【偉そうな人】特徴や心理17つ・自信・感謝の心がない?ならない・見えない方法や対処法について解説!

こんにちは!偉そうな人の記事へようこそ!

あなたの周りには何だか「偉そうだな」と感じる人はいませんか?

この記事に訪れて頂いた段階でもう偉そうな人に会っていて会うのも嫌な状態になっているかもしれませね。

ここからは偉そうな人の特徴や心理、偉そうな人にならない・見えない方法や偉そうな人への対処法について解説していきます。

偉そうな人の特徴・心理

それでは偉そうな人の特徴や心理について詳しく紹介していきます。

偉そうな人の特徴・心理1:自信がなく虚勢を張っている

偉そうな人の特徴や心理ですが基本的に偉そうな人は自分に自信がありません。

偉そうな人は常に「俺は本当はもっとできる人間なんだ」「なんでこんなところで働いているんだ」「こいつらとは俺は違うんだ」と心の中は不満で溢れています。

ただその感情に根拠はありません。

そして不満、不満、不満といった感じで喜びの感情がありません。

そのため偉そうな人の顔は明るくなくどこか暗いです。

暗い自分がいることが分かっていますがそれを周囲に悟られたくない、バカにされたくないので

「俺はすごいんだぞ」といった態度をとって虚勢を張っているのです。

自分を守るために虚勢を張っているのでどこか行動に余裕がありません。

虚勢を張っているタイプの偉そうな人はちょっとしたことでその小さい自信は打ち砕かれていきます。

偉そうな人の特徴・心理2:悪い意味で自信過剰

偉そうな人の特徴・心理に悪い意味で自信過剰なのがあります。

このタイプの偉そうな人は何かでお金を儲けた一時的な成功者タイプです。

学歴がない、出生が悪いなどのコンプレックスがありそれをバネに一生懸命に頑張ってお金を稼ぐことに成功しました。

今まで不遇を感じていた分、「俺はお前らとは違うんだ!」と本気で思っています。

周りは自分よりレベルが低いと思って本当に見下しています。

お金や結果を出したことによる自信が完全に悪い方向に向いてしまったタイプといって良いでしょう。

このようなタイプは一時的には成功しても謙虚さを失い人から嫌われて何かのきっかけで

今まで人々が溜めていた不満が表面化して一気に落ちぶれていくタイプといって良いでしょう。

スポンサーリンク



偉そうな人の特徴・心理3:人に対する感謝の心がない

偉そうな人の特徴・心理に人に対する感謝の心がないのがあります。

「ありがとう」という感謝の言葉を毎日30分言い続けてみてください。

言い始めるときと比べて感謝の心が生まれてきて人に対する感謝、優しい気持ちを感じることができると思います。

偉そうな人には「ありがとう」という概念がありません。

「ありがとう」と言い続けてあなたに生まれたような感情を欠いています。

むしろ俺のために動けぐらいにしか人を見ていない面さえあります。

人に対して感謝の心があると自分を誇示しようという気持ちがなくなりますが

感謝の心がなく他人に心があることを理解できていないと偉そうな態度になっていくのです。

そして皆から嫌われます。

偉そうな人の特徴・心理4:人の失敗を過剰に責める

偉そうな人の特徴・心理に人の失敗を過剰に責めるのがあります。

後輩、部下がミスをした、失敗をした場合にはこれ見よがしに得意ぶって「なんでこんなことをしたんだ!」と「そこまでいうか?」というぐらいに過剰に責めていきます。

そして自分を誇示するために自分の大したこともない仕事論を長々と説教していくとても嫌な人間です。

意識している訳ではありませんが常に不安で自分を見せつけたい気持ちが強いのでそのような悪質な行動になります。

このような人間は云わずもがな嫌われていくのは当然です。

偉そうな人の特徴・心理5:常に指示を出し指示を出されるのが嫌

偉そうな人の特徴に常に人に指示を出します。

偉そうな人は自分に自信がありません。

就活しても自分が望むような就職先はないと思っているのでずっと気楽なアルバイト生活をしているような人間に偉そうな人は多いです。

アルバイト先では経験が長かったり、下の人間と年が離れているのでバイトリーダー的な人間になる場合が多いです。

自分のコミュニティで自分を誇示していこうと偉そうに「あれやって」「これやって」とかっこつけてどんどん指示を出していきます。

指示を出すことによって自分のプライドを満たそうとしていきますが

指示の仕方が一方的で不快な気持ちにさせることが多いので下の人間からはめちゃくちゃ嫌われます。

また偉そうな人は自分は今いるコミュニティでは偉いと思っているので指示を出されるのをとても嫌がります。

まともな指示を出したとしても「それは違うんじゃない?」と屁理屈を言い出す傾向にあります。

そうして「扱いづらい」といった評価をされたり面倒なトラブルに発展していくのです。

スポンサーリンク



偉そうな人の特徴・心理6:努力していない

偉そうな人の特徴に努力していないのがあります。

人間は努力していけばいくほど自分には上がいるのをまざまざと見せつけられていきます。

日本一、世界一を目指そうと思ったら常に上には自分よりすごい人間がいることを実感するでしょう。

上がいることを実感して努力する事を決意すると「自分はまだまだだ」と思って勉強しようという思いが強くなっていくのでどんどん謙虚になっていきます。

偉そうな人は努力しない人です。

上がいることを知らない、知ると自信がなくなるのでなかったことにして自分のコミュニティで偉そうにしていきます。

努力しない人間は段々自分の実力が落ちていっているのに気が付きませんがそのような怠惰な人間性は周囲の人間からは簡単に見抜かれていくので嫌われていきます。

非常に迷惑な存在と言えます。

偉そうな人の特徴・心理7:身分不相応な話をする

偉そうな人の特徴に身分不相応な話をするという特徴があります。

今フリーターなのに「今の日本の株価はいくらでさー」「これからは○○のビジネスが伸びていくんだよ」といった感じで明らかに身分不相応な話をし始めていきます。

どこかで聞きかじった話だったり適当な話の場合が多いですがそのような話をする事で「俺ってこんなこと知っててすごいでしょ」と思って慕ってほしいのです。

また実際に「俺は人と違うから」といった発言をする場合もあるでしょう。

でも周囲は人間性について見抜いているので益々嫌われていくという負のループに陥ります。

スポンサーリンク



偉そうな人の特徴・心理8:自分を大きく見せる嘘をつく

偉そうな人の特徴に自分を大きく見せる嘘をつくのがあります。

プライドは持っていても大した実績を持っていない偉そうな人は誰も聞いていないのに「俺は昔○○だったんだよね」と今現在の姿からは考えられない発言をします。

そしてそのほとんどが自分を大きく見せるための嘘です。

自信がないけど、周りからはすごいと思われたいと思っているのでバカみたいな嘘をつきます。

ただちょっと突っ込んだ質問をするとしどろもどろになったり「それ以上は聞くなよ」と話を巻きます。

大体の人間は偉そうな人の人間性を見抜いているので「こいつダメだ」と呆れてしまいます。

スポンサーリンク



偉そうな人の特徴・心理9:過去の実績に酔いしれ時間が止まっている

過去に何かしらの実績を残したタイプの偉そうな人は過去に自分が出した実績に酔いしれて時間が止まっています。

確かに実績は残したかもしれません。

ただ今の自分はなかなか結果が出せずに悶々とした気持ちを抱えています。

今の自分を否定したくないので過去の実績を自慢したり偉そうな態度をとって自尊心を傷つけないようにしているのです。

ただ人間は過去の実績の自慢話をされても「へー」としか思わず今を生きられない可愛そうな人と本能的に感じるので人が遠ざかっていきます。

このタイプの偉そうな人は努力しない人に通じるでしょう。

偉そうな人にならないためには今を努力していく必要があります。

努力家の特徴や心理についてまとめた記事がありますので是非一度お読み頂きご参考にしてくださいね。

努力家の特徴・長所10選&短所や努力家になるための方法を紹介!

偉そうな人の特徴・心理10:体が大きい

偉そうな人の特徴・心理に体が大きいのが挙げられてきます。

偉そうと思われがちな人は身長がとても高かったり横幅があったりして人に対して威圧感を与えがちです。

それが偉そうという第一印象に繋がる場合もあります。

第一印象で偉そうと思われても謙虚に振舞えば良いですが自分に自信がなく虚勢を張って偉そうにしていて体が大きい場合は相当偉そうに見えるでしょう。

嫌悪感を覚えられてとても嫌われていく運命にあります。

偉そうな人の特徴・心理11:人の成功を認めることができない

偉そうな人の特徴・心理に人の成功を認めることができないのが挙げられてきます。

偉そうな人はとても小さなコミュニティの中で「自分は一番だ」と思っているような人間です。

外の世界をシャットダウンして虚勢を張っていますが、生きていると身近な人物の人生がうまくいったという話を聞く経験があると思います。

そんなとき偉そうな人は何も努力していないのにやるせなさ、嫉妬心が沸いてきて「おめでとう」「良かったな」といった言葉を言うことができせん。

それどころか「いやー彼は今後失敗するよ」「あいつは人間性がダメだからな」と成功を否定したり妬むような嫌な発言をします。

他人のちょっとした成功も喜ぶことができないので「足を引っ張る人だな」と思われてしまいます。

スポンサーリンク



偉そうな人の特徴・心理12:上の人間をバカにする

偉そうな人の特徴に上の人間をバカにするのが挙げられてきます。

自分が何かしらの実績を残したタイプの人が陥りがちな罠です。

自分の力に慢心している場合があり「あの人がいなければ」「大した力もないのに俺に命令するな」といった感情を持っています。

そのような気持ちが偉そうな態度を助長させていきます。

偉そうにしている事で上の人間からは良く思われません。

大きな対立に発展する可能性があります。

偉そうな人の特徴・心理13:自分を論理的だと思っているが全くロジカルではない

偉そうな人の特徴に自分を論理的に物事を考えられる人間だと思っているが全くロジカルではないのがあります。

偉そうな人は頭が良くなくても「自分は人よりも頭が良い人間だ」と思っている面があります。

自分はロジカルな人間だと思っている面があり説教をするときは「もっと論理的に考えろ!」が口癖だったりします。

ただ実際は支離滅裂だったり話が矛盾している場合が大変多いです。

「あの人は発言と行動が全然違うよね」と思われて信頼を一気に失っていきます。

偉そうな人の特徴・心理14:親が金持ち

若くして偉そうな人の中には親が金持ちの人がいます。

親が金持ちで大事にお金をかけられて育てられて高学歴である方が多いです。

このような人は親がいたおかげで自分の今がある事が全く分かっていないので物凄く偉そうな態度をとっていきます。

親からもらったお金でブランド物や車を買って乗り回し周囲に見せつけています。

ただ自分の力でお金を稼いだ訳ではないので周囲からは冷笑されています。

スポンサーリンク



偉そうな人の特徴・心理15:大企業に勤めている

大企業に勤めている人にも偉そうな人がいます。

「俺電通!」「俺外資コンサル!」と自分の職業を自慢していきます。

自分の会社を自慢する心理の背景には他人を見下す心があります。

実際は大企業という看板がなければ生きることができない人なのですがそれが分かっていないのでくだらない自慢をしていて自分の虚栄心を満たそうとするのです。

大体大企業に勤めていることを自慢する人間は企業内で戦力になっていない場合が多いです。

もし本当に頑張っている人、上を見ている人であれば「早く起業しよう」ともっともっと上を向いているのです。

偉そうな人の特徴・心理16:後輩から徹底的に嫌われている

偉そうな人は後輩・部下から徹底的に嫌われています。

偉そうな人は自分をすごい奴だと思わせるために相手を下げるような一言を漏らす事が多いです。

「お前はまだまだだな」「俺が教えてやるよ」といった相手を下げたり俺はお前より優れているんだぞみたいな発言をします。

偉そうな人が虚栄心を満たすために言った発言は言われた方にとっては非常に腹立たしく不快に感じる場合が多いです。

言われた方は「あなたに言われたくない」という強い憤りの感情が生まれてきます。

それがきっかけで偉そうな人は後輩から嫌われて口喧嘩になったり、口も聞きたくないと思われてしまいます。

偉そうな人の特徴・心理17:最終的からは皆からバカにされる

偉そうな人は最終的には皆からバカにされます。

大した実力もないのに指示を出して自慢話をし始めるので嫌われるのは当然です。

自分を大きく見せる話をすればするほど「また始まったよ」とバカにされて周囲に人が寄り付かなくなります。

また偉そうな人はめんどくさい人間なのであまり波風を立てなくないと思われて「へーそうなんですね」と当たり障りのない対応をされる事が多いです。

偉そうな人は人の感情の機微が分からないので「えーそうなんですか」という返答が「自分は認められている」と勘違いして更に自慢話をしていくのです。

聞く方はうんざりしていますがなかなか止める事はありません。

あなたが偉そうな人に見えていない?偉そうな人にならない・見えない方法

読者様の中には偉そうにしているつもりがなくても何かしら相手に誤解を与えて「偉そう」と思われている場合があり非常にもったいないところです。

ここからはあなたが無用な誤解を生まないために偉そうな人に見えない方法について解説していきます。

偉そうな人にならない・見えない方法1:人に誠実に向き合い頭を下げる

偉そうな人にならない・見えない方法ですがまずは人に対して誠実に向き合い頭を下げる必要があります。

人に会ったときには「私は○○と申します。よろしくお願いいたします。」といった挨拶をビシッととしましょう。

これだけでも外見に威圧感があった場合でも「ああこの人は誠実な人だな」と思われる事になるでしょう。

また人にお世話になったとき、助けられたとき、人に迷惑をかけてしまったときにはしっかりと頭を下げましょう。

偉そうな人は自分の虚栄心を満たすことしか考えていないので人に頭を下げる事が絶望的にできません。

人に頭を下げられない姿が「偉そう」という思われることにつながります。

人として誠実に振る舞う事に共通していますが相手を立てて頭を下げる事ができれば偉そうとは思われなくなるでしょう。

偉そうな人にならない・見えない方法2:相手の立場に立った言動をする

偉そうな人にならない・見えない方法に相手の立場に立った行動をするのがあります。

偉そうな人は常に「自分は○○なんだ」「俺は他の奴より偉いんだ」と行動の主体が常に自分中心になっていています。

自分の行動が主体になった場合には相手のことが見えなくなります。

相手がいるのに自分を中心にした考え方をするので「偉そう」と人から嫌われていきます。

偉そうな人にならないためには相手の立場に立って相手の気持ちに沿った行動をとる必要があります。

相手の立場に立つと優しさだったり理解する感情が生まれてきます。

相手を理解する感情が生まれるともう自分の虚栄心を満たそうといった感情はなくなっていきます。

むしろ人から好かれる人間になるでしょう。

スポンサーリンク



偉そうな人にならない・見えない方法3:色黒や尖った眉毛にしない

偉そうな人にならない・見えない方法に色黒にしたり尖った眉毛にしないことが大事です。

日サロでわざわざ色黒にする心理は何でしょうか?

オシャレで色黒にしている人もいると思いますが深層心理には人に嘗められたくないという自信のなさを隠す思いがあります。

よく業績が悪くなった会社経営者が自分の自信のなさを隠すために日サロに行く傾向があります。

色黒にすることでちょっと強く見える場合がありますが大体は偉そうに見えます。

自信のなさを隠すために日サロにいく行動は偉そうな行動にも繋がっていきます。

色黒にしない方が偉そうに見えません。

また尖った眉毛も人に威圧感を与えます。

謙虚な態度であればよいですが偉そうに見えないためには止めておいた方が賢明です。

偉そうな人にならない・見えない方法4:自慢話はするな

偉そうな人にならない・見えない方法で鉄則なのが自慢話をしないことです。

自慢話はなぜ人を不快にさせるのでしょうか?

自慢話には聞いている相手がどのように感じるのかという視点が抜けているからです。

大体自慢話をするのは相手が自分より劣っていると思うです。

「俺はこんなにすごいことをしたんだぞ」というのをアピールしたいのです。

仲がとても良い間柄なら良いでしょう。

ただそれほどの関係ではない場合に自慢話をされても人間は本能的に「ああ、この人は俺(私)を下に見ているんだな」と感じてしまいます。

それを理解していれば自慢話をする事はありませんが偉そうな人は自分が先走ってしまうのでくだらない自慢話をして相手を嫌な気持ちにさせます。

偉そうと思われたくなければ自慢話は厳禁です。

自分を向上させる事に意識を向けているのであれば自慢話をしている暇はないでしょう。

偉そうな人への対処法

学校・社会で生きていれば偉そうな人はいます。

偉そうな人に始めて会ってどのように接すれば良いのかが分からない方もいるでしょう。

ここからは偉そうな人への対処法を紹介していきます。

偉そうな人への対処法1:右から左に受け流す

偉そうな人への対処法ですが話を右から左に受け流していきましょう。

これまで紹介してきたように自分が中心で人を不快にさせる言動を繰り替えてしていきます。

いちいち相手にしていたら身が持たずあなたがやるべき仕事に集中できないでしょう。

話を二つ返事で右から左に受け流しましょう。

また偉そうな人は人の気持ちが分からないのであなたが「うんうん」と適当に相槌を打つだけでも「おおこいつは俺の話を聞いてくれるのか」と得意げになって更につまらない自慢話をし始める可能性が高いです。

偉そうな人の虚栄心を助長させないために喋らないという選択肢をとるのが最も適切な方法です。

露骨に嫌うとあなた自身働いていてとても嫌になりますので徹底的に仕事に集中して寄せ付けない雰囲気を自然に出すなどして対処していく必要があります。

偉そうな人への対処法2:バカにする・喧嘩する

偉そうな人への対処法にバカにする・喧嘩するというちょっとした荒療治があります。

偉そうな人は基本的に自分に自信がありません。

自分の自信のなさを隠すために必死に偉そうな態度をとっています。

そのためちょっとバカにされたり、「なんですか?」というような態度でこちらが接するだけで小さなプライドが簡単にズタズタになります。

偉そうな人も言い返してくるかもしれませんが心の中は不安でいっぱいです。

不安で気持ちがいっぱいになるともうあなたには何も言ってこなくなる可能性があります。

荒療治ではありますが相手の目の動きなどを見て気が弱い人間かを見極めた上で行いましょう。

性格が悪いと思われる方法ではありますが自分自身を守るためには必要な事です。

スポンサーリンク



偉そうな人への対処法3:媚びを売る必要はない

新しい職場で働くことになった場合、そこに偉そうな人がいたら「自分がこの職場で一番だぞ」ばりに偉そうな態度をとって自分に従うように仕向けてくる人がいるかもしれません。

ただ職場の雰囲気が見えていない以上そんなときに「ああこの人に従わなければならないんだ」と思って媚びを売る必要はありません。

新しい職場で偉そうな態度をとる人間がいたら大体が嫌われています。

嫌われている人間に従順になる必要はないのです。

偉そうな態度をする人がいても「この人は多分嫌われているだろうな」と思って適当に「はいはい」と言って相手を不快にさせない程度にあしらいましょう。

そして職場で本当にしっかりしている人について仕事を教わりましょう。

一生懸命に仕事をしている人は偉そうな人とは仲良くないので防波堤になってくれるでしょう。

偉そうな人への対処法4:最悪転職を検討するべき

偉そうな人への対処法ですが最悪の場合は転職を検討すべきです。

偉そうな人と共同で作業する場合などは苦痛で仕方がないかもしれません。

人間関係における苦痛はかなり辛いものがあります。

そんな悩みは無駄です。

仕事に専念できない場合は転職しましょう。

転職市場の動きは早いです。考えているだけではあっと言う間に置き去りになります。

転職サイトだけでも登録してみてはいかがでしょうか。
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

またレベルが高くなれば職場に偉そうな人は減っていきます。

職場に偉そうな人が多い場合はあなたもまだまだそのレベルなのです。

「こんな苦しみは二度と経験したくない」と思って努力して新しいステージを築いていく必要があります。

まとめ

ここまで偉そうな人について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

偉そうな人は周りを相当不快にさせる存在です。

あなたが唯一偉そうな人から学べることは「偉そうにすると人から嫌われるんだな」という事です。

人間明日は我が身です。

今はあなたは謙虚という評価を得ているかもしれませんが何かのきっかけで偉そうな人になり今度は自分が嫌われたり人を嫌な思いさせるかもしれません。

偉そうな人を見て「こんな人間にならないようにしよう」と人生の学びにする必要があります。

自分を向上させて結果を残している人間は絶対に偉そうな態度はとりません。

相手の立場に立つ癖がついているので偉そうな態度で人と接しても自分の敵を作るだけなのをしっかり分かっています。

また上には上がいる事を理解していれば偉そうにしている場合ではないのは分かるはずです。

ここまでは偉そうな人について紹介してきましたがもっとレベルの高い人になるためには謙虚な人や優しい人になる必要があります。

是非以下の記事をお読みになって自分自身を高めるきっかけにされてくださいね。

謙虚な人の特徴14選!&好き・好かれる理由&モテる?モテない?おすすめの仕事は?

本当に優しい人の特徴は?習慣・しないこと・見分け方・どんな異性に惚れるか・恋愛などを紹介!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク