百合の花言葉・日本語・英語・白の意味を紹介!

今回は、百合の花言葉についてご紹介します。豪華で凛とした花姿と甘い芳香を持つ百合の花は品種も色数も多く、生け花やブーケなどにもよく用いられるほど人気の高い花の1つ。そんな百合には、果たしてどのような意味の花言葉があるのでしょうか?

百合の花言葉の意味は?

https://www.flickr.com/

日本語の百合の花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」。「純粋」や「無垢」はギリシャ神話に登場する、結婚や母性、貞節を司る女神ヘラの逸話に由来するとされています。百合の花は女神ヘラの胸から零れた乳が地上に落ち、そこから生まれたものなのだそうです。この逸話から百合は女神ヘラの聖花とされ、「清純」「母性」「純潔」「無垢」といった花言葉が誕生しました。

そして「威厳」は、堂々とした花姿に由来していると言われています。

スポンサーリンク



英語

百合の花は、西洋でも古くから親しまれてきました。聖書にも登場しているほどです。

英語での百合の花言葉には、「純潔」や「洗練された美」といった意味があります。これはキリスト教において、白い百合が聖母マリアの象徴とされていることに由来しています。処女懐胎によってキリストを産んだとされている聖母マリアは、純潔のシンボルとされているからです。

韓国語

韓国語での百合の花言葉は「純潔」「汚れなき心」。ギリシャ神話や聖母マリアの逸話からも分かるように、百合(特に白百合)が純潔を意味するものとされていることに由来していると思われます。

色別で見る百合の花言葉

https://www.flickr.com/

白のイメージが強い百合の花ですが、実は色数は非常に豊富。そして花の色によって、花言葉の意味が変わることもあります。色別で見る百合の花言葉を見ていきましょう。

ユリの色というと真っ先に思いつく白。花言葉は「純潔」「威厳」「無垢」などです。これは前にも紹介した聖母マリアの逸話が由来となっています。

白いユリはキリスト教と非常に関係が深く、17世紀にローマ教皇が、聖母マリアの処女性を象徴する花として白い百合を描くようにと布告を出したことから「マドンナ・リリー」と呼ばれるようになりました。

こういった逸話から「純潔」や「無垢」といった花言葉が誕生したと言われています。「威厳」は堂々とした花姿が由来です。

スポンサーリンク



クロユリという花があります。標高2000m以上の山地に咲く高山植物の一種で、正確には黒色ではなく、黒紫、または暗紫褐色と呼ばれる色をしています。ユリと花姿は似ていますが、分類すると百合はユリ属であるのに対してクロユリはフリチラリア属となり、植物としては少し異なります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク