腰が低い人の特徴!低くする理由・付き合い方は?

腰が低い人

「あの人は腰が低い人だ」と言う話を聞いた時に、その相手に対して「嫌な人」だと言うイメージを持つ人はほとんどいないでしょう。

「腰が低い」と言うのは、大抵の場合は相手を褒める意味で使われる言葉です。

ですが、自分の周りの「腰が低い人」を思い浮かべて見ると、付き合いやすい人ばかりではないのではないでしょうか。

いい人なのに付き合いづらい「腰が低い人」とはどのように付き合えば良いのでしょう。腰が低い人の特徴や、低くする理由がわかれば付き合いやすくなるかも知れません。

「腰が低い」の意味

腰が低い人

「腰が低い人」と言うのを別の言葉に置き換えるのなら「謙虚な人」と言う言葉がしっくりくるのではないでしょうか。

「腰が低い」を文字通り捉えるのなら、腰を低く構えた姿勢をとっていると言う事ですので、相手よりも自分が下だとへりくだった態度をとっている事となります。そのため、誰の目から見ても「感じが良い人」「愛想が良い人」に見えるのが特徴です。

腰が低い人の特徴

腰が低い人

目の前の相手が自分の事を持ち上げてくれるかのように腰の低い態度をとれば誰でも気分が良くなるものです。そんな「腰が低い人」ですが、相手を持ち上げるために「腰を低くしよう」と思っているわけではないようです。

他人から見た「腰が低いと思う人」の特徴や、実際に「腰が低い人」はどのような性格や心理があるのかなどを見てみましょう。

腰が低い人は人と争うことを避ける

腰が低い人は、自分が持っている能力をひけらかせる事で、誰かに目を付けられる事を知っています。もしかしたら過去にそう言った経験をしているのかも知れません。

腰が低い人は、人を争う事を避けようとする傾向があります。そのため、できるだけ揉め事や問題ごとが起こらないように自分から意見を主張するような事は控え、争いを避けるために相手の陰にかくれながら腰を低くしていると言う特徴があるのです。

腰が低い人はリーダーになることを避ける

腰が低い人は、目立つ事が苦手だと言う特徴があります。そのため、みんなの前に立って引っ張っていくリーダーなどになる事は極力避けようとする傾向があります。

みんなをまとめるリーダーになると言う事は、何かが起こった時には責任を取らなければいけなくなりますので、腰が低い人は責任の伴う立場になる事を避けるためにもリーダーに選ばれる事を避けようとするのです。

腰を低くして「自分が、自分が」と、自己主張の強い人の影に潜んで自分の能力を目立たせなくする事で、リーダーなどに選ばれないようにしているのです。

腰が低い人は能力が高い

人と争う事や責任のある立場になる事は避けようとする特徴のある「腰が低い人」ですが、ただ主張する事を控えていると言うだけで、自分の意見を持たないわけではありません。普段は、自分の意見は持ちながらも無駄に発言する事は控える事で相手に発言権を譲り、相手の気分を良くさせてあげているのです。

普段は相手に発言権や主導権を譲り、自分の意見はないと言う風に振る舞う腰が低い人ですが、何でもかんでも相手の意見に従うと言うわけではありません。

おかしいと思っている事に対して素直に従うわけではありませんが、人の意見に真っ向から対立しても何も生まれない事をよく知っていますので、自分には受け入れられないと判断した事からは静かに身を引くと言う方法を選ぶのです。腰が低い人は自己主張をしないと言うだけで実は高い能力を隠し持っているのです。

スポンサーリンク



腰が低い人はコミュニケーション能力が高い

腰が低い人は「コミュニケーション能力が高い」と言う特徴もあります。

低姿勢の相手を前にすると、人は、安心して自分の意見や考えを披露する事ができます。腰が低い人は、自分から何かを仕掛けるわけではありませんが、自然と相手が気分良く話ができる環境を提供している事になるのです。

腰が低い人には礼儀正しくマナーもしっかり守る人が多いのも特徴です。物腰も柔らかく、上からものを言うわけでもないので、腰が低い人が何かをするわけではなくても周囲の人にとってはコミュニケーションが取りやすい人なのです。

腰が低い人は聞き上手

相手が安心して話のできる環境を提供している腰が低い人は、相手からさらに込み入った話を聞き出す事ができる「聞き上手」であると言う特徴もあります。

腰が低い人はただ、自分の話をあまりせずに適度な相槌を打ちながら相手の話を聞いているだけなのですが、そうやって話を聞く事で相手はさらに気分が良くなって、本来なら話すつもりでなかったと言う事まで勝手に話してしまうのです。

腰が低い人は、意図的に相手の話を聞き出そうとしているわけではないのに自然と話の深いところまでもを聞き出してしまえる事もあるのです。

腰が低い人は変なプライドがない

腰が低い人には変なプライドがないと言う特徴があります。

「相手よりも自分の方が劣っている」と言う事を悟らせないために自分を大きく見せようとする人がいますが、腰が低い人にはそれがありません。変なプライドがないからこそ、相手よりも低姿勢で接する事に抵抗がないのです。

プライドが高い人は、自分が知らない事を人に教えてもらうと言う事を嫌いますが、腰が低い人は自分を必要以上に大きく見せる必要がないため、わからない事は素直に「わからない」と言って人に聞く事ができます。

知らない事を教えてもらう事は自分の能力を高める事にもなりますので、そう言った事の積み重ねがプライドの高い人よりも能力が磨かれる事にもなるのです。

腰が低い人は自然な笑顔を作れる

腰が低い人は自然な笑顔を作れると言う特徴があります。

変なプライドを持って他人と争う事ばかりに意識が言っている人は、他人の言動が気になったり他人からも変な対抗意識を燃やされたりでいつもイライラする事に囲まれて生活しなければいけませんが、変なプライドも持たず、自ら他人と争う事を放棄している腰が低い人の周りにはトラブルは集まってきません。

そのため、腰が低い人の周りには自然な笑顔が出せる環境が整っているのです。普段からの自分の行いが自然と笑顔になれる環境を作っているのです。

腰が低い人は人が自然と集まってくる

腰が低い人には自然と人が集まってくると言う特徴もあります。腰が低い人には話しかけても拒絶される心配などがないため、周りの人は安心して近づいていけるのです。

また、コミュニケーション能力が高く変なプライドもないため一緒にいてラクなのです。自分の話しかしないような人と一緒にいるといるだけで疲れるのでできるだけ距離を置きたくなりますが、腰が低い人はこちらの話もきちんと聞いてくれて相槌を打つなど話がしやすいような環境も整えてくれるので、一緒にいたいと思う人がたくさんいるのです。

スポンサーリンク



腰が低い人は戦略家

腰が低い人には策略家だと言う特徴もあります。人によっては自然と腰が低くなる場合ももちろんあるでしょうが、意図的に腰を低く振る舞っている場合もあるのです。

なぜ、そのようなへりくだった態度をとるのかと言うと、その事によって自分に何らかの利益がもたらされるのを知っているからです。周りにいる横柄な態度の人に対して「人生損してるな」と感じるたびに、腰を低くしておく事のメリットを学習しているのです。

腰が低い人は目立つことを避けている

腰が低い人はできるだけ目立つような事をせず、注目が集まるのを避けようとすると言う特徴もあります。理由は様々ですが、とにかく自分に注目が集まる事は避けたいのです。

自然と人が集まってくるにも関わらずたくさんの人の中心にいるのは苦手ですので、常に人の輪から一歩下がった位置にいるのも特徴です。大人数でいる時は目立たないようにしている分、2人きりでいる時はよくしゃべるなどギャップが大きいのも特徴です。

腰が低い人は一定の距離感・壁を作っている

腰が低い人は誰に対しても謙虚な姿勢なため近寄りやすい存在なのですが、仲良くなってからもその姿勢を崩さないために相手から「壁を作っている」と感じられる事もあります。

人は、仲良くなって打ち解けていくうち徐々に距離が縮まったような話し方や接し方になっていくものですが、腰が低い人は仲良くなってきてからもその距離間を崩さないのが特徴です。そのため、常に一定の距離感を保った関係になり、相手側からすると「仲良くなったと思ってるのは自分だけなのかも」と、寂しい思いをする事にもなるのです。

腰が低い人は裏がある

腰が低いからと言っていい人しかいないと言うわけではありません。中には、自分の要求を通しやすくするためにわざとへりくだった態度をとって相手に近づこうと考える人もいます。

仕事の場で立場の弱い人が強い相手に対して腰を低くするのは良くある事ですが、相手を騙してまで利益を得ようとする人や、無理なお願いを聞いてもらおうとする人ほど、必要以上にへりくだった態度で近づいてきたりもします。自分の要求が通った時や、逆に通りそうにない・自分に利益はないと判断した時点で態度がガラリと変わるのも特徴です。

腰を低くする理由は?

相手を「騙そう」「自分の要求を通そう」と言う目的がある人が腰を低くするのはわかりますが、そうでない場合に腰を低くする理由とは何なんでしょう。

普段から誰に対しても腰を低くしている人の考え方の特徴を見ていきましょう。

1人になりたくないから

腰が低い人は「1人になりたくない」と言う気持ちが強いのが特徴です。争い事や揉め事を起こして自分の周りから人がいなくなるのを恐れていると言う気持ちもあります。

そういう人は、自分の意見を通してまで1人でいるよりも人の意見に賛同しながら誰かといると言う方が気持ちが安定するので、無理して腰を低くしているわけでも裏があるわけでもないのが特徴でもあります。

協力してもらいたいから

1人でいる事に抵抗がなくても腰が低い人と言うのもいます。そういう人は、周りから協力してもらいやすい環境を整えておくために日ごろから腰を低くしていると言う特徴もあります。

自分の力だけではどうにもならない事もあると言う事をよく理解している人に多いのですが、こういう人は、日ごろの態度が悪い人がいざという時に人を頼ったところで相手にしてもらえるわけがないと言う事を知っています。

そのため、「何かあった時は助けてもらいたい」と考える人や「1人でやるより人と協力し合う方が良いものができる」と思っている人は日ごろから人に対して腰を低くしているのですが、変にへりくだった態度をとる事はなく、裏のある人ではないと言うのも特徴です。

腰が低い人なのに評判が悪かったり嫌われる原因

腰が低い人だと言う事は「いい人」とまではいかないにしても、少なくとも自分にとっては「害がない人」なので、嫌われる事はないのが特徴なのですが、中には嫌われたり評判が悪い腰が低い人もいるのです。なぜなのでしょう。

腰が低い人なのに評判が悪かったり嫌われたりする原因を見てみましょう。

頭が高い・相手を見下していると勘違いされる

腰が低い人の特徴は、相手の事を持ち上げるかのように接する事ですが、この持ち上げ方によっては、まるで相手の事を馬鹿にしているかのような態度に見えてしまう事があるのです。

持ち上げる相手が自分よりも明らかに能力や立場が下の人の場合などは特になのですが、ただ単に「謙虚」なのを通り越して「へりくだった態度」になってしまっていると、持ち上げられている相手はもちろん、周りで見ている人にも相手を見下しているが故の態度に見えてしまうのです。

腰が低い人は頼み事が多いと思われる

人は、お願いや頼みごとがある時には申し訳なさから腰が低くなってしまうと言う特徴があります。普段は普通に接している人が急に腰を低くして接してきたら、ほとんどの人は「何か頼みごとがあるのだな」と気付くでしょう。

誰しもがそう言った経験をしている中で、もとから腰が低いと言う人が近づいてきても「また、自分に何か頼みたい人が近づいてきた」と思われてしまいやすいのです。

腰が低い人は警戒されやすい

頼み事同様、人を騙そうとしている人や何か裏がある人も初めは腰を低くしてターゲットに近づいてくると言う特徴があるため、ただ「腰が低い人が近づいてきた」と言うだけで警戒心を持つ人もいるのです。

自分の身を守る意識の強い人は、相手が誰であれ、相手の本性がわかるまでは信用しないものです。何を考えているのかわからない「腰が低い人」は、何かのきっかけがあるまではずっと警戒対象に入っているでしょう。

腰が低い人は舐められやすいのか?

腰が低いと言う事は、相手に自信のなさを感じさせることにもなります。これは、本当のところがどうなのかは関係ない事の方が多く、受け取り手の感じ方が大きく作用していると言う特徴があります。つまり、受け取り手の方が自分に自信がなく、自分よりも劣った人間を見つけては自分の存在価値を確かめたいと考えている人な場合、腰が低い人に対して「自分よりも劣ってる」と言うレッテルを貼って優位に立ちたいと言うだけなのです。

能力が高い腰が低い人が舐められたとき

本当に自分に自信がないために腰の低い態度になっている人もいるのですが、多くの場合、そう言った態度でいた方が事が上手く回ると言う事を知っているがために腰を低くした態度でいると言う人がほとんどです。

その事に気付かず、腰が低い人を舐める人と言うのは「自分の方が優れている」と言う事を周囲にアピールするかのように接すると言う特徴があります。

能力が高い腰が低い人は、そんな2人のやりとりを周りの人がどうゆう目で見ているのかと言う事くらい想像がつくので、自分が舐められたからと言ってムキになる事もなく、普段通りに接する事ができるのです。

腰が低い人ほど謙虚・偉いと思われる理由

ある程度の成功を収めているにも関わらず、周囲に気を配ったり腰を低くして接したりできる人がいますが、そう言った人たちの方が権力を振りかざして偉そうにふるまう人よりも周りからも「偉い人だ」と認められると言う特徴があります。

せっかく功績を収めても、自分の態度次第では周囲から認めてもらえないとなると悲しいですよね。周りからも「偉い」と思われる人は、どのような考え方で腰を低く接しているのでしょう。腰が低い人の考え方の特徴から、周囲からも認められる人間になる方法を学びましょう。

腰が低い人は謙虚だから

世間から認められている偉い人には「謙虚」と言う特徴があります。「ここまできたのは自分一人の力ではない」と、心の底から思っているため自然と周りの人に対して感謝の気持ちが湧いてくるので、接し方が丁寧になるのです。

誰でも「すごいのは自分の力だ」と言わんばかりの態度で横柄にふるまう人よりも、謙虚に感謝の気持ちを表してくれる人の方を応援したくなるものです。周りに感謝する気持ちを忘れず謙虚に接する事ができる人は、周囲からの後押しでさらに上に持ち上げられていく事にもなりますので、実力と人望が交互に積み重ねられていく事となるのです。

腰が低い人は目標が高いから

腰が低い人には目標意識が高いと言う特徴もあります。周りから見れば十分に成功を収めていると見えるような人でも、自分ではまだ納得しておらず「自分はまだまだ未熟だ」と思っているために周囲から見れば謙遜しているような態度に見えるのです。

これは、お金や肩書など「もっと多くのものを手に入れたい」と言う欲望なのではなく、自分よりもさらに知識や経験を持っている人がいるのに「すべてを知っているわけではない自分などまだまだだ」と言う目標意識の高さの表れなのです。

「自分はもう十分な成功を得た」と、それ以上上を目指そうとしない人は、周りの人間を「自分よりも下の人間」として扱う事で自分が上だと言う事を認めさせようとし始めますが、腰が低い人はいつになっても「まだ上を目指している途中」ですので、頭の中はこれからやりたい事でいっぱいなのです。

腰が低い人との付き合い方

腰が低い人に対して苦手意識を持っている人は、腰が低い人との上手な付き合い方を抑えておくと接し方がラクになるかも知れません。

「人を騙そう」など、悪意を持って近づいてくる人はごくわずかです。大抵の腰が低い人は純粋に「周りの人と上手くやっていきたい」と思っているだけなので、自分の意識の持ち方次第でお互いに良好な関係を築きやすくなります。

腰が低い人の性格や心理の特徴を理解ながら上手く付き合っていきましょう。

謙虚な面を真似する

腰が低い人の謙虚さは見習っておいて損な事はありません。特に「自分はいつも謙虚にしているつもりだ」と自信を持って言える人ほど注意が必要です。「自分は謙虚な人間だ」と自信を持っている人に限って謙虚と謙遜を間違えて使っていると言う特徴もあります。

本当に謙虚な人は「自分は謙虚だ」と胸を張って主張する事もありません。腰が低い人でも謙虚と謙遜の使い方を間違えている人はいますが、腰が低くて感じが良い人は真似したい謙虚さを持ち合わせている人です。自分にとってプラスになる良い謙虚さだけを真似しましょう。

自分から話の話題を作る

腰が低い人はあまり自分から意見や考えを主張しないと言う特徴があります。そのため、何を話して良いのかわからずに苦手意識を持っていると言う人もいるでしょう。

ですが、腰が低い人は会話をするのが嫌いだというわけではありません。意見を求められればしっかりと考えた上で自分の言葉で返してくれますし、好きな事の話題を振られれば楽しそうに話してくれます。

もしかしたら意外な共通点が見つかるかも知れません。苦手意識を捨てて自分の方から色々な話題を振って話のきっかけを作ってみましょう。

一方的に喋らない

腰が低い人に対して、自分の方から積極的に話題を振るのは話の幅を広げるために有効な手段ですが、話しているのが自分ばかりにならないように注意は必要です。

いつも自分ばかりが話してしまうと言う特徴のある人は、振った話題に相手が乗ってくれたり思ったよりも話が盛り上がってきた時は注意が必要です。楽しくなってついしゃべりすぎて、気付いたら自分ばかりがしゃべっていたと言う事がないように、話が盛り上がりかけてきた時ほど自分の言いたい事をグッとこらえて相手から話してもらうように心がけましょう。

そうする事で、普段は口数が少ない腰が低い人の色々な情報を引き出す事ができますので、次からも会話がしやすくなるでしょう。

困ったときに頼る

腰が低い人には親切な人が多いのが特徴です。困った時に「この人なら断らないだろう」と言うようないい人を頼ってしまう事で罪悪感を感じてしまう事もありますが、腰が低い人は嫌がらずに対応してくれるので、本当に困っている時には思い切ってお願いしてみましょう。

ただし、お金の問題など「人としてのモラル」が問われるようなお願い事は、よほどやむを得ない事情があるにせよ、頼っても良い相手といけない相手がいる事を忘れてはいけません。

一方的にお願いする関係にはならず、相手が困っている時には自分から進んで力になるようにもする事も、良い関係が築く上では必要な事です。

まとめ

人を騙したり自分の利益を得るためにわざと腰を低くしている人と言うのは、いくら形だけ腰を低くしてみたからといって、態度にすべてが表れているから警戒されるのかも知れません。そうでない場合は、自分の方に何らかの理由があって腰が低いと言うだけで「何か裏がある」と思い込んでいると言う可能性もあります。

腰が低い人には、争い事が嫌いな平和主義者が多いのが特徴です。秩序が乱れるのを防ぐために過剰な自己主張を控えていると言う場合がほとんどなのです。無理なお願いをしてくる人とは距離をとった方が良いですが、人と争いたくないと言うだけの腰が低い人にわざわざ波風を立てるような変な先入観を持たずに自然に接するのを心掛けると、穏やかな付き合いができるのではないでしょうか。

【関連記事】

話が長い人の心理や特徴は?対処法・改善する方法は?

内気な人の印象や特徴!いいところ・克服する方法は?

おとなしい人の特徴!長所・人気の理由や改善する方法は?

図太い人の特徴!なるために・対応方法は?

仕事しない人の心理や特徴!対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク