ツツジの花言葉の意味をピンク・赤・白などを解説!

春になると色んな場所で見かけるツツジ。赤やピンクの美しい花を次々と咲かせる様は思わず見とれてしまいますよね。また、ツツジは日本では『万葉集』に詠まれるほど遠い昔から親しまれてきた花の1つでもあります。それもあって美麗な園芸品種も数多く生み出されてきました。

そんなツツジの基本的な意味及び英語での花言葉、誕生花や種類、さらには名前の由来など、ツツジに関するあれこれをまとめてご紹介します。

ツツジの花言葉

https://www.flickr.com/

ツツジの基本的な花言葉は『節度』と『慎み』。どちらも控えめな意味の花言葉ですね。その由来はツツジの花姿にあるとされています。赤やピンクなどといった華やかな色が多いツツジの花に、控えめな意味の花言葉は意外に感じる人もいるかもしれません。

確かにツツジの花が咲き誇る姿は華やかな印象が強いのですが、花の1つ1つをよく見ると、とてもシンプルな形をしています。そのため満開の時期を迎えても、必要以上に派手に映ることがなく、上品な印象を見る人に与えることができるのです。このことから『節度』や『慎み』といった、控えめな振る舞いを良しとする意味の花言葉がついたと言われています。

スポンサーリンク



英語

主にアジア圏に広く分布し、日本では江戸時代に多くの園芸品種が生み出されたツツジ。ヨーロッパへは常緑性のツツジが持ち込まれ、園芸品種として改良されました。「ベルジアン・アザレア」と呼ばれ、現在も鉢花として大量に生産されています。

西洋ツツジとも呼ばれているアザレアの英語の花言葉は『temperance(節制・禁酒)』『take care of yourself for me(私のためにお体を大切に)』『fragility(脆さ、儚さ)』。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク