福寿草(フクジュソウ)の花言葉を紹介!

お正月になると、必ず福寿草を見かけますよね。幸福を招き、長寿を願う花として、そして縁起物として福寿草は日本では愛されていますが、実は福寿草には悲しく報われないお話が隠されているのをご存知でしょうか?

こちらでは福寿草の悲しい花言葉の由来に加えて、福寿草とお正月の関係などもご紹介致します。次のお正月には福寿草の物知り博士になれるかもしれませんよ。

福寿草の花言葉

https://www.flickr.com/

福寿草の花言葉は「幸福」「祝福」「幸せを招く」「永久の幸福」「回想」「思い出」「悲しき思い出」となります。どれも素敵な花言葉ですよね。福寿草の「祝福」「幸せを招く」「幸福」の花言葉の由来は、名前の「福」からイメージされて付けられました。

福寿草の「回想」「思い出」「永久の幸福」の花言葉の由来は、名前の「寿」から付けられました。福寿草を飾るとその家に幸せが訪れると言い伝えがあったそうです。それぐらい福寿草は福を招いてくれる花として愛されているんですね。

ですが福寿草の「悲しき思い出」の花言葉は、言葉通りの悲しいギリシャ神話の一つが由来とされています。福寿草の学名「アドニス」の由来にもなっています。その神話は、愛と美の女神アフロディーテと一人の少年のお話です。

アフロディーテに心から愛されていた、美少年アドニスがいました。ある日アドニスは森へ狩りに出かけました。すると大きな猪が飛び出してきて、アドニスは喜んで狩ろうとします。ですがアドニスの打った弾丸は猪に当たらず、猪の鋭い牙がアドニスを襲います。

アドニスの胸に深く突き刺さった猪の牙、その後アドニスは真っ赤な血を流して絶命してしまいます。それを知ったアフロディーテは悲しくて悲しくて仕方ありませんでした、不慮の事故とは言え、あまりにも残酷な終わりです。

するとアドニスの流した血から、真っ赤な花が咲きました。アフロディーテはアドニスへの愛を込めて、その花に「Adonis(アドニス)」と名付け、楽しかった思い出に浸っているのでした。ですが、まだこの話には裏があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク