桃の花言葉の意味や種類・ピーチの名前の由来を紹介!

春は、さまざまな植物が芽吹き新しい花を咲かせる季節です。愛らしく甘い香りを漂わせる桃の花は女の子の成長を祝う「桃の節句」に例えられるほど春を象徴する花の一つ。さらに桃は、花だけでなく甘酸っぱい実も楽しむことができるので私たちの身近にある花ともいえるのではないでしょうか。

ここでは、とてもポジティブでキュートな桃の花の花言葉と、その果実である桃の実(ピーチ)の名前の由来についてもふれていきます。

桃の花言葉の意味

https://www.flickr.com/

桃の花が持つ花言葉には「チャーミング」「あなたに夢中」「気立ての良さ」「天下無敵」の意味があります。

見た目の印象そのままでチャーミングという花言葉の意味は分かりやすいところですが、後の3つはどんな理由でついた解釈なのか少し詳しくご紹介しましょう。

「あなたに夢中」という意味については、古くから桃が女性の象徴としてとらえられていた背景が関係しています。実をたくさんつける桃のイメージは、多くの子どもを産み育てていた昔の女性にそのまま当てはめて考えられた花言葉です。

きっと美しくもたくましい姿に惚れ惚れするといった感情が「私はあなたに夢中」なる花言葉を誕生させたのでしょう。

続く「気立ての良さ」の意味についても、やはり実際の桃の花と女性性が関係しています。桃の花を観察すると、まるで枝から直接花が咲いているように見えます。柔らかく可憐な花が木にしっかり根付いているようなイメージは、女性らしさの中にも芯の通った力強さを感じさせることから、このような花言葉がついているのです。

では「天下無敵」の意味はというと、古代中国の桃にまつわる言い伝えが由来しています。桃は人間にさまざまな不幸や災いをもたらす邪気を払い、不老長寿の薬としても珍重されていました。そのため中国では縁起物として桃の実を食べる習慣があり、その文化が日本にも伝わったといいます。

もちろん現代の漢方においても、桃は重要な素材の一つとされていて花・葉・実や種などそのすべてが今も変わらず使われているのです。この優れた薬効と厄除けのパワーを持つ桃は、日本最古の歴史書や伝承的なエピソードにも登場していますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク