気難しい人の特徴!恋愛・付き合い方は?

気難しい人

なんだか近寄りがたくて、正直なところあまり関わりたくないと思ってしまう、気難しい人。

関わらなくてすむのなら関わりたくない!というのが本音かもしれませんね。

ここでは、そんな気難しい人の特徴や、気難しい人との付き合い方について紹介していきたいと思います。

気難しい人は敬遠されがちですが、根っからの悪人というわけではありません。

きちんと特徴を知り、対応策を知ることでうまく付き合っていくこともできるもの。

また、自分自身が気難しい人の特徴に当てはまっている人は、周りから気難しい人と思われないようにするための方法も紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

気難しいとは?

そもそも気難しいとは、どんなことを言うのでしょうか。

気難しいとは、

・一筋縄ではいかない性格

・付き合いにくい

・協調性がない

・自分勝手、自己中心的

などが当てはまります。

これらに当てはまる人のことを、気難しい人と呼んでいるのです。

気難しい人は男性に多い?

気難しい人は男性に多いと言われていますが、なぜなのでしょうか。

気難しいというのは、男女共通する言葉なので、男性にだけ該当するわけではありません。

もちろん、女性にだって気難しい人というのはいます。

しかしながら、気難しい人は男性のほうが多いと言われているのです。

それはずばり、男性は理論的思考の人が多いから。

頭の中で色々な情報を処理している理論的思考の人は、それだけ複雑な思考をしているということですよね。

女性は感情的でストレートな人が多いですから、気難しい人も少ないというわけです。

このことから、気難しい人には女性もいますが、男性のほうが多いと言えるのでしょう。

気難しい人の特徴

それでは早速、気難しい人の特徴について見ていきましょう。

気難しい人が以下の特徴に全て当てはまるとは限りませんが、大抵の特徴には当てはまるのではないかと思います。

気難しい人とうまく付き合っていくためにも、まずは気難しい人の特徴を理解することから始めましょう!

1,気難しい人は人付き合いが悪い

気難しい人の特徴には、気難しい人は人付き合いが悪いことが挙げられます。

気難しい人は、見た目は強面なのに内気でシャイな人が多いもの。

そういった内心を悟られたくないと思っているため、人付き合いが悪くなるのです。

しかしながら、突破口が1つでも見つかれば意外と仲良くなるのは簡単だったりするのも、気難しい人の特徴といえるかもしれません。

2,気難しい人はとっつきにくい

気難しい人の特徴には、気難しい人はとっつきにくいことが挙げられます。

気難しい人は人と話すことを好まず、それゆえわざと人を避けるような態度をとってしまうことも。

積極的に人に話しかけることをしないどころか、話しかけられても返答が冷たいことも少なくないので、周りから「とっつきにくい」「関わりたくない」と思われてしまうのです。

3,気難しい人は人をバカにしたような態度をとる

気難しい人の特徴には、気難しい人は人をバカにしたような態度をとることが挙げられます。

気難しい人自身が高学歴や仕事で優秀であることもありますが、中には自分以外の人を自信の根拠にしているタイプも。

たとえば恋人が高学歴でいいところに勤めている、自分の子供が有名小学校に合格した、などがそうです。

そういうところから上から目線になりがちな人は、他人に対してその人とは関係のないところで見下す癖があるので気を付けなくてはなりません。

スポンサーリンク



4,気難しい人はすぐに怒る

気難しい人の特徴には、気難しい人はすぐに怒ることが挙げられます。

気難しい人は怒りの沸点が低く、何がきっかけだったのか地雷が分かりにくいことも。

すぐにムスッとしたり、なにかとつっかかってきたりするのです。

何がきっかけで怒っているのかが分かりにくいので、周囲の人にストレスを与えてしまうことは言うまでもありませんね。

5,気難しい人は人に厳しい

気難しい人の特徴には、気難しい人は人に厳しいことが挙げられます。

他人にも完璧を求めるタイプの気難しい人は、完璧にできるまで何度でもやり直しを求めます。

細かいところに気がつくタイプともいえますが、人に厳しいことばかりを言うので嫌われてしまうことも少なくありません。

6,気難しい人はネガティブで悲観的な考え方をする

気難しい人の特徴には、気難しい人はネガティブで悲観的な考え方をすることが挙げられます。

気難しい人というのは、何でも物事をネガティブに捉える癖がついてしまっています。

ネガティブで悲観的な考えをするのですが、そこには相手を否定してやろうという意図はありません。

普段から悲観的なところに焦点を当てるような考え方をしているので、つい否定的な言葉が口から出てきてしまうのです。

7,気難しい人は自己中心的で協調性がない

気難しい人の特徴には、気難しい人は自己中心的で協調性がないことが挙げられます。

気難しい人の心理は、「自分は自分、他人は他人」。

そのためチームワークで何かをする、なんてことは大の苦手です。

元々気難しい人は融通が利かないので、周りとの関係に亀裂を生みやすいのです。

仕事はきちんとできる人であっても、人の多い職場やチームワークが重要視される職場であるなら、トラブルが多くなることは言うまでもありませんね。

スポンサーリンク



8,気難しい人は問題事から距離を置く

気難しい人の特徴には、気難しい人は問題事から距離を置くことが挙げられます。

気難しい人というのは、コミュニケーションが下手で消極的なところがあるもの。

それゆえ、自分の思いや考えを口にすることができません。

争い事や面倒事が起こったとき、どう対応していいか分からなくなってしまうのです。

対応の仕方が分からないがために、結果として問題事を後回しにしてしまい、距離を置くことになってしまうというわけです。

9,気難しい人は臨機応変な対応が苦手・融通が利かない

気難しい人の特徴には、気難しい人は臨機応変な対応が苦手、融通が利かないことが挙げられます。

気難しい人には、自分で決めたことをきっちりとやり遂げるまじめさがあります。

しかし、決めたことを真っ直ぐやり遂げることはできても、相手によって態度ややり方を変えることは苦手。

臨機応変な対応ができないのです。

相手に合わせてやり方を変えればもっとうまくいくことはたくさんあるのに、気難しい人にはそれができません。

そのため端から見ると、不器用な人と思われることもあるようです。

10,気難しい人は完璧主義

気難しい人の特徴には、気難しい人は完璧主義であることが挙げられます。

気難しい人というのは、自分はもちろん周囲の人に対しても完璧主義を発揮します。

自分で決めたことはもちろん、自分の求めることに達するまでは、ひたすら相手にも完璧を求めてしまうのです。

できるまで何度でもやり直しを繰り返すので、周りの人から敬遠されてしまうこともあるでしょう。

よく言えば細かいところにまで気がつく人なのですが、周りから「面倒くさいな」と思われてしまうのも無理はないかもしれませんね。

11,気難しい人は怖い雰囲気を発している

気難しい人の特徴には、気難しい人は怖い雰囲気を発していることが挙げられます。

気難しい人は、どこか怖い雰囲気を発しています。

何がというか、オーラが怖いのです。

そのため近寄りにくさが増してしまい、関わりたくないと思われることも増えてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク



12,気難しい人は笑わない

気難しい人の特徴には、気難しい人は笑わないことが挙げられます。

気難しい人の最大の特徴ともいえるのが、この「笑わない」ということ。

常に眉間にシワを寄せ、真顔で会話をするため余計に怖いという印象を与えてしまうのかもしれません。

また、見下していると思われてしまうのも、笑わないことが少なからず関係しているのでしょう。

とはいえ、気難しい人は普段からイライラしていることも多いため、笑う機会が少ないというのも事実です。

13,気難しい人は気分屋で怒りっぽい

気難しい人の特徴には、気難しい人は気分屋で怒りっぽいことが挙げられます。

周囲の人が、その人のためと思って何かをしたりアドバイスをしたとしても、気難しい人はポジティブに受け取れないこともあります。

それはなぜかというと、気難しい人が気分屋であるから。

その日の気分によって捉え方が変わるので、怒り出すことも珍しくはありません。

気分でコロコロ変わるだけでなく、怒りっぽいところもあるため、周りの人も付き合い方が分からなくなってしまいます。

14,気難しい人は人見知りが激しい

気難しい人の特徴には、気難しい人は人見知りが激しいことが挙げられます。

そもそも気難しい人は他人を受け入れることがないので、人見知りが直ることもありません。

気難しい人は、自分が認めた人としか仲良くしないので、人見知りは激しさを増すばかり。

そういうところもあって、余計に「とっつきにくい」と思われてしまうのでしょう。

スポンサーリンク



15,気難しい人はプライドが高い

気難しい人の特徴には、気難しい人はプライドが高いことが挙げられます。

気難しい人は自信満々な態度であるため、人を見下すような発言が増えてしまうのです。

自分は人より凄いんだという気持ちがあり、その気持ちから優越感を生んでいます。

自分が一番だと思っていますから、人の意見を聞き入れることはないでしょう。

気難しい人は、他人を祝福したり他人の成功を喜ぶなんてことは一切できません。

16,気難しい人は心が狭く多くを受け入れない

気難しい人の特徴には、気難しい人は心が狭く多くを受け入れないことが挙げられます。

気難しい人の心の狭さは、天下一品。

自分の意見が絶対だと思っているので、自分の意見と少しでも違う人のことは受け入れることができません。

もう少し色々な人を受け入れれば視野も広くなるのに、もったいないですね。

気難しい人自身も、自分の心の狭さには気づいていないことが大半なようです。

気難しい人の恋愛の特徴

続いて、気難しい人の恋愛の特徴について紹介します。

気難しい人の特徴について紹介しましたが、気難しい人は恋愛ではどんな特徴があるのでしょうか。

気難しい人というのは、どうしても恋愛対象から外されがちなのですが、それでも恋愛未経験というわけではありません。

それなりに恋愛経験はある気難しい人は、このような恋愛をするようです。

1,交際相手に厳しいことを言いがち

気難しい人の恋愛の特徴には、交際相手に厳しいことを言いがちなことが挙げられます。

気難しい人には完璧主義という特徴がある、と言いましたが、その完璧主義さは恋愛においても発揮されるもの。

交際相手に対して、厳しいことを言ってしまいがちになります。

人生において、恋愛ほど自分の思い通りにならないことなどありません。

思い通りにならないものが恋愛なのですが、気難しい人は「思い通りにならない」ことに対してイライラしてしまいがち。

それゆえ交際に厳しいことを言ったり、八つ当たりをすることも増え、ケンカが多くなってしまうでしょう。

2,自己中心的な恋愛をする

気難しい人の恋愛の特徴には、自己中心的な恋愛をすることが挙げられます。

気難しい人は、恋愛においても相手を振り回してしまいます。

なぜなら、気難しい人はそのときの気分で動いてしまうから。

気分がどうだ、というのは、周りの人には知りようがありません。

そんな気分で動くため、自己中心的に感じてしまうのも無理はないですよね。

相手は振り回されてしまうので、疲れたと感じてしまうことでしょう。

3,自分の気持ちを言わない・言葉で表現しない

気難しい人の恋愛の特徴には、自分の気持ちを言わない、言葉で表現しないことが挙げられます。

気難しい人というのは、内気でシャイな人が多いです。

他人とのコミュニケーションも苦手なので、基本的に自分の思いや考えを口にすることができません。

そういうタイプの気難しい人である場合、恋愛においても自分の気持ちなどを言葉にすることは少ないでしょう。

また、プライドの高さも加わって、「好き」などの愛情表現はほとんどしません。

好きになった方が負けという考えがどこかにあるので、自分から好きという言葉は言わないのです。

気難しい人との恋愛がうまくいかないと言われてしまうのは、気難しい人が「自分の気持ちを言わない」ことも1つの原因なのかもしれませんね。

気難しい人との付き合い方

気難しい人との付き合い方には、どんなものがあるのでしょうか。

職場や友人、身内などに気難しい人がいる場合、上手に付き合っていかなくてはなりません。

気難しい人との付き合い方について、まとめてみました。

1,気難しい人に敵対意識を持たせない

気難しい人との付き合い方は、気難しい人に敵対意識を持たせないことが挙げられます。

気難しい人とうまくやっていかなくてはならないのなら、敵対意識を持たせないことは何よりも大切と言えるかもしれません。

真っ向から対立したり、気難しい人に対して文句を言ったりしてしまうと、関係が悪化することは目に見えていますよね。

そんなときは、気難しい人を立ててあげましょう。

気難しい人が自慢に感じている部分に触れて、さりげなく持ち上げてあげるのです。

気難しい人は、自分が自慢に感じていることに対してのお世辞は真に受ける傾向が強いので、気分を良くするもの。

敵対意識を持たれてしまうと厄介ですから、それだけは避けたいものですね。

2,気難しい人の話を聞く

気難しい人との付き合い方は、気難しい人の話を聞くことが挙げられます。

機会があれば、気難しい人の話をじっくりと聞いてあげましょう。

気難しい人というのは、自分の処理能力を超えるストレスを感じていて、どうしようもなくイライラしているケースも少なくありません。

そんな人には、話を聞いて「共感してあげる」ことが効果的。

話を聞いて共感してあげると、態度が軟化することもあるのです。

3,気難しい人の感情の変化に注意する

気難しい人との付き合い方は、気難しい人の感情の変化に注意することが挙げられます。

気難しい人のこだわりや感情の変化の基準について、観察しておきましょう。

どんなことで機嫌を悪くするのか?

何をしたら怒るのか?

といったことをあらかじめ知っておくことで、気難しい人の感情を逆撫ですることが減るはずです。

感情の変化に注意して付き合っていけば、意外と会話も楽しめるものですよ。

4,気難しい人と適度に距離を置く

気難しい人との付き合い方は、気難しい人と適度に距離を置くことが挙げられます。

気難しい人と、絶対も親密な関係にならなくてはいけない、というわけではありません。

お互いが過ごしやすい距離感を測ることは大切なことです。

気難しい人というのは、周りの人が自分を立てるのは当たり前だと思っていることも。

そうなると、さらに高圧的な態度をとるようになるので、必要以上に近づかなくてもいいのです。

あまりにもこちらが下手に出ていると、気難しい人は余計に図にのってしまいますからね。

適度に距離を置いてもいい、ということを覚えておきましょう。

それだけでも、気持ちがグッと楽になるのではないですか?

5,気難しい人を尊重して冷静に対応する

気難しい人との付き合い方は、気難しい人を尊重して冷静に対応することが挙げられます。

気難しい人というのは、自分の評価を気にしている人が多いです。

そのため、周囲の動きにも敏感ですから、気難しい人がいないところで言った悪口なども、すぐにばれてしまいます。

そうなれば、余計に敵対意識を持たれるだけでしょう。

悪口を言うのではなく、気難しい人の良いところを褒めて尊重してあげてください。

こちらが冷静に対応することで、気難しい人ともうまく付き合っていけるはずです。

6,ときには気難しい人に強く意思表示する

気難しい人との付き合い方は、ときには気難しい人に強く意思表示することも大切です。

気難しい人と付き合うとき、つい気難しい人の顔色を伺ってばかりになってしまうという人も少なくありません。

しかし、顔色伺いばかりしていると気難しい人は図に乗り、余計に自己中心的になってしまうことも。

そうなってしまわないように、ときには強く意思表示しましょう。

はっきりと自分の意見をいうことで、気難しい人も多少節度ある対応をしてくれるようになるかもしれません。

7,気難しい人の聞き役に徹する

気難しい人との付き合い方は、気難しい人の聞き役に徹することが挙げられます。

相手との会話を弾ませるために、話の途中で意見を言ったり、自分の話を付け足したりするのはよくあること。

しかし、相手が気難しい人であるなら、これらは全てNG行為になります。

気難しい人と話すときは、向こうから質問をされない限り聞き役に徹することが正解。

聞き役に徹し、できるだけ相手の意見を肯定するような返事をしてあげましょう。

8,気難しい人に苛ついても聞き流す

気難しい人との付き合い方は、気難しい人に苛ついても聞き流すことが挙げられます。

気難しい人と付き合うときは、自分が大人になりましょう。

イライラすることはもちろんあるでしょうが、だからといって同じ土俵に立って同じように悪口を言ったり、言い返したりするのはおすすめできません。

これでは気難しい人とは、敵対関係しか築くことができなくなってしまうからです。

イライラするようなことがあってもうまく聞き流し、スルーできるスキルを身に付けるといいかもしれませんね。

9,気難しい人に対して弱気にならない

気難しい人との付き合い方は、気難しい人に対して弱気にならないことが挙げられます。

気難しい人と対等な関係を築きたいのなら、弱気になりすぎてはいけません。

こちらが弱気になっていると、気難しい人のイライラの捌け口にされてしまうこともあります。

そのため、気難しい人と付き合うときには弱気にならず、腹をくくって話してみる!くらいの気持ちが大事。

意外と、しっかりと話してみると気難しい人に好感が持てることもありますから、弱気になりすぎないようにしていきましょう。

気難しい人と思われないために

最後に、気難しい人と思われないためにするべきことについて紹介します。

ここまでお話ししてきた「気難しい特徴」にいくつか当てはまると思った人は、もしかしたら周りの人から「あの人って気難しいよね」と気難しい人と思われてしまっているかもしれません。

気難しいというのはメリットではありませんから、できることならそう思われないようにしたいもの。

気難しい人と思われないようにするためには、以下の3つがポイントです。

1,思い当たるところは改善していこう

気難しい人と思われないためには、思い当たるところは改善していきましょう。

ここまでの記事を読んで、自分に当てはまるなぁ…と感じたところがあるなら、まずはそこを改善してみてください。

態度をほんの少し気にするだけで、周りからの印象はかなり変わるもの。

いきなり完璧に変えることは難しいので、「少しずつ」「できるところから」改善していく気持ちが大切です。

2,感謝の気持ちを持つ

気難しい人と思われないためには、感謝の気持ちを持つことが挙げられます。

感謝の気持ちがあれば、世の中の大抵のことはうまくいくもの。

特に気難しい人は、普段から「ありがとう」という機会があまりありません。

ですから、ぜひ「ありがとう」を積極的に使ってみましょう。

ありがとうと言えると、自分の中に素直な気持ちが生まれます。

そうすれば、徐々に気難しいことも改善していくでしょう。

3,相手の立場になって考える

気難しい人と思われないためには、相手の立場になって考えることが挙げられます。

人は、完璧ではありません。

あなたも私も、完璧ではないのです。

ですから、何かあっても責めすぎないようにしましょう。

あなたがイライラして人に当たってしまったとき、上から目線の態度で接してしまったとき、「もしも逆の立場だったら」と考えてみてください。

やられて嫌だなと思ったことは、やめましょう。

そうすれば、次第に気難しい人と思われることもなくなるはずですよ。

まとめ

気難しい人の特徴や、気難しい人との付き合い方について紹介しました。

気難しい人は、どうしても他人から距離を置かれたり、付き合いたくないと思われやすいです。

本音で話せばそんなに悪い人ではないケースも多いのですが、気難しいことのせいで損をしてしまっている人もたくさんいるのかもしれません。

自分が気難しい人かもと思ったら、ぜひ今から改善してみてください。

また、身近に気難しい人がいるという人も、気難しいからという理由だけでシャットアウトせず、うまく付き合っていける方法を見つけてみてくださいね。

【関連記事】

器が小さい人の特徴や心理は?セリフや付き合い方・対処法は?

精神的に弱い人の特徴!原因や強くなる方法・接し方は?

健気な人の特徴!愛される理由・なるには?

未練がましい男の特徴や心理!原因や見極め方・付き合い方

薄っぺらい人の特徴!ならない方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


×