ユーモアがある人の特徴!モテる理由・なる方法は?

ユーモアがある人

学生の頃、クラスに1人は盛り上げ上手な人がいませんでしたか?

今回は、そんな「ユーモアがある人」にフォーカスを当ててみたいと思います。

ユーモアがある人は明るくてみんなの人気者、なんてイメージがありますが、具体的にはどんな特徴があるのか気になりますよね。

また、ユーモアがある人になりたい!という人もたくさんいるのではないでしょうか。

ここでは、ユーモアがある人の特徴やユーモアがある人がモテる理由、ユーモアがある人になるための方法についてお話ししていきます。

ユーモアがある人について詳しく知りたい!という人、必見です。

ユーモアのあるなしで人生を損をする?

ユーモアがある人

そもそも、ユーモアのあるなしで人生を損するというのは本当なのでしょうか。

損をするかどうかはひとまず置いておき、ユーモアがある人が人生において得をする機会が多いというのは、あながち間違いではないでしょう。

ユーモアがある人は周囲の人を笑顔にすることができますから、それだけでも周囲からの評価は高いのです。

評価が高いということは、それだけ褒められたり頼られたりすることが多いということ。

先生や上司からの風当たりも良くなりますから、仕事においては重要なプロジェクトを任されたり、昇格の機会も多いかもしれません。

回りに好印象を与えられるということは、やはり得をすることが多いのです。

普通が悪い、ダメだということではありませんが、得をする人がいるということは、ユーモアのない人は人生において損をしているという考え方もできるでしょう。

ユーモアのある人の特徴

ユーモアがある人

それでは、ユーモアのある人の特徴について見ていきます。

ユーモアのある人は、「明るい人」「面白い人」などのイメージがありますが、他にはどんな特徴があるのでしょうか。

ユーモアのある人に共通する特徴は、こちらです。

1,ユーモアがある人はいつも輪の中心にいる人気者

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人はいつも輪の中心にいる人気者であることが挙げられます。

私たち人は、自分を笑わせてくれる人、楽しい気持ちにさせてくれる人のところに集まるもの。

ユーモアがある人の話は特定の誰か1人に向けられたものではないため、集団のコミュニケーションをとるためには最適なのです。

ユーモアがある人は周りを笑わせてくれますから、自然と中心になるのです。

2,ユーモアがある人は表現や表情が豊か

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は表現や表情が豊かなことが挙げられます。

元々ユーモアがある人はニコニコしていることが多いのですが、話の内容によって神妙な面持ちになったり怖い顔をしたりと、表情がかなり豊か。

表現や表情でも相手を惹き付けることができるので、より話を面白いと感じてもらうことができるのです。

3,ユーモアがある人はどんな人にも「面白い」と思わせる

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人はどんな人にも「面白い」と思わせることができることが挙げられます。

世の中には、屁理屈な人や素直じゃない人など、様々な人がいます。

ユーモアがある人は、周りの人や反応に合わせて話の内容を変化させることができるため、どんな人でも「面白い」の思ってもらうことができます。

万人にウケる、というと言い過ぎかもしれませんが、ユーモアがある日との面白さというのは、それに近いものがあるのだと言えるでしょう。

4,ユーモアがある人は「あんな風になりたい」と思われている

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は「あんな風になりたい」と思われていることが挙げられます。

冒頭でも触れたように、ユーモアがある人に憧れの感情を抱いている人も少なくありません。

ユーモアがある人の周りには常に人が集まってきますし、いつも楽しそうな雰囲気を醸し出していますからね。

特に「自分の存在を認めてほしい人」や「いつも輪の中心にいたい人」からは、憧れの視線を向けられることが多いでしょう。

いつも近くにいて何かと敵視してくる人も、ユーモアがある人に憧れている可能性が高いです。

5,ユーモアがある人は常に笑顔で人が集まる

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は常に笑顔で人が集まることが挙げられます。

笑顔でいる人には、周りの人も警戒心を抱きません。

そのため、変な気を遣うことなく自然と近寄ることができるのです。

「笑う門には福来る」という言葉の通り、福を求めていつも誰かがいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク



6,ユーモアがある人はリラックスできる雰囲気をしている

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人はリラックスできる雰囲気をしていることが挙げられます。

笑顔は、人を和ませます。

楽しそうに笑いあっている姿は、緊張せず落ち着いている証でもありますよね。

つまり、ユーモアがある人の周辺は「安心できる場所」なのです。

気持ちが明るくなり、尚且つ安らぎを得られる場所であるため、ユーモアがある人はリラックスできる雰囲気をしているのだと言えるでしょう。

7,ユーモアがある人は例え話が得意

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は例え話が得意なことが挙げられます。

ユーモアがある人は、言葉の引き出しが豊富で自分の知っている言葉を駆使して人を楽しませることができます。

自分にとって未知の話や未経験の話は、どうしてもイメージするのが難しかったりしますよね?

スムーズにイメージすることができないと、どうしても面白味に欠けてしまうことも。

ユーモアがある人は分かりやすい例え話をするなど、簡潔な言い回しができることも特徴の1つと言えるでしょう。

8,ユーモアがある人は会話のネタを持っている

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は会話のネタを持っていることが挙げられます。

いくら面白い話であっても、二度、三度と聞いていたら飽きてしまいますよね?

ユーモアがある人は、周りを飽きさせないように会話のネタもかなり豊富。

ターゲットによって話のネタを変えるなど、臨機応変な対応ができるのもユーモアがある人ならではの特徴です。

9,ユーモアがある人はサービス精神が旺盛

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人はサービス精神が旺盛なことが挙げられます。

ユーモアがある人は、周りの人に「たくさん笑ってほしい」と常に思っているもの。

そのために、あの手この手を使って笑わせようとしてくれるのです。

時には自虐ネタを用いて、周囲を笑いに包むこともあるでしょう。

人を楽しませたいというサービス精神がなければ、こんなことはできませんね。

10,ユーモアがある人は周囲を気にかけている・周りを不快にさせることは言わない

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は周囲を気にかけている、周りを不快にさせることは言わないことが挙げられます。

ユーモアがある人は常に周りを気にかけているので、「この話はつまらなそうだな」「別の話にしよう」などと考えています。

周りの反応をしっかりと見ていなければ、こんなことはできませんよね。

相手が楽しむ話へと切り替えをするのも上手なユーモアがある人は、たとえ笑えるとしても、誰かの失敗談や悪口など、聞く人によっては不快に感じるようなことは言いません。

だれもが楽しく、笑える内容の話しかしないのです。

スポンサーリンク



11,ユーモアがある人は話し上手で聞き上手で言葉のキャッチボールが上手

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は話し上手で聞き上手で言葉のキャッチボールが上手なことが挙げられます。

ユーモアがある人は話すばかりというイメージもありますが、決してそんなことはありません。

一方的にどちらかが話しているのではつまらない、ということを、ユーモアがある人は知っています。

それゆえ、きちんと相手の話も聞くことができるというわけ。

人に話を振って聞いた話を自分風に言い換えたり、聞き手も話に参加させて自分の意見を合わせたりすることもあるでしょう。

その方が楽しく会話ができますからね。

ユーモアがある人は、どうすれば会話がうまくいくかも知り尽くしており、まさに言葉のキャッチボールが上手なのです。

12,ユーモアがある人は頭の回転が速い

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は頭の回転が速いことが挙げられます。

相手によって話の内容を変えたり、相手の反応を見てより良い流れに変えたりすることは、頭の回転が遅い人にはできません。

頭の回転が速いから、できるのです。

ユーモアがある人は、面白い話をしながら全く別のことを考えているなど、とにかく頭の回転が速いことも特徴といえます。

13,ユーモアがある人は場の空気を読み臨機応変な対応ができる

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は場の空気を読み臨機応変な対応ができることが挙げられます。

聞き手の態度からその人の感情を読み取り、話を切り替えることもできます。

そのため、場がしらけることはないでしょう。

そのときそのときの空気を読んで周りに合わせることができますので、誰からも好印象を持たれやすいのです。

14,ユーモアがある人は緊張状態の使い方が上手で飽きを感じさせない

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は緊張状態の使い方が上手で飽きを感じさせたいことが挙げられます。

緊張状態の使い方が上手というのは、つまり表情や雰囲気を使い分けるのが上手だということ。

悲しい、怖い、ドキドキするなど緊張する状態を作ることで、その後のオチや笑いの効果をより高めることができるのです。

起承転結がしっかりとしているため、飽きを感じさせません。

15,ユーモアがある人は好奇心を刺激するのが上手で他人が飲み込まれる

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は好奇心を刺激するのが上手で、他人が飲み込まれることが挙げられます。

ユーモアがある人は、相手の興味を引く内容の話をして、相手の関心を誘います。

相手の興味や関心を、自分の話に上手に利用していくのです。

話を聞いている方も、引き込まれていると感じることがないので、不信感を抱くこともありません。

自然と自分の方へ意識を向けさせることができるため、知らず知らずのうちに飲み込まれている人も多いようですよ。

スポンサーリンク



16,ユーモアがある人は人が好き・楽しませられる

ユーモアがある人の特徴には、ユーモアがある人は人が好きで楽しませられることが挙げられます。

ユーモアがある人が、「他人を楽しませたい」「他人を笑顔にしたい」と思えるのは、人間が好きだからということ以外に考えられません。

人間が嫌いな人は、わざわざそんな人を楽しませたいとは思わないでしょう?

嫌いならば、笑ってほしいとも思わないはずです。

人が好き、人を楽しませたいという気持ちが強いからこそ、ユーモアがあるのかもしれませんね。

人に笑ってもらうためには、面白いことをいうのが一番。

ユーモアがある人は、人を好きでいるからこそ笑わせたり楽しませたりすることができる、というわけです。

ユーモアのある人のタイプは?

続いて、ユーモアのある人のタイプについて見ていきましょう。

一言で「ユーモアがある人」といっても、実はいくつかのタイプに分けることができるのです。

ユーモアのある人のタイプは、こちらです。

1,その場を和ませるタイプ

ユーモアのある人のタイプには、その場を和ませるタイプがあります。

おもしろい表情をしたりおどけてみせたりして、その場の人たちを笑わせることのできる人がそうです。

お調子者、といわれることもあるでしょう。

このタイプのユーモアのある人は、お調子者でも嫌みがないので、憎めないキャラとして人気があることも多いです。

2,相手を気遣えるタイプ

ユーモアのある人のタイプには、相手を気遣えるタイプがあります。

心が優しく、人の気持ちに寄り添うことのできる人で、悩んでいる人や落ち込んでいる人に気の利いたユーモアを投げ掛けることができます。

人を明るくさせるような優しいユーモアで、人を救えるようなタイプです。

3,毒舌のある癖のあるタイプ

ユーモアのある人のタイプには、毒舌のある癖のあるタイプがあります。

少し攻撃的、毒舌なセリフをおもしろく会話に混ぜてくるのが、このタイプ。

攻撃的で毒舌なので、一部の人からはおもしろくないと思われてしまいますが、裏を返せば一部の人からはおもしろいということですよね。

賛否が分かれ、両極端な印象を与えるユーモアのある人のタイプと言えるでしょう。

ユーモアがある人がモテる理由

それではここで、ユーモアがある人がモテる理由について紹介していきます。

ユーモアがある人って、はっきり言ってモテます。

同性からも異性からも人気で周りに人が集まってくるのですが、なぜユーモアがある人はモテるのでしょうか。

ユーモアがある人がモテる理由について、まとめてみました。

1,ユーモアがある人と一緒にいると楽しいから

ユーモアがある人がモテる理由は、ユーモアがある人と一緒にいると楽しいから、というものが挙げられます。

ユーモアがある人と一緒にいると、常に笑いが絶えません。

楽しく会話ができるというのは、関係を育む上で欠かせないことですよね。

一緒にいて楽しいというのは、それだけで好感が持てることだと言えるでしょう。

2,ユーモアがある人はコミュニケーション能力が高いから

ユーモアがある人がモテる理由は、ユーモアがある人はコミュニケーション能力が高いから、というものがあります。

ユーモアがある人は、とにかく会話が得意です。

話題の振り方や盛り上げ方など、会話をするのが上手いので、「話すのは苦手だな‥」という人でも、つい話すのが楽しくなってしまうことも!

それだけコミュニケーション能力が高いので、どんな人でも会話が楽しくなることでしょう。

3,ユーモアがある人は頭が良く見えるから

ユーモアがある人がモテる理由は、ユーモアがある人は頭が良く見えるから、というものがあります。

ユーモアがある人は、ただおもしろい言葉を並べているわけではありません。

頭の回転が早く、臨機応変な発言をすることもできます。

そのため、頭が良く見えるのは必須でしょう。

頭が良く見えて臨機応変な対応も得意なので、尊敬の眼差しを向けられることも多いです。

4,ユーモアがある人は場を和ますことができるから

ユーモアがある人がモテる理由は、ユーモアがある人は場を和ますことができるから、というものがあります。

緊張感のある場の空気や、ピリピリした雰囲気が苦手という人もいるでしょう。

そんなとき、ユーモアがある人ならば得意のユーモアでその場の空気を和ませることができるわけです。

場の空気を一瞬で良い方に変えられる人は素敵に見えますので、ユーモアがある人はモテるのです。

5,ユーモアがある人はギャップが見られるから

ユーモアがある人がモテる理由は、ユーモアがある人はギャップが見られるから、というものがあります。

普段は真面目なのに、ちょっとした合間にユーモアのある発言をすると、そのギャップがおもしろい!なんてことも。

ギャップは人を惹き付けるので、おもしろくて好感が持てるのでしょう。

ユーモアがある人になる方法は?

最後に、ユーモアがある人になる方法について紹介します。

ユーモアがある人はいつでも輪の中心にいてモテるので、「あんなふうになりたい!」と憧れている人も多いはず。

とはいえ、いざユーモアがある人になろうと思っても、なかなか難しいのが現状でしょう。

ユーモアがある人になる方法についてまとめてみましたので、ぜひできることから始めてみてください。

1,ユーモアがある人になるためには普段と違った角度で物事を見る

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには普段と違った角度で物事を見ることが挙げられます。

いつも一定の方向からしか物事を見ることができないと、細かいところにまで気づくことができません。

自分が普段見ているものだけでなく、角度を変えて観察してみることがとても大事なのです。

先入観やレッテルを外して改めてフラットな状態から観察してみると、いつもは気がつかなかったこと、良い点などが見えるもの。

いろいろな情報を得ることができれば、それだけおもしろいこと、すなわちユーモアも手にいれることができるのです。

2,ユーモアがある人になるためには頭を柔らかくする

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには頭を柔らかくすることが挙げられます。

頭が固い人は、残念ながらユーモアがある人にはほど遠いと言わざるをえません。

臨機応変に対応したり、言葉の言い回しを咄嗟に変えるなどができるのは、頭が柔らかいからですよね。

「○○はこうだ!」「この方法が一番いいに決まっている」

こんなふうに自分の中で決めつけてしまうと、なかなか考え方を変えることはできません。

特に自分が経験したことに関しては、「自分が実際に○○だったから、○○がいいんだ」と決めつけてしまいがち。

実際には別の方法があったとしても、それに気づくことができなくなってしまいます。

できるだけ頭を柔らかくして、多方面から物事を見られるようになるといいですね。

3,ユーモアがある人になるためには子供と遊んでみる

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには子供と遊んでみることが挙げられます。

なかなか頭を柔らかくすることが難しいなぁ‥という人は、ぜひ子供と遊んでみましょう。

友達の子供や親戚の子供など、子供とふれ合うことはユーモアのセンスを磨くにはおすすめなんです!

なぜなら、子供は大人よりも考え方が柔らかく、あちこちに目を向けるため視野も広いから。

いろいろなことに興味を持つということは、それだけいろいろな可能性を見つけられるということでもあります。

子供と遊んで子供の視野の広さを目の当たりにしてみると、自然と自分自身の視野も広くなるかもしれません。

4,ユーモアがある人と会話してコツを掴み自分なりのアレンジを加える

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人と会話してコツを掴み、自分なりのアレンジを加えることが挙げられます。

ユーモアがある人の傍で話を聞いたり、実際にユーモアがある人と話をすることで、何かしらの収穫があることは言うまでもありません。

ユーモアがある人の真似をしてみるのも、いいですね。

家族などユーモアがある人のことをよく知らない人たちの前で、真似をしてユーモアを披露してみましょう。

最初はすべて真似でかまいません。

そうして、慣れてきたらそこに少しずつ自分なりのアレンジを加えていくのです。

アレンジと聞くと難しいかもしれませんが、「自分らしさ」を加えることを意識すればOKですよ。

5,ユーモアがある人になるためには映画や読書で言葉のボキャブラリーを増やす

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには映画や読書で言葉のボキャブラリーを増やすことが挙げられます。

自分で使える言葉を増やしていきましょう。

特に、時事問題に関する情報は頭に入れておくことをおすすめします。

言葉のボキャブラリーを増やせれば、自然に会話の引き出しも増やすことができますね。

ボキャブラリーが少ないと、せっかくのおもしろい話も曖昧になり、周りが冷めてしまいます。

「アレだよアレ‥この間テレビでやってたやつ!」

なんて表現をされても、上手く伝わりませんよね?

これでは意味がありませんから、「知らない言葉を1日3つ覚える」など目標にしてみることもおすすめです。

6,ユーモアがある人になるためには面白いと感じたことをメモする

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには面白いと感じたことをメモすることが挙げられます。

「それ、面白いな」と感じることは、日常の至るところにあるもの。

それを聞き流してしまうと、頭に残すことはできません。

必ずメモをとって残しておき、改めて読み返してみてください。

どこがどんなふうに面白いのか?を自分なりに探ってみることで、ユーモアがある人に近づけるはずです。

7,ユーモアがある人になるためには面白く話ができるように練習する

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには面白く話ができるように練習することが挙げられます。

頭の中でいくら面白い話ができても、口に出すと意外と面白くなかったりすることも。

話の内容自体は面白くても、うまく話せないと面白味は半減してしまいます。

分かりやすく、そして面白く話すのは難しいのです。

そこで、まずは鏡の前で練習してみましょう。

うまく話せるようになったら、家族など身近な人から披露していくことをおすすめします。

8,ユーモアがある人になるためには相手に伝わる言葉を選ぶ

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには相手に伝わる言葉を選ぶことが挙げられます。

一言一言を簡潔に、かつ分かりやすい言葉で伝えることが、ユーモアがある話には必要不可欠。

誰もが想像しやすい例え話を入れると、よりイメージしやすくなるため効果的です。

いくら語彙力を培っても、難しい言葉ばかりで表現するのはやめましょう。

会話は、お互いに理解できて初めて弾むもの。

難しい言葉ばかりでは聞いている方はつまらないので、相手に伝わる言葉を選んで話してみてくださいね。

まとめ

ユーモアがある人の特徴やモテる理由、ユーモアがある人になる方法について紹介しました。

いかがでしたか?

ユーモアがある人の中には、天性の才能という人もいるのですが、大抵は隠れて並々ならぬ努力をしてきた結果、身に付いたユーモアのセンスの持ち主だといえます。

みんなの人気者で、モテモテのユーモアのある人。

そんな人になりたいという人は、早速今日からユーモアのセンスを磨いていきましょう!

【関連記事】

お茶目な人の特徴!

オーラがある人の特徴!なるためには?

品格がある人の特徴!心構えは芸能人は?

健気な人の特徴!愛される理由・なるには?

おっちょこちょいな人の特徴!直す方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク