【夢占い】恋愛の意味26選!上司・相談・三角関係・職場など

恋愛している光景が夢に出てきた場合、夢占いとしてはそのまま恋愛をしたいという意味があります。

異性と恋愛をしていたり、ちょっと辛い状況だったり、とその時々で夢占いの結果は変わってくるので、詳しくご紹介していきます!

Contents

夢占い恋愛の意味

恋愛の夢を見た場合、夢占いでは恋愛への興味や異性からの愛情を欲しているというような状況を表します。

夢占いはもともと、自分の深層心理を意味する場合が多いので、知っていると便利ですよ。

夢占いで恋愛は恋愛したい気持ちの高まりを意味する

恋愛の夢を見る時、夢占いでは恋愛したい気持ちが高まっていることを意味しています。

特に異性が夢に出てくる時は、知っている人かそうじゃないかによっても夢占いの結果が変わってきます。

ただ、どちらにせよ言えることは、恋人が欲しい、愛されたいという感情や関心が高鳴っていることがわかります。

モテたいな、という気持ちも同じように意味していることもあります。

夢の中の状況や夢の中の自分の感情、によって解釈が変わってくるので、その点はよく読み取っていくことがポイントです。

夢占いで恋愛は寂しい気持ちを意味する

恋愛の夢を見る時、夢占いでは孤独な気持ちや寂しい気持ちを意味しています。

恋愛の夢は、多くの場合が幸せな気持ちだったり、楽しい気持ちにさせてくれます。

しかし、シチュエーションによっては、寂しかったり、悲しくなったりする場合があります。

その時は、現実世界において、異性にフラれたり恋人と別れるなどショックな出来事がすでに起きていて、心が苦しい状態を示している場合が多いです。

もし、そのような状況じゃなかったとすれば、恋人がいないことが寂しいという気持ちに繋がっているのかもしれません。

夢占い恋愛の意味2:上司と恋愛する夢

実際の上司と恋愛する夢を見た時、夢占いとしてはとても恋愛をしたいという感情が高まっていることを意味しています。

夢の中で、上司とデートをしていた場合は、運気が上がっていることも示唆されているので、良い出会いに恵まれるかもしれません。

また、もし夢に出てきた上司に対して好意を持っていた場合は、夢占いとしては上司に対しての思いが非常に高まっていることが考えられます。

上司が既婚者の場合は、自分の行動次第では不倫関係に陥る可能性もあります。

ただ、こうした夢は実際に上司が既婚者でも独身でも、異性として好意を持たれている場合が高いです。

そのため、恋に発展する可能性を秘めているので、上司との距離感を少し考えてみましょう。

さらに、夢の中の自分がどのような感情だったのか、というのも重要なポイントなのでよく読み取る必要があります。

夢占い恋愛の意味3:恋愛相談する夢

誰かに恋愛相談をする夢を見た時は、夢占いとしては恋愛がとても順調に進んでいることを意味しています。

このような夢の場合、順調に言っている物事に対して安心感よりも、どこか不安感の方が強い場合が多いです。

そのため、どこか心が閉鎖的になっていたり、困っている状況も示唆しています。

夢占いとして、不安を示しているのはなぜか、というと幸せな状況が壊れることへの不安感です。

せっかく好きな異性や恋人がいたとしても、いつか関係が終わってしまうのではないか、片思いであれば他の誰かのものになってしまうのではないか、といった不安です。

この夢を見た時は、恋だけではなく、人間関係に対しての不安感や閉塞感を表しています。

そのため、実際に誰かに相談した方がよいと夢が教えてくれていると理解してください。

アドバイスをもらうことによって、自分の殻の閉じこもっていた考えが解放されるので、思い切って誰かに相談してみてください。

夢占い恋愛の意味4:三角関係の恋愛をする夢

三角関係の恋愛をする夢を見た場合、夢占いとしては現実でも三角関係になっていて、バレそうという意味があります。

三角関係の夢の場合は、実際の恋愛でも同じ状況になっていて、いつバレるのかとヒヤヒヤしている状況を示しています。

不安感や罪悪感から見せる夢だと理解してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク