紫陽花(アジサイ)の花言葉の意味!白・青は良い意味?悪い意味?

今回は紫陽花の花言葉について、基本的な意味や花色や種類別の花言葉など色々とご紹介します。

初夏に咲く花の代表格・紫陽花。独特の風情と小さな花が集まった愛らしい姿から人気の高い花の1つです。実際に庭で育てているという人もいるのではないでしょうか。

まずは紫陽花と花言葉について、豆知識をご紹介します。

紫陽花(アジサイ)とは?

https://www.flickr.com/

紫陽花の開花時期は6月から7月で、原産地は日本、東アジア、北アメリカなど。小さな花びらに見えるのは、実はガクが発達したもので装飾花と呼ばれています。開花期間も長く、梅雨時の風景を美しく彩ってくれる植物であることから、観賞用植物として人気があります。日本だけでなく、アメリカやヨーロッパでも広く栽培されており、ヨーロッパで誕生した園芸品種も存在します。その他の大きな特徴として、咲き進んだ過程や土壌の酸度などによって花の色が変化することがあげられるでしょう。そのため日本では「七変化」「八仙花」とも呼ばれていました。

紫陽花の語源は、藍で染めたような青い花が、たくさん集まって咲くという意味の「集真藍(アズアサイ)」に由来しているという説があります。ちなみに紫陽花の漢字表記として用いられる「紫陽花」は、唐時代の中国の詩人・白居易が別の花に付けた名前が誤って広まってしまったものだそうです。

前述したように日本が原産地であることから、『万葉集』にも登場しているほど歴史の古い花なのですが、実は最初から人気の高い花という訳ではありませんでした。『万葉集』に収録されている和歌で、紫陽花を題材にしたものはわずか二首。江戸時代に至っては「ユウレイバナ」と呼ばれて嫌われていたそうです。そんな紫陽花が見直されるようになったのは戦後、北鎌倉の「明月院」の庭に植えられたことがきっかけになったのだとか。現在の明月院は「鎌倉のあじさい寺」と呼ばれる名所となっています。この他にも紫陽花を栽培し、初夏の風物詩として人気を集めている名所旧跡が全国に存在し、見頃の時期には「あじさい祭り」などのイベントを開催するところもあります。各地で開催されていますので、より多くの情報を知りたい場合は、友人と一緒に調べたり、情報を共有するのがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク