【自信がない人】特徴・心理17選&恋愛の特徴・接し方や自信をつける方法を紹介!

自信がない人の記事へようこそ。

あなたは自信がありますか?

すぐ「YES!」と答えられた方もいれば答えられなかった方もいらっしゃるでしょう。

この記事では自信がない人が自信を持つために自信がない人の特徴や心理、恋愛の傾向や自信がない人との接し方、自信がない人が自信を持つためにはどうすればよいかについて解説していきます。

自信がない人の特徴・心理

自信がない人の特徴や心理について解説していきます。

自信がない人の特徴・心理1:潜在意識に「できない」と刻まれている

自信がない人の特徴ですが自分の潜在意識の中に「できない」と刻まれているのが挙げられてきます。

自信のない人の多くが過去の失敗体験による痛手、心の傷が心の中に刻まれています。

心の傷が「俺(私)はできない」という意識にさせてしまうのです。

「できない」と思えば成功するためのイメージ、流れが分からないので何をしてよいのかが分からず行き当たりばったりの行動になり失敗の可能性が高まります。

それが更なる失敗を引き起こすのどんどん自信がない人になっていき自分の人生を輝かせることなく一生を終えてしまう可能性があります。

人生は一回なので心で大きく変わることを考えるとある意味残酷です。

これは少し前は自分に大きな自信を抱いていた人も同様で自分が絶対的に自信があったことを否定されたように感じる出来事が

「こんなはずではない」という自分への懐疑へと駆り立ててかつてほどの勢いを失ったり自信を失わせます。

自信がない人の特徴・心理2:冒険心が恐ろしいほど低い

自信がない人は「できない」という潜在意識が強いので未知の世界に挑戦することができません。

何をしても「失敗したらどうしよう」「無理だ」という意識が自分を支配しているので冒険する気持ちがありません。

ひどい場合になると「海外旅行に行こう」と友人から誘われた場合でも「言葉が分からないから行きたくない」と当たり前のことを言い始めます。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理3:プライドが高すぎる

自信がない人の特徴・心理にプライドが高すぎるのがあります。

大した実績を残していないにも関わらず自分の殻にこもって自己満足に走っていたばかり「俺は他の人間と違うんだ」というプライドばかりが上昇したタイプです。

自分の殻に閉じこもっているタイプは外の世界に出たときに現実を知ることになるのであっという間に自信を打ち砕かれてしまいます。

今まで自分がしてきた事を否定したくないので人との距離を置いて自分を守っていこうとしますが常に自信がないような状態になります。

仕事をしていても人に質問をする事もないので自分の実力も上がらず周りに置いてけぼりになってより自信がない人になっていきます。

自信がない人の特徴・心理4:人にバカにされたのを引きずっている

自信がない人の特徴・心理に過去に人からバカにされたのを引きずっているのがあります。

自分が良いと思って作った仕事、創作物などを否定されると自分が今まで積み重ねてきたものが否定されたような気持ちになってしまうので自信が打ち砕かれていきます。

それでも自分を信じているのであれば良いのですが、若い頃にこのような事を言われると一気に自信がなくなっていきます。

高校を出たばかりのプロスポーツ選手がキャンプに来ていた偉い人から酷評されたりすると自信がなくなり一気に自分の力を発揮できなくなるパターンがこれにあたります。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理5:いじめを受けた過去がある

自信がない人の多くが学生時代にいじめを受けた過去があるのがあります。

いじめは多くが無視される、靴を隠される、lineグループから外されるといった一方的な扱いを受けることです。

一方的な嫌がらせを受けると「自分は嫌われている」「必要とされていない」と自分を否定するような気持ちになります。

自分を否定する気持ちは先ほど自信がない人の特徴1で紹介した「できない」という潜在意識を植え付けることになるのに繋がっていきます。

もちろんいじめを受けてもそれを乗り越えようと頑張った人もいます。しかしいじめを受けた人の多くが自分に自信が持てなくなっているのが現状です。

そのような人は自分のことを誰も知らない環境に身を置いてください。ネット上でも良いでしょう。自分のことを誰も知らない環境に身を置き自分が心からなりたい自分、自信を持った自分を追い求めていきましょう。自分がなりたい自分を繰り返していくのです。人生は一回です。あなた自身で自分の人生を進めていってください。

自信がない人の特徴・心理6:コミ障・人見知り

自信がない人の特徴に人見知りやコミ障と呼ばれるコミュニケーショに不安を感じているのがあります。

自信がある人を見てください。

自分から人に対して活発にコミュニケーションをとって会話を楽しんでいます。

自信がない人は自分に自信がある人とは逆で自分からコミュニケーションをとれません。

深層心理に「自分から話しかけて嫌われたらどうしよう」と言う意識があったり「自分は嫌われているかもしれない」という負の意識がコミュニケーショを遮ることになります。

またコミュニケーショに不安を感じている人は過去にいじめを受けたことが原因で人を苦手にしているところがあります。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理7:人の目をグッと見ることができない

自信がない人の特徴に人の目をグッと見ることができず目が泳ぐ傾向にあります。

自信にあふれている人を見ればわかりますが人の目を奥までしっかりと見ることができます。

「俺は負けない」という気持ちが相手の目をしっかり見る行為につながります。

自分に自信がない人は自分自身に疑いの心を持っているので人と目を合わせたときにグッと見ることができません。

明らかに目が泳いだり、少し目が泳いだりと全体的に目が泳ぐ傾向にあります。

自信がない人の特徴・心理8:顔が暗い・挙動不審

自信がない人の特徴に顔が暗い、挙動不審なのが挙げられます。

自信がない人は過去の失敗が心に刻まれていて積極性を失っていて基本的に人生に楽しいことがないので顔が暗くなります。

顔が暗くなると人が寄ってこないのでチャンスを失う傾向にもあります。

また自信がない人は自分の行動に自信が持てないので行動が挙動不審になっていきます。

また行動する前に「できるだろうか」と一回考える癖がついているので行動に遅れが出やすい、また自信を持った行動ができない傾向にあります。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理9:愚痴・悪口が多い

自信がない人は愚痴や悪口がとても多いです。

愚痴や悪口はストレス解消に感じられることが多いので一度愚痴を言うと止まりません。

ただ愚痴を言ったり人の悪口を言っていると脳は誰のことを話をしているのかが認識できず自分のことを話していると錯覚します。

つまり自分を傷つけている行動なので根本のところで自信がなくなってきます。

また愚痴や悪口を言っている人は逆に自分の悪口を言われやすいのでそれが耳に入った場合には不安を感じて自信がなくなっていくという悪循環に陥ってしまいます。

自信がない人の特徴・心理10:自分を持っていない

自信がない人の特徴に自分を持っていないのがあります。

自信がない人は自分の意見がない、または自分の意見は言ってはいけないと思いこんでいるところがあります。

自分の意見に対して自信がないので人の意見に左右されたり流されやすい傾向があります。

人の意見に流されやすいと悪い人からは「ああ、こいつは流されやすいな」と自分の嫌なことを押し付けられたり騙されたりする極めて危ない恐れがあります。

自分の意見、信念を持つ方法は後ほど自分に自信をつける方法のところで紹介します。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理11:自分に対する評価が低い・自己肯定できない

自信がない人は自分に対する評価が低く自己肯定ができないのがあります。

自信がない人は自分の行動に対して不安や恐れを感じています。

「大丈夫かな?」と常に普段を抱いているので慎重派です。

ただ自分に不安を抱いた状態が続けば自分を過小評価してしまいます。自己肯定できないと自分に自信がなくなっていくのは当然です。

自信がない人の特徴・心理12:周囲からの評判が気になる

自信がない人の特徴・心理に周囲からの評判が気になるのがあります。

自分を持っていないのとも共通しますが自分の軸がないために人の意見に振り回されがちです。

人の評判に振り回されがちなので人から嫌われていないかどうかについて非常に神経を使っています。

人から際われないように生きるので行動が無難なものになります。

行動が無難になると人から嫌われる恐れはないと思っていても無害な人になって印象が残らなかったり、「つまらない人」とバカにされてしまう恐れがあります。

それがより自信のなさを強めていくのです。

自信がない人の特徴・心理13:ストイックな完璧主義

自信がない人の特徴にストイックな完璧主義なのがあります。

仕事熱心で自分が取り組んでいることに対して完璧を求めるのは素晴らしいことです。

完璧を求めないと自分に何か足りないのかが明確になりません。

ただ完璧主義の人は自分の足りない面ばかりが目についてしまって悩むようになります。

「なんでできないんだろう」といった思考になるので自信がなくなるのです。

ただストイックが故に自信がなくなっている人は現状に満足しない性格といえますので大きな成果を上げて周囲から称賛されることが多いです。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理14:変な心配性がある

自信がない人の特徴に変な心配性があるのがあります。

物事が順調に進んでいるはずなのに「失敗するのではないか」「どこかに穴があるのではないか」という感じでなぜこんなことにこだわるのか?と思うようなところに変に心配をしてしまうところがあります。

やはりこれは自信のなさが由来します。

自信がない人の特徴・心理15:いい年して親の援助を受けている

自信がない人の特徴にいい年をして親の援助を受けているのがあります。

人は親から自立しようとすると大変です。

安い給料をもらって生活費、家賃、携帯代を払って自分の力で生きていこうと考えると自分が自由に使えるお金はほとんどなくなります。

自分が使うお金が少ないことを認識したときに「もっと頑張ろう。稼げる人間になろう」と努力していくのです。

自信がない人は親元で暮らし、親の援助を受けながら生活しているので自立心が薄いです。

自立心が薄い状態が続くと努力しなくなるので結果的に得られることも少なくなり自分に自信がなくなっていきます。

自信を持ちたいのであれば自分の力でゼロから生活することから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



自信がない人の特徴・心理16:風俗で働いている

自信がない女性の特徴に風俗で働いているのがあります。

風俗は自分の体を売る代わりにお金をもらう仕事です。

ただ好きでもない、汚いと思っている男性の性器を舐めたりする必要があるので「なんで私こんなことをしているんだろう」という自分自身を否定する気持ちが生まれてきます。

自分自身を否定する気持ちが生まれると顔もだんだん暗くなり自信がなくなります。

親に対する引け目もあるでしょう。

ただ普通に生活していたらもらえない金額のお金をもらうことができるので止める事ができず底なし沼にはまっていきます。

そして人を信じられなくなり自分に自信を失うのです。

自信がない人の特徴・心理17:オナニーばかりしている

自信がない人の特徴にオナニーばかりしているのがあります。

女性から魅力的だと思われないので女性とセックスする機会がなく1人で自慰行為にふけります。

女性と絡む機会がなくAVなどを見て自己完結に至るのでどんどん自信がなくなっていきます。

またオナニーをするとジヒデロテストステロンというやる気を失わせる男性ホルモンが出て変な雰囲気になっていきます。

自信がない人の恋愛の特徴

ここからは自信がない人の恋愛の特徴について解説していきます。

自信がない人の恋愛1:モテない・振られると思っている

自信がない人は恋愛においてはまず顕著にその特徴がでます。

「俺はモテない」「俺(私)は異性から相手をされていない」「自分が告白しても振られる」と恋愛に対してネガティブです。

恋愛に対してネガティブで自分に自信がない人間が異性から見たら魅力的に見えるでしょうか?

もちろん答えはノーでしょう。

特に自分に少しでも自信がない男性は女性から見たら全く魅力的に見えません。

リードしてくれる、力強く私のことをくれる男性を女性は好みますが、自信がなく男性としての力強さがなければ女性はセックスしてくれません。

また自分に自信がないため告白する機会もなく恋愛の機会はどんどん遠ざかっていくのです。

自信がない人の恋愛2:出会い系アプリを使っている

自信がない人の恋愛の特徴に出会い系アプリをよく使っているのが挙げられてきます。

例えば流行りの出会いアプリtinder。

tinderはセックスフレンドを探すアプリです。

ただセックスフレンドを探すといっても女性としては「軽い女と思われたくない」と簡単には体を許そうとはしないでしょう。

ただtinderなどに群がる男性の多くはセックスを求めてアプリを利用しています。

1回目のデートから「ホテル行こうよ」と誘われると女性としては「軽い女と思われたのかな」と女性としての自信をなくしていきます。

次は健全なデートをしたいと思って別の男性とデートをしてもまたセックスを誘われると1人の人間として見られない悲しい感覚を覚えるでしょう。

誘われなければ「私には魅力がないのかな」と思ってしまいます。

男性が群がるので何回もデートする機会はありますが「やりもくしかいない」と徐々に男性に対してネガティブなイメージがついて

物事を素直に見ることができず知らず知らずに少し違和感がある雰囲気になってしまい

出会いアプリ以外で出会った男性からは魅力的に思われず自信がない人になっていきます。

逆に「いいね!」ももらいすぎて勘違いする場合も。

またやりもく、彼女持ち、既婚者の男性ばかりに会っていると本当に良い男性が現れたときに見極めることができなくなります。

また男性もセックスの駆け引きをして成功したり失敗したりするうちに女性をエッチできるかできないかの視点でしか見ることができなくなり女性の胸やお尻などの体ばかり見るようになるので「いやらしい」と思われて徐々にモテなくなり自信がなくなっていきます。

またユーザーが多いために女性から拒否されることも自信のなさに繋がります。

一時的には自信を持てるかもしれませんが長い目で見れば自信がない人に変えるのが出会い系アプリなのです。

出典:https://www.news-postseven.com/archives/20160830_443886.html

自信がない人の恋愛3:確証がないと告白できない

仮に自信がない人に好きな人ができた場合、女性に対して告白しても大丈夫だという確証がなければ告白はできません。

ただ女性は恋愛に対しては刺激を求める傾向にあるので刺激が感じられない自信がない人は自分では「これはいける!」と思っていても振られてしまう可能性があります。

スポンサーリンク



自信がない人の恋愛4:束縛してしまう

自信がない人の恋愛の特徴に恋人を束縛してしまうのがあります。

根本的に自分に自信がないので恋人と付き合っていても寂しさを感じてしまったり、「愛されているのかな?私は?」と不安な気持ちに駆られやすいです。

そのため恋人を束縛してしまったり、わがままをいったりと情緒不安定なところがあります。

最初は恋人との関係が良くても徐々に自信がない面が見えてきて「めんどくさい」と思われてしまうかもしれません。

自信がない人の恋愛5:求められるとついていく

自信がない人の恋愛の特徴に異性に求められると簡単についていくのがあります。

自信がない人は人から求められた経験が少ないです。

自分を持っておらず人に流されやすい面もあるので男性から求められると簡単についていったりセックスを許したりしがちです。

ただ簡単にセックスを許す女性に男性は本能的に魅力を感じません。

「いつでもセックスできる相手」と都合の良い女性になります。

都合の良い女性になるといずれは遊ばれて捨てられる運命にあるのでより自信がなくなっていくのです。

自信がない人の恋愛6:最終的にはフラれやすい

自信がない人は最後はフラれやすい運命にあります。

人間は本能的に自分を引っ張ってくれる人が好きです。

自信がない人は自分を引っ張ってほしいと考える相手主導の人です。

自分の意見が乏しくいつも言いなりになり信念が感じられない人のこととずっと一緒にいたいと思うでしょうか。

どこかで飽きや「この程度か」という思いになり最終的にはフラれます。

フラれるのは自分を否定されたような気持ちになるので辛いです。

その辛い気持ちが自分に自信をなくさせていくのです。

自信がない人との接し方

あなたが自信がある人であっても世の中には自信がない人がたくさんいます。

そして学校や職場で自信がない人と共に共同作業や仕事をしていかなければならない場面が必ずきます。

ここからは自身がない人との接し方について解説していきます。

自信がない人との接し方1:言葉を選ぶ必要がある

自信がない人との接し方ですが言葉をしっかりと選んでから自信がない人と会話をする必要があります。

自信がない人は些細なことで傷つきやすいです。

過去に否定の言葉を浴びせられて自分に自信がなくなっています。そのため強く叱るのはNGです。

強く叱ると「ああ自分はダメんだ」と勝手に思い込んで自分の力を出せなくなります。

自信がない人と接する場合には絶対にマイナスの言葉を使わないようにします。

そして徹底的に褒めるべきです。

褒められ慣れていなので褒めて褒めて褒めまくって少しでも「認められている」「必要とされている」という感覚を植え付けるべきです。

人は信頼されて「必要とされている」と感じれば内側から強い自信の感情が沸いてきます。

その自信は人を大きく変えるのです。

自信がない人との接し方2:自信をつけさせるような仕事のやり方を組む必要がある

自信がない人が部下の場合は自信をつけさせるような仕事のやり方を組む必要があります。

自信がない人は基本的に仕事に対して自信がないために仕事の成功イメージが出来ていません。

成功イメージがないためにどのように仕事を進めていけば分かっていません。

そのため最初はどのようにしたら仕事がうまくいくのかこちらで道筋を準備してあげる必要があります。

ただ手取り足取り教えてあげるのではなく考えさせてあげる癖をつけることが大事になります。

こちらが用意してあげたレールでも一度自信がつけば自信がある人への一歩を踏み出すことになります。

自信がない人との接し方3:コミュニケーションをとって理解してあげる必要がある

自信がない人との接し方ですがコミュニケーションをとって理解してあげる必要があります。

自信がない人は信じられた経験がありません。

人は信じられると相手の期待に応えようとします。

それが責任感になったり強い気持ちの源泉になります。

信頼関係を築くためにはどれだけコミュニケーションをとったかどうかです。

自信がないからといって見捨てず何度も何度も心から対話をしていけば自信のない人の心も徐々に開いていきます。

「なんで俺がそんなことをしなければならないんだ」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんがそこは腕の見せ所です。

自信がない人が自信をつける方法

自信がない人が自信をつける方法について解説していきます。

自信がない人が自信をつけるために1:人を比較せず自分にとって喜びとは何か

自信がない人が自信をつける方法に人と比較せずに自分にとっての喜びとは何かを真剣に時間をかけて考える必要があります。

自信がない人は自分の意見、意思を持っていません。

人生のどこかで失くしてしまったのかもしれません。

そのため自分の心に「自分は何をしたいのか」「自分はどんな人生を生きたいのか」と問いかけてみましょう。

宗教臭く感じるかもしれませんが自信がない人は自分との対話が絶対的に欠落しています。

そして自分の中に湧き上がる感情を紙に書きましょう。

それがあなたの本当の気持ちです。

そしてその紙を毎日見返してその気持ちの通りに人生を送りましょう。

自信がない人が自信をつけるために2:「俺(私)は自信がある」と毎日唱える

自信がない人が自信をつけるためには自分の中の「できない」という潜在意識を書き換える必要があります。

自分の中で「できない」という感情が支配しているのでその感情を「できる」という感情で支配していく必要があります。

そのためには「俺(私)はできる」と毎日唱える必要があります。

人間は言葉に支配されています。

良い言葉を使えば脳がポジティブに捉えますし、悪口などのネガティブな言葉を使えば脳も悲観的になります。

その原理を利用して自分に自信を持たせる言葉を言うことで脳をポジティブに切り替えようという話です。

朝起きてからと夜寝る前に「私はできる」と30回唱えましょう。

朝起きてからと夜寝る前は潜在意識に働きかけやすい時間です。

日々を過ごしていると嫌な気持ちになったり自信を失わせる出来事もあるでしょう。

それでも負けずに繰り返すのです。

心のそこから繰り返していけばいくほどにあなたの潜在意識が変わってきます。

「できる」と思うことができれば顔つきが変わってきます。

顔つきが変わってくればあなた未来は開けてきます。

信念の詩

負けると思ったらあなたは負ける。
負けてなるものかと思えば負けない。
勝ちたいと思っても
勝てないのではないかと思ったら、
あなたは勝てない。
負けるんじゃないか、と思ったら、
あなたはもう負けている。
世の中を見渡してほしい。
最後まであきらめず、成功を願い続けた人だけが、
成功しているではないか。
ならば、あなたの願いが、願い続ける想いが、
あなたのすべてを決めるのだ。
自信をもちたい、向上したい、
そうなるには、その想いが必要だ。
その想いが、あなたをそうさせるのだ。
勝利を手にするものは、
必ずしも強い人ではなく、
もっともすばしっこい人でもない。
“私はできる”
そう考えている人が、最後に勝つのだ。

自信がない人が自信をつけるために3:筋トレ・ランニングをする

自信がない人が自信をつけるために筋トレ、ランニングをするのがあります。

筋トレやランニングをするとドーパミンやテストステロンといった自分に自信をつけたり喜びの感情を脳内で発生させる効果があります。

筋肉をつけることはストレス耐性を高めるといった効果もあります。

特に男性が筋トレをして筋肉をつけるようになると今までの自分とは違って自信がついてくるのを実感できるでしょう。

スポンサーリンク



自信がない人が自信をつけるために4:人は意外と興味を持っていない

自信がない人が自分に自信をつけるためには人の目を気にしないようにするのを意識する必要があります

自信がない人は常に人の目が気になっています。

「嫌われないかな」という意識がとても強いので自分に自信を持つことができません。

それを解消するには人は意外と自分に対してはそれほど興味を持っていないのを理解する必要があります。

人はあなたが思っているほどあなたに対して関心を抱いている訳ではありません。

みんな自分のことで精一杯ですし、精一杯にならないといけないほど社会で生きるのは厳しい一面があります。あなたに対してそれほど構っている時間はないのです。

たからと言って全く見ていない訳ではありませんがそれほどあなたに関心を持っていないのを自覚する必要があります。

自信がない人が自信をつけるために5:姿勢を良くする

自信がない人が自分に自信をつけるためには姿勢を良くする必要があります。

姿勢が悪いと自律神経を悪化させてしまいます。

自律神経が悪化するとストレス耐性が弱くなり不安を感じやすくなり自信を失っていきます。

ビシッとした姿勢をすれば自律神経が正常になり自信が生まれていきます。

まずは姿勢を正しくすることを心がける必要があります。

スポンサーリンク



自信がない人が自信をつけるために6:知識をつけて見えないものを見えるようになろう

自信がない人が自信をつけるためには知識をつけて見えないものを見えるようになっていく必要があります。

人が何かについて不安や恐れといった感情を抱いてしまう原因は何でしょうか。

色々と原因はあると思いますがその中のひとつにそのことについてよく知らないというのが理由として挙げられてきます。

知らない、見えないからこそそれに対して不安な感情を抱くのです。

情報が少ないままプランなく物事を進めていくと大体が失敗に陥ってしまいます。

失敗すると自信がなくなっていくのは当然です。

そのため何かに取り組む場合には一定時間かけて徹底的に情報を集めてみましょう。

情報を集める癖をつけることで良い情報か悪い情報かを見分けることができる能力も格段に高まっていきます。

見えないものが見えてくることが不安を少なくする大きな方法の1つです。

自信がない人が自信をつけるために7:仕事・勉強で大きな結果を残そう

自信がない人が自信をつけるためには仕事や勉強で大きな結果を残す必要があります。

受験で失敗すると心に大きな痛手を受けます。

心に大きな痛手を受けると自分の力を出せなかったりします。

そのため受験で失敗してしまった方は何としても次の受験で成功する必要があります。

それでもまた受験で失敗してしまったら必ず仕事で結果を出す必要があります。

つまり何かしら一度でも結果を出せばそれが成功体験になって自分に自信を持つことに繋がってくるのです。

自信がない状態でも自分の全てを懸けて何か結果を出す必要があります。

自信がない人が自信をつけるために8:ポジティブな人の思考をする

自信がない人が自信をつけるためにはポジティブな人の思考を身に着ける必要があります。

自信がない人はネガティブな人と言い換えても良いです。

これまで紹介したようにネガティブなままではあなたの人生は輝いてきません。

そのためポジティブな人になる意識を強く持つ必要があります。

ポジティブな人の特徴やなり方についてまとめた記事がありますので是非とも一度ご参考にして頂けますと幸いです。

ポジティブな人の特徴・考え方・恋愛・ポジティブな人になる方法を超一流スポーツ選手から学ぶ!

まとめ・自信がない人もうまくいく

ここまで自信がない人について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

自信がない人は人生を少しうまく渡っていけていない一面があります。

ただ自信がないからといってそれが全て悪い訳ではありません。

自信がないからこそ努力して自信を持とうとすることが自分を大きく成長させることに繋がっていくのです。

人生はこれからです。自分の力であなたの人生を変えていってくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク