ゼラニウムの花言葉の意味を赤・白・ピンク・深紅など紹介!

ゼラニウムという赤い花をご存知でしょうか?もしかしたらエッセンシャルオイルの名前で聞くことが多い方もいらっしゃると思います。ゼラニウムの仲間は100種類を超えるほど多く、昔からヨーロッパでは愛されていた花です。

名前はピンと来ていない方でも、一度は見たことのあるような、赤く美しく咲くゼラニウムですが、どんな花言葉があるのでしょうか?その花言葉の由来や種類、ゼラニウムについてご紹介していきます。

花言葉は色によって、贈り物に適していない場合もありますので、注意してみてくださいね。

ゼラニウムの花言葉の意味・由来

ゼラニウムはたくさんの種類がある分、様々な色で花を咲かせます。色に関係なく、一般的なゼラニウムの花言葉は「真の友情」「信頼」「尊敬」「決心」となります。

この「真の友情」の花言葉は、ゼラニウムの花が中心に集まり、寄り添う形で咲くことから付けられた花言葉です。ゼラニウムのように自然と集まってくる友達が、真の友情だ、という意味合いが込められていそうです。

ムハンマドが開祖したイスラーム教のマホメットの言い伝えの中では、「敬意」「信頼」「愛」という花言葉が付けられていたそうです。

ゼラニウムは100種類以上の種を持つ花ですから、花言葉の由来がはっきりしていないものも多いようです。色別ですと、しっかりと由来が判明しているものもありますので、後述する色別の花言葉で確認してみてくださいね。

ちなみに葉っぱにも花言葉が付けられており、「努力家」という意味を持ちます。

スポンサーリンク



英語のゼラニウムの花言葉

英語での花言葉は「true friendship」(真の友情)「stupidity」(愚かさ)「gentility」(育ちの良さ)(上流階級)が付けられています。「育ちの良さ」「上流階級」の由来は古くからイギリスの上級階級の人々が、好んでゼラニウムを育てたことから付けられています。

「真の友情」は日本での花言葉と同じ由来があります。「愚かさ」については、その可愛らしい見た目から想像もつかない、青臭い香りを持つことから付けられたとされています。

スポンサーリンク



色別で見るゼラニウムの花言葉

https://www.flickr.com/

たくさんの色をもって咲くゼラニウムですが、今回はよく見かける色、変わった花言葉をもつ色の花言葉をご紹介します。色によって良い意味、悪い意味とはっきり分かれますので、贈り物するときには要注意かもしれません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク