カキツバタの花言葉・アヤメ・ショウブとの違いを紹介

カキツバタは、日本ではとても古くから存在する、水辺を彩る美しい花です。日本庭園の池の傍にも、カキツバタがよく生えているのを見かけますね。カキツバタは今では苗や株として園芸店で取り扱われていますが、2007年には環境省により「準絶滅危惧種」に認定されていました。

日本の夏には欠かせないカキツバタですが、今ではとても貴重な花となっています。今回はカキツバタの花言葉の由来や神話を交えて魅力をご紹介しますので、少しでもカキツバタに興味をもって、そして育てていただけると嬉しいです。

カキツバタの花言葉の意味

https://www.flickr.com/

カキツバタの花言葉は「よい便り」「幸福が来る」「希望」「幸せはあなたのもの」「贈り物」となり、とてもプレゼントに最適な花言葉ばかりですね。

カキツバタの「幸福が来る」「幸せはあなたのもの」の花言葉は万葉集の一文が由来となっています。カキツバタの花言葉を紹介するためにひとつ和歌を紹介します。「住吉の 浅沢小野の かきつはた 衣に擦りつけ 着む日知らずとも」という和歌があります。

これは恋人の帰りを待っている女性の気持ちを表したもので、待てば必ず帰ってきてくれて幸福が訪れるという意味になります。ここでカキツバタが出ていますが、恐らくそれは幸福を運ぶツバメの姿に似ていることから、和歌に使われたのでしょう。

カキツバタは漢字で「燕子花」と書きます。これはカキツバタの花の形が鳥のツバメのように見えたことから「燕」の漢字が使われていますが、ツバメは古くから「幸せを運ぶ鳥」とも呼ばれています。

ツバメが巣を作った店は繁盛し、家の軒先であれば子宝に恵まれ、金運が上がるといわれていました。このツバメの言い伝えが使われている万葉集から、カキツバタの花言葉として採用されました。

カキツバタの花言葉の「よい便り」はギリシャ神話が由来となっています。神々の伝令イリスが、ゼウスの妻ヘラに虹に姿を変えたいと頼み込みます。ヘラはお安い御用だと神酒をイリスにかけて虹に変えます。

この時地上に垂れた神酒のもとから、カキツバタの花が咲いたとされています。「よい便り」は伝令イリスが関わっていたことから人々にも良い知らせを伝えてくれるとして、このカキツバタの花言葉が付けられました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク