとしていきます。

冷静で落ち着いているので周囲からの評価も高いです。

頭が良い人の特徴12:集中力がある・没頭する

頭が良い人には集中力があります。

物事を成功に結び付けるための方法には集中力が挙げられてきます。

余計なことを考えずに自分の目標、欲しいものに集中することで大きな成果がでます。

集中力がない人に大きな業績を挙げた人はいないと言われるほど集中力は大事なものです。

また頭が良い人は物事に没頭します。

自分の夢や目標に没頭することによって目標に入り込み高い結果を残すことにも繋がっていきます。

また人間は1つのことに没頭することによってできることが増えてきて自分が没頭していることが好きになるという面もあります。

没頭して好きになることでより自分が取り組んでいることにたいして洞察が深くなり結果が出やすくなるのです。

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴13:記憶力抜群

頭が良い人は記憶力が抜群です。記憶力が良いのは頭が良い人の条件の1つと言ってよいでしょう。

頭が良い人は色々なことを細かく覚えています。

相手の発言、その時の雰囲気や情景をしっかりと覚えています。

会話をしていても「ああ、あの時のあんな話したよね」と随分昔のことでも事細かに覚えています。

頭が良い人は記憶力が良いので騙されにくいのも特徴です。

頭が良い人の特徴14:人に興味があり人を見抜く能力が高い

頭が良い人は人に興味があり人を見抜く能力が高いのがあります。

頭が良い人は人に対して興味があるので相手に悟られないように人間観察をしている面があります。

人間観察が好きなので洞察力も非常に高いです。

何度も人間観察をしていると洞察力もどんどん鍛えられていくので人を見抜く能力も次第に高くなっていきます。

【洞察力が鋭い人】特徴26選!恋愛の傾向・本当にモテるの?&洞察力の鍛え方を紹介!

頭が良い人の特徴15:自分に自信がある

頭が良い人は自分に自信があります。

頭が良い人は表には出しませんが心の中では「俺はできる」「俺は頭が良い」と思っています。

放漫かもしれませんが逆に「自分は頭が悪い」と思ってしまうと潜在意識に「頭が悪い」という意識が強く刻まれてしまうので本当に頭が悪くなります。

学生時代に「俺はバカだから」と言っている人の大半が勉強ができず、また本人も意欲がないのを見た経験がある方であればお分かり頂けると思います。

頭を良くするためにはまずは「頭が良い」と思うところから始めましょう。

【自信がある人】16つの特徴&恋愛・モテる?&自意識過剰な人との違いは?

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴16:謙虚・自分は偉いと思わない

頭が良い人は自分は偉いと思っていません。

頭が良い人は「自分は頭が良い」とは思っていますがだからといって偉そうな態度や放漫な態度はとりません。

「自分は頭が良い」と思っていながらも「まだまだ自分には勉強することがある」と謙虚に考えることができる性格です。

謙虚に生きているために人からの無用な反発を受けることがなく敵を減らすことができます。

また謙虚に勉強していると更に頭を使うことになるので今よりももっと頭が良い人になっていきます。

【偉そうな人】特徴や心理17つ・自信・感謝の心がない?ならない・見えない方法や対処法について解説!

謙虚な人の特徴14選!&好き・好かれる理由&モテる?モテない?おすすめの仕事は?

頭が良い人の特徴17:バカになることができる

頭が良い人はバカになることができます。

頭が良い人は根本のところで自分に自信があるので人からは何を言われようが、バカにされようが笑ってその場を和ませることができる精神の持ち主です。

これが頭が良くないプライドだけが高いタイプの人間だとバカになることができず「俺はすごいんだぞ」と虚勢を張るようになり

逆に人から「バカな人」「偉そうな人」と思われてチャンスを逃すことになるのです。

頭が良い人の特徴18:好奇心旺盛でも知識をひけらかさない

頭が良い人は好奇心が旺盛です。

勉強家でもあり物事に対する興味関心の度合いが強いです。

何かに対して興味を持って勉強していくと頭はどんどん良くなっていきます。

ただバカな人というのは「俺はこんなに物知りなんだぞ」というのをアピールするために自分の知識を周囲にひけらかして反感を覚えられますが、頭が良い人は自分の知識をひけらかしたところで相手に不快感を与えるだけなのを理解しています。

「知識は相手を助けるために使うもの」という意識で人が困っているときに使うのが一番だと思っているのです。

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴19:数字に強い

頭が良い人の特徴に数字に強いのがあります。

頭が良い人は数字にとても強いです。

数字というと無機質な雰囲気を受けますが数字は世界に共通する客観的な指標であり正確に物事を伝えるためには絶対不可欠なものです。

頭の良い人は客観性を意識しているので数字に強く、物事の根拠を数字に置き換えて説明することがとても上手です。

頭が良い人の特徴20:要点を掴むのが早い

頭が良い人は物事の要点を掴むのが早いです。

本質的なものを掴む能力に長けているので何が大事かを常に意識しています。

何が大事かを意識する気持ちがあると物事を要点、大事な部分を捉えるのが上手です。

要点を捉えるのが上手なので要領がとても良いです。

要領、記憶力が良いと仕事を覚えるスピードも速くなっていき「仕事ができる」「頭が良い」と思われやすいです。

頭が良い人の特徴21:努力することが重要だと考えている

頭が良い人は努力することが重要だと考えています。

頭が良い人は生まれてからずっと頭が良い人だけではありません。

一生懸命に勉強して色々な経験を積んでいって頭を良くしていった人もいます。

そのようなタイプの頭の良い人は努力して自分の力を磨いてきたので努力することがとても大事だと考えています。

努力しても結果はでないかもしれないが自分の成長には繋がるのを理解しているために生涯に渡って努力し続けていくでしょう。

また世間で成功者と言われている人が裏で物凄い量の努力をしているのも知っているのです。

努力家の特徴・長所10選&短所や努力家になるための方法を紹介!

スポンサーリンク



頭が良い人の特徴22:遊び心を忘れない

頭が良い人は何もただひたすら努力しているだけの人ではありません。

遊び心を忘れないのも特徴です。

真面目一徹、常に仕事、仕事といった感じでは発想が狭まって独創的な発想やアイデアは生まれません。

ちょっと休憩、遊ぼうとする心の中があると発想が広がったり一歩引いた、客観的な視点で物事を見ることが出来て新しいアイデアに繋がります。

遊び心があることで頭の柔軟性にもなります。

頭が良い人の特徴23:ユーモアセンスがある

頭が良い人は遊び心があるのでユーモアセンスがあります。

人を笑わせよう、場を和ませよういという意識が強いので面白い話をしようとします。

「笑いがあれば何とかなる」と思っているのです。

笑うと脳内に喜びの物質であるドーパミンが放出されるので周囲の人間をも喜びの感情にさせて和やかな雰囲気にしていきます。

頭が良い人の特徴24:時間を大事にしている

頭が良い人は時間を大事にしています。

頭が良い人は時間は有限だというのを知っています。

いくら境遇や才能に差があったとしても時間の使い方が上手ければ差は埋められると思っています。

そのため自分の行動や時間がどのような結果を出すのか費用対効果、生産性をとても意識しています。

時間を無駄にせず自分を向上させていくことに意識を置いているのです。

頭が良い人の特徴25:学習能力がある

頭が良い人は学習能力があります。

頭が良い人も人間なので失敗やミスしたり、「あんなことしなければ良かったな」と反省や後悔するようなことはあります。

ただ頭が良い人はここで「こんなことはもうしてはいけない」としっかりと学習します。

頭が悪い人は学習能力がないのでまた同じことを何度も繰り返します。

意思が弱く自分に甘いことに気がついていないのです。

頭が良い人の話し方・コミュニケーション

ここからは頭が良い人の話し方やコミュニケーションについて解説していきます。

頭が良い人の話し方1:伝えたいことがはっきりしている

頭が良い人は話をするときに自分が相手に伝えたいことが明確ではっきりしています。

頭が良い人の話は結論が明確です。結論→理由がはっきりとしています。

結論を先に述べると相手に自分が求めているのを伝えやすいです。

結論がはっきりしていないと何が言いたいのかが分からず時間だけが経って長々とした会話になり要点がぼけてしまうのです。

頭が良い人の話し方2:自分ではなく相手に分かるように伝える

頭が良い人は自分ではなく相手に分かるように話を伝えます。

頭が良い人は自分のペースで話をしません。

会話は相手が理解して始めて成立すると考えているので相手にも分かるように話をします。

相手の立場に立って話をするのを意識しています。

自分の話に酔っている人は難しい言葉を使って「俺はこんなに頭が良いんだぜ」とアピールしますが会話が独りよがりで相手には伝わっていません。

スポンサーリンク



頭が良い人の話し方3:相手の話を最後まで聞く聞き上手

頭が良い人は相手の話を最後まで聞く聞き上手です。

頭が良い人は会話はキャッチボールだと思っています。

会話はキャッチボールだと思っているので話を遮らずに相手の話は最後までしっかりと聞きます。

また相手の話を最後まで聞かないと相手の意図や言わんとしていることが分からない、また相手に「話を聞いてくれなかった」という不満足感を与えないためにも最後まで話を聞きます。

最後まで話を聞くことによって相手との信頼関係を築くことができてよりコミュニケーションが深まるのも理解しています。

頭が良い人の話し方4:相手の意向を踏まえる

頭が良い人は会話をしているときに相手の意向としっかりと踏まえます。

相手が何を必要としてるのか、相手が求めているのは何なのかを理解することに神経を傾けていきます。

常に相手の意向を踏まえるのを意識していると相手が求めていることが分かってきて話の理解度が高まります。

話の理解度が高まると相手からも「話をしやすい」と思われるのです。

頭が良い人の話し方5:会話がどんどん続く

頭が良い人の話の特徴に会話がどんどん続くのがあります。

頭が良い人は頭の回転が早い人が多いです。

1つのことから色々な現象、事象を考えることができるので会話が続きやすいです。

単に頭が回る人だと話が脱線してしまうかもしれませんが頭が良い人は本質をしっかりと見るので話は脱線していきます。

本質的な話がどんどん続いていくタイプと言ってよいです。

頭が良い人の仕事術

頭が良い人の仕事術について解説していきます。

頭が良い人の仕事術1:結論・目的が明確

頭が良い人の仕事術ですが結論・目的が明確なのが挙げられてきます。

結論が明確なのは頭が良い人の話し方の部分にも共通しますが仕事をするのは他者と一緒に仕事をしているので分かりやすいコミュニケーション能力が求められます。

相手に分かりやすい伝え方をするためには結論をはっきりさせる必要があるのです。

また頭が良い人は何のためにこの仕事をするのかがはっきりしています。

そしてその目的の多くが売り上げをあげることです。

売上をあげるためという目的のために何の施策が必要なのかをシンプルに考えることができます。

KPIとKPIの理由をしっかりと明確にして曖昧さを許さないところも頭が良い人の仕事術です。

頭が良い人の仕事術2:情報を集める

頭が良い人の仕事術に事業に関する情報を徹底的に集めるのがあります。

情報は仕事をする上でとても大事なものです。

1つの情報を知らなかったことが判断を誤らせて事業を傾かせる要因になるのを頭が良い人は理解しています。

そのためできる限りの情報を最速で集めます。

情報を集めることでどの情報が信頼に足るのかといった情報の精度を見極めることにも繋がります。

スポンサーリンク



頭が良い人の仕事術3:数字に落とし込む

頭が良い人の仕事術に全てを数字に落とし込むのが挙げられてきます。

頭が良い人は曖昧さを許さない人です。

曖昧さを許さず客観的な指標を基に仕事を進めていくことで正しい判断ができると思っているので全てを数字で考えます。

数字化できるものの全てを数字にしていきます。

ソフトバンクの孫正義社長は全てを数字で考える仕事のやり方です。

頭が良い人の仕事術4:費用対効果を考えることができる

頭が良い人の仕事術に費用対効果を考えることができるのがあります。

頭が良い人は勘に頼った仕事はしません。

いくら投資したらどれくらいの効果を生み出すことができるのか、しっかりと市場分析して数字に出した上で判断していきます。

そして事業の撤退ラインも明確です。

「いつまでに売上がいくらいかなかったら撤退」というラインを明確しているので事業がうまくいかずにジリジリと損をすることがありません。

スポンサーリンク



頭が良い人の仕事術5:顧客が第一

頭が良い人の仕事術に顧客が第一なのがあります。

やはり仕事は顧客に価値があると思ってもらわないとお金を払ってくれないために価値がありません。

頭が良い人は顧客にとって何が価値があるのか顧客ベースで考えることができます。

そのため常に自分の頭は顧客が第一です。

顧客を欺くことは短期的には儲かっても信用を失い自分の首を絞めることになるのを理解しているのです。

頭が良い人の仕事術6:未来の予測して考える

頭が良い人の仕事術に未来を予測して考えるのがあります。

頭が良い人は未来から現在を見ることができる人です。

今の自分の商品、サービスが長期的にどのような影響を与えることができるのか予測して考えることができます。

頭が良い人の仕事術7:部下からの人望がある

頭が良い人は部下からの人望があります。

頭が良い人は仕事は自分1人でやっているのではないのを理解しています。

仕事は部下の協力がないと進めることができないのを知っています。

そのため部下のモチベーションを高め部下からの信頼を得ることに力を入れていきます。

自分の利益ばかり考えているような人が上司だと部下の気持ちはどんどん離れていきます。

部下に媚びを売る訳ではありませんが部下を信頼して任せようとするので「あの人についていきたい」と部下からの信頼を集めることができるでしょう。

頭の良い人になるためには?

ここからは頭が良い人になるための方法について解説していきます。

頭が良い人になるために1:頭は使えば使うほど良くなる

頭が良い人になるためには頭を使いましょう。

ウエイトトレーニングで筋肉に重い負荷をかけると筋肉が発達していくように頭にも今の自分が理解できないようなレベルのものを理解しようとして頭を使っていくと頭はどんどん良くなっていきます。

頭が良い人になるために2:イメージトレーニングをする

頭が良い人になるためにはイメージトレーニングをしましょう。

脳は左脳と右脳に分かれています。左脳は言語・論理的な能力を司ります。

一方の右脳は感性・ひらめき・創造性を高める能力を司ります。

そして右脳は左脳に比べて100万倍の処理能力があると言われていて右脳の能力が高まると記憶力や処理能力が一気に高まります。

そして右脳を開かせる方法にイメージトレーニングがありその中の1つに「イメージストリーミング」という右脳発達方法があります。

〈イメージ・ストリーミングの三つの方法>
1.頭の中に浮かんだイメージは、大きな声で、ほかの人、あるいはボイスレコーダーに向かって説明しなければならない。小さな声では、効果がない。
2.説明をするときには、体中の全五感を使わなければならない。
3.説明は、すべて現在形で話さなければならない。

https://tokumoto.jp/2015/07/10405/

頭が良い人になるために3:相手の立場で考える

頭が良い人になるためには相手の立場で物事を考えるのを意識しましょう。

相手の立場に立つというのは一度相手の気持ちになる想像力が求められます。物事を想像するときにはイメージする能力が必要なので右脳も高まります。また相手のことを理解する能力も高まり高いコミュニケーション能力を発揮することができるようになるでしょう。

スポンサーリンク



頭が良い人になるために4:本を読む

頭が良い人になるためには本を読みましょう。

読書は脳を鍛えることに非常に役に立ちます。

人の考え方を知り自分の頭で考える癖をつけることは頭を良くするためには必須です。

また偉人伝を読むことで物事の本質は何かを知ることにも繋がります。

頭が良い人になるために5:食わず嫌いしない

頭が良い人になるためには食わず嫌いをしないことです。

頭が良い人は先入観でものをみません。「なんとなく嫌だ」という思い込みが自分の成長を遅くする、今まで知らなかったことを取り入れる器の広さがなくなるので頭がどんどん固くなっていき極端な人間になってしまいます。

自分にとって興味がないことでも一度は話を聞くことが大事です。

自分の知らないことを取り入れることが自分を高めることになるのです。

頭が良い人になるために6:知ったかぶりをしない

頭が良い人になるためには知ったぶりをしないのが大事です。

頭が良くない人はプライドが高く自分は何でも知っているような錯覚を持っているので自分が知らないことがあっても「そのくらい知っているよ」という態度をします。

そのような態度をとると自分の成長を止めてしまうことになります。

頭が良い人は知らないことは「知らない」とはっきり伝えていきます。

「知らないから教えて」ということで相手も機嫌よく話をし始めるので自分が持っていなかった情報を手に入れることができて自分の成長になるのです。

頭が良い人になって人生を楽しもう

ここまで頭が良い人について解説してきましたがいかがでしょうか。

頭が良い人になると相手の考えを理解することができるようになるのでコミュニケーションが円滑に進みます。

コミュニケーションが円滑に進むと人間関係のストレスが少なくなり日々を快適に過ごすことができます。

あなたの頭が良くなれば周りの人間が放っておきません。

頭が良い人と一緒にいることが多くなり人生が前向きに進んでいくでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク