トリカブトの花言葉やギリシャ神話との関係などを解説!

トリカブトの花言葉へようこそ。毒の花として有名なトリカブト、花言葉も恐ろしくあまり良い印象の少ない花だと思います。トリカブトはギリシャ神話に何度も登場し、古代ローマやヨーロッパでも人々から恐れられていた花だとされています。

しかしトリカブトは実のところ、漢方として使われていたり、花言葉にはしっかりとした由来があったりと、トリカブトは知れば知るほど驚かされることの多い花だと思います。

今回はトリカブトの由来や猛毒成分について、あわせてトリカブトとギリシャ神話との深い関わりがある事もご紹介します。

トリカブトの花言葉の意味

https://www.flickr.com/

トリカブトの花言葉は「騎士道」「栄光」「人嫌い」「復讐」「人間嫌い」「厭世家」となります。少し怖い言葉も入っていますね。それぞれのトリカブトの花言葉の由来についてみてみましょう。

まず、トリカブトは英語で「monkshood(修道士の頭巾)」や「helmet flower(兜のような花)」と呼ばれています。これはトリカブトの花の姿がそれぞれの頭巾や兜のように見えた事から付いた名前です。

トリカブトの花言葉の「人嫌い」は修道士から、「騎士道」「栄光」は兜を付ける戦士・騎士にちなんで付けられています。修道士は神に誓って禁欲的な信仰生活をする男性を指します。女性は修道女とも呼ばれます。修道士として誓約を立てていますが、決して人間が嫌いなのではありません。

人間の三大欲求のひとつである「性欲」を強く禁止していて、結婚なんてもってのほか、という考え方があります。つまり人生のパートナーを作ることもできませんし、恋愛ですらする事が禁止されています。

この流れから「修道士は人間を嫌う」という見方ができてしまい、そしてトリカブトの花姿に似ていた事から、この花言葉が付けられました。信仰心が強い事は良いですが、この花言葉が付けられたトリカブトは難しい気持ちになりますね。

戦士・騎士が鎧兜を着用して戦場に出向かうのは当時は当たり前の事です。兜のような花姿である事から、戦場に出る男性を待つ女性が、健闘を祈ってトリカブトを贈る事もあったため、トリカブトの「騎士道」「栄光」という花言葉が付けられました。

トリカブトの「復讐」の花言葉は、トリカブトが毒を持っている事が由来になっています。花粉や花びら、すべてに猛毒成分があり、口にするだけで呼吸困難や臓器不全を引き起こします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク