【自由奔放な人】特徴・性格17選!嫌いな理由や付き合い方&恋愛・自由な人になる方法は?

こんにちは!自由奔放な人の記事へようこそ!

この記事ではあなたの周りにいる自由奔放な特徴や性格や嫌いと思われる理由、付き合い方や恋愛の特徴や自由な人になるための方法を紹介していきます!

自由奔放な人の特徴や性格は?

自由奔放な人の特徴や性格は?

自由奔放な人の性格や特徴について解説していきます。

自由奔放な人の特徴・性格1:自分の気持ちに正直に生きている

自由奔放な人は自分の気持ちに正直に生きている

まず自由奔放な人は自分の気持ちに正直に人生を生きています。

「自分のやりたいことやる」「自分に嘘はつきたくない」という思いがとても強く自分から湧いて出た気持ちに忠実に行動していきます。

自分の気持ちに正直に生きているために性格的には物凄くピュアです。

ひねくれたところがなく「純粋な人」と思われやすいのが特徴です。

自由奔放な人の特徴・性格2:憧れの人がいる

自由奔放な人は憧れの人がいる

自由奔放な人の特徴に憧れの人がいるのがあります。

自由奔放な人は自分の気持ちに忠実に自分の人生を生きていきたいと思っていますが憧れの人がいてその人から自由に生きることに対する影響を受けた傾向にあります。

自分の好きなアーティストや作家、恋人などから強い影響を受け「自分もあんな風な生き方が出来たらな」という思いが強くなり自由な行動を心がけている場合があります。

また自由奔放な人は本を読むことも好きで本の中の主人公に陶酔しやすく「こんな人生を送ることができたらな」という思いから自由な行動になっていくことも多いです。

スポンサーリンク



自由奔放な人の特徴・性格3:夢を持って生きている

自由奔放な人は夢を持って生きている

自由奔放な人は夢を持って生きている特徴があります。

自分がなりたいもの、成し遂げたいことや実現したい未来を持っています。

自分の実現したい未来を実現するためには自分の行動が大事なのが分かっているために自分の気持ちに従って人生を生きたいと思って行動が自由になります。

あなたが何か夢を持った瞬間に自分の行動が次第に自由になっていくのを感じるでしょう。

自由ではない人や自分の人生が決められているように感じている人は夢を持とうとはしません。

夢がないと自分の中に沸き上がる感情の従って人生を生きることができないので自由にはなれないのです。

自由奔放な人の特徴・性格4:行動力があり人生に後悔が少ない

自由奔放な人は行動力があり人生に後悔が少ない

自由奔放な人は行動力があり自分の人生に後悔が少ないです。

自分の気持ちを大事にしているために自分が「したい!」と思ったことは何としてもやろうとしていきます。

「自分がやりたい!」と思ったことの多くを実際にやろうとすると自分の体を動かしていかなければならないので行動力が生まれてきます。

また良い結果、悪い結果が出ようとも自由奔放な人は「自分の気持ちに正直に行動した」という誇りのような気持ちが生まれるので自分の人生に後悔が少ないです。

後悔が少ない人生なので自分に誇りがあります。

自由奔放な人の特徴・性格5:クヨクヨ悩まず決断力が高い

自由奔放な人はクヨクヨ悩まず決断力が高い

自由奔放な人は小さなことに対してクヨクヨと悩まず決断力が高いのが特徴です。

自分の気持ちを大事にしているために決断を迫られたときも「自分がしたいかどうか」を重視します。

自分の気持ちに問いかけて「YES」と答えたのであれば行動しますし、「NO」であればしないというシンプルなもので決断が非常に早いです。

仮に失敗したとしても「自分のしたいようにしたんだから」と後悔なく次の挑戦をしていくのです。

スポンサーリンク



自由奔放な人の特徴・性格6:人の目を気にせず他人の影響を受けにくい

自由奔放な人は人の目を気にせず他人の影響を受けにくい

自由奔放な人はあまり人の目を気にせず他人の影響を受けにくいのがあります。

自由奔放な人は自分を強く持って人生を生きていくことはかっこいいことだと思っているために「自分は自分。他人は他人」という意識がとても強いです。

そのため他人から何かを言われても軽く受け流すなどするので良い意味でも悪い意味でも他人からの影響を受けにくいです。強い人間と言えるでしょう。

自由奔放な人の特徴・性格7:人と違うことを意識している

自由奔放な人は人と違うことを意識している

自由奔放な人の特徴に人と違った自分であるのを意識しているのが挙げられてきます。

自由奔放な人は「人と同じになりたくない」という強い思いを持っています。

人と同じ人生を歩むのは嫌だと思っているために若い頃から個性的なファッションや髪型をする傾向にあります。

「人がしないことをしたい」と思っているために「変わっている人」と思われやすいのも特徴です。

ただその人と違った考えや雰囲気や周囲の人を痛烈に惹きつけることもできます。

就職する際にも「サラリーマンにはなりたくない」と思って別の道を模索していく傾向にあります。

自由奔放な人の特徴・性格8:普通の人には理解できない発想を持っている

自由奔放な人は普通の人には理解できない発想を持っている

自由奔放な人は普通の人には理解できない発想を持っています。

自由奔放な人は「人とは違った人生を送りたい」と思っています。

普通の人とは同じ考え方をするのを嫌い、普段から人と違った考え方を意識しているために普通の人には理解できない発想を持っています。

実際ビジネスや芸術の世界で成果を残したい場合には人と同じことを考えていてはいけません。

自由奔放な人は大きく物事を考えることができるのですごい人物になることができる可能性を持っています。

スポンサーリンク



自由奔放な人の特徴・性格9:自分の気持ちをストレートに伝える

自由奔放な人は自分の気持ちをストレートに伝える

自由奔放な人は自分の気持ちを周囲にストレートに伝えていきます。

自由奔放な人は自分の気持ちに正直に生きていきたいと思っているので「言いたい事は言う」という気持ちを持っています。

そのため躊躇いもなく自分が思った事を周囲に対してはっきりと伝える力強さを持っています。

自分の気持ちをストレートに相手に話す姿は「強い人」という評価を得ることができるでしょう。

自由奔放な人の特徴・性格10:ポジティブで悲観的にならない

自由奔放な人はポジティブで悲観的にならない

自由奔放な人の性格の特徴にポジティブで悲観的にならないのがあります。

自由奔放な人はポジティブです。楽観的な性格で「未来は良い方向に進んでいく」と思っているからこそ自分の気持ちに忠実に自由な行動をとることができます。

また自由奔放な人は自由に、言ってしまえば自分に都合よく物事を考えることができるので悲観的な考えになりません。

人間なので悲観的な考えになりそうなときもありますが頭を上手に切り替えてポジティブな考えに頭を切り替えていくことができるのです。

ポジティブな人の特徴・考え方・恋愛・ポジティブな人になる方法を超一流スポーツ選手から学ぶ!

【ネガティブな人】特徴・心理13選&疲れる理由&付き合い方&ネガティブであるのが悪くない理由は?

自由奔放な人の特徴・性格11:しがらみや大人のルールに捉われない

自由奔放は人はしがらみや大人のルールに捉われない

自由奔放な人はしがらみや大人のルールに捉われません。

自由奔放な人はルールや無用なしがらみに捉われるのをとてもかっこ悪いことだと考えています。

カッコいい生き方をしていきたいと思っているのでかっこ悪いと感じるようなしがらみにとらわれる生き方を選択しません。

自分の言いたいことははっきり言い、自分のしたいことをしていきます。その何にも捉われない姿勢は周囲の反感を呼ぶ場合もありますが、「かっこいい」と痛烈に尊敬される場合もあり評価が分かれやすくなります。

ただ自由奔放な人の行動は今までのやり方に対して問題提起をしている場合があり革命児的な存在と思われるでしょう。

自由奔放な人の特徴・性格12:人は意外と寄ってこないが楽しい友達が多い

自由奔放な人には意外と人が寄ってきます。

普通の人はなかなか自由に生きられないません。また安定を好む傾向にあるために「もっと自由に生きたいな」と思っていてもいざ自由奔放な人と一緒にいると自分との違いや違和感を感じて去っていきます。

世の中の人の多くがそのような気持ちなので自由奔放な人は意外と友達が少ないです。

「あの人はちょっと変わっているよね」と思われ孤独を感じながら日々の生活を送っている場合があるのが特徴です。

スポンサーリンク



自由奔放な人の特徴・性格13:親友がいる

ただ類は友を呼ぶで自由奔放な人には自分と同じような自由な人間が集まります。

自分に似た価値感をお互いに話をすることによって理解が深まっていきます。

理解が深まると意外と友達が少ない自由奔放な人なので「もっと一緒にいたい」と思うようになり親友になっていきます。

異性の場合だと恋愛関係になっていき深くお付き合いをするようになり結婚するといったことにもつながります。

自由奔放な人の特徴・性格14:限界がない

自由奔放な人には限界がありません。

自由な発想を持っているために想像力がとても豊かです。想像力は無限なもので自由です。

無限で自由なイマジネーションを生み出すことができるので限界を持っていません。

限界がないために今まで無理だと思われてきたことを実行する可能性があるのが自由奔放な人です。

自由奔放な人は大きなスケールを秘めた大人物になることができる可能性を秘めています。

自由奔放な人の特徴・性格15:自営業で大きな結果を出す

自由奔放な人は自営業で大きな結果を残すことができる可能性を秘めています。

自由奔放な人は会社に就職して仕事をして家に帰ってスマホでも見ながら生活するという一般的な生活に対しては何も憧れやカッコよさを感じていません。

そのため自分で自由にすることができる仕事をしたいと思っています。

実際に紆余曲折を得ながらも自営業として結果を残していく人が多いです。

スポンサーリンク



自由奔放な人の特徴・性格16:旅行好き

自由奔放な人の多くが旅行好きです。自由に自分の人生を送りたいと考えると想像力が膨らみ目線が広くなります。目線が広くなると自分が今まで行ったことがない場所に目が向いていきます。

「色々なところに行ってみたい」と思って旅行をするのが趣味になります。

旅行をすると自分のことを誰も知らない世界に足を踏み入れることになるので自由な気分を感じて旅行が趣味になっていきます。

海外旅行をする機会も多くなっていくでしょう。

自由奔放な人の特徴・性格17:ゲームなど1人でできる趣味を持つ

自由奔放な人はゲームなどの1人でできる趣味を持っている傾向にあります。

スマホゲームやYouTubeなどは自分ひとりで楽しむことができます。

自分1人の趣味の世界に入るとうるさいことを言ってくる他人がいなくなるので行動が自分の思い通りの自由なものになっていきます。

1人で出来る趣味のことばかり考えている人は大体自由奔放な人が多いです。

自由奔放な人が嫌いと感じる理由・デメリット

ここまで自由奔放な人の性格や特徴について解説してきましたが読者の方の中には自由奔放な人を「嫌い」だと感じている方もいらっしゃると思います。

なぜ自由奔放な人を「嫌い」と思うのでしょうか?デメリットについて解説していきます。

自由奔放な人が嫌いな理由1:社会を知らない・若い・子供だと思われる

自由奔放な人は基本的にはまだ学生の方が多く社会を知らない人が多いです。

学生、特に大学生になると親や先生から色々とうるさく言われることがなくなり自分の選んだ道を選択できるようになるために実際に自由に行動していきます。

ただ社会をみると自分達は自由に楽しく毎日を送っているのに電車の中の大人はつまらなそうな顔をしているために「自由がかっこいい」という発言をし始めていきます。

大人になり自分で生活するとなると自分の好きなことだけをしていればよい訳ではなく色々と苦労を強いられていきます。

社会を知った大人から見るとまだ親から金銭的な援助を受けている学生などが訴える「自由」に対しては「若い」、「子供だ」という印象や空虚なものという思いを抱いて「嫌いだな」と感じるようになるでしょう。

自由奔放な人が嫌いな理由2:1人善がり・自己中心的だと思われる

自由奔放な人が嫌いな理由に1人善がりで自己中心的だと思われるのがあります。

自由奔放な人は自分の気持ちに正直に人生を生きていきたいと思っているために自分の意思をとても大事にする人です。

時には他人の話を聞かず自分の意見を最後まで貫き通そうとしていく場合もあります。

その姿に知性が伴っていないと「自分勝手な人」といった低い評価になる可能性があります。

スポンサーリンク



自由奔放な人が嫌いな理由3:他人に興味がないと思われる

自由奔放な人が嫌いな理由に他人に興味がないと思われるのがあります。

自由な人は自分の気持ちをとても大事にして人生を生きています。

自分に対する思いが強く人間として熱い心を持っている人も多いです。

ただ自分に対する思いが強いとどうしても他人に対して配慮できなかったり「他人なんてどうでもよい」と勝手な考えになる場合も。

他人のことを考える人は他人に興味がない人とは行動が違うので考えを敏感に察知して「嫌だな」という印象を持つことになります。

優しい人の特徴・心理25選!損をする?優しい人の顔の見分け方・冷たい?

本当に優しい人の特徴は?習慣・しないこと・見分け方・どんな異性に惚れるか・恋愛などを紹介!

自由奔放な人が嫌いな理由4:ワガママで自分の思う通りにならないとイライラする

自由奔放な人の中にはワガママで自分の思う通りに物事が進まないとイライラして怒鳴ったり怒る人がいるので嫌いと思われる傾向にあります。

自由の度が過ぎていると何もかも自分の思う通りにならないと感じる人がいます。

他人は自分の思うように行動していればよいと思っていても他人はロボットではないので自分の思うようにはなりません。

そうなると「なんで俺の言う通り動かないんだ!」と激しくワガママを言い始める場合が。ワガママな人は社会においては相手にされないので「嫌い」と思われます。

自由奔放な人が嫌いな理由5:協調性がなくチーム行動ができない

自由奔放な人が嫌いな理由に協調性がなくチーム行動ができないのがあります。

自由奔放は「自分の思うように人生を生きたい」と思っていたり、1人で過ごすことが多いので人と協力して仕事を進めたりするのをとても苦手としています。

人の話を聞かず自分勝手な行動をしていると「あいつ嫌い」と思われてしまうでしょう。

スポンサーリンク



自由奔放な人の嫌いな理由6:成長が遅い

自由奔放な人は人間としての成長が遅いです。

自由な人は自分の気持ちをとても大事にするのであまり人の話を聞かない傾向にあります。

特に自分にとって耳が痛い話には蓋をするように人の話を聞かない場合があります。

自分にとって耳の痛い話には成長のためのヒントが多く隠されています。

先輩から厳しい指導を受けて自分を改めたからこそ人として大きく成長できた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

自由奔放な人は嫌な話を聞かず受け入れないので物凄く偏った人間になり社会不適合者の烙印を押されてしまう場合があります。

自由奔放な人の嫌いな理由7:遅刻が多い

自由奔放な人は遅刻が多いために「嫌い」と思われることが多いです。

自由な人はルールを厳守する意識が薄い傾向にあり時間を守る意識があまりありません。

時間を守る意識がないので遅刻も多くなります。他人を時間を奪っている気持ちがないので「ワガママな人」と思わます。

また酷い場合だと「遅刻する俺はカッコいい」と中学生的な発想を持っているので「あいつホント嫌い」と思われてしまうのです。

スポンサーリンク



自由奔放な人の嫌いな理由8:物事の際限がない

自由奔放な人には限界がないとお伝えしましたが、それが逆に「際限がない」「節度を知らない」と思われて嫌われる場合があります。

自由な人は自分が思ったままに突っ走る人間なのであまりリスクを考えずに自分勝手に行動していく人がいます。

物事をきちっとしたい計画的な人にとっては「危なくて怖い」「一緒にいたくない。仕事をしたくない」とネガティブな評価を受ける場合が。

自由奔放な人の嫌いな理由9:デリカシーがない発言をしてしまう

自由奔放な人はデリカシーがない発言をするために「嫌い」と思われます。

自由な人は他人に対する配慮が薄いです。自分が思ったことを言葉に出していくために時に他人が触れてほしくない話題もズケズケと話をしていく場合があります。

他人を傷つけ空気を凍らせるので「あの人は言ってはいけないことを言ってしまうから」と嫌悪感を抱かれやすいです。

自由奔放な人の嫌いな理由10:したたかさに欠ける

自由奔放な人はしたたかに欠けるので嫌いと思われます。

自由奔放な人はリスクを背負っても特に気にせず行動していく人が多いです。そのため成功することもあれば失敗することもとても多いです。

いつ失敗するか分からないドキドキを抱えていますが「もっと上手に考えたら?」としたたかさに欠けるという評価を受けることになり信頼に欠ける状態になりやすいでしょう。

自由奔放な人の嫌いな理由11:批判されやすい

ここまで自由奔放な人が嫌いな理由について紹介してきたことをまとめると自由な人は批判されやすいです。

自由奔放な人は他者に対する意識や配慮が弱いです。

社会で生きていると他人との関わりの中で生きていかなかければならないのでワガママだと思わると批判されたり嫌われたりしていきます。

また他人とはちょっと違う言動や雰囲気を醸し出しているのも批判されやすい理由でしょう。

元々自由奔放な人も社会の厳しさに直面することによって丸くなっていきます。

一生自由な人でありたいのであれば何かしらの結果を残して周りを黙らせるか他人への配慮を覚えた上で自由になる一段階レベルをあげる必要があります。

自由奔放な人との付き合い方

あなたの周りにいる自由奔放な人の付き合い方について解説していきます。

自由奔放な人との付き合い方1:良い面を見るようにしよう

自由奔放な人と付き合うには相手の良い面を見る必要があります。

自由な人は多くのネガティブな部分を抱えています。

ネガティブな部分と向き合っていたらあなた自身イライラが溜まってしまい精神衛生上良くないです。

そのため自由奔放な人の自分の気持ちに正直なところや行動力などのポジティブな面に目を向けていきましょう。

自由奔放な人に違和感を感じるのはあなたがない部分を持っていることへの憧れや嫉妬しているためです。

自由な人の良い面を見てあなた自身の成長の糧にしていきましょう。

自由奔放な人には善良な人が多いので相手の話をしっかりと聞いて理解してあげることも大事です。

自由奔放な人との付き合い方2:頑固な性格なのを理解しよう

自由奔放な人との付き合い方には相手が頑固なのを理解する必要があります。

自由奔放な人は自分の世界観を持っている人が多く他人の考えをちょっとやそっとのことでは受け入れません。

自由奔放な人と考え方が対立して相手を変えようと思っても頑固なために口論になって益々聞いてくれない場合が多いです。

頑固な性格を理解して対話をしたり、今までの考えが違う、通用しないのを身をもって分からせる経験をこちらが仕掛けることによって変わってくるでしょう。

自由奔放な人の恋愛

自由奔放な人の恋愛の特徴について解説していきます。

自由奔放な人は異性から魅力的に思われてモテる

自由奔放な人は異性から魅力的に思われてモテます。

自分の気持ちに正直に生きるのは多くの人ができません。

年を経るについて家族を持ったり会社での地位が上がり責任や背負うものが増えると自由を奪われて檻の中に入れられたような気持ちになるでしょう。

自由奔放な人の自分の気持ちに正直に生きる姿には「あんな風に思うように生きたい」という憧れだったり、「どうしたら自由を感じながら生きることができるんだろう」という尊敬の気持ちを抱き恋愛感情になる場合があります。

また自由奔放な男性に対しては母性本能をくすぐられて「守ってあげたい」と思われるようになるでしょう。

自由奔放な人はわがままだと思われる

自由奔放な人のワガママな性格は恋愛においてはプラスにもマイナスにもなります。

恋愛においては真面目な人よりもワガママな人がモテる面があるようにワガママな自由奔放な人と恋愛をすると相手を心配したり、「この関係が終わってしまうのではないか」というドキドキ感がありハマってしまう場合があります。

女性の場合は特に自由な男性にはハマっていくでしょう。

一方大人の恋愛がしたい人からすると自由な人は知性や深みに欠けると思われるために敬遠されてしまうでしょう。

自由奔放な人は楽しい恋愛ができる

自由奔放な人とは楽しい恋愛をすることができます。

自由な人は自分の気持ちに正直に生きていく人です。自分の湧き上がる感情を大事にしてどんどん行動していきます。

自分が見たこともない場所や景色を見せてくれたり、経験をさせてくれることで自分の大きな人間的な成長につながることがあります。

ただ自由奔放な人が自分の趣味にしか関心がない人であれば趣味が合わない限り相当退屈なものになってしまうでしょう。

自由奔放な人とは夢・ロマンを持った恋愛になる

自由奔放な人が夢や目標を持っていた場合にはロマンのある恋愛になるでしょう。

自由奔放な人が夢や目標を語る姿はなんだかドキドキします。

また失敗が多いところのドジさ加減も「この人はどうなるんだろう」という期待が「この人のことを見ていきたい」「私が支えてあげたい」という恋愛感情になるでしょう。

スポンサーリンク



自由奔放な人は束縛される恋愛が大嫌い

自由奔放な人は恋人から束縛される恋愛が大嫌いです。

とにかく自由でいたいと思っているので「今何してるの?」「早く来て」「愛してる?」など束縛されるようなことを言われると途端に恋人関係を止めたくなるでしょう。

そのため束縛しない異性としかお付き合いできないでしょう。

また自由過ぎて「この人は別の異性と一緒にいるんじゃないか?」と不安になる場合もあるでしょう。

実際自由奔放な人は浮気も多いです。ただ本人はバレないように工夫を凝らしています。

「バレなければ大丈夫」という器の広い考えを持ちましょう。

自由奔放な人になるために

それでは自由奔放な人になるための方法について紹介していきます。

自由奔放な人になるためには自分の意思をしっかり持つ

自由奔放な人になるためには自分の意思をしっかりと持つことが大事です。

自由に生きるのは自分の人生を主体的に生きることなので自分の意思を持っていることが大前提です。

自分のブレない意思を持つことによって自分が何をしたいかがはっきりします。

その気持ちに従って行動していけば良いのです。

まずは「自分をしっかり持つ」意識を持ちましょう。

自由奔放な人になるためには人から好かれようとしない

自由奔放な人になるためには人から好かれようとしないことです。

人の嫌がることはしてはいけません。ただ人から好かれようとすると自分の意見を押し殺ししまい次第に個性がなくなり無難な意見しか出てきません。

自分の意見や考えを押し殺していては自由奔放な人になることはできません。

自由奔放な人になるためには自由な人の真似をする

自由奔放な人になるためには自由な人の真似をするのも良いでしょう。

あなたの周りにいる自由奔放な人は先天的に自由な人だった場合と「自由な人になりたい」と努力などで後天的に見に着けてきた人がいます。

あなたが自由な人になりたいのであれば自由な人の真似をしましょう。

あなたの周りにいる人物、TVや映画、漫画のキャラクターなどなんでもよいです。

なりたい人物を徹底的に観察して真似をするのです。

最初は普段の自分とのギャップを感じてなかなか上手くいかないかもしれませんが強く意識して何度も練習していけば徐々に自由な人に近づいていきます。

自由奔放な人になるにはわがままを言う時も必要

自由奔放な人になるには時にはわがままを言う時も必要です。

ワガママを言うのは躊躇いがあるかもしれませんが自分を抑えないのが自由な人です。

どうしようもないワガママは問題ですが可愛い、許容できる範囲のワガママであれば大丈夫です。

自分を押さえつけないことによって自分の気持ちを解放することにもなり精神衛星的にも良いでしょう。

自由奔放な人は相手のことを考えれば完璧

ここまで自由奔放な人について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

自由奔放な人には良い面と性格的にデメリットがあります。

特にデメリットだと思われる点は他人への配慮が薄いのがあります。

他人のことについて考えるのを意識してより人に好かれるタイプの自由奔放な人になりましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【関連記事】

【気分屋】特徴16選!長所・短所・彼氏や上司との付き合い方・直す方法

【マイペースな人】性格の特徴・恋愛・仕事・適職・相性・イライラする?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク