ラベンダーの花言葉の英語の意味・時をかける少女との関係を紹介!

爽やかな香りが魅力的なラベンダー。白やピンクの花もありますが、紫色が最もポピュラーです。一面に群生させるとその香りもあいまって、実に素晴らしい光景を見せてくれます。また、ラベンダーは古くから薬効成分に優れたハーブとしても知られており、古代ローマ人も傷の手当に利用していたという話があるほどです。

古くから薬草として使用されていた歴史が示すように、鎮痛・鎮静・抗菌・防腐と実際に多くの効能・効果があること。そして花の美しさと誰からも好まれるクセのない芳香から「ハーブの女王」と呼ばれています。

美しいだけでなく、人を癒す効果まであるラベンダー。この素晴らしいハーブを象徴する花言葉とは、どのような意味を持つ言葉なのでしょうか? 今回はラベンダーの花言葉の意味や由来、誕生花など色々ご紹介します。

ラベンダーの花言葉の意味・由来

https://www.flickr.com/

ラベンダーの花言葉で、基本的な意味のものには『清潔』『繊細』『優美』『許しあう愛』『あなたを待っています』『沈黙』『疑い』などがあります。

『清潔』の由来は、古代ローマ人が入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだことからきています。実際にラベンダーには殺菌・抗菌作用がありますので、理にかなった方法と言えますね。ラベンダーが洗濯に使用された歴史は古く、キリスト教関係でも、幼いキリストの産着を聖母マリアがラベンダーの香水で洗ったという言い伝えがあるそうです。

『繊細』もラベンダーが持つ効能や特性から誕生した花言葉の1つ。ラベンダーには炎症を鎮める効果があり、火傷にも効くそうです。実際にフランスの化学者でガットフォセという人が、実験中に負った火傷にラベンダーの精油を使ったらよくなった、という逸話もあります。

一般に精油の原液というものは刺激が強く、直接肌に塗るのは厳禁とされていますが、ラベンダーの精油は肌に優しく、原液を直接肌に塗っても大丈夫なのだそうです。これらの事実から『繊細』という花言葉が誕生したと言われています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク