母の日に贈るカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉の記事へようこそ!5月の第2日曜日といえば母の日ですが、皆さんはお母さんに日頃の感謝の気持ちを伝えることをしていますか?

気持ちを直接言葉にして伝えることはなんだか気恥ずかしく感じますが、贈り物を贈ったり、花束を贈ったり、遠方に住んでいるならば電話を掛けるなど、人それぞれに母の日のお祝いをしていることでしょう。

子供の頃、母の日にカーネーションを買おうとしてお小遣いが足りず、一日遅れで贈ったことがありますが、イベントの時期には価格が跳ね上がるのを知って以降、筆者はカーネーションを贈らなくなりましたが、母の日の定番といえば赤いカーネーションでしょう。今回はカーネーションの花言葉について紹介していきます。

カーネーションの花言葉の意味

https://www.flickr.com/

カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」とされていますが、この花言葉はカーネーション全般の花言葉であり、カーネーションは花の色ごとに花言葉があるのをご存じですか?

カーネーションの色数も増えてきており、母の日にも赤色にこだわる人も少なくなってきていますし、毎年同じではつまらないとこだわりも薄れてきて、他の花を贈る人も増えています。

それでもやはり母の日に贈る花といえば、1番に思い浮かぶのは赤ではないでしょう。今回は母の日に贈るカーネーションの色別の花言葉を紹介します。

そもそもなぜ母の日にカーネーションを贈るようになったのでしょうか?

日本では母の日は5月の第2日曜日と定められていますが、世界には母の日の起源はさまざまであり、国によって日付も異なっていますが、日本の母の日はカーネーションを贈るきっかけとなったアメリカに倣っています。

日本に母の日が決められたのは1949年ごろですが、アメリカの母の日に大きく関係するアンナ・ジャービスという女性から1913年に青山学院にメッセージが届き、青山学院の女性宣教師たちの働きかけによって日本に母の日を定着させるきっかけと作ったとされています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク