心が広い人の特徴!なるためには?

誰に対しても優しく、小さな事に腹を立てたりイライラした態度を取らない「心が広い人」を見て不愉快な気持ちにさせられると言う人はいないでしょう。反対に、人の言動に対してイライラして態度に出てしまうと言う人は自分からトラブルの種をまいている事にもなるのです。

心が広い人は、なぜいつも穏やかな心を保っていられるのでしょう。心が広い人の特徴やなるための心がけを知って、喧嘩や争い事がなくなる穏やかな生活を手に入れましょう。

心が広いの意味

心が広い人

日常会話で何気なく使っている「心が広い人」と言うフレーズ。何となくイメージとしては伝わりますが、明確な定義があるわけではないので、その特徴を言葉で説明するのは難しいのですが、心が広い人と聞いて誰もが共通するイメージとしては「大らかでイライラしている顔を見た事がない人」ではないでしょうか。

常に不満げな顔で周りの人の失敗やあらばかりを探しているような人とは違い、どんな事でも大らかな気持ちで受け入れ、対応できる人の事を「心が広い人」と表現される事が多いです。

心が広いの類義語

心が広い人

「心が広い」と同じような意味で使われる言葉に「器が大きい」と言うものがあります。許容範囲の広さを「うつわ」に例えた言い方ですが、どちらも同じようにおおらかで何事も受け入れられるだけの余裕を感じさせる言い方なのが特徴です。

熟語で表すのなら「寛容」や「鷹揚(おうよう)」「大様」などが当てはまります。

心が広いの英語表現

「心が広い」を英語で表現するとそのまま「big hearted」になります。

「She is very big-hearted」のように使われます。

日本語では同じような意味で使われる「器が大きい」と言う言葉は英語表現ではないのが特徴ですが、似た意味で「large minded(度量が大きい)」と言う言葉が使われる事もあります。

心が広い人の特徴

「心が広い人」にはどのような特徴があるのでしょう。イライラすることなく、穏やかな生活を手に入れるために「心が広い人」の特徴を自分にも取り入れてみましょう。

心が広い人は怒ることが少なく気が長い

心が広い人は「怒りの沸点が高く気が長い」ため、少々の事では腹を立てたりしないと言う特徴があります。そのため、滅多な事では怒ったりしません。

心が広い人は自分に降りかかってきた事でさえ滅多に怒りを面に表すと言う事をしませんが、気が短く、常にイライラしている人と言うのは、自分には関係のない事にまで腹を立てて一人でカリカリしていると言う特徴があります。

イライラしそうになったら「これは本当に怒らなければいけない事なのか」と、一旦冷静な目で見て見る事で心を落ちるかせる事ができるでしょう。

スポンサーリンク



心が広い人はポジティブ

心が広い人は基本的に思考がポジティブです。少しくらいトラブルや困った事があったとしても「これくらい何とかなるだろう」と、焦る事なく解決策を探す事ができるのが特徴です。

これは、ただ単に楽観的な考えなのではなく、心に余裕があるために、大抵の事には解決策があると言う事を冷静に考える事ができるからです。同様に、些細な事にいつまでも気を取られてクヨクヨと悩み続けると言う事もありません。

心が広い人は余裕がある

心が広い人は、心に余裕があるために広い心でいられるのです。

日々のやらなければいけない事に追われ続けて切羽詰まった状態になっている人に心の余裕はありませんが、心が広い人は日々の生活の中で「本当にやらなければいけない事」は最小限である事を知っているため、心に余裕を持たせる事ができるのが特徴です。

時間管理の上手さが心に余裕を持たせ、それが広い心を作る元となっているとも言えます。心に余裕がない人は日々のやらなければいけない事をこなすだけで精一杯ですが、心に余裕がある人は日常の雑事でさえ楽しむ事ができ、その姿勢が更に心の余裕を作り出すのです。

心が広い人は細かいことを気にしない

心が広い人は細かい事を気にしないために広い心を持っていられるとも言えます。

人のあげあしを取るかのように、人の細かいミスに敏感に反応しては一人でイライラしている人もいますが、心が広い人は「気にする必要がない」と判断した事に対しては見なかった事にするかのようにスルーすると言う特徴があります。

この場合、人の事には無関心な人のように、周りの人が何をしていても気が付かないと言う人とは違い「あえて」気にしないようにしているだけですので、見逃さない方が良いと判断した事に対してはどんな些細なミスでもしっかりと指摘はします。

スポンサーリンク



心が広い人は「人は自分と違う」ことを知っている

心が広い人は「人は自分とは違う」と言う事をしっかりと理解しています。そのため、人の考えが自分とは違う事を気にする事もなく、意見の違いを楽しむ事すらできます。

意見を求められている場では自分なりの意見を発言しますが、無理に自分の意見を押し通そうとする気持ちはありません。他の人の意見もそれぞれ尊重しているので、自分の意見が受け入れられても受け入れられなくても気にする事がないのも特徴です。

心が広い人は他人が変わることに期待しない

心が広い人は他人が変わる事に期待しないと言う特徴もあります。

物事を自分の思い描いたとおりに進めようとする人は、他人が自分の思ったとおりの行動をとらない事を不満に思ったりしますが、心が広い人には他人を自分の思うようにコントロールしようとする気持ちはありません。

心が広い人は付き合いが良く友達が多い

心が広い人は付き合いが良く友達が多いのも特徴です。

心が広い人は、人に対して大らかな気持ちで接する事ができるので人から好かれます。また、本人にも人の好き嫌いが少ないので、誰とでも分け隔てなく付き合う事ができるのです。

同様に、物事に対しても苦手意識がなく、誘われればどんな事にもチャレンジするフットワークの軽さもあるので常に友達に囲まれていると言う人も多いのです。

スポンサーリンク



心が広い人は素直

心が広い人は、人の意見を受け入れられると言う素直さがあるのも特徴です。

人の言動の裏を読んだり、損得勘定を働かせて付き合おうと言う気持ちがないので、誰とでも穏やかな関係が築きやすいのです。

心が広い人は笑顔が多い

心が広い人には笑顔が多く明るい人が多いです。

心が広い人は常に心が安定しているため、いつも何かに対して不満を持っている人のようにカリカリとした空気を放っていません。そのため、心が広い人の周りには同じように穏やかで明るい人が集まってくるのです。

自分も周りの人も穏やかなので変な衝突が起きるような事もなく、自然と笑顔になれる事が多いのも特徴です。

心が広い人は他人の世話をするのが好き

心が広い人は常に自分の事だけで手一杯になっていると言う事がないので、周りの人の事も気にかけられるだけの余裕があるのが特徴です。

困っている人がいたら助けようとしたり自分にできる事があれば自然とやってしまったりするので、結果的に人の世話をするのが好きなように見られる事もあるのです。

いつも穏やかで何でも受け入れてくれそうな性格に見られるため人から頼まれ事をされる事も多いのですが、無理なお願い以外は基本的に断らない性格でもあるため、何かと人のために動いていると言う事も多いのです。

スポンサーリンク



心が広い人はフォローができる

心が広い人は、誰かが失敗した時には「さり気なく」フォローできると言う特徴もあります。

自分の事だけで手一杯になっていないので、周りの事を冷静に見渡す余裕のある心が広い人。そのため、誰かが失敗したり、このままでいけば失敗しそうだと言う状況にもいち早く気が付く事ができ、失敗を防ぐためにフォローに回ったり、ミスを挽回するためのアドバイスをしたりできるのです。「自分が何とかなくては」などと気負っているつもりはなく「困っている人を助けるのは当然の事」と言わんばかりに自然に手助けができる人なのです。

心が広い人は反省できる

心が広い人は、自分のミスや失敗をごまかしたりせずきちんと認め、反省できる人です。

人からミスを指摘されたり「失敗した」と認める事が格好悪い事のように思っている人は、ミスや失敗を必死でごまかしたり隠そうとしたりすると言う特徴がありますが、心が広い人はミスや失敗が特別な事だとは思っていないのですんなりと認める事ができるのです。

ミスや失敗をする事が悪い事なのではありません。反省してどう生かすかの方が大切なのです。心が広い人は、自分の失敗をいったん受け入れるだけの余裕もあり、それをどうやって次に生かそうかと考えるのですんなりと受け入れて反省する事ができるのです。

心が広い人は自分の時間も大事にしている

心が広い人は、友達も多くいつも人に囲まれている事が多いのですが、人と過ごすのと同じくらい自分一人の時間と言うのも大切にしています。

「人と自分は違う」と言う事を認識しているので、人の話も聞く事ができ、自分とは違う考え方も受け入れる事ができるのですが、だからと言って「自分」を無くしてしまわないと言うのも特徴なのです。マイペースに自分らしさを貫くためには、しっかりと「自分」を見失わない事が大切です。心が広い人は、自分の時間を大切にする事で心のゆとりと自分らしさを保っているのだとも言えます。

心が広い人と狭い人の違い

いつも穏やかな雰囲気に包まれている「心が広い人」とは真逆の、いつもカリカリとした雰囲気に包まれている「心が狭い人」。この両者の違いはどのようなところにあるのでしょう。心が広い人と狭い人の特徴の違いをそれぞれ見比べてみましょう。

愚痴が多いかどうか

心が広い人が愚痴を言わないのに対し、心が狭い人は愚痴しか言わないのが特徴です。

心が広い人の視点は広く、物事の良い所も悪い所も平等に受け入れられるのに対し、心が狭い人の視点は、人や物事の「悪いところ」と言う狭い範囲にしか当たっていません。そのため、見るもの聞くものすべてに対して愚痴が出てくるのです。

人の話を聞けるかどうか

心の広い人と狭い人の違いは「人の話を聞けるかどうか」と言う所にもあると言えます。

心が広い人は、自分とは違う意見であろうが「それはそれ」として受け入れる事ができるのに対し、心が狭い人は自分の偏見を通して人の話を聞くので、自分が偏見がある話題だと素直に耳に入ってこないのが特徴です。

心が狭い人は人の話を自分の偏見を通して聞いているため、実際とは違った意味に勝手に解釈をして一人でイライラし出すと言う態度にもなりがちです。

人に対して厳しいかどうか

心が狭い人は、自分の事は棚に上げておいて「人のミスが許せない」と言う特徴があります。自分よりも下の立場の人がミスをした場合、その事について異様に攻め立てたりしつこく追及してきたりする割には具体的な解決策を考えるわけではないので、結局何も状況が良くならないまま話が終わってしまうのも特徴です。

対して心が広い人は「やってしまった事はしょうがない」と、クドクドと攻め立てる事をする代わりに「これからどうしようか」と言う解決策を一緒に考えようとします。

人付き合いがいいかどうか

心が広い人がフットワークが軽く人付き合いも良いのに対し、心が狭い人は人付き合いも悪いです。一緒にいて楽しい気分になれる心が広い人に多くのお誘いがかかるからだけではなく、自分の偏った視点で物事を判断する心が狭い人は、せっかくのお誘いに対してもあれこれと悪いところを探しては参加をもったいぶるような態度をとると言うのも特徴です。

感情的になるかどうか

心が広い人は常にメンタルが安定していて、滅多な事では悪い方の感情に心を動かされる事がないため感情がいつも穏やかなのに対し、いつもイライラしていて心に余裕がない心の狭い人は、ちょっとした事で悪い方の感情に支配されてしまいやすく、時には感情を爆発させてしまいやすいと言う特徴もあります。

ただでさえ扱いにくい心の狭い人が、いつ感情的になるスイッチが入るかわからないので、周りにいる人は常に気を張って接しないといけたいため、余計に隙間生まれてしまうのです。

人を束縛するかどうか

心が狭い人は、基本的に人の事が信用できません。そのため、せっかく付き合った恋人や仲良くしている友達がいつか自分から離れていってしまうのではないかと不安に思い、束縛と言う形をとってしまうのです。

特に女性に多いのが、同じ心が狭い人どおしでチームを組むかのように集まり、他者を寄せ付けないと言う雰囲気でお互いが束縛しあっていると言う関係性です。グループの誰かが他のグループの子と仲良くする事を許さない雰囲気なのが特徴です。

一方の心が広い人は人も自分の事も縛ったりする事がありませんので、誰とでも分け隔てなく仲良くでき、恋人や友達を自分のところにだけ留めておこうと言う気持ちもありません。

許すことができるかどうか

心が広い人は、例え信用していた人に裏切られたりひどい事をされたとしても最終的には許す事ができますが、心が狭い人は、どんな些細な事でも自分の事を傷つけた相手の事を許す事ができないと言う特徴もあります。

元々、人の事を信用していない心が狭い人は、嫌な事をされた時にはそれがどんな些細な事であっても「自分への攻撃」として受け取るので「許す」と言う概念がないのですが、自分にひどい事をしてきた相手を許せると言う事は、その相手からはもちろん、それを見ていた周りの人からの信頼を得る事にもなり、より深い人間関係を築いていける事にもなるのです。

視野が広いかどうか

心の広さは視野の広さに直結しています。そのため、心が広い人は物事を様々な角度から見て、総合的な判断として結論づけられるのに対し、心が狭い人は自分の偏見を通した一通りの見方で物事を短絡的に結論付けるのが特徴です。

視野の広さは様々なアイデアを生み出す事にもなりますので、心が広い人の周りには常に楽しい事や新しいアイデアが溢れています。それだけではなく、何か問題が起こった時にも様々な角度から問題を検証する事ができますので、解決策を導き出しやすいのも特徴です。

相手の価値観を認めることができるか

人の価値観は様々です。その違いを認め、お互いの価値観の違いを楽しめるのが心の広い人なのに対し、自分の価値観だけが絶対なのが心の狭い人なのです。

自分と違う価値観の相手に対して「ありえない」と、ばっさりと切り捨てるような発言をしたり、自分の価値観の素晴らしさを何とかしてわからそうと必死にアピールしたりするのが心の狭い人の特徴なのです。

自分の知らないことに興味を示すことができるか

心が広い人は、広い視野で物事を見るため、色々な事に興味を示すのに対し、今までの自分の価値観がすべてである心が狭い人は、滅多な事では新しい事に興味を示しません。

心が広い人は、人付き合いが良く人から受ける刺激も多いので自然と新しい情報に触れる機会も多いのですが、人付き合いも含め、自分の興味のある事以外は受け入れる姿勢を示さない心が狭い人は、新しい情報に触れる機会自体を自ら拒んでいると言う特徴もあります。

自分を大きく見せるかどうか

心が広い人は、必要以上に自分を大きく見せようなどと言う気持ちはありません。それに対し心が狭い人は、自分が「小さな人間だ」と言う事を悟られないよう必死で自分を大きく見せようとします。自分の器が小さい事をどこかで自覚はしているものの、自分自身でも認めたくないため、それを打ち消すために言葉を使って「自分はこんな人間なんだ」と周囲にアピールしようとするのも特徴です。

心が広い人になるためには?

穏やかな生活を手に入れたいのならば、自分の心の持ちようを変えるしか方法はありません。自分の周りの人の態度とは、自分の心の中の状態を表しているのが特徴です。広い心を持ってイライラする事を減らせば、自ずと周りの反応も変わってくる事でしょう。

心が広い人になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

心が広い人になるためにはたくさんの人と交流する

心が広い人になるためには、できるだけ沢山の人と交流を持ちましょう。

心が狭い人は自分の殻に閉じこもりがちだと言う特徴があります。そのため、付き合う人をあらかじめ限定して、それ以外の人には興味も関心も示さないのですが、様々な人との交流を通じてこそ自分の視野が広がるのです。積極的に色々なタイプの人と関わっていきましょう。

心が広い人になるためには知識をつける

人との会話を成立させるためにはある程度の知識が必要です。どんな知識が必要かは相手によって異なります。たくさんの人と交流を持つためには、どんな話題にも対応できるように幅広い知識やコミュニケーション能力を身に付ける必要があります。

心が狭い人は、自分の持っている知識を共有できる人としか交流をしないと言う特徴がありますが、心が広い人になるためにはどんな人とでも最低限の会話が成立するように幅広い知識を身に付けましょう。知識の幅が広がる事で自分のものの見方に変化が現れるかも知れません。

心が広い人になるためには感情をコントロールする

心が広い人になるためには、感情に支配されないように自分の手でコンロトールする力が必要となります。心が広い人は、いつも情緒が安定していて滅多な事では感情を振り乱される事がないのが特徴です。「いつも穏やかな気持ちでいられるためには何が必要か」と、自分の心と向き合う時間を作ってみましょう。

心が広い人になるためには一人旅をする

心が広い人になるためには一人旅が最適です。まだ行ったことのない場所に行ったり、見た事がない景色に触れることで刺激を受け、自分の感性が広がります。

言葉が満足に通じない国へ一人旅をするのもおすすめです。誰かに決められたパックツアーなどではなく、何もわからない状況を自分の力だけでどうにか切り抜けるためにはあらゆる感性をフル回転させなければいけません。

心が狭い人は、視野が狭いのが特徴です。自分の持つ感性をフルに使って刺激を受ける一人旅をする事で、旅から帰ってきた後も自分の視野を広げることができるでしょう。

心が広い人になるためには新しいチャレンジをする

心が狭い人は行動範囲や興味の幅も狭いのが特徴です。心が広い人になるためには、新しい事にチャレンジしてみましょう。新しい事を始める事で知識や経験が増え、会話の幅も広がります。新しい体験を通して学校や会社以外の人との出会いもあるので、人との交流も増え、刺激が貰えます。興味を持ったものがたとえ一人でできる事だとしても、そこから更に興味を広げていく事でどんどん次につながっていくのです。

心が広い人になるためには比べない

心が狭い人はなにかと比較したがると言う特徴があります。「自分と他人」「他人どおし」など、何かと何かを比べて優劣をつける事で価値を見出そうと言う傾向にあるので、その行為により更に心を狭くしていっているのです。

心が広い人は何かを比べるのではなく、そのものの中に価値を見出すものの見方をします。心が広い人になるためにはまず「比べる」と言う行為をやめてみましょう。

心が広い人になるためにはこだわりを捨てる

心が広い人には「変なこだわり」がないのが特徴です。変なこだわりと言うのは「こうしなければならない」「これをやってはだめだ」などと言う自分自身が勝手に作り上げた固定概念のようなものです。この「変なこだわり」を持つ事で自分基準で物事を見る癖がついてしまうので、視野を狭くすることにもなってしまうのです。

心が広い人になるためには、自分自身が作り上げたこだわりを捨て、物事を広い目で見られるようになりましょう。

心が広い人になるためには見返りを求めない

心が狭い人は、自分が人に何かをしてあげた分の見返りを求めていると言う特徴があります。本人に自覚がない場合でも「せっかくやってあげたのに」と言う意識があると言う事は、見返りとして相手からの感謝の言葉を求めていると言う事です。

心が広い人には「何かをしてあげた」と言う概念がなく、人の手助けをする場合でも「自然とやっていた」と言う感じなので、言葉の見返りすら求めてはいないのです。

心が広い人になるためには笑顔を心掛ける

心が広い人の周りには同じように心が穏やかで楽しい仲間が集まってきます。そのため、心が広い人は「笑顔でいよう」と心掛けていなくともいつも笑顔でいる事が多いのです。

反対に、不機嫌さを顔に出していつもブスッとしている人の近くにいると自分までイライラした気持ちになってくるものです。そのため、いつも不機嫌な態度でいる人の周りの人は笑顔も少なく、お互いがイライラしているため衝突する機会も増えるのが特徴です。

自分の周りの環境を変えようと思ったらまずは自分が変わる事です。いつも笑顔でいる事を心掛けていれば、意識しなくても笑顔でいられる機会が増えてくるでしょう。

心が広い人になるためには自分を好きになる

心が狭い人がいつも不満を抱えているのは、自分に自信がないために人の言動ばかりが気になってしまうからです。自分の自信のなさをごまかすために人のあら探しをして悪口を言っては「だから自分の方が上」と自分を納得させているのも特徴です。

心が広い人になるためには、まずはごまかしではなく本心から自分の事を好きになる必要があります。今の自分が好きになれないのなら、人のあらを探している時間を自分を好きになれるための努力をする事に使うと良いでしょう。

心が広い人になるためには大切なものだけに目を向ける

心が広い人は視野が広く受け入れられる範囲も大きいのが特徴ですが、何でも受け入れるからと言って人の意見にいちいち左右されたりする事はありません。「自分」と言うものをしっかりと持った上で何でも受け入れているので、受け入れたものが自分にとって必要なものかそうでないものかと言う区別はしっかりできます。

広い心を持つ事を目指す上では、自分にとって大切なものは何なのかと言う事を認識しておき、大切なものにだけ目を向けるようにしましょう。

心が広い人になるためには今目の前の瞬間を大切にする

心が広い人になるためには、今、目の前の瞬間を大切にしましょう。

物事を自分の偏見が入った狭い視野を通して見る人は、勝手な憶測が進んで一人でイライラし出すと言う特徴があります。今、目に見えるものだけが真実なのです。人の言動の裏を読もうとしたり、「やってもどうせ」などと勝手な憶測で物事を見る癖のある人は、今、目の前の瞬間だけを大切にする事で、余計な詮索はしなくて済むようになります。

まとめ

「心が広い人」がいつも笑顔で穏やかな気持ちを保っていられるのは、自分の笑顔や行動が周りの人の心をほぐしているからなのです。周りの人との間にトラブルや争い事が少なく、みんなが笑顔でいられるから自分もまた広い心でいられると言う循環が起こっているのです。

心が広い人になりたいのなら、まずは自分の偏った視野を広げる事です。視野を広げて新しい発見があるたびに笑顔になれる事も増えるでしょう。自分に笑顔が増えれば周りの人の反応も変わってきます。良い循環の波に乗れれば、ますます広い心を持つ事ができるでしょう。

【関連記事】

本当に優しい人の特徴は?習慣・しないこと・見分け方・どんな異性に惚れるか・恋愛などを紹介!

優しい人の特徴・心理25選!損をする?優しい人の顔の見分け方・冷たい?

癒される人の特徴!外見・なるためには?

ユーモアがある人の特徴!モテる理由・なる方法は?

情に厚い人の特徴!長所・短所・なる方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク