【威圧感のある人】特徴・付き合い方・メリット・出す失くす方法

威圧感のある人

多くの人が苦手に感じる「威圧感のある人」。

威圧感のある人とは話をしているだけで不安な気持ちになったり恐怖を感じてしまうことがありますが、どうしても避けて通ることができない時はいったいどのように対処すればよいのでしょうか。

威圧感のある人の本質を知り、トラブルにならないように上手に対応するための方法を学びましう。

威圧感とは

威圧感のある人

まず威圧感についてですが、威圧感とは読んで字のごとく相手を圧倒するような息苦しい雰囲気を感じさせることを言います。

威圧感を感じさせる人は周囲から偉そうな人だというイメージを持たれることも多く、厄介な存在だと思われていることも珍しくありません。

威圧感の意味

威圧感のある人

威圧感の意味は「相手を威圧する感覚」のことです。

威圧とは権力や立場を利用して相手を押さえつけるいう意味があります。

声や態度が大きい一部の目上の立場の人に対して使われることが多い言葉です。

威圧感の類義語

威圧感の類義語には、「圧迫感」「抑圧感」「迫力感」「重厚感」などが挙げられます。

いずれも他人に対して緊張を感じさせる人に使われる言葉です。

威圧感の語源

威圧感の語源については「威」の漢字の意味から知ることができます。

「威」という漢字を使った言葉には「権威」「威厳」「威力」などたくさんありますが、そのどれもが大きな力を表す言葉だということが分かります。

威圧感とは大きな力で圧力を加えるという言葉が語源だと考えられます。

威圧感のある人の特徴

威圧感のある人には共通の特徴がたくさん見られます。

威圧感のある人の特徴を知れば、たとえ自分の身近なところに威圧的な人がいても急なアクシデントにも冷静に対応することができるようになります。

自分の周りにいる威圧感のある人に当てはまる特徴がないかチェックしてみましょう。

威圧感のある人は自分主体で主導権を握りたがる

威圧感のある人は人に指図を受けるのが大嫌いです。

威圧感のある人はどんなことでも自分主体で主導権を握って行動したがる性格の人が多く、そのことが原因で周囲の人と対立してしまうことがよくあります。

誰かの言いなりになるなど考えられないという人も多く、仕事でもプライベートでも人の意見に耳を貸さずに我が道を突き進みます。

威圧感のある人は自己中心的・自分の思う通りにならないと気が済まない

威圧感のある人は自己中心的な性格の人がほとんどです。自分さえ良ければ相手がどうなろうと関係ないため、攻撃的な言葉を口にしたり自分勝手な行動をすることもよくあります。

また自分よりも立場が下の人に意見されることを嫌う人も多く、自分の思い通りにならないと気が済まない子供のような性格をしているのも大きな特徴と言えます。

威圧感のある人はキレる

また威圧感のある人はすぐキレるという厄介な特徴も見られます。

今まで普通に話をしていたのに、次の瞬間には理由も言わないままキレて暴言を吐くこともあります。

威圧感のある人がキレる時は理不尽な理由である場合が多く、周囲の人はその対応に頭を悩ませてしまうことも少なくありません。

一度キレると手に負えないため、職場に威圧感のある上司などがいると仕事にも大きく影響を与えてしまうことがあります。

威圧感のある人はコミュニケーション能力が低い

威圧感のある人はコミュニケーション能力が低く、他人と心地よい関係を築くことがとても苦手です。

自分から他人に歩み寄るような柔軟な姿勢を見せるのは負けだと考えているため、誰に対しても上から目線な話し方をして一線を引いてしまうという特徴があります。

人の気持ちを考えることができないというのは非常に厄介だと言わざるを得ませんね。

威圧感のある人は相手の立場になって考えられない

威圧感のある人は全てが自分本位です。自分のことしか考えない自己中心的な性格をしているため、相手の立場になって物事を考えることが非常に苦手です。

仕事などで相手が困っていてもその状況に気が付かないため、手を差し伸べたりフォローすることもありません。

威圧感のある人がある人は態度が悪い・人を威嚇する・偉そう

威圧感のある人は態度が悪く他人をすぐ威嚇する癖を持っています。

自分を良く見せるために偉そうな態度を取ることもあり、それが格好いいものだと勘違いしている場合も少なくありません。

態度が悪いとは例えば椅子の上に足を投げ出して座ったり、理不尽なことで怒鳴り散らすなど周囲の人の気分を害するような行動のことを言います。

威圧感のある人は目つきが悪く印象が悪い

威圧感のある人は目つきが悪いのも特徴的です。

常に人のミスを探しているような意地悪で鋭い目つきをしているため、初対面で印象が悪いと感じる人も多いようです。

威圧感のある人は目力が強く、その視線だけで人を委縮させてしまうこともあります。

目つきの悪さは目の大きさなどは関係ありません。

目が細く小さい人はじっと無表情で見つめるだけで相手をひるませてしまうこともありますし、目の大きな人は目力が強いため目つきが悪ければそれだけで他人を圧倒させる迫力があります。

威圧感のある人はモノを投げる

これは一部の人に限られますが、威圧感のある人の中にはモノを投げる人もいます。

相手を驚かせたり怖がらせて自分が優位な立場に立ちたいと考えている場合もあれば、ただ単純にイライラをモノにぶつけて解消しようとしているケースもあります。

常識のある大人の場合は腹が立っても物を投げることなどありませんが、威圧感のある人はあえて重い物や割れる物を投げて力を誇示しようとします。

どちらにしてもお近付きになりたくないタイプの人と言えます。

威圧感のある人は見栄を張りたがる・虚勢を張っている

威圧感のある人は見栄や虚勢を張りたがる傾向もあります。

威圧感のある人は自分よりも優れた人が嫌いで自分が一番に見られたい願望があり、様々な場面で見栄っ張りな一面が表れます。

そして他人から見栄や虚勢を指摘されても決して認めようとはせず激昂して反論することもあります。

威圧感のある人は近寄りがたい

威圧感のある人は苦手意識を持たれることも多いものですが、同時に周りの人からは近寄りがたい人だと思われています。

気楽に冗談を言い合えるような性格ではないため、何か用事がある人以外は近付いて話をしようとすることもありません。

威圧感のある人は声が大きい・物事を断定する口調

威圧感のある人は声が大きいのも一つの特徴になります。

相手の反論を許さない大きな声や、物事を断定する強い口調は威圧感のある人みんなに共通しています。

威圧感のある人は声で相手を委縮させてしまいます。

威圧感のある人は自分は誰よりも偉いと思っている

威圧感のある人はとてもプライドが高く、自分は誰よりも偉いと思っている人もたくさんいます。

企業の社長や年配の人など普段から他人に尊敬される立場の人は特に誰に対しても威圧的な態度を取ってしまうこともあります。

威圧感のある人は上から目線な態度

威圧感のある人は常に上から目線な態度を取ります。

自分が絶対的に正しいと考えているため、相手に有無を言わせない偉そうな態度が癖になっています。

その上から目線な態度に嫌な思いをしてしまう人もたくさんいます。

威圧感のある人は言葉遣いが悪い・お前呼ばわり

威圧感のある人は言葉遣いも悪く、あまり丁寧ではありません。

人によっては相手のことをお前呼ばわりする人もいて少しガラが良くない印象を受けることもあります。

威圧感のある人は自分に自信がない・臆病な性格

空威張りという言葉があるように、威圧感のある人は自分に自信がない臆病な人も意外とたくさんいます。

人に何か言われるのが怖いため先に自分からマウントを取ってしまうこともあります。

自分に自信がある人も威圧感がある

上記とは逆で自分に自信がある人でも威圧感がある人もいます。

自分に自信がある人は周りの人間すべてが自分よりも格下に見えるため、力を誇示するために威圧的な行動を取ります。

威圧感のある人は自己防衛本能が強い

威圧感のある人は自己防衛本能が強いのも特徴です。

威圧感のある人は立場が危うくなるとすぐに保身に走ります。

自分が攻撃的な性格をしているだけに、他人からも同じように攻撃されることをとても警戒します。

威圧感のある人は立場の下の人間に強い・横柄な態度

威圧感のある人は誰に対しても威圧的ですが、自分よりも立場の下の人間に対してはさらに強くなり横柄な態度を取ります。

職場などでは力で押さえつけるような威圧感のある上司に不快感を感じてしまう人もたくさんいます。

威圧感のある人は友達がいない・孤独になる

威圧感のある人は周囲の人にとっては非常に煙たい存在です。

そのため友達が少なく、孤独になることも多いという特徴もあります。威圧感のある人は本当の自分を理解してくれる友人を探すのは至難の業です。

威圧感のある人は反論に弱い

威圧感のある人はいつも自分が正しいと思い込んでいるため、他人からの反論に弱い一面も持っています。理論責めで詰め寄られることを何よりも苦手に感じています。

威圧感のある人には頭の回転が早い人がいる

威圧感のある人はただ威張り散らしているだけではありません。

中には非常に頭の回転が早い人もいて、常に相手の言動を先読みして行動する人もいます。

頭の回転が早い人は話し方にもキレがあり威圧感もさらに増す場合がほとんです。

威圧感のある人との付き合い方

では自分の身近な存在に威圧感のある人がいる場合はどのように付き合っていけば良いのでしょうか?次は威圧感のある人との上手な付き合い方を見ていきましょう。

威圧感のある人とは冷静になる必要がある

威圧感のある人と付き合う時は、こちらが先に感情的になってしまうとうまくいきません。

相手が大きな声で荒々しく接してきた時こそ冷静になって落ち着き、相手をしっかり観察して次の行動を考えましょう。

威圧感のある人に対して弱気にならない

威圧感のある人は相手を脅かして言うことを聞かせようとします。

そのため気弱な態度を取るのは相手の思うツボになってしまいます。

強気な態度に出る必要はありませんが、堂々としていることも大切です。

威圧感のある人に反論してみる

威圧感のある人と意見が食い違ってしまった時は、少し勇気が必要ですが思いきって反論してみるのもオススメです。

言うべきことはきっちりと言う姿勢を見せることで相手からの自分への印象が変わり、その態度が柔軟になる可能性もあります。

威圧感のある人とは喧嘩しない

威圧感のある人ともし何かが原因で険悪なムードになってしまっても、喧嘩をするのはあまりオススメできません。

威圧感の人は自分に歯向かう人には容赦なく攻撃を仕掛けます。

まともに喧嘩をすることは時間と労力の無駄になるだけでなく、腹が立ったり嫌な気分になってしまうこともよくあります。

威圧感のある人とは喧嘩をしないように上手に争いを回避し、無用なトラブルを招くことがないように注意が必要です。

威圧感のある人を理解して歩みよってみる

また威圧感のある人は友達が少なく、自分の理解者がいないことで自分の殻に閉じこもってしまっている場合も少なくありません。

一筋縄ではいかない性格であることを理解してこちらから歩み寄るのも良い付き合い方です。

威圧感のある人を敵だと決めつけてしまうことなく、自分の味方につけることでとても心強く感じることも多くなります。

威圧感のある人と適度な関係を保つ

威圧感のある人に対してその性格や本質を理解することはとても大切ですが、距離が近すぎるとトラブルが起きやすくなります。

良好な関係を築くためには適度な関係を保つこともとても重要になります。

威圧感のある人とは話だけに集中する

威圧感のある人は誰にでも好かれるタイプではありません。

どうしても苦手だなと感じてしまう時は、とにかく話だけに集中するのも良い付き合い方です。

あれこれ考えこまず、話の内容だけに集中すると恐怖心や苦手意識も和らぎます。

威圧感のある人は体格・雰囲気で判断しない

威圧感のある人といっても仲には見た目の体格や雰囲気だけで先入観を持ってしまっている場合もあります。

威圧感がある人もよく話をすれば第一印象と中身は全く違っていることも少なくありません。

威圧感があり苦手な人も見た目や雰囲気で判断するのはやめておきましょう。

威圧感のある人のメリット

ここまで威圧感のある人のデメリットなどについて挙げてきましたが、威圧感のある人にはその存在感などからたくさんのメリットもあります。

次は威圧感のある人の良い点を詳しくみていきましょう。

威圧感のある人は力強さを感じさせる

威圧感のある人はいつも堂々としています。

時にその態度の大きさで周りの人を驚かせてしまうこともありますが、いつも変わらない強気な態度は非常に力強さを感じさせます。

威圧感のある人は大人しい人とは違いみなぎるパワーや勢いの良さを感じさせるところが大きなメリットと言えます。

威圧感のある人はリーダーになりやすい

また威圧感のある人はその気の強さなどからリーダーになりやすいというメリットもあります。

自分が一番だという自信のある態度は、る意味カリスマ性が高いと言い換えることもできます。

威圧感のある人は行動力があり、面倒見の良い一面を発揮すれば素晴らしいリーダーになることも珍しくありません。

威圧感のある人は男らしいと思われてモテる

威圧感のある人はその堂々とした力強い態度でとても男らしい人に見え、女性にモテるというメリットも見られます。

もちろん女性の好みは人それぞれですが、男性にリードされたいと考える女性などには特に非常に人気があります。

優柔不断な態度の男性が苦手な女性はたくさんいます。

威圧感のある人はその男らしさを武器にして女性の前でアピールしてみるのもオススメです。

威圧感を出す方法

日頃から威圧感のある人に圧倒されている人は、自分も威圧感を感じさせる人になりたいと考えている人も多いことでしょう。

威圧感を出すためには押さえておきたいポイントが幾つかあります。

次は実際に威圧感を出す方法を紹介します。

プラス思考・ネガティブにならない

威圧感のある人になるためには、まずプラス思考を身に着けることが重要です。

後ろ向きでネガティブなことばかり考えている人は他人の前で堂々とした態度でいることは到底できません。

威圧感のある人は自分の考えが絶対だと考える特徴があるため、悪いことは一切考えません。

威圧感のある人になりたいと本気で思う時は、何かあっても常にポジティブでプラス思考でいられるように意識してみましょう。

自分を信じる・自信を持つ

威圧感のある人になるためには自分を信じて自信を持つことも大切です。

自分に自信がなければ他人に強い態度で接することはできません。

自分に自信を持つためには、何か一つこれだけは誰にも負けないという特技や自慢できるものを作るのが効果的です。

周囲の顔色を気にしない

威圧感のある人になりたい時は、周囲の人の顔色を気にしないことも大きなポイントになります。

周囲の顔色を気にしてしまう人はどうしても他人の考えや気持ちに寄り添ってしまう優しい人になってしまいます。

「こんなことをしたら自分はどう見られるのかな?」「変な奴だと思われたらどうしよう?」と人の顔色を見ているようでは威圧感のある人になることはできません。

威圧感のある人になるためには周囲を意に介さず我が道を行く大胆さが必要です。

人に媚びを売らない

さらに威圧感のある人になるためには他人に媚を売ることもしてはいけません。

他人に媚を売りご機嫌を取ろうとする姿勢はとても卑屈なイメージがあり、威圧的な態度とは真逆の態度になってしまいます。

ニコニコ笑っていても他人から見ればそれが自然な笑顔か卑屈な笑顔かはすぐに見分けがつきます。

威圧感のある人になりたい時はたとえ目上の人間に対しても必要以上に媚を売るのはやめてプライドを感じさせる行動をすることが大切です。

服装・メイクを変える

威圧感のある人になるためには服装やメイクを変えるのも効果的です。

性格や内面を変えるのはすぐには無理でも、見た目や外見を変えることはとても簡単です。

派手なファッションや目立つメイクの人はそれだけで周囲を圧倒します。

もし自分の周りに威圧感を感じさせる人がいる場合は、その服装やメイクを真似してみるのもオススメです。

体を鍛える

さらに男性が威圧感のある人になりたい時は体を鍛えるのも良い方法です。

細く頼りない体つきよりも、ほどよく筋肉質な体つきの男性の方が威圧感を与える効果はかなり増します。

また鍛えられた体はストイックな性格も連想させます。

体を鍛えるためにはジムに通ったりスポーツを始めてみるのも良いでしょう。

生活習慣を整える

威圧感のある人になりたい時は男女問わず生活習慣を整えることも重要です。

不健康で顔色の悪い状態では他人に威圧感を与えるどころではありません。

いつも強く存在感のある人になるためには、生活習慣を整えて健康的な状態でいることも大きく影響します。

夜更かしや暴飲暴食をやめ、バランスの良い食事に良質な睡眠を心がけることも大切です。

威圧感を失くす方法

それでは上記とは逆に威圧感がある人だと思われて悩んでいる人が威圧感を失くすためにはいったいどうすれば良いのでしょうか?

最後は威圧感を失くす方法について4つ解説致します。

威圧感のない人当たりの良い人になりたい場合は、以下の方法についてもぜひチェックしてみてください。

笑顔になる

まず威圧感を失くすためには笑顔になることが何よりも大切です。

威圧感のある人と周囲に見られている人は、ほとんどの人がいつも気難しい顔をしています。眉間にシワを寄せてムスッとした表情をしていると、怒っていなくても不機嫌で威圧的に見えてしまいます。

爽やかで明るく気持ちの良い笑顔を浮かべるように意識することで、周囲に与える雰囲気は随分変わります。

柔らかい・良い印象を与える話し方にする

威圧感を失くすためには、普段から柔らかい印象を与える話し方をするのも効果があります。

必要以上に大声で怒鳴り散らしたり他人を恫喝するような話し方を控え、知的で優しい話し方をすることで良い印象を与えることができます。

柔らかい話し方ができるようになると第一印象から良いイメージを与えることが可能になります。

自分から話しかけてコミュニケーションをとる

威圧感を失くすためには自分から積極的に他人にコミュニケーションをとることも非常に重要です。

威圧感を感じる人は人と群れず孤立してしまっている印象がありますが、自分から他人に歩み寄ることで人当たりの良さをアピールすることができます。

人見知りの人は最初は緊張してしまうかもしれませんが、社交的な友人を作ることで知人や友人の輪はどんどん広がっていきます。

相手の話をしっかり聞いてあげる

さらに威圧感を失くしたいと本気で思う時は、会話の仕方にも少し配慮する必要があります。

威圧感のある人は他人の話を聞かず自分の意見ばかり押し通そうとする傾向がありますが、威圧感を失くすためには相手の話をしっかり聞いてあげることが大切になります。

一方的に話をするのではなく対等に会話をしてコミュニケーションを取れるようになれば、威圧感は自然と消えていくはずです。

まとめ

威圧感のある人についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

威圧感のある人は良くも悪くも非常に目立つ存在です。

他人に迷惑をかけず不快な思いをさせないように配慮することも大切ですが、いつも強くいられる自分に自信を持つことも決して悪いことではありません。

他人から煙たい存在だと思われないように配慮を忘れず過ごしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク