金木犀(キンモクセイ)の花言葉の意味を由来を解説!

秋の訪れと共に草木も衣替えし、その漂う香りからも季節の移ろいを感じることができます。秋の庭で良い香りのする花と言えば、甘く豊かな香りが特徴の金木犀(キンモクセイ)がありますね。日本では沈丁花、クチナシと共に三大香木の一つに数えられています。

今回は金木犀の花言葉を中心に意外と知られていない金木犀の特徴もご紹介しつつ、名前の由来や開花に関するマメ知識など盛りだくさんでお伝えします。

金木犀(キンモクセイ)の花言葉の意味・由来

https://www.flickr.com/

金木犀の花言葉には、「謙虚」「気高い人」というメジャーな意味に加え「初恋」「真実」「陶酔」など合わせて5つの意味があります。どれもイメージとしては悪くないものですが、それぞれの花言葉が生まれた由来については次にのようなことが考えられます。

・謙虚

金木犀は非常に香りが強く、それだけで人にインパクトを与える花です。けれど実際の花の形状を見てみると、とても小ぶりでキュートなことがわかります。金木犀にある「謙虚」という花言葉は愛らしくも控えめな花に由来するものと考えられます。

・気高い人

“気高い”とは上品で高貴な感じであること、また品格があるという意味です。

それがなぜ金木犀の花言葉になっているのかというと、金木犀の花の散り際に由来するものと考えられます。秋は一雨ごとに季節が深まる時でもあり、せっかく美しく咲いた花々を散せてしまうことも多いもの。当然、まだ香りを含んだ金木犀の花も例外ではありません。

金木犀はその花の美しさ、香りの良さを惜しまれつつアッという間に散っていく。まさに絶頂の時に散りゆく様に人の気高さを重ねた意味であると解釈できます。

・初恋

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク