ナズナの花言葉の意味!ぺんぺん草と呼ばれる理由は?

春の七草に含まれている、ナズナと呼ばれるとても小さな白い花をご存知でしょうか?「ぺんぺん草」というと、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。このぺんぺん草の本当の名前が「ナズナ」と言います。

背丈は高いですが本当に小さな花で、山道や道路の端など、比較的どこででも見ることのできるぺんぺん草ですが、実はしっかりと花言葉が付けられています。今回は花言葉のご紹介と、春の七草の由来なども併せてご紹介します。

ナズナの花言葉の意味

https://www.flickr.com/

ナズナの花言葉は「あなたに私のすべてを捧げます」「あなたに私のすべてをお任せします」「すべてを捧げます」と付けられています。どういう意味かといいますと、これは英語の花言葉と共通した由来を持ちます。

その昔にいた羊飼いの男が、小さな財布を持っていました。羊飼いは牧羊犬とともに走り回るため、大きな札止めなどは持ち歩きませんでした。仕事を終えて家族の待つ家へ帰り、その日の賃金が入った小さな袋を奥様に渡します。

この羊飼いが財布として使っていた袋の形が、このナズナの花に似ていたため、「すべてを捧げます」のような「捧げる」意味の花言葉が付けられました。身を投じるわけではなく、あなたであれば財布も任せることができる、という意味になります。

ナズナの花言葉の英語の意味

英語の花言葉は「I offer you my all(あなたに私のすべてを捧げます)」となり、日本語と同じ意味を持ちます。日本には羊飼いがいない時代に付けられた花言葉ですので、西洋でつけられたといわれています。

ナズナと春の七草

近頃では薄れつつある風習ですが、1/7に七草がゆを食べる習慣があるのをご存知でしょうか?人によっては、祖父母の代までは食していた、という家庭もあるかと思います。何気なく食べている七草がゆですが、しっかりと食べる意味が存在しているんですよ。

まず、七草がゆの七種の由来は、1362年に書かれた源氏物語の注釈書、「河海抄(かかいしょう)」に、春の薬草について「芹、ナズナ、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」と書かれたことから、春の七草とされました。これらの七種の野菜が入ったお粥を「七草がゆ」と呼びます。

七草がゆは「若菜摘み」から由来が来ているという説もありますが、実はそうではありません。その昔は平安時代、日本では年の初めに積もった雪の間から、育って芽を出している薬草の若菜を摘む「若菜摘み」という風習がありました。

同じく平安時代の中国では、年の初めの恒例行事で「人日(じんじつ)」という「人を殺してはいけない日」に「七種菜羹(ななしゅのさいかん)」が作られていました。七種菜羹は七種の薬草が入ったお吸い物のような汁物です。

この影響を日本が受け、若菜摘みと七草菜羹が結び付き、日本では七種の若菜を入れたお粥「七草がゆ」になったと考えられています。江戸時代になると、幕府が恒例行事として「人日」を祝日にし、皆々で七草粥を食べる風習がつきました。

当時は邪気を払い、万病を遠ざける占いとして食べられていましたが、最近ではお正月の最後の日に、豪華なお節などで疲れた胃腸を休める意味としても食べられています。

ナズナは乾燥させ、焼いたり煎じたりしたものを生薬として使われていました。民間療法にも使われ、発熱や下痢、腹痛を解消するとして人々を助けていました。そして女性のカラダトラブルとして多く見られる、生理不順や便秘なども改善する効果があり、女性からの支持も多かったようです。

ナズナだけでも良い効能ばかりなので、七種の薬草が入った七草がゆは、とても健康的な食べ物だと思いました。お正月の最終日だけではなく、旅行での疲れや日々のストレスも改善してくれそうですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク