【1月誕生石・パワーストーン】ガーネットの意味・以外や日にち別の誕生石を紹介!

1月の誕生石の記事へようこそ!

誕生にまつわる縁起物もひとそれぞれ。例えば特定の鉱物に幸福や健康、健やかな成長を願う誕生石もそのひとつではないでしょうか?

古来から、石には何らかの強いパワーが秘められているとされ、そのパワーにあやかる意味で護身用として身につけたり、時には特別な願いを託す象徴としての役割も担ってきました。

これは俗にいうパワーストーンの考え方でもあり、数あるパワーストーンの中から特にピックアップされたものが、現在の誕生石の成り立ちとして認識されている部分もあります。

もちろん、誕生石の世界にはあまり詳しくないという方もいらっしゃるでしょうが、一年の内には12の月があり、その月を象徴する石として特別な意味を持たされているのが「誕生石」というカテゴリーだと考え、それぞれの石が持つ意味を探って頂ければと思います。

今回は1月の誕生石に注目し、石の特徴から名前の由来、またこれを身近に置くことで期待できるという効果などについてご紹介します。

1月の誕生石は?

1月には2つの誕生石があります。

もっとも有名な1月の誕生石は「ガーネット」という宝石で、中でももっとも広く知られているのが深い赤色のガーネットとなります。

さらに同じく1月の誕生石としては、「オニキス」がピックアップされていることもあります。厳密には1月を象徴する誕生石がガーネット。一方のオニキスは、その効果をアシストするために有効な誕生守護石としてみるのが一般的なようです。

このように1月を代表する石は2種類。そのいずれも1月を象徴するものであるのには違いなく、これを持つことで感じる効能効果なるものに関心が寄せられていることも確かです。

ではガーネットとオニキスそれぞについての詳しい解釈をみていくことにしましょう。

スポンサーリンク



1月の誕生石・パワーストーン:ガーネット

1月の誕生石、そしてパワーストーンとしても人気のガーネットは、人生におけるさまざまな記念日を司る宝石として知られています。

欧米では宝石の魅力に気付き始めた子供に対するファーストジュエリーとして親からプレゼントされるのがガーネットだと言われ、同じように卒業記念のカレッジリングに使用する天然石のひとつとして良く選ばれているのもガーネットです。

友情や絆の印としても身近に扱われているガーネットは世界中でその存在が親しまれ、実際に贈り物やお守りとして使われてきた歴史をもった誕生石です。

欧米スタイルの風潮は当然日本にも波及しており、ガーネットは結婚18年目の節目を祝って贈る宝石としても認知されています。

1月の誕生石・パワーストーン:ガーネットの名前の由来

1月の誕生石・パワーストーンであるガーネットの名前の由来は、ラテン語で種を意味する「granatum(ガラナイツ)」だと言われています。

植物の核をなす種のイメージはそのまま生命力ともつながり、ガーネットは戦場に赴く兵士たちの身を守るお守りとしての役割を果たしていたと伝えられています。

ちなみに和名ではガーネットを「ざくろ石」と呼んでいますが、これは採掘された段階の様子から名づけられたもので、一般的な鉱物が単体であるのに対しガーネットはいくつもの石がくっつくように固まって掘り出されるため、このような呼び名が付けられたと言います。

いずれにしても、ざくろの実を連想させる色と形状は万国共通で、この石の特徴的な部分を表した名前であることは確か。さらに研磨する前の段階から、すでに12面体や24面体の美しい形が維持された石であるという点でも、新しい年の幕開けを彩るにふさわしい唯一無二の誕生石と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



1月の誕生石・パワーストーン:ガーネットの特徴

1月の誕生石・パワーストーンであるガーネットは、1~10までの段階で鉱物の硬さを表すモース度が7以上もある非常に硬い石という特徴を持っています。

堅牢性に富む石というのはそれだけ複雑なカット技術が施せるメリットを備えており、人工的なカット技術によってさらに輝きを増すガーネットは、宝飾品としても幅広いデザインが楽しめる石のひとつと言えるのです。

このほかその硬さが生かされるところでは、やすりの研磨剤などにも利用され、生活に近い部分での利用価値も兼ね備えた石であるのがわかります。

1月の誕生石・パワーストーン:ガーネットの原産地

1月の誕生石・パワーストーンであるガーネットの主な産地には、インド・スリランカ・タンザニア・チェコ・ロシア・東アフリカ・アメリカ・ブラジルなどがあり、比較的広い国と地域で産出される石となっています。

それだけに誕生石としても人気・実力を備えているのがガーネットです。では実際にガーネットによってどんな効果が期待されるのか解説していきたいと思います。

1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットは努力を実らせる効果がある

1月の誕生石ガーネットのパワーポイント一つ目は、自己の成長を促しその努力を実らせる効果です。

自分がどの道に進むべきか迷った時や良いアイデアが浮かばない時など、ガーネットを身近にすれば石の持てるパワーがあなたを正しく導いてくれるに違いありません。

またガーネットには眠った才能を開花させる効果も期待できますので、人によっては新たな新境地に踏み入ることも考えられます。

スポンサーリンク



1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットには本質を見極める能力を高める効果がある

1月の誕生石ガーネットのパワーポイント二つ目は、何事においても本質を見極める目を手に入れられる効果です。

ガーネットにはこれを持つ人のエネルギーを高める力もあるため、より正確な判断が必要な時にこそ持ちたい石と言えます。

これらは、常に変化する社会の中でたくましく生き抜いていく力の源にもなり、仕事や対人関係における責任を全うしたい方にもおすすめできるパワーストーンとなります。

1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットには創造力を高める効果がある

1月の誕生石ガーネットのパワーポイント三つ目は、あなたの創造力を高めてくれる効果です。

もともとガーネットは自然のエネルギーが凝縮された石だと言われています。太古の昔から少しずつ大地に溜ったエネルギーの集合体としてのガーネットは、それだけ持ち主の感情や頭脳に働きかけるパワーを持ちます。

地に足をつけつつも、新しく斬新な何かをお探しの方にはガーネットの存在が心強い味方となるに違いありません。

1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットには愛情を高める効果がある

1月の誕生石ガーネットのパワーポイント四つ目は、愛情に関する効果です。

種という意味の言葉に由来するガーネットは、相手への想いを実らせお互いが持ち寄る愛情をさらに発展させる効果を持つ石と言われています。

もちろん、まだ相手が見つからないという方にとっては良縁を引き寄せるパワーストーンとしても活用できますので、着実な愛を手にしたい方はぜひガーネットを身に着けられることをおすすめします。

スポンサーリンク



1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットは安産に効果がある

1月の誕生石ガーネットのパワーポイント五つ目は、恋愛や結婚の先にある子宝に関する効果です。

種を実らせるという名前の成り立ちからもわかるように、ガーネットは子ども授かりたい方の願いを実らせる石として使うこともできます。

強い生命力を示すガーネットの効果によっては、安産を願いさらにこの世に生を受けた子供の成長も願えるのが特徴です。

1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットの石言葉

1月の誕生石ガーネット六つ目のパワーポイントは、ガーネットが持つ石言葉です。

具体的には真実の愛・貞操・友愛・勝利・忠実などがあり、これらはいずれも、幸福な人生において必ずどこかで必要とされるだろう要素であるのがわかります。

ガーネットが持つ石言葉の特徴を意識して身に着けることで、ご自身のさらなるレベルアップも期待できるのではないでしょうか。

1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットの価格・値段

1月の誕生石であるガーネットは、鉱物の中でも特に希少性がその価値を高め、売買される「貴石」に分類される石です。

大きく7つの種類に分類できるというガーネットの内、日本では「デマントイド」「ツァボライト」「スぺッサータイト」「ロードライト」「アルマンダイト」という5種類が流通しており、品質や希少性などの基準からそれぞれの価値の差は10~100倍ほどあると言われています。

1月の誕生石・パワーポイント:ガーネットの色

日本でもっとも広く流通し、多くの人がそのイメージを持つのが赤い色のガーネット。しかし実際は、青以外で40種類ものカラーバリエーションを持つのがガーネットの特徴です。

その価値を左右することでも知られる、色の系統ごとのガーネットをいくつかご紹介してみたいと思います。

レッド~オレンジ系:オレンジガーネット、マンダリンガーネット

パープル~ピンク系:ロードライトガーネット、ローゼライト、スターガーネット

グリーン~イエロー系:グリーンガーネット、グロッシュラーガーネット

その他:カラーチェンジガーネット、エクロジャイト

1月の誕生石はガーネット以外はある?

石のパワーを味方につけるスピリチュアルな世界では、これをアシストする誕生守護石にも熱い視線が注がれています。

1月の誕生守護石はオニキスという石で、数ある誕生石の中でもその独特の色合いからアクセサリーのポイントとして良く用いられる特徴があります。

誕生守護石は、その名が示すとおり誕生石と一緒に持つことでその効果を何倍にも高めてくれるというメリットを持ちますが、1月の誕生守護石オニキスとは一体どんな石なのでしょうか?

ここからは1月の誕生守護石であるオニキスの特徴や石が持つ効果について解説していきたいと思います。

1月の誕生守護石:オキニス

1月の誕生石守護石オニキスは、石に独特の縞目が入ることから黒瑪瑙(くろめのう)、縞瑪瑙(しまめのう)といった和名を持つ瑪瑙の仲間です。

英語圏では瑪瑙のことをアゲートと表し、本来はブラックアゲート=黒瑪瑙=オニキスとなるのですが、現在流通しているものの中には石英のグループに属するカルセドニーという別の石をオニキスとして流通させている場合もあるなど、身分け方が難しい石としても知られるようになっています。

ちなみに、アゲートかカルセドニーかを見分ける一番のポイントは、石の模様です。同じ黒っぽい色をしていても縞目が全くなく均一であるのがカルセドニーで、縞目が出ていればそれはアゲート。

本物のオニキスとは言っても、正真正銘のブラックアゲートというよりは、黒いカルセドニーである場合が多いので注意が必要なのです。

石の成り立ちに注目するとどこかまがい物といった感もあるオニキスですが、その持てるパワーはお墨付きで古くから魔除けや厄除けに効果のある石として珍重されてきた歴史があります。

1月の誕生石であるガーネットの守護石という考え方では、愛情や友情、さらにこれから先に待ち受ける未来にとっての魔を封じるための石として、その効果を大いに期待したいところです。

スポンサーリンク



1月の誕生守護石・オキニス:オキニスの色

オニキスの色と言えば、真っ先に思い浮かぶのが漆黒という表現ではないでしょうか?

まさに闇の中を連想させるような黒が特徴の石ですが、実際には黒以外にもホワイトオニキス・サードオニキスという二つの色の種類を持っています。

ホワイトオニキスの特徴

誰もが知る真っ黒なオニキスとは対照的に、全く濁りがなく真っ白であるのがホワイトオニキスです。白いオニキスは極めて産出量が少なく希少性が高い特徴を持ちます。

ホワイトオニキスも同じように魔除け・厄除けの効果を持ちますが、ブラックよりも主張しないため、ブレスレットなどで普段使いがしやすいという点で人気の石となっています。

サードオニキスの特徴

サードオニキスはレッドからオレンジという色の特徴を持ち、同時に縞目が美しいことでも知られています。

これとよく似た石であるカーネリアンとの見分け方も、やはり縞目の有り無しで、しかもこの縞目の入り方は二つと同じものがないことから、個性の大切さを象徴するパワーストーンとしても人気のある石です。

美しく加工にも耐えうる石として、古くから彫刻や建築物の一部に使われてきたのがサードオニキス。石が持つ意味や効果としても、神秘性や希少性を称えるものとなっているのが特徴です。

1月の誕生守護石・オキニス:オキニスの名前の由来

1月の誕生守護石であるオニキスの名前の由来は、ギリシャ語で爪を意味するonux(オニュクス)で、オニキス本来の縞目がまるで爪でひっかいた後のように見えることから、この名前が付いたとされます。

ちなみに和名でいうオニキスは瑪瑙(めのう)で、非常に難解なこの字が意味するところは、馬の脳だと言います。おそらく昔の人々は石の縞目の複雑さが馬の脳のそれと酷似していることからこの名前を付けたのではないでしょうか。

また日本の北海道には、天然の瑪瑙を拾うことのできる場所として有名な「メノウ海岸」というものがあります。

日本における瑪瑙(オニキス)は昔から日常と近い場所にあったと考えられ、時が経った今もなお多くの人から親しまれる歴史ある石であるのが伺えます。

スポンサーリンク



1月の誕生守護石・オキニス:オキニスには魔除けの効果がある

1月の誕生守護石であるオニキスは、強力な魔除けの効果を持つ石として古くから珍重されてきた石です。

この石は攻めにも守りにも効果を発揮すると言われていますが、特に自分が劣勢に回った時のエネルギーを回復させる意味でも持つべき石ということが出来そうです。

国を問わずに魔を封じる絶大な効果が信じられてきたオニキスは、現代においてもなおその力が期待されるパワーストーンとして、1月の誕生石ガーネットをアシストする石となるでしょう。

1月の誕生守護石・オキニス:オキニスは努力を高める効果がある

1月の誕生守護石オニキスは、努力を無駄にしたくない方におすすめの石です。

難関突破を目指してエネルギーが枯渇しそうになった時などは、特にこの石のパワーが味方となってくれるでしょう。月の誕生石であるガーネットにも同じように努力を実らせる効果が期待されていますので、2つの石の効果が相まってさらなる心強い味方となるのではないでしょうか。

1月の誕生守護石・オキニス:オキニスには人間関係を円滑にする効果がある

1月の誕生守護石オニキスは、個の力を存分に生かしつつも周りとの調和を乱さない、円滑な人間関係に欠かせない石でもあります。

この効果は、チームプレーが基本となるスポーツや仕事などの場面で大いに発揮され、あなたを一段高いステージへと押し上げてくれるパワーを秘めています。

すでに人間関係で悩みを持っている方はもちろん、新しいプロジェクトを成功させたいと願う方にも理想的な石です。ガーネットとのパワーバランスを見ても、創造性や本質を見極める力という点で合致するものがありますので、オニキスのパワーを効果的に使っていただきたいと思います。

1月の日にち毎の誕生石・パワーストーン

その月に誕生した人にパワーを与え、さらなる幸福をもたらしてくれるのが月ごとの誕生石。

またスピリチュアルな石の世界では、その月に存在する各誕生日ごとの誕生石やパワーストーンにもさまざまな願いを託せると考えられています。

そこで、ここからは1月1日から31日までの各日ごとの誕生石とそのパワーを増大させてくれるに違いないおすすめのパワーストーンをご紹介していきます。

ご自分の誕生日を司る誕生石やパワーストーンの中には、おそらく初めて耳にされる名前も多く登場するはずです。貴重な石の数々に触れるきっかけとしてとらえていただき、機会があれば実際にその石を目で確認し感触を肌で感じていただければと思います。

1月1日の誕生石・パワーストーン

1月1日の誕生石は、「ジェダイト」「タンブラント」。

おすすめのパワーストーンは、「マグネタイト」「ロウカン」などです。

1月2日の誕生石・パワーストーン

1月2日の誕生石は、「ランドスケープアゲート」「マラカイト」。

おすすめのパワーストーンは、「ゴールデンダンビュライト」「ターコイズ」などです。

1月3日の誕生石・パワーストーン

1月3日の誕生石は、「オレンジガーネット」「オブシディアン」。

おすすめのパワーストーンは、「トバソライト」「パール」などです。

スポンサーリンク



1月4日の誕生石・パワーストーン

1月4日の誕生石は、「クリソコラ」「ジルコニア」。

おすすめのパワーストーンは、「ペリドット」「カイヤナイト」などです。

1月5日の誕生石・パワーストーン

1月5日の誕生石は、「カンゴ―ム」「ロッククリスタル」。

おすすめのパワーストーンは、「ホワイトハウライト」「ジルコン」などです。

1月6日の誕生石・パワーストーン

1月6日の誕生石は、「スターガーネット」「バサルト」。

おすすめのパワーストーンは、「ウーライト」です。

1月7日の誕生石・パワーストーン

1月7日の誕生石は、「アンモライト」「ハイパーシーン」。

おすすめのパワーストーンは、「ホワイトクオーツ」「サーペンテイン」などです。

1月8日の誕生石・パワーストーン

1月8日の誕生石は、「ベルデライト」「レピドライト」。

おすすめのパワーストーンは、「レッドスピネル」です。

スポンサーリンク



1月9日の誕生石・パワーストーン

1月9日の誕生石は、「クォンタムクワトロシリカ」「クリソプレーズ」。

おすすめのパワーストーンは、「プラムアゲート」です。

1月10日の誕生石・パワーストーン

1月10日の誕生石は、「ゴールド」「パリスサイト」。

おすすめのパワーストーンは、「スティブナイト」「ペタライト」などです。

1月11日の誕生石・パワーストーン

1月11日の誕生石は、「グリーンガーネット」「ヘマタイト」。

おすすめのパワーストーンは、「コーベライト」です。

スポンサーリンク



1月12日の誕生石・パワーストーン

1月12日の誕生石は、「オレンジアラゴナイト」「ゴールデンストーン」。

おすすめのパワーストーンは、「ルビー」「バサルト」などです。

1月13日の誕生石・パワーストーン

1月13日の誕生石は、「ピーモンタイト」「ロードナイト」。

おすすめのパワーストーンは、「ブラッドストーン」です。

1月14日の誕生石・パワーストーン

1月14日の誕生石は、「ライスパール」「アズライト」。

おすすめのパワーストーンは、「ホワイトオニキス」です。

スポンサーリンク



1月15日の誕生石・パワーストーン

1月15日の誕生石は、「インドスタールビー」「ダークオーラ」。

おすすめのパワーストーンは、「バスタマイト」です。

1月16日の誕生石・パワーストーン

1月16日の誕生石は、「ェクロジャイト」「ブルームーンストーン」。

おすすめのパワーストーンは、「カーネリアン」「クリソコラ」などです。

1月17日の誕生石・パワーストーン

1月17日の誕生石は、「カテドラ」「サルファー」。

おすすめのパワーストーンは、「フローライト」「グリーントルマリン」です。

1月18日の誕生石・パワーストーン

1月18日の誕生石は、「スギライト」「ローゼライト」。

おすすめのパワーストーンは、「ガレナ」「ミルクオパール」などです。

スポンサーリンク



1月19日の誕生石・パワーストーン

1月19日の誕生石は、「ゲルマニウム」「ビスクバイト」。

おすすめのパワーストーンは、「ジェット」「ジャスパー」です。

1月20日の誕生石・パワーストーン

1月20日の誕生石は、「ロードライト」「アクアマリン」。

おすすめのパワーストーンは、「コングロマリット」です。

1月21日の誕生石・パワーストーン

1月21日の誕生石は、「クリスタルオパール」「モッカイト」。

おすすめのパワーストーンは、「アメジスト」「アンバー」などです。

1月22日の誕生石・パワーストーン

1月22日の誕生石は、「スターベリル」「ティファニーストーン」。

おすすめのパワーストーンは、「ミスティックトパーズ」「ブラックパール」などです。

スポンサーリンク



1月23日の誕生石・パワーストーン

1月23日の誕生石は、「トリフェ―ン」「エンジェライト」。

おすすめのパワーストーンは、「スティブナイト」です。

1月24日の誕生石・パワーストーン

1月24日の誕生石は、「サンストーン」「アタマカイト」

おすすめのパワーストーンは、「ブルーサファイア」「ブルーアパタイト」などです。

1月25日の誕生石・パワーストーン

1月25日の誕生石は、「サードオニキス」「ブルークォ―ツァイト」。

おすすめのパワーストーンは、「ブルーセレスタイト」「カコクセナイト」などです。

1月26日の誕生石・パワーストーン

1月26日の誕生石は、「バイローブガーネット」「ブルーオブシディアン」。

おすすめのパワーストーンは、「ホワイトトパーズ」です。

1月27日の誕生石・パワーストーン

1月27日の誕生石は、「バラク」「ブラックスター」。

おすすめのパワーストーンは、「ホークスアイ」「セプタリアン」などです。

スポンサーリンク



1月28日の誕生石・パワーストーン

1月28日の誕生石は、「アゲートインクオーツ」「ピンクトパーズ」。

おすすめのパワーストーンは、「ピンクダイヤモンド」です。

1月29日の誕生石・パワーストーン

1月29日の誕生石は、「メタモルフォーゼス」「ラピスラズリ」。

おすすめのパワーストーンは、「ピーターサイト」です。

1月30日の誕生石・パワーストーン

1月30日の誕生石は、「バイカラーフローライト」「ミーアシャム」

おすすめのパワーストーンは、「フックサイト」「ルビーインカイヤナイト」です。

1月31日の誕生日・パワーストーン

1月31日の誕生石は、「アレキサンドライト」「クリソベリル」。

おすすめのパワーストーンは、「ラブラドライト」「フェナサイト」などです。

まとめ

1月の誕生石について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

今回は1月の誕生石とパワーストーンに関する意味や、身近に持つことの効果などについてお届けました。

1月の誕生石としてご紹介したガーネットにはいくつか伝説も残されています。その中でもっとも多く紹介されているのが、天地創造でおなじみの「ノアの方舟(はこぶね)」にまつわるお話です。

旧約聖書の創世記では、動物や民を大洪水から救う目的で建設された方舟に、ありとあらゆるものが積まれたとされています。人や物がひしめき合う方舟の中で唯一の明かりとなったのが、輝く一粒のガーネット。

おそらくその輝きは、神話の世界においても特別なものであったに違いありません。現代においては誕生石としてガーネットの美しさを身近に感じていただければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク