チューリップの花言葉の意味を知って愛の告白をしよう!

オランダの街並みを再現した長崎で人気のテーマパークであるハウステンボスでは、毎年100万本以上のチューリップが園内の各所で見られるチューリップ祭りが開催されており、風車を背景に咲き誇るたくさんのチューリップが見所となっています。

生産地として有名なオランダと長崎は鎖国政策の中にあっても貿易関係にあったため、長崎とオランダは近しい関係にあり、扇形をした出島やオランダ坂など観光地が多くあります。

筆者は長崎県出身なのでチューリップといえばさまざまな種類のチューリップが一度に見られるハウステンボスのチューリップ祭りを思い出すのですが、今回は春の花の代表ともいえるチューリップの花言葉の意味や英語での花言葉の意味について紹介します。

チューリップ花言葉・英語の意味

https://www.flickr.com/

チューリップの花言葉は「思いやり」「博愛」といわれていますが、この花言葉はチューリップの全般的な意味であり、チューリップは花の色ごとに違う花言葉を持っていることをご存じでしょうか?

色によって花言葉は違っても、チューリップの花言葉は愛にまつわる花言葉が多くなっているのは、花言葉の由来となっているオランダの伝わる物語のためでしょう。

オランダにはチューリップに関するこんな物語が伝わっています。

美しい少女に3人の騎士が求婚をして、それぞれに求婚の証として黄金の王冠やや剣、黄金を贈りますが、3人の騎士の中から結婚相手を選べなかった少女は花の精霊に花の姿に変えてもらいました。

贈られた王冠は花に、剣は葉に、黄金は球根になり、少女の名にちなんで花はチューリップと呼ばれるようになりました。

英語(西洋)でのチューリップの花言葉は「perfect lover(理想の恋人)」「fame(名声)」とされており、オランダの物語に由来しているともいわれていますが、原産地であるトルコやペルシャに伝わる物語からとも考えられます。

ファルハドという青年は村長の娘シーリーンと恋をしていた。村の井戸が枯れてしまったため、ファルハドは穴を掘って水を得ようとしました。無事に水は得られたものの恋人のシーリーンは亡き人となっていた。

恋人の死を悲しんだファルハドは後を追うために崖から飛び降りて、ファルハドの砕けた体から出た血から真っ赤な花が咲いた。その花がチューリップだったといわれています。

水を得たことで青年は名声を得たでしょうが、水を得ることだけに必死になった結果、恋人を失ってしまいました。そのことを悔いて後を追って崖から飛び降りる悲恋の物語から理想の恋人という花言葉へとつながったようにも感じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク