アルストロメリアの花言葉の意味を赤・白・ピンク・オレンジなどを解説!

アストロメリアの花にはどんな花言葉があるのでしょうか?この記事ではアストロメリアの花言葉や種類や名称について解説してきます。

アルストロメリアの花言葉の意味

https://www.flickr.com/

アルストロメリアの花言葉は「異国情緒」「エキゾチック」「持続力」「未来への憧れ」「幸福な日々」となっています。なんだか未来や海外に纏わる言葉が多いようですね。

「異国情緒」は、このアルストロメリアが海外から来たことに由来しています。当時貿易が一番盛んだった長崎の出島にアルストロメリアは降り立ちます。その時は日本で一番貿易に関わっていて、異国のことも把握している長崎にちなんで「異国情緒」の花言葉が付けられました。

そして「エキゾチック」はその見た目から来ています。百合のような姿に黒い斑が入った花姿、そして色味がオレンジや赤など刺激的な色に咲くため、この花言葉が付けられました。

「持続力」という花言葉は、アルストロメリアの特徴でもある、花持ちの良さから由来されました。大体の花は短くて3日、長くて一週間ほどが一般的ですが、アルストロメリアは5日から、環境によっては2週間花を咲かし続けます。この特徴から「持続力」と付けられました。

「未来への憧れ」もオランダから渡来してきたときに由来します。「異国から来たこの花で、わが国が世界に広まり、未来は画期的な国になることだろう」という想いを込めて、「未来への憧れ」と付けられました。

「幸福な日々」に関しての由来ははっきり判明していませんが、海外の方がアルストロメリアを日本へ送る時に、「幸福な日々が送れるように」と付けてくださった言葉かもしれませんね。

世界へ羽ばたきたいというグローバルな意思が表れている花言葉で、観賞しているだけでも海外に行きたくなるような花だと思います。エキゾチックな見た目で香りも高く、まさに異国を感じさせる魅力的な花ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク