デート前日のラインはどうする?時間帯・内容は?

デート 前日 LINE

気になる人や好きな人とのデートの約束は非常にわくわくするものです。

約束した限られた時間の中で「一緒にどこへ行こう?」「何をしよう?」を期待に胸が膨らみます。

デートの約束をしたときは当日のデートプランについてお互いに希望を話し合ったりアイデアを出し合ったりして何度か連絡を取り合うことも多いと思いますが、どんなに忙しくてもやっぱりデート前日のラインは欠かすことはできません。

デート前日のラインの内容について詳しくチェックしていきましょう!

デート前日のラインはどうすればいい?

デート 前日 LINE

いまや若者だけでなく子供からお年寄りまでたくさんの人が持っているスマホ。

従来のガラケーに比べてインターネットや様々なアプリなど使える機能が多く、日々の暮らしに欠かすことができないほど生活に密着したアイテムとなっています。

中でも無料通話やメッセージのやり取りをすることができるラインは、デートの約束をする時やそれに関わる様々な連絡をする時には欠かすことはできません。

デートの約束ををしたときはこのラインを使って相手にメッセージを送って連絡をすることが多いと思いましが、デート前日のラインはどんなタイミングで、またどんな内容のラインを送れば良いのでしょうか?

恋愛経験が豊富でない人の場合はデートそのものよりもラインで連絡を取ることのほうが緊張してしまうことも珍しくありません。

ここではまず、デートの前日に好きな人へライン送る時の方法やタイミング、内容などについて詳しく見ていきましょう。

デート前日のラインはデート当日を楽しいものにするための大切なアクションの1つです。

以下の項目をしっかり読んで上手なラインのテクニックを身に着けましょう!

デート前日にラインする時間帯

デート 前日 LINE

デート前日に好きな人にラインをする時は、まず連絡を入れる時間帯をよく考える必要があります。

デートでどこへ出かけるか、また何時に待ち合わせをするかにもよりますが、あまり遅い時間帯にラインを送るとやりとりが長引くことでお互いに寝不足になってしまうこともあります。

せっかくの楽しいはずのデートなのにお互いに寝不足で体調不良などになってしまうと楽しさが半減してしまうため、デート前日にラインをする時は早めの時間がオススメです。

ただし早めの時間といっても、早朝から午前中に連絡をしてしまうと話の内容をすっかり忘れてしまうこともあります。

仕事中であればラインを呼んでも頭に入らないこともあるでしょう。

デート前日にラインをする時は夕方からあまり遅くならない時間帯に連絡するのがベストです。

仕事やその他の用事で忙しい時はついつい「連絡は後でいいか」という気持ちになってしまうこともありますが、連絡を後回しにしてしまうと連絡を忘れてしまうことも十分考えられます。

そして翌日会うことができることを念頭に置き、あまり長々とラインのやり取りを続けるのもオススメできません。

できれば相手が「もう少し話していたかった」と物足りなさを感じる程度で早めにラインを切り上げるのが翌日のデートを楽しむコツになります。

デート前日にラインがないと不安になってしまう

デートの前日はお互いに翌日のことを考えて期待に胸を膨らませています。

初めてのデートの時や、久しぶりのデートの約束をした日の前日に相手からラインなどの連絡がないととても不安になってしまいます。

デートの前日のラインは基本的にデートに誘った方からするのが暗黙の了解のようになっています。

男性からデートに誘った時はデート前日の連絡も男性から、女性からデートに誘った時はデート前日の連絡も女性からするのがスマートなやり方です。

しかし多くの女性はデートの前日のライン連絡は男性からするものだと考えていることも多く、連絡がない場合はとても不安を感じることが多くなります。

デート前日に男性側から連絡がない場合は遠慮することはありません。

女性から積極的に連絡を入れて早く不安な気持ちを解消した方が気分もスッキリして相手に対する不信感もすぐに消すことができます。

ただしデートの約束をしたのが2日前や3日前などつい最近の場合は、あえて前日に連絡をしてこない男性も少なくありません。

「この前話したばかりだし連絡しなくても大丈夫だろう」「当然分かってるだろう」と考えている可能性があることも覚えておきましょう。

デート前日にラインがこなかったら当日の朝まで待とう

デートの約束をしたのに前日にラインの連絡がなかった時は、少し心に余裕を持ってデートの当日の朝まで待ってみるのも良いでしょう。

デート前日は忙しくて連絡をすることができなかった彼氏も、デートの当日はさすがに時間にも余裕があるはずです。

連絡をしなかったことを気にかけてくれている彼氏であれば起きてから早々にでもデートについてのライン連絡が入る可能性も十分あります。

当日の朝にラインで連絡があった場合は彼氏の心遣いに対してまずは素直にお礼を言いましょう。

そこまで気が回らない彼氏の場合はもしかすると連絡がないこともあるかもしれませんが、楽しいデートにしたい時はその時も決して会ってから一方的に怒ってはいけません。

もし彼がどうして連絡をしなかったのか、その真意を確認したい時は、「連絡がないから心配したよ?」「仕事忙しかったのかな?」と可愛く相手を気遣う話し方で問いかけると彼氏も不快な思いをせずに済みます。

デート当日の朝はネガティブな話題で始まるよりも、明るく楽しい話題を心がけることが重要です。

言いたいことが言い合える関係でも連絡が遅かったり無かったことに対して責める言い方をするのはやめておきましょう。

デート前日にラインする内容は?

デート前日に相手からライン連絡がない時は、女性から連絡するのがおすすめです。

デートの約束をしたのがかなり前の時などはもしかすると相手の男性がデートの約束を忘れてしまっている可能性も否定できません。

約束を思い出してもらう、または約束を覚えているかの確認も込めて女性からラインで連絡をするのは普通のカップルでもよくあることです。

次はデート前日に相手に連絡する時に送りたいラインの内容についてチェックしていきましょう。

どれも全て当たり前の内容ばかりですが、翌日のデートに期待してドキドキしていると確認するのをうっかり忘れてしまうこともあります。

深夜になってから「あれを聞いておけばよかった」「これってどうなんだろう?」「何を準備すればいいんだろう?」などと悩むことがないように、確認したいことをしっかりまとめておくことはとても大切なことです。

楽しくハッピーなデートは前日から始まっていると言っても過言ではありません。

自分から相手にラインで連絡をする時はなるべく要件をまとめた簡潔な連絡ができるように、コチラの内容にもよく目を通しておきましょう。

デート前日のラインはサクッと終わらせる

デート前日に自分からラインで連絡をする時は、なるべく早くサクッと終わらせた方が良いでしょう。

好きな人とラインをしていると少しでも長くたくさん話したいと思ってしまいますが、デートの前日はあまり長時間ダラダラとラインを続けてしまうのはオススメできません。

せっかくの楽しいデートなのに寝不足になってしまうと普段酔わない人でも乗り物酔いになってしまったり、場合によっては貧血を起こしたりして一日楽しむことができなくなることもあります。

しっかり睡眠時間を確保できる程度にラインは早めに切り上げるのが良いでしょう。

また何度もデートを重ねているカップルではなく初デートを控えたカップルの場合は、ラインでたくさん話をすることでデート当日に話すネタに困ってしまうことも少なくありません。

翌日のデートで気まずい沈黙になってしまうことがないように、前日のラインではあまり夢中になって話し込まないように気を付けましょう。

相手からたくさん返事が返ってくる時は一方的に話を遮ることはせずに、「その話は明日会った時に直接聞きたいな」「デート楽しみだから今日は早めに休もうかな」などと上手に話を終わらせると相手の気分を害することもありません。

前日にラインを少し我慢することで翌日のデートがさらに楽しいものに変わるはずです。

待ち合わせ場所・時間の確認

デート前日にラインで連絡する時は、デートの待ち合わせ場所や時間を確認しておくことも大切です。

どちらかが相手の家に迎えに行く場合をのぞき、デートで落ち合うためにはどこかで待ち合わせをすることになります。

今は携帯電話やスマホがあるため昔のようにすれ違って会えないということはまずありませんが、やはり待ち合わせ場所や待ち合わせ時間を事前に確認しておくと当日はスムーズな行動ができます。

待ち合わせ場所はなるべくお互いの家から近くの場所でよく知っている場所がベストです。

初めて行く場所は予想外に道に迷ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

また大きな駅などを待ち合わせ場所にしたときはどの改札口で待ち合わせするのかなどもチェックしておくことが大切です。

なかなか会えない状況が続くとせっかくのデートの時間が無駄に過ぎてしまうため、念には念を入れて確認しておきましょう。

待ち合わせ時間については2人の生活スタイルやデートのお出かけ先を考えて決めなければいけません。

前日遅くまで仕事をしている場合などは少し遅めの待ち合わせ時間にした方が良い場合もあります。

また逆にデートで遠出をする予定であれば移動の時間や帰りの時間を考えて早めの待ち合わせ時間にする必要があります。

デートの前日にラインで連絡する時は待ち合わせ場所と待ち合わせ時間はきっちりと確認するようにしましょう。

スポンサーリンク



服装のチェック

デートの前日にラインで連絡をする時は、当日の服装についてもチェックしておきたいところです。

男性はデートでもそれほど普段と服装が変わることはありませんが、女性はやっぱり好きな人とのデートではファッションや服装にも気合が入ります。

女の子らしく見て欲しい時はスカートやヒールの靴を履いたりフリルのブラウスを選んだりすることもよくあります。

しかしデートの行き先によってはそのような服装がふさわしくない場合も多々あります。

例えば体を動かすスポーツデートの時はパンツスタイルにスニーカーが一番向いていることもありますし、寒い冬に屋外でお散歩デートをする時は厚手のセーターに防寒できるコートが必要になることもあります。

自分からデートの前日にラインで相手に連絡する時はまずデートの予定や行き先を確認して、その次にどんな服装やファッションがふさわしいかを相手とよく話し合っておくことが大切です。

そしてラインで連絡を取る時は翌日のデート当日の天気や気温などもチェックしておき、相手の男性にも服装やファッションについて「明日は寒いからこんな感じの服装がいいと思うよ」などと伝えてあげるとさらに喜ばれるでしょう。

暑い時と寒い時とでは最適な服装やファッションはかなり変わります。

デート当日の時間がない朝に慌てることがないようにしっかり連絡を取って準備しておきましょう。

彼の好きな服装を前もって聞いておく

デートの前日にラインで連絡をする時は、彼の好きな服装を前もって聞いておくのもおすすめです。

デート当日の服装やファッションをお出かけ先や天候、気温などを考慮して決めるのはもちろんですが、やっぱりデートをする時は一緒に出かける彼の好みに合わせた服装にするのも大切です。

まだそれほど完全に打ち解けきれていないカップルや初デートの場合は、女性が自分の好みの服装やファッションでデートに着てくれると男性はとても嬉しいものです。

自分の好みに合わせてくれる女性に対しては好感を持つことが多く、デートを通してこれまでよりもさらに仲良くなれるでしょう。

普段は彼の好みなどを聞くことが難しくても、お互いにテンションが上がっているデートの前日であれば気軽に聞き出すことが可能です。

そして彼の女性に対する服の好みを確認した後は、彼自身の服の好みについても聞いてみるのもおすすめです。

彼自身がデート当日にどんな服装で来るか知ることによって、2人の服の雰囲気を合わせてちぐはぐな印象になってしまうのを避けることもできます。

デートの服装やファッションは当日の朝の第一印象を決めてしまいます。

彼にマイナスの印象を与えてしまうとデートそのものが台無しになってしまうこともあるため十分気を付けましょう。

スポンサーリンク



体調や予定を気遣う内容

デート前日にラインで連絡をする時は、彼の体調や予定を気遣う内容を送るのも非常におすすめです。

デート前日までに彼から連絡が入らない場合は体調が悪くなってしまったのかと心配してしまう人も多いと思いますが、その心配している内容をそのまま彼にラインで伝えてみましょう。

彼がただ単に理由もなく連絡をしなかっただけの時や、デートの約束を忘れていただけの時は恐らくすぐにラインの返信が入るはずです。

実際に体調が悪く連絡することができない場合は少し時間がかかるかもしれませんが体調が落ち着き次第連絡を返してくれるでしょう。

どちらにしても自分の体調を気遣ってわざわざ連絡してくれる彼女に彼はとても嬉しい気持ちになることは間違いありません。

デート前日に彼から連絡が無い時はとにかく不安な気持ちになってしまうこともありますが、その不安をイライラに変えてラインをしてしまうのはやめた方が無難です。

もし彼の性格上ラインをするのが面倒なのだろうと予想できる時も、あえて体調を気遣うラインをして優しさをアピールすることで彼の気持ちや心構えにも変化が生まれることも少なくありません。

「連絡がないから風邪で寝込んでるのかと思って。」「体調が悪いなら明日のデートは無理しないでね。」など彼がもらって思わず笑顔になれるようなラインを送ってみましょう。

楽しみしている内容を添える

デート前日に自分からラインで連絡をする時は、翌日のデートを楽しみにしているという内容を添えるのも良いでしょう。

まだお付き合いしていない2人の場合や、それほど2人でおでかけしたことがない初々しいカップルの場合は女性だけでなく男性も多少なりともデートをすることに緊張していることも珍しくありません。

男性はデートでは女性をエスコートしたりリードしたりすることが多く、彼女を楽しませてあげられるか不安に感じる人もたくさんいます。

そんな時に彼女の方から「明日のデート楽しみにしてるね」というラインをもらうと、男性は不安な気持ちがありつつも彼女を喜ばせるために気合が入ることも少なくないでしょう。

より彼を喜ばせてあげたい時は、女性からもデートの行き先や予定についてアイデアを出してあげると良いかもしれませんね。

デートを楽しみにしていると伝えることはもちろん、彼の感じているであろうプレッシャーをなるべく軽くしてあげられるのも素敵な彼女の条件の1つです。

万が一彼の考えているデートプランが自分の意にそぐわない内容の場合でも文句を言うのはやめ、上手に計画の変更を促してお互いに楽しむことができるデートを目指しましょう。

「〇〇しないでください」という否定形はNG

デート前日にラインで連絡をする時は、「〇〇しないでください」という否定形の言い方で連絡を入れるのはNGだということも覚えておかなくてはいけません。

最高のデートにしたいという思い入れが強い時は女性は彼にあれこれ前もって伝えておきたいこともあるかもしれませんが、「〇〇しないで」という否定形の言い方は一方的に自分の要望だけを通そうとする姿勢が見られるためあまり良い印象がありません。

彼に事前に伝えておきたいことがある場合やお願い事がある場合は否定形の言い方ではなく、「〇〇してもらえると嬉しいな」「〇〇お願いできるかな」という言い方で連絡を入れると彼も気持ちよく彼女の言うことを聞いてくれるはずです。

長く付き合っているカップルは相手に対して思いやる心や気配りの心を忘れてしまうことがあるため特に注意が必要です。

女性はデート前日にラインで連絡をする時は、自分の普段の言い方がキツイと自覚がある時は慎重にラインの文面を考えて送らなければいけません。

デートの前日に彼の気を削いでしまうような対応は極力避け、気持ちよく当日を迎えられるようにしましょう。

スポンサーリンク



重い内容はNG

デートの前日にラインで連絡をする場合は、重い内容のメッセージを送るのも考えなくてはいけません。

重い内容のメッセージといってもいろいろありますが、例えば「〇〇してくれないと死んじゃうよ」「〇〇してくれないと別れるから」という内容は特に男性は嫌がります。

話をするたびに毎回のようにこのような重い内容のメッセージを送っていると、小さな言い争い事や不満でも大きなトラブルに発展してしまうことがあります。

重い内容のメッセージばかり送ってしまう彼女は彼氏の精神的な負担になってしまうことも多く、最悪の場合は別れを決意されてしまうことも少なくありません。

重い内容のメッセージを送ってしまう女性は思い込みの激しい性格であることが多く、一時的な感情でよく考えもせず重い内容を口にしてしまうこともあるためよくよく注意しなければいけません。

自分が送ったラインメッセージに彼がなかなか返事を返してくれない時や疲れている様子が見られた時は、自分が重いメッセージを送っていないか一度送信歴を見直してみた方が良いかもしれませんね。

もし自分から見ても重い印象のメッセージが多かった場合は次に送るメッセージは努めて明るくポジティブな話題を心がけてみましょう。

デート前日のラインでは彼がデートを億劫に感じてしまうことがないように重い内容のラインを送らないように気を付けましょう。

デートの場所を予約しておく

デートの前日に自分からラインで連絡をする場合は、デートの場所を予約しておくととても気が利く彼女に思ってもらうことができます。

デートで立ち寄る予定のお店やレストランなどは予約するのは全て男性の仕事だと思っていませんか?

もしデート前日になっても彼からラインなどの連絡が入らない時は、一言「お店の予約しておくね」とラインを入れておくと良いでしょう。

毎回のようにデートの計画から準備まで全てを彼一人に任せてしまうと、彼の仕事などが忙しく余裕がなくなった時に一切デートに誘ってくれなくなってしまう可能性もあります。

デートで立ち寄る場所やお店の予約をするのは電話一本でそれほど手間暇がかかるものではありませんが、だからこそ率先して自分から引き受けてあげることで彼の自分に対する好感度をかなりアップさせることができます。

デートの約束をしたときにある程度どこへ行くか決めていた場合は予約を済ませてから彼氏にラインしてあげるととても喜んでくれるでしょう。

ただしマメな性格の彼氏の場合は行き先が決まった時点ですでに予約を済ませている可能性もありますので、臨機応変に対応できるのがベストです。

まとめ

デート前日のラインでぜひ押さえておきたい内容などを紹介しました。

デートの前日は期待と少しの不安で落ち着かない気分になることもありますが、デート当日のことを考えるとやはりラインなどで連絡を取ってお互いの意思の疎通をはかっておくことはとても大切です。

楽しいデートにするためにも連絡することを決して面倒だと思わず、時間や内容をしっかり考えて相手に連絡してみてください。

デートは翌日からすでに始まっています。

彼氏に気配りの心や女子力をそれとなくアピールし、さらに好きになってもらえる努力を始めてみましょう。

前日の連絡次第でデートの結果は大きく変わることもあります。

勇気を出してラインをおおいに活用しましょう!

【関連記事】

【手を繋ぐタイミング】付き合う前のデート・一緒に歩いているときは?

デート前日に女性が準備するべきことは?

付き合う前のデートは何回がベスト?デートスポット・告白は?

好きな人とのデート!誘う方法・理由・服装・メイク・振る舞いのポイントは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク