スミレの花言葉の意味を紫・色別・英語などを紹介!

スミレは小さく愛らしい姿が印象的なの花でよく見る野草ですが、種類が多いことから見分けるのが難しい植物でもあります。

スミレは漢字では「菫」と表されますが、女の子の名前に使う場合には漢字で「薫」や「董」を用いてスミレと読ませることもあります。

「薫」や「董」には本来「スミレ」という読み方はありませんが、香水の原料にも利用されるニオイスミレの香りにちなんでよい香りがするという意味を持つ「薫」という漢字を当てはめて読ませたり、しんになるたいせつなものという意味を持つことにちなんで「大切なもの」や「貴重な存在」という思いを込めて「董」という漢字を使う場合もあります。

花の名前から「菫」の漢字を使う場合には、小さくかわいらしい花の姿や花言葉を由来にして名付けられているようです。

大切なわが子につける名前の由来とされるスミレの花言葉とはどんな意味があるのでしょうか?

スミレの花言葉の意味・由来

https://www.flickr.com/

スミレの花色といえば1番に思い浮かべるのは紫ですが、その他にも白や黄色、ピンクがあり、色別に花言葉がありますが、全般的には「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」という意味を持っています。

花言葉は植物に象徴的な意味を持たせるためのもので、道端などにひっそりと咲いている花姿の奥ゆかしさが由来の1つだとされています。

スミレは学名を「Viola mandshurica(ビオラ・マンジュリカ)」といいますが、ビオラはスミレのラテン語訳であり、ギリシャ語でスミレを意味する「ion(イオン)」が語源となっているといわれ、このイオンの名前の由来となったギリシャ神話があります。

全能神ゼウスと川の神の娘イオの話で、美しいイオを見初めて恋仲になりますが、嫉妬深い妻のヘラを恐れたゼウスは、イオを子牛の姿に変えて隠してしまいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク