クローバー(シロツメクサ)の花言葉を英語・三つ葉・四葉など紹介!

こんにちは!クローバー(シロツメクサ)の花言葉の記事へようこそ!

身近な場所に生えているため、子供の頃にシロツメクサの花かんむりを作った覚えがある人も多いのではないでしょうか?

筆者は大変に不器用だったのでその作り方がわからず、作れる子がうらやましくてたまりませんでしたが、畑などにクローバーが植えているのには理由があります。畑には土地に水分を浸透させるための休耕期が必要で、休耕期にクローバーを植えておくと家畜の餌となり、重い牛などが歩き回れば耕す代わりにもなります。

クローバーは踏まれても、刈り取られてもどんどん再生する強さがあり、空気中の窒素を取り込み土からの養分をなくても成長して、しかも根を地中深くまで伸ばさないため土の中の水分もあまり吸い上げないというメリットもあります。

何気なく自然に生えていると思っていたクローバーですが、農業において重要な役割を持っており、キレイな花を咲かせて目を楽しませてくれるだけではなく、遊びにも使われて子供たちを楽しませてくれます。

クローバーは葉に花言葉が付けられており、四葉のクローバーの意味は皆さんもよくご存じでしょうが、三つ葉や五つ葉にもそれぞれ意味があり、枚数によって違った意味を持っています。
今回はクローバーについて詳しく紹介していきます。

クローバー(シロツメクサ)の花言葉の意味

クローバーには「私を思って」「幸運」「約束」という前向きな意味を持った花言葉が付けられていますが、一方で「復讐」という真逆のイメージを持った意味の花言葉があります。正反対の意味を持つ花言葉が付けられたのには、アイヌの伝説に由来しているといわれています。

その昔、北海道に住んでいたアイヌ民族の中の1つにイロハという娘がおり、対立関係にある民族の青年アッパと恋に落ちます。ですが、民族同士のいざこざのために2人はなかなか会うわけにはいかず、ただ年に1度だけ2人はシロツメクサが満開になる頃の満月の夜に会う約束をしていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク