【3月誕生石・パワーストーン】の意味・以外や日にち別の誕生石を紹介!

3月の誕生石の記事へようこそ!

誕生石はその月を象徴し、持つ人に幸せや成功を多くもたらしてくれるパワーと意味を持った石のことです。あなたはご自分の誕生石が何か、ご存知ですか?

「石」とは言っても、天然の鉱物だけでなく珊瑚や真珠など海の恵もまた、誕生石のひとつとして紹介されます。誕生石の意味や成り立ちを知ればオシャレの幅が広がったり、大切な方への贈り物として選ぶのにもきっと役立つに違いありません。

今回は3月の象徴となる3つの誕生石に注目し、石の特徴や古くから信じられている効果などについてご紹介します。

3月の誕生石は?

3月の誕生石ではアクアマリン・コーラル・ブラッドストーンこの三種類がもっともよく紹介されています。

ちなみに石のパワーを味方につけて幸せを導いたり、身を守るお守りとして使う考えは世界中にありますが、そこに示される石の種類は必ずしも世界共通ではないというのを頭に置いておいていただければ幸いです。

日本と欧米での呼び名が違うように、微妙な差はあって然り。しかしどの考え方にも共通して言えるのは、誕生石の解釈は常にポジティブであり、それを身近にすることで悪い例えはないという事です。

さて3月の誕生石であるアクアマリン・コーラル・ブラッドストーンはどんな幸せをもたらしてくれるのでしょうか。

3月の誕生石:アクアマリン

3月の誕生石アクアマリンは、その名のとおり透き通った水色が美しい石です。

名実ともに海との縁が深く3月の誕生石として定着しているこの石も、実はコーラルよりも歴史的には短いという特徴があります。

各月の誕生石がどうやって定められたのかはそれぞれ見解も解釈もわかれるところですが、アクアマリンに限っては、現実的な理由があってこれに選定された節があります。

それは天候によって時化ることも多い3月の海ならではと言えるもので、海を拠点に仕事をする漁師たちが困らないよう、できるだけ澄んだ海の状態が保たれることを願ってのことだとされています。

3月の海の安全を願い、濁りが無く美しい凪を思わせるアクアマリンが選ばれ、いつの間にかこれがコーラルに打って変る3月の代表的な誕生石として認識されたようです。

3月の誕生石・アクアマリン:アクアマリンの特徴

3月の誕生石アクアマリンは、エメラルドなどと同じベリルという種類の鉱物です。

このベリルに属するグループは色の出方によって呼び名が異なる特徴があり、中でも淡いブルーに発色した石がアクアマリンとして認識されています。

海の安全を守る意味のほかにも、特に「幸せ」という言葉がキーワードになっているのがアクアマリンで、家族や恋人、または友人関係においても多くの幸せをもたらしてくれる誕生石として知られています。

3月の誕生石・アクアマリン:アクアマリンの名前の由来

3月の誕生石アクアマリンの名前の由来は、ラテン語で水を表す「アクア(aqua)」と海を表す「マリン(marine)」。この二つが合わさってできた造語がアクアマリンの名前の由来となっています。

和名では、青色系統の色味を表す「藍」という字を当てた「藍玉(らんぎょく)」という名前が付けられています。

また名前と直接的な繋がりはないものの、神話や言い伝えによるアクアマリンの登場はとてもロマンティック。なぜなら、海の精霊が落とした宝物が浜辺に打ち上げられ後に宝石となった話や、船乗りに叶わぬ恋心を抱いた人魚の涙であるなど言われているからです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク