がさつな人の特徴!嫌われる原因や対処法は?

がさつな人

「何故だかわからないけどこの人の近くにいると不快感を覚える」と言う人があなたの周りにもいませんか?何か嫌な事をしたり言ったりしてくるわけではないし、本人としては普通に生活をしているだけなんだろうけど、たまにすごく不快な気分にさせてくる人。

もしかしてその人って「がさつな人」なんじゃないでしょうか。知らず知らずのうちに人に言葉では表しにくい不快感を与えているがさつな人。そんながさつな人の特徴や嫌われる原因、対処法などを見てみましょう。

がさつな人が嫌われる原因は?

がさつな人

「がさつな人」と言うと態度や言動が豪快だと言う印象を受けますが、同じような言動をしていても「サバサバしている人」や「ワイルドな人」と言う代名詞が付いて好感度を持たれる人もいます。この違いは何なのでしょう。

がさつな人が嫌われる原因や「がさつな人」と認定される人の特徴などを見てみましょう。

がさつな人は他人に不快感を与える言動が多いから

がさつな人

「ワイルドな人」や「サバサバしている人」ではなく「がさつな人」だと思われる人の特徴として、まず、人に不快感を与えるような言動が多いと言う事があげられます。

言動が多少豪快でも常識やマナーを無視した行動をとっていないうちは気持ち良く接していられるものですが、がさつな人は常識やマナーと言ったものを無視したり、品性を感じられない言動をとる事が多いので他人に不快感を与え、嫌われる事になるのです。

がさつな人は仕事が雑で信用できない

がさつな人の特徴として仕事が雑だと言う事もあげられます。デスクワークの場合は、机いっぱいに書類を広げていたり必要なものと必要でないものが区別できない状態で散乱しているなど、見るからに雑な仕事しかしそうにない印象を与えています。

どんな仕事にしてもそうですが、仕上がりがいいかげんでもがさつな人は気にする事はありません。仕事を頼んだ側としては、任せた仕事をいいかげんにされる事で次から信頼して任せる事ができません。その積み重ねで人の信用を無くしていった結果嫌われる人になるのです。

がさつな人は他人に配慮することができないから

がさつな人は他人に配慮する事ができないと言う特徴もあります。

閉じた傘を持った手を大きく前後に振って歩いている人を想像するとイメージしやすいのではないでしょうか。傘の先端が後ろの人にぶつかったら危ないと言う事は理屈では誰でもわかる事なのですが、がさつな人は自分がそのような行動をとっていると言う自覚はないのです。

そう言った行為について頭では認識していてもいざその場で自分がやっている自覚がないと言うのは、他人に配慮する事のできないがさつな人が普段から周りの人の様子に気を配っていないから気付けないと言う事でもあります。

がさつな人の特徴

「がさつな人」とひとくくりにしてみてもそのがさつさには個人差がありますが、「がさつな人」になってしまう人には性格に共通した特徴があるようです。

どのような性格の特徴があるのかを見てみましょう。

がさつな人はめんどくさがりである

がさつな人は基本的にめんどくさがりだと言う特徴があります。両手がふさがった状態で別の行動をしようとする時、手に持った荷物を置いてからすれば美しく見えるものをがさつな人は「いったん荷物を置く」と言う行動をめんどくさがります。

ドアを閉めたり物を動かしたりと言う動作を足などを使ってやろうとする姿はだらしなくも見えますし、両手が空いていればサッとできるような事でも両手に荷物を持ったまま行う事でもたついてしまいます。その横着でもたついている姿が人に不快感を与える事にもなります。

がさつな人は目的を持って物事に取り組めない

何かに取り組む際、目的や目標を持って取り組む事で手際よく物事を進める事ができますが、目的や目標も持たずに取り掛かるとダラダラと時間を浪費するだけになってしまい、時間がかかる割には雑な仕上がりにしかなりません。

がさつな人は、物事に取り組む際に目的を持って取り組めないと言う特徴を持ちます。そのため、何をするにしても「とりあえずやっているだけ」と言う状態になってしまい、周りで見ている人にも「ダラダラしている」「嫌々やっている」と言う印象を与えるのです。

がさつな人はほとんどのことに興味がない

がさつな人はほとんどのことに興味がないと言う特徴もあります。

何かをする際に、その物事に興味をもって「もっと知りたい」「もっと良くするためにはどうすればいいんだろう」と、考えながらする事でこだわりが生まれたりもっと深くを追求する事ができるのですが、がさつな人は興味がない事を表面だけ理解しながら進めるだけなので、やっている事に深みが出る事がありません。そのため、何をするにしても「イマイチ」な仕上がりにしかならないのです。

がさつな人だと思われてしまう行動や態度

自分の中にあるがさつな部分を恥ずかしいと感じている人は人前ではがさつさを出さないように気をつけるものですが、本当に人に「がさつだな」と言う印象を与えている部分や人から「がさつな人だ」と不快に思われている人と言うのは自分では自覚がないのが特徴です。

自覚を持たない事には気を付けようもありませんが、人からはしっかりと見られています。人からがさつだと思われてしまう行動や態度にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

見出し並みが整っていない

がさつな人の特徴として身だしなみが整っていないと言う事があります。髪の毛が乱れていても気にしなかったり服装にこだわりがなさそうな格好をしている人でも、人によっては「飾らない性格」「細かい事を気にしない性格」だと捉えられる場合もありますが、そこに清潔感が感じられない人は「がさつな人」だと捉えられてしまいます。

また、外出着には気を使っていても普段着るスウェットなどはヨレヨレでもシミや毛玉が毛玉がついていても気にしないと言う人もいますが、ひどい格好の時に限って人に見られたりするものです。普段から、最低限人に会えるような格好を心がけましょう。

物を粗末に扱う

がさつな人は物を粗末に扱うと言うのもわかりやすい特徴です。床に置いてあるものを足で動かしたり床や机の上におろす時に大きな音をたてながら捨てるように置いたりと、見ている方が不快な気分になるような扱い方をします。乱暴に扱うので当然物は壊れやすいのですが、スマホの画面やファンデーションなどが割れていても気にせずそのまま使い続けます。

人から借りたものであっても粗末に扱う人もいるので貸した方が不安になる事もありますが、本人には「粗末に扱っている」と言う自覚がないので気を付けようがありません。

財布やバッグなどの持ち物が整理されていない

がさつな人の財布やバッグの中は整理整頓がされていなくてパンパンなのも特徴です。使う物と使わない物とをわける作業をしないのでポイントカードや割引券などは財布にどんどんたまっていく一方です。たまに整理しようと中身を出してみると後で捨てようと思ってたゴミやレシートなどの不用品がたくさん出てきて自分で驚く事もあるくらいです。

財布もバッグの中身も整理されていないため必要な時に使う物をすぐに見つける事ができず、たくさん持ち歩いている割にはいざという時に使う事ができないと言うのも特徴です。使おうと思った時には使用期限が切れていたなんて言う事もしょっちゅうです。

きれいな身なりをしている女性の整理されていない財布やバッグの中身を目撃してしまってもがっかりしますが、目当ての物を探して財布やバッグの中身をごそごそと探っている姿がさらにがさつな人だと言う残念な印象を与える事にもなるのです。

スポンサーリンク



脱いだ靴は脱ぎっぱなし

がさつな人はどんな場面でも脱いだ靴をそのまま脱ぎっぱなしにすると言う特徴もあります。

そこまでがさつではない人でも、人の家やお座敷に上がる時には靴を揃える事はしても自宅では脱ぎっぱなしが当たり前になっていると言う人はふとした時にボロが出るものです。

座敷席に上がる際は靴を揃える事をしていても、トイレに立って戻ってきた際にスリッパは脱ぎっぱなしと言う事はありませんか。見ている人にはしっかりと見られていて、人前での行動と普段の行動との違いがバレているかもしれませんよ。

爪が汚い

がさつな人は爪が汚いと言う特徴もあります。ふとした時に目に付く指先ですので、爪がだらしなく伸びていたり爪の中が黒くなっていたりすると、がさつなだけでなく不衛生な人だと言う印象も持たれてしまいます。

本人よりも周りの人の方が気になるのは「剥げたマニキュア」です。キレイにデコレーションした爪に気付かれない事は多くても、剝げたマニキュアをそのままにしている事の方が意外と印象に残りやすいのです。爪が汚いと一気にがさつな人だと言う印象を残してしまいますので、せめてキレイに整えるくらいはしておきたいものです。

服で手を拭く

がさつな人はハンカチを持ち歩く事をしていませんので、手を洗った時には身近な「服で拭く」と言う行為が自然になっているのが特徴です。最近のトイレにはハンドドライヤーやペーパータオルが備え付けられている事も多いのですが、だからこそ余計に持ち歩く習慣もなく、何もないトイレに入った時にいつもの癖で自然と服で拭いてしまうのです。

その場を誰にも見られていないとしても、トイレから出てきた人の服の裾が濡れていたら服で手を拭いた事はバレバレです。人には服で拭いている事がバレていながらも本人は何食わぬ顔をしていると言うのも恥ずかしいですね。

スポンサーリンク



場の空気を読まない言動

がさつな人は場の空気を読まない言動をすると言う特徴もあります。思った事をそのまま口に出すので、言われた本人を不快な気持ちにさせたり周りにいる人をハラハラさせたりするのですが、本人だけは場の空気がおかしくなっている事に気付いていません。

みんなで同じ方向に話がまとまりかけている時に「やっぱり」「でも」と平気で話に水を差すような事を口にして場の空気をしらけさせる事もあります。周りが引いていてもおかまいなしで自分の意見を押し通そうとします。

口に食べ物を入れたまま話す・食べ方が汚い

食べ方にはその人の持つ品性や育ってきた環境が表れやすいです。食べ方が汚いと言うのは今までそれを指摘してくれる人がいなかった事も関係しますので自分では気付きにくい部分もありますが、がさつな人の食べ方は、本などを読めば学習できるような最低限のマナーでさえできていないと言うのが特徴です。

口に食べ物を入れたまま話すと口の中が見えたり食べている物が口から飛び出して相手に不快な思いをさせる可能性がある事は少し考えればわかる事ですが、がさつな人には相手に対する配慮がないので自分がしゃべりたい時にはおかまいなしにしゃべります。

がさつな人は他人の話を聞いていない

がさつな人は人の話を聞いていないと言う特徴もあります。

がさつな人は、ついさっき人が話していた内容とまったく同じ事を数分後にあたかも自分が今初めて言い出したかのように発言しだす事があります。人の話をちゃんと聞いていないので、以前どこかで聞いた話として頭の片隅に残っている事をそのまま口に出しているのですが、どこで聞いた話なのかまでは覚えていないので、ついさっき目の前の人が話していた事だと言う事には気付いていないのです。

人から注意された事もちゃんと聞いて受け止めているわけではないので、同じ失敗を何度でも繰り返すと言うのも特徴です。

声が大きい

必要な場面で必要に応じた声の大きさは明るく活発な印象を与えますが、がさつな人は、場所や話の内容に関係なく周りにいる人がうるさいと感じるくらい大声で話すのが特徴です。公共の場であっても関係なしに話が盛り上がってくると声もどんどん大きくなっていきます。周りの人の迷惑そうな顔に気付く事もありません。

声が大きいとどこにいても目立ちますので、それだけで一気に「がさつな人」だと言う印象を与えてしまう事にもなります。もともと声が大きい人は本当はそうでなくても「がさつな人」だと誤解されてしまう可能性もありますので、がさつな人だと言う印象を与えないためには声が小さい人よりも言動に気を配る必要があります。

スポンサーリンク



常識やマナーを理解しようとしない

がさつな人は、そもそも常識やマナーを理解しようとする気持ちすらないのも特徴です。がさつな人は周りの人に配慮する気持ちや人の意見に耳を傾ける事がないので、これは、本人に心境の変化が訪れるような出来事でもない限り変わる事はありません。

理解して学習しようと言う意識があれば直せるような事でも本人に直す気がなければ変わる事はありません。若いうちは「まだ若いから」で多めに見てもらえる事もたくさんありますが、年齢を重ねれば重ねるほどその人の人間性としても定着していきます。

ある程度の年齢になってまで周りに「がさつな人」だと言う印象を与えている人は、同時に「常識のない信頼できない人」だと言う印象も与える事になるのです。

問題や面倒なことに取り組むのが遅い

がさつな人は問題や面倒な事に取り組むのが遅いと言う特徴もあるのですが、これは、部屋の汚さとしても現れやすい特徴です。

掃除や洗濯などを毎日小まめにしている人の部屋はキレイをキープする事が簡単ですが、ギリギリまで溜めてからしかやろうとしない人の部屋は汚れていく一方です。「不要なものを捨てる」と言う行為が面倒で後回しにする結果、物に溢れて整理整頓するのが難しい部屋へとなっていくので、部屋の汚さとがさつさは比例しているとも言えます。

がさつな人は開き直るのが早い

がさつな人は開き直るのが早いと言う特徴もあります。がさつな人は人の意見に耳を傾けて自分を顧みる事をしないので人から指摘を受ける事を嫌います。注意をしても聞き入れて改善しようとするどころか「私はがさつだからしょうがないよね」と開き直ってきます。

何となく自覚している自分の欠点を人から見透かされているようで反論したくなるのかも知れませんが、注意した相手の事を「そんな細かい事気にしてられない」「あなたの方が神経質すぎる」と逆に小ばかにするように反論してくる事もあります。

スポンサーリンク



がさつな人は不器用

稀に悪印象を受けないタイプのがさつな人もいます。そういう人は、何事にも一生懸命取り組んでいると言う姿勢がにじみ出ているのが特徴なのですが、不器用であるがために一生懸命なのにも関わらず物の扱いが雑になったり場の空気にそぐわない行動になったりしてがさつに見えてしまうのです。一つの事に集中すると周りが見えなくなるタイプでもあります。

がさつな人は仕事はこなすだけ

がさつな人の仕事ぶりは「言われたことをただこなすだけ」と言うのが特徴です。どうすればもっと効率が良くなるのかを考えたり職場環境が良くなるために自分にできる事がないかを考えたりするよりも、自分がやらないといけない事をただやっているだけ・就業までの時間をただ過ごしているだけと言う働き方です。

こういう人が先輩となった場合、わからない事を聞きに行っても自分がまず理解していないのであまり中身のある答えが返ってくる事もありませんが、さらに突っ込んだ質問をした場合には「それはいいから」「そこまで考えなくていいから」と、自分が知らないと言う事をごまかしつつ、後輩が自分よりも仕事を追求しようとしている事を阻止してくる事もあります。

がさつな人への対処法

不快な感じを受ける人とは適度に距離をとっておく事が一番ストレスを溜めない方法ではありますが、仕事でもプライベートでも、距離をとるのが難しい時もありますよね。

接触を避けるのが難しい場合は、がさつな人の性格の特徴を考慮しながら自分のストレスが少なく済む対処法を考えるしかありません。がさつな人へはどのように対処するのが良いのでしょう。ストレスが少なくなる対処法を見てみましょう。

がさつな人に行動や作業工程を細かく指定する

がさつな人にきちんと仕上げて欲しい仕事などを依頼する時には行動や作業工程を細かく指定する事が有効です。がさつな人の仕事ぶりは「言われた事を言われたとおりにするだけ」なので、この「言われたとおりにするだけ」と言う特徴を利用して、やってほしい事をかみ砕いて説明しておけば「言われたとおりに」やっておいてくれます。

がさつな人に細かい状況判断や臨機応変な対応が必要な仕事などをまかせる事は不安ですが、仕事に対してこだわりがない分、依頼者側の意志に反した自分の意見を主張してくる事もありませんので、できるだけ細かい指示を意識する事でマニュアルに沿った対応はしてくれます。

スポンサーリンク



お願いするときは最低限のポイントを決めておく

先程の対処法とは逆になりますが、次の対処法は「お願いする時に最低限のポイントのみを決めて伝える」と言う方法です。

作業工程が決まっている事をお願いする時には「できるだけ細かく」指定する方法が有効ですが、状況判断が必要な仕事などをお願いする際に「こうゆう場合はこうして、こう言った場合にはこうして」と、過程を立てて全てを説明するのは時間の無駄ですし、人の話を聞かないと言う特徴を持つがさつな人がどこまで理解して聞いているのかも不安なところです。

そう言った場合に有効なのが、最低限やってほしいポイントのみを伝えておくと言う方法です。「今日中に全体の形を仕上げる」や「最優先にする」など、必ず守ってほしい所だけを明確にする事で依頼した側のストレスを減らす事ができます。

その場で指摘する

がさつな人がやってくれた内容に納得がいかない場合は時間を置かずにその場ですぐに指摘すると言う方法が有効です。後で「あの時はこうだったけどこうゆう場合はこうしてほしかった」と説明を始めても、がさつな人は「そんな事はやっていない」と言い張るでしょう。

がさつな人は、頭で理解している事と自分がやっている行動とが異なるのが特徴なので、本当にそんな事をやっていないつもりでいるのでしょう。物事にこだわりを持って取り組んでいるわけではないので覚えていない可能性もあります。

人の意見を聞き入れる事が苦手な性格もプラスされますので、がさつな人と状況証拠がない事を議論しだしても堂々巡りな会話になるだけで何も解決しません。ですので、実際に目に見える物が残っている状態で指摘する方がストレスを溜めずにスムーズに会話を進められます。

デメリットになるような行動をとったときははっきりと伝える

がさつな人は自分の行動が人に迷惑をかけている事に気付いていないのが特徴です。がさつな人の不快な行動のほとんどは「これくらいの事で」と、相手に伝えるのをためらってしまうような小さな事ばかりなので、今まで指摘してくれる人が少なかったからでしょう。

また、指摘しても言い返されると言うパターンの繰り返しで、周りもだんだんと言わなくなっていったと言う事も考えられます。

ですが、自分が直接不快感を感じる事だけでなく、一緒にいる事で自分にまでデメリットになるような行動をとった時にははっきりと伝える方がストレスを溜めずにすみます。仕事上で不利益になるような事はもちろんですが、プライベートで一緒にいる人でも自分がされて嫌な事や一緒にいるのが恥ずかしくなるような行為は「やめてほしい」と言う事をはっきりと伝えるようにしましょう。

まとめ

がさつな人の特徴をまとめて見ると「もしかしたら自分もやっていたかも知れない」と思い当たる所がいくつかあったのではないでしょうか。しかし、自分にもまだ気付いていないがさつな部分があるのかも知れないと不安に感じているうちは大丈夫です。本当に人を不愉快にさせているがさつな人はそんな事は気にも留めていないものですから。

人から「がさつな人だな」と思われるポイントは「がさつな人だと思われたくない」と常に意識していないと自分では気づかないような小さな事も多いですが、意外と自分の事よりも他人の事の方が気になるものです。自分の中のがさつさを完全に無くしてしまう事は難しくても、人の行動を見ていて「これは不快だな」と思う行為はやらないようにしたいものです。

【関連記事】

声が大きい人の心理・性格・特徴は?メリット・デメリット・注意してもらう方法は?

心の闇が深い人の特徴!心理や言動・原因・接し方は?

自分本位な人の特徴!メリット・デメリット・改善方法・対処法は?

空気が読めない人の特徴!病気?対処法は?

人望がない人の特徴・理由や原因・厚い人になるためには?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク