【感受性が強い人】15つの特徴&感受性が強い原因&快適に日々を過ごす方法&適職は?

こんにちは!感受性が強い人の記事へようこそ!

ここからは感受性が強い人の特徴や感受性が強い原因、快適に日々を過ごす方法、感受性が強い人の適職について紹介していきます!

感受性が強い人の特徴

感受性強い人

ここからは感受性が強い人の特徴について解説していきます。

感受性が強い人の特徴1:服・ファッションが好き

感受性強い人

感受性が強い人の特徴に服・ファッションが好きなのが挙げられてきます。

感受性が強い人には服が好きな人が多いです。

学生時代感受性が豊かな頃は服を選ぶのが好きだった方も多いと思います。

洋服ひとつ着るにしても「どの服とどの服を組み合わせれば似合うのか?」「どの色が良いのか」「長さはどうなのか」といったことを自分の中で事細かに考えていきます。

それは結局は「物事を感じる」行動なので必然的に感受性が強まっていきます。

感受性が強い人の特徴2:人の気持ちにとても敏感

感受性強い人

感受性が強い人の特徴に人の気持ちに敏感なのがあります。

感受性が強い人は今目の前にいる人が何を考えているのか、どんな表情をしているのかをかなり敏感に察知していきます。

そのため人の気持ちを読む能力に長けているのが特徴です。

また人の気持ちに対してとても敏感で共感能力が高いので優しいと思われやすく、相談相手になる方が多いです。

人の話に「うんうん」と頷くので人から安心できる、信頼できると思われやすいのが特徴です。

スポンサーリンク



感受性が強い人の特徴3:言葉の裏を考えてしまう

感受性が強い人の特徴に言葉の裏を考えてしまうのがあります。

感受性が強い人はひとつの事象について深く考えるタイプの人間です。

また色々なことに対して敏感なので会話のひとつひとつ言葉の裏を考えてしまいます。

相手の言葉と表情が一致していないと感じ場合には「この人は本当に思っているのかな?」と疑問を抱いてしまう傾向にもあります。

言葉に疑問を抱くと色々と考えてしまって悩みがちになるケースがあり感受性が強い人もそのことについて悩んでいたりします。

感受性が強い人の特徴4:人見知りで1人でいるのが好き

感受性が強い人は人見知りで1人でいるのが好きな人が多い特徴があります。

感受性が強い人は物事を深く考える人です。

物事を深く考えるため自分を表に出せない、行動する前に考えてしまう傾向があり人見知りになります。

人見知りではありますが人の気持ちに対する共感力が非常に高いので人からは好かれやすい傾向にあるのです。

感受性が強い人は物事を深く考えることが好きなので1人でいる時間を好みます。

1人でじっくり物事に向きあって色々なことを感じて何か自分の中で結論を出していくのが大好きなのです。

自分の中で考える事が感受性のある人をより深みのある人物にしていくのです。

スポンサーリンク



感受性が強い人の特徴5:芸術肌の完璧主義

感受性が強い人の特徴に芸術肌の完璧主義者なのが挙げられます。

感受性が強い人は芸術的なセンスに大変優れています。

ひとつの事象から何かを感じ取り自分の創作物にそれを妥協なきまでに表現していきます。

感受性が強い人は完璧主義なので非常にこだわりが強いのも特徴です。

感受性が強い人の特徴6:落ち込むときには物凄く落ち込む

感受性が強い人の特徴に落ち込むときには物凄く落ち込むのがあります。

感受性が強い人は何かを感じとる能力が非常に高いです。

そのため強い不安や恐怖を感じるとそれが強く自分の中に意識されて物凄く落ち込むのが特徴です。

昔小説家は自殺する人が多いと言われましたが小説家のような人の心を察知して訴えかけるような仕事は強い感受性を持っている必要がありそれが異常に強まって自殺のような結末に至ったのでしょう。

感受性が強い人はただ何日間落ち込む人もいればとても感受性が強い人だと年単位で頭から離れないといった場合もあります。

スポンサーリンク



感受性が強い人の特徴7:愛を大事にする

感受性が強い人の特徴に愛を大事にするのがあります。

感受性が強い人は人と人との結びつき、絆を非常に大事にする傾向にあります。

人に対する思いやりの気持ちが「愛」という言葉になって現れてきます。

ただ愛がどうのこうの言っているとメンヘラだと思われるのも感受性が強い人は分かっているために愛が大事だとは人に対して話しません。

その点の感覚も優れています。

感受性が強い人の特徴8:景色・風景が好き

感受性が強い人の特徴に景色や風景が好きなのがあります。

感受性が強い人は景色や風景を見て何かを感じる、過去の思い出や未来への希望を胸に馳せるのが好きです。

1人で旅行に出て景色がキレイなところに行くのが好きなのです。

また写真も好きで好きな風景や景色を写真に撮り何回も見て過去の記憶を思い出すこともします。

感受性が強い人の特徴9:哲学的な話が好き

感受性が強い人の特徴に哲学的な話が好きなのがあります。

感受性が強い人は人間の心に対して敏感です。

人の心に対して敏感なので人の心について色々な事を考えるようになっていきます。

例えば「生きるとは何か?」「愛とは何か?」「人はなぜ仕事をするのか?」といった哲学的な話をするようになります。

哲学的な話が好きなので非常に深い考え方をしている傾向にあります。

深い考え方故に「こんなことまで考えているんだ」と人から強く尊敬されることもあれば「あの人は考え過ぎだよね」と思われる場合もあるでしょう。

スポンサーリンク



感受性が強い人の特徴10:気を遣い相手の身になって考える

感受性が強い人の特徴に気を遣い相手の身になって考えるのがあります。

感受性が強い人は人の気持ちに大変敏感なのでとても気を遣う人が多いです。

むしろ人に対して気を遣わないと誠実さに欠けると思われるのではないかと思ってしまう面もあります。

感受性が強い人は人に大変気を遣うので自然に相手の立場に立って物事を考える癖が身に付きます。

感受性が強い人なりに色々と悩むことはあるでしょうが、「相手は今どう思っているんだろうか?」と考える能力が非常に優れているので仕事もできます。

感受性が強い人の特徴11:少し変わっていると思われやすい

感受性が強い人の特徴に少し変わっていると思われやすいのがあります。

感受性が強い人は人が気が付かないことに気が付く人です。

人が気が付かないことに気がつき、人とは普段言わないことをいうようになるので少し変わっていると思われます。

そのため感受性がそこまで強くない人からは理解されない事が多いですが感受性が強い人からは考え方を理解されやすくなるので感受性が強い人同士友達になる傾向にあります。

感受性が強い人の特徴12:お酒やたばこに依存している

感受性が強い人の特徴にお酒やたばこに依存しているのが挙げられてきます。

感受性が強い人は普段から人が感じないことを感じているためにストレスを溜めやすいです。

また人に同調する性格なので共感力は高いですが自分の主張、意見をストレートに吐き出せない一面がありよりストレスを溜め込みがちになります。

ストレスを発散されたいとお酒やタバコに依存するようになります。

ミュージシャンの中に薬物で捕まる人がたまにいますがそれは感受性が強すぎるのと何かを生み出す時には強いエネルギーを必要とするために何かでストレスを解消したいと思って薬物に手を出すのです。

スポンサーリンク



感受性が強い人の特徴13:本質を捉える能力が高いために成功しやすい

感受性が強い人の特徴に本質を捉える能力が高いために成功しやすいのが挙げられてきます。

感受性が強い人は大変洞察力が高いです。

ひとつのことを深く考える癖が身についてくると物事の本質を見抜く力が強まります。

本質を見抜く能力が高まると何が大事かが分かるために大事なことだけに取り組んでいきます。

大事なことに取り組めば物事が上手くいくのは当然で成功しやすくなります。

感受性が強い人の特徴14:社会に馴染めないと思っている

感受性が強い人の特徴に社会に馴染めないと思っているというのがあります。

感受性が強い人は人の気持ちに敏感です。

特に都会などのストレス社会で生きてると数字が人格的なところがあるので無機質で冷たいものに感じてしまいます。

感受性が強い人は愛や思いやりを求めているところがあるので社会に出ると大変なストレスを感じてしまうのです。

一度社会に馴染めないと感じると引きこもりになってそのままになる危険性があります。

感受性が強い人の特徴15:うつ病になる可能性がある

感受性が強い人の特徴にうつ病になる可能性があるのがあります。

過去にお笑い芸人の方で撃つ病のために入院されたT.Oという芸人の方がいらっしゃいました。

人を笑わせるお笑い芸人がうつ病を発症したというので大変世間を賑わせましたが、彼は非常に感受性が強く繊細に心を動かす方だったと伝えられています。

このように感受性が強いとうつ病になる可能性があります。

感受性が強い原因

ここまで感受性が強い人の特徴を紹介してきましたがそれでは感受性が強い原因は何でしょうか?

ここからは感受性が強い原因を紹介していきます。

感受性が強い原因1:人間関係でのトラブルを抱えた経験がある

感受性が強い原因に過去に人間関係でのトラブルを抱えた経験があるのがあります。

元々感受性が強くなく感受性が強くなった人は例えばいじめなどにあって人の気持ちに対して敏感になった可能性があります。

いじめは自分に対する嫌な気持ちを行動によって現す行為です。

今まで気が付かなかった人の気持ちが行動になることで、人の気持ちに対して必要以上に繊細になります。

一度人の気持ちに対して敏感になると自己防衛本能が働いて過敏な状態が続くようになります。

このような場合に感受性が強くなった人は過去の人間関係がうまくいかなかったことが原因の場合がありますが感受性の高さ故に今後の人間関係を上手に築いていく事ができるでしょう。

感受性が強い原因2:遺伝や子供の頃の環境が原因

感受性が強い原因に遺伝や子供の頃の環境が原因の場合があります。

HSP症候群というのをご存知でしょうか?

HSPとは人一倍敏感という意味で外的環境や内的環境などちょっとしたことにも動揺しやすいことをいいます。

動揺するというのは一見すると心が弱いと思われがちですが実際は生まれつき感受性や創造性が強いだけで先天的なものという理論がエレイン・N・イーロン博士によって提唱されました。

HSPには4つの適性があると言われています。

HSPの人は、「深く処理する」「過剰に刺激を受けやすい」「感情の反応が強く、特に共感力が高い 」「ささいな刺激を感知する」という4つの特徴が見られます。

これらは内外の刺激に対する感受性の強さを物語っています。

アーロン博士が述べていたとおり、感覚の過敏性があっても、これら4つの特性のうち、一つでも当てはまらない部分があるなら、その人はHSPではありません。

参考:https://susumu-akashi.com/2016/10/hsp/

あなたが4つの特徴に全て該当するのであればHSPである可能性があります。

もちろんHSPであるかどうかは個人ではなく病院で判断してもらう必要があります。

また子供の頃によく本を読んでいた、1人でいる時間が多い環境に身を置いていた方は感受性が強くなる傾向にあります。

感受性が強い人が快適に日々を過ごす方法

感受性が強い人は日々生きづらさを感じていると思います。

特に人間関係においては人の気持ちにかなり敏感に反応してしまうことがあると思います。

感受性が強い人は思い込みが激しい一面があり自分の思い込みに苦しめられている場合が結構あります。

そのため自分の考えが絶対ではないのを意識しましょう。

自分の考えが絶対だと思い込んでしまうと悪い感情に引きずられるのである程度の引いて見る意識を植え付ける必要があります。

また感受性が強い人は他人への共感力が高く他人に同調しすぎるところがあります。

他人が悲しい思いをしているとそれに引きずられるので他人と自分の中に距離感を置いた方が賢明です。

感受性が強い人の適職・職業

ここからは感受性が強い人の適職・職業について解説していきます。

感受性が強い人の適職・職業:感受性が強い人は物凄い仕事ができる

感受性が強い人は物凄い仕事ができます。

感受性が強い人は楽しいことや嬉しいことには感情を高ぶらせ悲しいや悔しいことには強くネガティブになる傾向があります。

つまりひとつのことから何かを感じ取る能力を持っています。

何かを感じることが仕事に対する創意工夫や爆発的な感情の高まりになって物凄い仕事ができる可能性があります。

感情の起伏を良い方向に向けていってくださいね。

感受性が強い人は芸術家、デザイナー、アパレル関係、接客業、職人やものを作る仕事、ライター・作家・漫画家、整体師、カウンセラー・心理学者などが向いています。

まとめ

ここまで感受性が強い人について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

感受性が強いのは良い方向に働けば人とが違った大きな結果を残す可能性を秘めています。

一方で感受性の強さ故に精神的に落ち込み深みにはまってしまう可能性があります。

ただ自分の人生をコントロールするのはあなたです。上手に付き合って自分の人生を大きく羽ばたかせていってくださいね。最後までお読み頂きありがとうございました。

【関連記事】

せっかちな人の特徴・せっかちの原因・直す方法・付き合い方

【細かい人】性格・心理・対処法・仕事・付き合い方

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク