【夢占い】恋愛の意味26選!上司・相談・三角関係・職場など

恋愛している光景が夢に出てきた場合、夢占いとしてはそのまま恋愛をしたいという意味があります。

異性と恋愛をしていたり、ちょっと辛い状況だったり、とその時々で夢占いの結果は変わってくるので、詳しくご紹介していきます!

Contents

夢占い恋愛の意味

恋愛の夢を見た場合、夢占いでは恋愛への興味や異性からの愛情を欲しているというような状況を表します。

夢占いはもともと、自分の深層心理を意味する場合が多いので、知っていると便利ですよ。

夢占いで恋愛は恋愛したい気持ちの高まりを意味する

恋愛の夢を見る時、夢占いでは恋愛したい気持ちが高まっていることを意味しています。

特に異性が夢に出てくる時は、知っている人かそうじゃないかによっても夢占いの結果が変わってきます。

ただ、どちらにせよ言えることは、恋人が欲しい、愛されたいという感情や関心が高鳴っていることがわかります。

モテたいな、という気持ちも同じように意味していることもあります。

夢の中の状況や夢の中の自分の感情、によって解釈が変わってくるので、その点はよく読み取っていくことがポイントです。

夢占いで恋愛は寂しい気持ちを意味する

恋愛の夢を見る時、夢占いでは孤独な気持ちや寂しい気持ちを意味しています。

恋愛の夢は、多くの場合が幸せな気持ちだったり、楽しい気持ちにさせてくれます。

しかし、シチュエーションによっては、寂しかったり、悲しくなったりする場合があります。

その時は、現実世界において、異性にフラれたり恋人と別れるなどショックな出来事がすでに起きていて、心が苦しい状態を示している場合が多いです。

もし、そのような状況じゃなかったとすれば、恋人がいないことが寂しいという気持ちに繋がっているのかもしれません。

夢占い恋愛の意味2:上司と恋愛する夢

実際の上司と恋愛する夢を見た時、夢占いとしてはとても恋愛をしたいという感情が高まっていることを意味しています。

夢の中で、上司とデートをしていた場合は、運気が上がっていることも示唆されているので、良い出会いに恵まれるかもしれません。

また、もし夢に出てきた上司に対して好意を持っていた場合は、夢占いとしては上司に対しての思いが非常に高まっていることが考えられます。

上司が既婚者の場合は、自分の行動次第では不倫関係に陥る可能性もあります。

ただ、こうした夢は実際に上司が既婚者でも独身でも、異性として好意を持たれている場合が高いです。

そのため、恋に発展する可能性を秘めているので、上司との距離感を少し考えてみましょう。

さらに、夢の中の自分がどのような感情だったのか、というのも重要なポイントなのでよく読み取る必要があります。

夢占い恋愛の意味3:恋愛相談する夢

誰かに恋愛相談をする夢を見た時は、夢占いとしては恋愛がとても順調に進んでいることを意味しています。

このような夢の場合、順調に言っている物事に対して安心感よりも、どこか不安感の方が強い場合が多いです。

そのため、どこか心が閉鎖的になっていたり、困っている状況も示唆しています。

夢占いとして、不安を示しているのはなぜか、というと幸せな状況が壊れることへの不安感です。

せっかく好きな異性や恋人がいたとしても、いつか関係が終わってしまうのではないか、片思いであれば他の誰かのものになってしまうのではないか、といった不安です。

この夢を見た時は、恋だけではなく、人間関係に対しての不安感や閉塞感を表しています。

そのため、実際に誰かに相談した方がよいと夢が教えてくれていると理解してください。

アドバイスをもらうことによって、自分の殻の閉じこもっていた考えが解放されるので、思い切って誰かに相談してみてください。

夢占い恋愛の意味4:三角関係の恋愛をする夢

三角関係の恋愛をする夢を見た場合、夢占いとしては現実でも三角関係になっていて、バレそうという意味があります。

三角関係の夢の場合は、実際の恋愛でも同じ状況になっていて、いつバレるのかとヒヤヒヤしている状況を示しています。

不安感や罪悪感から見せる夢だと理解してください。

逆に、自分の恋人や夫が浮気や不倫で三角関係になっているような夢の場合は、夢占いとしては恋人や夫を満足させていないのだろう、という不安を示しています。

なぜ、そう思うのかというのは自分自身でしかわからないことなので、一度自分の気持ちと向き合ってみて、相手に伝えるようにしましょう。

案外、自分が思っていたよりも相手はそのようなことを思っていない、という場合も多いので、悩んでいるよりも行動が大切です。

一方で、自分が浮気や不倫をしている人は、バレるのではないかと不安に思っているのであれば、やはりどちらかの関係を清算することも考えた方が良さそうです。

夢占い恋愛の意味5:職場の人と恋愛をする夢

職場の人と恋愛をする夢を見た時は、夢占いとしては恋愛運や仕事運が低下することを意味しています。

夢占いでは、夢の中の職場恋愛がうまくいっている様子であればあるだけ、運気が低下していることを表しています。

仕事に対してのやりがいや前向きな感情を持てない状態を示していて、楽しくないと感じている状況です。

また、仕事以外に熱中していることがあり、仕事に集中していないことも表しているので、実際の自分の生活を見直す必要があります。

自分なりに楽しみを持つということは、非常に大切なことですし、仕事が全てではありません。

しかし、顕著に仕事に対して投げやりだったり、だらしない態度だと仕事上の評価がガタ落ちになります。

そうならないためにも、今一度気を引き締め直そう、と夢は教えてくれています。

夢占い恋愛の意味6:理想の人と恋愛する夢

理想的な人と恋愛をする夢を見た時、夢占いとしては新しい恋愛の始まりを意味しています。

異性が夢に出てきただけではなく、その相手が自分の理想的な相手であるとより運気が高くなる傾向にあります。

理想的な人が出てくる時、夢占いでは恋愛欲求が高まっている時になっているので、感情が高ぶりやすく、良い出会いに恵まれやすくなります。

また、こうした夢を見て、目覚めた時に幸せな気分になっていたら、金運の上昇すると考えられています。

逆に理想的な相手なのに、どこか虚しい気持ちや悲しい気持ちになったとしたら、現実でも同じように孤独感を抱えている可能性があります。

夢を見ている時、夢を見た後の自分の気持ちというのは、夢を読み取る際にとても重要なので、忘れないうちに考えてみるようにしてくださいね。

夢占い恋愛の意味7:現実の恋人と恋愛をする夢

現実の恋人と恋愛をする夢を見た時、夢占いとしては現状に満足していることを意味しています。

夢の中で、楽しく恋愛をしている夢であれば、夢占いでは現実に幸せで満たされている状況を表しています。

欲張るのであれば、異性としてもっと愛されたいという感情もあります。

ただ、夢の状況的に、例えば自分だけが相手を愛していたり、ひたすら尽くすような状況、ひどい仕打ちをされても愛してるというような夢はあまりよくありません。

夢に出てくる、というのはもともとが相手への依存や関心の高さ、執着を表しています。

自分が幸せな状況じゃないのにも関わらず、一方的な努力で恋を続けようとしているのかもしれません。

恋人のことを愛していると、どうしても盲目になりがちですが、愛してくれない人と一緒にいても良い影響はありません。

むしろ、周囲から一線を引かれて孤立する可能性も高いので、恋人との距離感や関係性について、今一度考えてみても良いでしょう。

夢占い恋愛の意味8:恋愛のライバルが現れる夢

恋愛のライバルが現れる夢を見た時は、夢占いとしては強い不安を意味しています。

現実的にも、恋愛のライバルがいる場合は、自分にかなり自信を失っている状態を示しています。

もしかすると、現実でライバルに負けていると感じているのではないでしょうか。

あるいは、相手を好きになりすぎてどこか気持ちが空回っていることに対しての虚しさを感じているのかもしれません。

ライバルに負けまいと勢いでアタックしても、あまり効果を得ることはできませんので、一旦静観する心の余裕を持つことはとても大切です。

また、現実にはライバルがいないのにそういった夢を見た場合は、好きな異性や恋人に対して不信感を抱いていると夢占いでは教えてくれています。

浮気しているのではないか?他に好きな人がいるのかな?というような疑いの気持ちが強いと夢として表れてきます。

もし、実際に何か不安に感じていることがあるのであれば、やはりきちんと相手と話をすることが大切ですよ。

その際は、相手を責めるような言動は控えて、冷静に対応するようにしてください。

夢占い恋愛の意味9:愛されていると感じる夢

異性に愛されていると感じる夢を見た時は、夢占いとしては愛情を強く求めているという意味があります。

どこか恋愛感情を超えた愛情を求めている場合も多く、恋愛ではなく結婚を希望している状態も表されています。

もし、恋人がいない場合は、婚活をするなど行動に移すと良いです。

また、恋人がいる場合は、相手に対して結婚を意識するような相談をしてみても良いかもしれません。

夢占いで誰かに愛されていると感じる夢は、愛を必要としていると考えられています。

愛に溢れた状態、とも言えますが、もっと愛情をかけてもらいたい、気にかけてもらいたい、相手を手に入れたいという願望が愛されて安心している夢となって表れています。

恋は盲目ではありませんが、右も左も見えないような状況にだけはならないように注意が必要です。

夢占い恋愛の意味10:恋に落ちる夢

恋に落ちる夢を見た時は、夢占いとしては恋愛運の上昇、もしくは変化を意味しています。

異性と恋に落ちるというのは、とても夢のあることで見ている方はステキな気分になります。

夢占いの結果も同様で、今までの考え方を改めるきっかけが訪れたり、隠れていた才能が開花すると教えてくれています。

考え方が変わる、ということは恋愛に対しても影響を与える可能性が高いので、非常に興味深いです。

恋に落ちる相手が全く知らない相手であれば、今まで出会ったことのないようなタイプの人に出会う可能性を示唆しています。

その際、本当に恋をする可能性も高いので要チェックです。

さらに、こうした思いがけない相手との恋に落ちる夢は、隠れていた才能が開花する時期だとも考えられるので、興味はあったけど手出しをしていなかった分野にチャレンジするなど、行動的になることがポイントです。

夢占い恋愛の意味11:恋人がいるのに恋に落ちる夢

恋人がいるのに恋に落ちる夢を見た時は、夢占いとしては恋人との関係がとても良いものになっていることを意味しています。

恋人とは別の異性と恋愛をする夢、というのは目覚めた時に罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、夢占いの結果では吉夢だとされています。

恋愛がうまくいっている証拠なので、現状のまま恋人を大切にしてあげてくださいね。

自分にとって、良い運気が流れてきているので、非常に心穏やかに恋人に接することができますし、運気が上昇している時は何をしてもうまくいきます。

この運気の上昇は、結婚に発展するきっかけにもなるので、とても良い夢です。

夢占い恋愛の意味12:告白されて恋に落ちる夢

告白されて恋に落ちる夢を見た時は、夢占いとしては現状をとても不満に感じていることを意味しています。

その不満は、恋愛だけではなく、私生活や仕事に対してもなので、どのような部分に不満を感じているのか自分なりに考えてみてください。

恋愛に対して不満に感じている状況だと、終わらせた方が良いかもしれません。

また、告白してくる異性が多ければ多いだけ、夢占いでは良くない状況を示しているので、不満が明確なのであれば、きちんと発散するように意識してみてください。

また、告白された後に、自分も相手にのめり込むように恋に落ちた場合は、周囲を冷静に見ることができない状況を表しています。

この夢はある種、警告にも近いので、自分のことだけに集中するのではなく、少しずつでも周りに目を向けるような努力するようにしてください。

夢占い恋愛の意味13:一途な恋愛をする夢

一途な恋愛をする夢を見た時は、夢占いとしては周りの人から好感度が上がることを意味しています。

一途な恋愛というのは、非常にポジティブなものとして夢占いで受け取られているので、自分に対して前向きになれる表れです。

そうした明る人がそばにいると、周りの人も明るくなれますし、場を明るくしてくれる人として好感度が上がります。

好感度の高い人は、異性にもモテやすくなるので意識してみると良いですよ。

また、人によって態度を変えることがないようにしましょう。

人というのは、見ていないようで意外に見ていることが多いので、人によって態度を変えている人というイメージがつくと、せっかく上がった好感度が急激に下がる可能性もあります。

この夢を見た時期は、非常に気持ちが明るくなれるので、いつも笑顔でいられるように努めてみてくださいね。

夢占い恋愛の意味14:複数の異性からモテる夢

恋愛の夢で、複数の異性からモテる夢を見た時、夢占いとしては恋愛運が上昇していることを表しています。

たった1人の相手から愛されるというのも、とても素晴らしいことです。

しかし、人生には3度たくさんの人からモテるモテ期というものが訪れる、と言われています。

そのように、夢の中でモテていた場合は、恋愛運の上昇が期待できます。

ただ、注意が必要なのは、夢の中での自分の気持ちです。

複数の人からモテて嬉しい感情があれば問題ありませんが、もしも嫌な気持ちだったり、不安に感じるようであれば、意味合いが少し変わってきます。

こうした、マイナスイメージの時は寂しさの表れかもしれません。

恋愛の夢は、夢占いで寂しさや孤独を表しています。

そのため、モテたいという願望の表れとも捉えられるので、大きな期待はせずに毎日を過ごしましょう。

夢占い恋愛の意味15:知らない人と恋愛をする夢

知らない人と恋愛をする夢を見た時、夢占いとして恋愛運や対人関係が良好になることを意味しています。

自分にとって、良い影響をもたらしてくれるような人との出会い、もしくは交流です。

もし今、恋人がいないのであれば、恋愛に発展しそうな異性との出会いが期待できます。

逆に恋人がすでにいる場合は、恋人との絆が深まることを夢占いは教えてくれています。

一方で、知らない異性と仲良くしたり、親密な雰囲気を夢から感じた場合は、夢の相手が理想の相手ということを表しています。

今まで交際していたタイプとまるで違うような相手であれば、本当の意味で相性の良い相手を見直すこともできます。

また、服装や話し方、雰囲気など、現実世界でそれに近しい人と出会うことがあれば、恋を期待してみても良いかもしれません。

巡り合いというのは、自分だけの力でどうにかなるものではないので、こうした夢を見た時はいつ出会っても良いように自分磨きをしておきましょう!

夢占い恋愛の意味16:片思いの人と恋愛をする夢

片思いの人と恋愛をする夢を見た時は、夢占いとしては自分自身の願望を意味しています。

恋愛の夢、というのは自分自身の願望の強さが現れていることが多いので、夢占いの結果でも願望が夢に具現化されるということもよくあります。

片思いをしている異性と恋人になっている場合は、願望が強くなっている状態で、現実ではどうにもならずに空回りして苦しんでいることも示唆しています。

そのため、片思いの人が夢に出てきたからと言って夢のように恋人になれるのでは?と思うのは時期尚早です。

告白しても成功率はかなり低いと考えられるので、行動は控えましょう。

逆に、夢で相手の方が自分を好きでいてくれる場合は、相手も関心をもってくれていることを示しています。

こうした内容の夢であれば、少し積極的な行動をすると良い結果を引き寄せるかもしれません。

また、恋人だけれどケンカをしている、というような場合は、悪い夢だと考えがちですが、実際は恋愛運が上昇していることを表しています。

そのため、この内容の夢でも、積極的な行動がキーポイントになります。

夢占い恋愛の意味17:興味・関心がない人と恋愛をする夢

興味・関心がない人と恋愛をする夢を見た時は、夢占いとしては自分の気持ち自体が好きな人や恋人以外に向き始めていることを意味しています。

頭では、好きな人や恋人ときちんと恋愛したいと思っていても、心は離れている状況になっていることを表しています。

夢占いとして、ある種決断の時期だということを教えてくれています。

もう好きでいることが難しいのではないか、好きというような感情ではなくただの情なのではないかをよく考えてみましょう。

異性として愛せない状況というのは、自分にとっても悲しいものです。

そのため、関係を続けるのか続けないのか、考えてみるきっかけとして考えてください。

現状、その他の人に目が向いていることもあるかもしれません。

新たな人との出会いによって、感情が移ろいでいる状態になっているので、自分と向き合う時間を作りましょう

夢占い恋愛の意味18:別れた異性と恋愛する夢

別れた異性と恋愛する夢を見た時は、夢占いとしては現在の恋愛がうまくいっていないことを意味しています。

通常、別れた相手に対して未練がなければ、夢に出てくることがありません。

そのため、夢占いでは相手に対しての未練だったり、現在恋人がいるのであればその恋人に不満を持っている可能性が高いです。

ただ、未練が全くないというような気持ちの場合は、好きだった気持ちを心のどこかで懐かしんでいる部分もありますが、やはり現状に不満が強くある場合が多いです。

なので、もし今目の前に魅力的な人が現れたらそちらに行ってしまったり、別れた相手と再会したら再燃する可能性もあります。

夢占い恋愛の意味19:芸能人と恋愛をする夢

芸能人と恋愛をする夢を見た時、夢占いとしては人から注目されたい思いを意味しています。

芸能人というのは、人から認められて評価され、注目されているような存在です。

そんな人と恋愛関係になっている夢を見たということは、自分も相手のように注目されたり、評価をされたいという強い思いの表れです。

また、この強い思いは夢占いでは、少し是正しなさいという意味でも使われています。

相手の立場に立って、物事を考えられなくなっている状況を示唆しているからだと考えられています。

一方で、自分がファンである異性の芸能人が夢に出てきた場合でも、強い思いが表されています。

その芸能人が好きすぎる、という気持ちが夢に出てきています。

また、芸能人という手の届かない相手に恋心を抱いているため、現実でもどこか手の届かない人に恋心を抱く可能性も示唆しています。

例えば、既婚者や友人の恋人など、道ならぬ恋になる可能性も秘めているので、自分の気持ちをしっかりもつことが大切です。

夢占い恋愛の意味20:同性と恋愛する夢

同性と恋愛する夢を見た時は、夢占いとしては視野が広くなっていることを意味しています。

まさか、異性ではなく同性と恋愛をするなんて!と思うかもしれません。

偏見ではなく、自分の性的思考と違う相手が夢に出てくるのは、とても驚きます。

ただ、夢占いとしてはどんな相手でも分け隔てなく愛することができ、視野がひろくなっているというような状況を表しています。

どのような相手でも、きちんと人として向き合って、結果的に愛するかどうかを決める心の美しさが生まれています。

言葉にすると簡単な話かもしれませんが、実際に行動するというのは難しいことです。

しかし、この夢を見たということは、自分自身の心が浄化されていて、真っ新な気持ちで相手と向き合うことができる状態になっています。

なので、しっかりと自分に自信を持っていきましょう。

夢占い恋愛の意味21:恋愛が成就する夢

恋愛が成就する夢を見た時、夢占いとしては告白が実らないことを意味しています。

好きな異性に告白をして、恋愛が成就する夢を見ると、どうしても期待してしまいますが、夢占いでは逆夢と呼ばれるものになります。

夢とは真逆のことが起こると言われている夢です。

なぜ、このような夢を見るのかというと、相手を好きな気持ちが強すぎることが起因しています。

こんなに好きなのに、相手に応じてもらえずに悩んでいる状況からこうした夢を見る傾向があります。

もし、自分自身が叶わないのに相手に対してしつこくしているなどであれば、一歩引くことが必要だとも教えてくれています。

相手を好きな気持ちというのは大事ですが、本来恋愛というのはお互いが好き合ってこそ成り立つものなので、その点は意識しておきましょう。

また、この夢を見た時は、しばらく告白などの積極的な行動は控えるようにしてください。

夢占い恋愛の意味22:失恋する夢

好きな異性に告白をしたて、失恋する夢を見た時、夢占いとしては不安を意味しています。

現実でも片思いをしている人がこのような夢を見やすく、告白をしてフラれたらどうしよう、自分を好きになってもらえなかったらどうしよう、という不安の表れです。

ただ、今現実的に恋人がいて、その人に失恋する夢を見た場合は、夢占いでは逆夢と言われていて、逆に相手との関係が深まることを示唆しています。

不安という意味合いもありますが、大切だからこその不安なので、きちんとその気持ちは現実に恋人に話すようにしてください。

また、全く知らない人に失恋する夢の場合も逆夢で、恋愛運や人間関係の運気が上昇することを表しています。

良い出会いに恵まれるチャンスを秘めているので、広い視野で行動すると良いです。

このような夢を見た時、自分や恋に対して後ろ向きになっている傾向が強くなっていることも表されているので、もっと自分に自信を持つようにしてくださいね。

夢占い恋愛の意味23:何回も恋愛の夢を見る

何回も恋愛の夢を見る意味は、夢占いの結果というよりも心の状況が起因しているかもしれません。

恋愛の夢は、夢占いで言えば恋愛したい気持ちの高まりや不安な感情の表れです。

そのため、異性に対しての不安感や恋愛をしたいのにできない、という葛藤が何回も同じ夢を見せている可能性があります。

そのため、どうして同じ夢を見てしまうのか、自分なりに読み取り、分析する必要があります。

基本的には、あまり良いことではないので、自分の葛藤をちゃんと解消することが大事ですよ。

夢占い恋愛の意味24:身も心も恋愛に捧げる夢

身も心も恋愛に捧げる夢を見た時は、夢占いとしてはその相手に対しての執着心を意味しています。

身も心も恋愛に捧げているということは、一方的に尽くしているというような状況になるので、夢占いとしては執着心や依存心が強くなっていることを表しています。

現実でも、距離感が近くなりすぎて、パニックになっている可能性があります。

どこか、相手をつかまえておきたいとか、離したくないというような感情が自分の中にうごめいています。

そのため、夢は一旦ブレーキをかけて、きちんと距離感を保った関係を築くようにしようと教えてくれています。

いつの時代も恋愛だけにのめり込んでいる異性よりも、自立心の高い人の方がお互いを高められて魅力的に映るものです。

夢占い恋愛の意味25:好きな人や恋人に嫉妬する夢

好きな人や恋人に嫉妬する夢を見た時は、夢占いとしては人間関係でのトラブルが起きることを意味しています。

この人間関係というのは、恋愛もそうですし、友人関係でも言えることです。

例えば、好きな人や恋人によからぬ誤解を受けている可能性もあります。

自分では想像していないようなところで、誤解されていてトラブルに発展しそうなことを示唆しています。

夢占い恋愛の意味26:愛人と恋愛する夢

愛人と恋愛する夢を見た時は、夢占いとしては不安定な心や寂しさを意味しています。

実際に愛人がいるかいないかは別として、非常に運気が低迷していることを夢占いでは教えてくれています。

もし、恋人がいないのに愛人と恋愛する夢を見た場合は、心の寂しさを表しています。

また、その寂しさのせいで異性から誘いがあると乗ってしまいがちということも示唆しています。

運気が低迷している時に出会う相手というのは、あまり良い出会いではない場合が多いので、慎重な行動を心がけてください。

まとめ

恋愛をしている夢というのは、とても幸せな気持ちにしてくれます。

夢占いでも、恋愛の夢は良い結果が多いのがその特徴です。

ただ、一方で寂しさも夢占いでは示唆しているので、夢を見た時の感情や夢から覚めた時の感情をよく考えてみるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク