ベゴニアの花言葉の意味をピンク・赤・オレンジなどを紹介!

ベゴニアという花をご存じですか?鉢植えや花壇などの植え込みとしてポピュラーであり、身近なところで目にする花の1つです。名前は聞いたことがなくても、花を見たらすぐにわかるのではないでしょうか?

ガーデニングを趣味にしている方にはもちろん、ちょっと花が欲しいという初心者にも育てやすいことから人気のある花です。

筆者の実家にもプランターで植わっており、季節が進んで秋になり庭の草木が茶色く色を失くしていく中で、ピンクと白の花を咲かせ、目を楽しませてくれています。

ちょっと不思議な名前を持つ花ですが、どこから付けられたものなのでしょうか?

今回は身近な植物だけど、あまり知られていないベゴニアの言葉や名前の由来について、紹介していきたいと思います。

ベゴニアの花言葉の意味

熱帯や亜熱帯地域を原産とするベゴニアはシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の総称であり、たくさんの品種があり、品種によって花の開花時期もさまざまです。赤や白、ピンクなどの花が咲き、中には黄色や紫などの花を咲かせる品種もあります。

花色や品種が多いベゴニアは、色別や品種別に違った意味があります。

ベゴニアの全般的な意味は「片思い」「愛の告白」「親切」「丁寧」「幸福な日々」「永遠の栄え」であり、由来はベゴニアの葉がハートの形をしているように見えるため、「愛の告白」や「幸福な日々」といった言葉が付けられました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク