こじらせ男子の特徴!恋愛・アプローチは?直す方法や接し方

こじらせ男子

自分の人生の諸々をこじらせちゃっている「こじらせ男子」って、どんな人か知っていますか?

こじらせ男子とは、ものすごくナイーブで、常に後ろ向きで自分を否定ばかりしている困った男性のことです。周囲にいると、ちょっと扱いづらいなと感じている人も多いのでは? また、こじらせ男子との恋愛で困っている女性もいます。

最近、そんなこじらせ男子が急増し、取り扱い説明書も出版されるような事態になっているのだとか。さっそく実態を見てみましょう。

こじらせ男子の性格の特徴

こじらせ男子

まず、こじらせ男子の性格の特徴について代表的な「あるある」をリストアップしていきます。これから挙げる特徴が当てはまっている人ほど、こじらせ度が高いということです。

こじらせ男子は「でも・だって」が多くてネガティブ

こじらせ男子

こじらせ男子は会話の中に、「でも」や「だって」がとても多いという特徴があります。

たとえ自分が褒められているときでも、それを素直に受け止めることができません。「でも…」と、常に否定したくなってしまうのが、こじらせ男子だからです。

また、「だって」や「どうせ」という言葉も多く使います。そうしたネガティブな言葉を乱発するので、前向きな人は、こじらせ男子と会話をしていると、なんとなく疲れてしまうかもしれません。

こじらせ男子は優柔不断な性格

こじらせ男子はいつも迷っていて、何かを決断することが苦手です。いわゆる優柔不断な性格だといえるでしょう。

何を決めるのにも時間がかかります。レストランでメニューを選ぶときだって、どうしたらいいのか考えすぎてしまいがち。いろいろ考えすぎてしまうのです。

そんな態度は、特に女性をヤキモキさせがちです。

スポンサーリンク



こじらせ男子は自分に自信がない

こじらせ男子が優柔不断なのは、自分に自信がないことが大きな要因です。自分自身の決断を信頼できないのです。

そのため、「やっぱり別の選択があったかな?」「自分の考えは間違っているんじゃないかな?」「この決断をしたら、変に思われるんじゃないか」と、常に自分を否定しながら考えてしまうのです。

こじらせ男子は繊細・傷つきやすい

こじらせ男子は繊細で傷つきやすいからこそ、判断に迷うことが多く、自分を否定してしまいます。

つまり、自分を否定されることが人一倍怖いのです。ひとたび自分を否定されれば、ひどく落ち込んでしまうのです。そうなる前に自己防衛のために、自分で自分を先に否定しておくという一面もあるのでしょう。

とはいえこじらせ男子は、相手が否定しているつもりではないことも、「否定」として受け止めがちなので、さらに厄介です。

スポンサーリンク



こじらせ男子は素直になれない

繊細で傷つきやすいこじらせ男子ですが、本当は、自分の良いところをわかっている場合もあります。そんなときに素直に周囲にアピールできれば良いのですが、素直になれず、それができません。

だから、褒められているときでさえ、「でも」とか「それは違う」と、否定したくなってしまうわけです。

こじらせ男子は他人と比較しがちな性格

こじらせ男子がナイーブなのには、すぐに他人と自分を比較しがちな性格にもよるところが大きいのかもしれません。他人と自分をいつも比較して、自分が劣っているところばかりが気になってしまうのです。

しかも比較の対象を、その分野でレベルの高い対象としている場合も多く、「それは負けても仕方ないのでは?」というような対象を相手に負けて落ち込んでいるというパターンも目立ちます。

こじらせ男子は人に認めてほしい気持ちが強い

実は、こじらせ男子は人に認めてほしい気持ちが異様に強いのです。だから、少し認められるだけでは満足できずに、とことん認めてほしくなります。

求める基準が高くて、他人よりも相当優れていないと、自分で自分を認めることもできません。

スポンサーリンク



こじらせ男子はプライドが高い

ある意味、こじらせ男子はプライドが高いともいえるでしょう。人よりも自分が圧倒的に優れていないと納得できないのです。少し優れているだけではダメ。飛び抜けて優れていないと、プライドを保てません。

こじらせ男子はこだわりが強すぎる

こじらせ男子には、こだわりが強すぎるという一面も見られます。

こだわりが強くて、「こうあらねばならない」という思いが強いがために、思い通りにならないことに強いストレスを感じることがあります。

そのために、初めから思い通りにならなさそうなことには手を出さず、「どうせやっても無駄」とあきらめてしがいがちだという特徴があります。

固定概念が強くて人が離れていってしまう

そんなこじらせ男子のこだわり(固定概念)についていけない人は、どうしても離れていってしまいます。

たとえば恋愛においても、固定概念のせいで彼女を困らせたりします。こじらせ男子は彼女ができたら、彼女に自分の思い通りの動きを求めすぎてしまうのです。たとえば彼女は絶対にロングヘアでなければいけないとか、露出が多くてはいけないなど。自由を求める彼女からして見れば窮屈に感じて、もうおつきあいしたくない!なんて思うこともあるかもしれません。

スポンサーリンク



こじらせ男子は勇気がない

こじらせ男子は自分の得意分野では生き生きとしていることもありますが、苦手な分野になると、おとなしくなります。

というのも、自分の得意ではない分野に関して、人とコミュニケーションをとるための勇気がないからです。

失敗をすることや、人から変だと思われることを恐れているため、初めてのことにチャレンジする勇気が足りないタイプだといっていいでしょう。

こじらせ男子は意識高い系で夢は大きい

こだわりが強いこじらせ男子は意識高い系に多い傾向がみられます。けっこう夢は大きい場合が多いでしょう。

夢は大きいもののチャレンジはしていないという、残念なケースも多く見られます。

こじらせ男子は母性本能をくすぐられやすい

ちょっぴり面倒くさい印象があるこじらせ男子ですが、母性本能が強い女性から人気を集めることがあります。というのも、いつもイジイジとしていて悩みを抱えているように見えるこじらせ男子を、母性本能が強い女性は守ってあげたくなるからです。

また、そんな母性本能の強い女性を、自然と頼りにするこじらせ男子もいます。

こじらせ男子は保守的

こじらせ男子は保守的なタイプです。だからこそ、一度好きになったことにはとことんのめり込み、こだわります。

女性に対しても、一度好きになった女性にこだわり続けて、変化をすることを嫌います。そうした面が、保守的だと言えるでしょう。

スポンサーリンク



こじらせ男子はかまってちゃん

こじらせ男子はかまってちゃんでもあります。実は、常に注目を浴びていたい、自分を見ていてほしいと意識しています。

ネガティブ発言を連発するときなどは、実はかまって欲しいと思っているときかもしれません。

こじらせ男子はオシャレしない

こじらせ男子は、地味なファッションを選択しがちで、おしゃれはあまりしようとしません。

まず、オシャレの仕方がわかりません。無理にオシャレをしても、「どうせ自分に似合っていないのではないか」と意識をしすぎて疲れてしまうため、はじめからオシャレをすることをあきらめがちなのです。

こじらせ男子の行動の特徴

次は、こじらせ男子の行動の特徴を見ていきます。

こじらせ男子にありがちな行動には、どんなものがあるのでしょうか。

こじらせ男子は自分の趣味や好きなことに時間を費やす

こじらせ男子は、自分の世界を愛しています。なので、趣味や好きなことにのめり込み、時間も忘れて取り組みます。

その時に周囲に対する気遣いなどは、あまりありません。友人との交流や彼女との恋愛よりも、自分の趣味や好きなことが優先になりがちです。

その姿は、自己中心的にうつることもあるでしょう。

こじらせ男子は自分の得意な話しかしない

こじらせ男子は自分の世界の中で生きていますので、話をするときは、基本的に自分の得意な話オンリーです。

臆病なので、苦手な分野や、よく知らないことについて、話に対応しようとする気をなかなかもてません。

こじらせ男子は大人数の誘いを断る

こじらせ男子は参加者が大人数のイベントが苦手です。例えばバーベキューなどの集まりに誘われても、気が進みません。

たくさんの人がいる場所では意識が過剰になりすぎて、自分のこじらせ度がさらに上がってしまうことを自覚しているからです。

そのため、参加者が大人数だと思われるような飲み会などのイベントは、基本的にお断りするのが、こじらせ男子の基本的な行動スタイルです。

スポンサーリンク



こじらせ男子は空気を読めず余計な一言が多い

こじらせ男子は大人数が集まる場所を怖がっています。それは、「空気を読めず余計な一言を言ってしまうかもしれない」という恐れを感じていることも理由の一つです。

実際に、こじらせ男子は空気を読めず余計な一言を言ってしまいがちです。例えば、女性たちがただお互いに「そうだよねー」と共感しあっていれば満足な会話をしていても、「それじゃダメだよ」と正論を振りかざしてしまうことが多くあります。

そんなふうに、こじらせ男子は場の雰囲気を乱すような言動をしてしまいがちで、自分が空気を読めず余計な一言が多いそれを自覚しているからこそ、ますます自分をこじらせてしまうわけです。

こじらせ男子の恋愛の特徴

さてここからは、こじらせ男子の恋愛の特徴について見ていきましょう。

こじらせ男子のこじらせ具合は恋愛にも及び、恋愛に対しても難しさを感じ、スムーズにいかない面があるようです。

こじらせ男子は恋愛経験が少ない

こじらせ男子は女性に対する気持ちもこじらせているため、なかなか恋愛に一歩を踏み出せません。なので、恋愛経験が少ない傾向にあります。

実は恋愛をしたことがないという男子も珍しくはありません。

こじらせ男子は奥手でアプローチしない

こじらせ男子は、自分から女性にアプローチすることはないと言ってもよいでしょう。

こじらせ男子は自分が女性にどう思われるかを気にしすぎてしまうため、どうしても女性に対してものすごく奥手になってしまうのです。自分がアプローチした結果がどうなるか、確実に予想できなければ、自分からアプローチすることはありえません。

スポンサーリンク



こじらせ男子は過去の恋愛に傷ついている

こじらせ男子がナイーブになのは、過去の恋愛に傷ついていた経験のせいかもしれません。

女性にひどい対応をされて、「どうせ自分なんてダメだ」と、否定から入るようにプログラムされてしまっているのです。こじらせ男子は純粋なので、女性に気持ちをもてあそばれて、深く傷つきやすいのです。

こじらせ男子は1人の女性を思い続けている

ピュアなこじらせ男子は、一途で、1人の女性を思い続けていることも多いのもです。何回振られても、脈がなくても、一度好きになると徹底的にこだわってしまいます。

なぜだかわからないまま、気持ちを切り替えられずにいたりします。他の女性を新しく好きになる勇気がないのかもしれませんね。

こじらせ男子への恋愛のアプローチ方法は?

恋愛に対して後ろ向きなこじらせ男子を好きになってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

こじらせ男子への恋愛のアプローチ方法を探ってみましょう。

こじらせ男子に理解を示してあげる

まず、こじらせ男子は自分で自分のことを否定してばっかりいるくせに、他人から否定されることをひどく恐れています。そうした前提のもと、徹底的に寄り添い、理解を示してあげることを心がけましょう。

常ににこやかに、共感する態度を示し、優しくていねいに接するのです。乱暴な対応や、ダメ出しなどは、絶対にしてはいけません。

こじらせ男子の好きなことや趣味に興味を持つ

こじらせ男子に共感していることをわかりやすく示すためにも、共通の趣味や興味を持つようにするといいでしょう。

共通の趣味や興味を持っているとわかれば、こじらせ男子は安心して接することができるようになり、本心を少しは出せるようになり、距離がぐっと近づいてくるはずです。

こじらせ男子を気にかけてデートに誘う

こじらせ男子は自分からデートに誘うことはできませんから、女性から強気にデートに誘う必要があります。

そうしたときも、常に、こじらせ男子の立場に立って、気にかけている様子を示すといいでしょう。たとえば、釣りが好きな男子なら「釣りに行ってみたいな」とか、サッカーが好きな男子なら「一緒にサッカーが観戦してみたいな」など、相手の興味や趣味、得意分野を活かせる内容のデートを提案するのです。そうすることで、相手が誘いに乗りやすい状況を作ってあげるとデートは実現しやすくなります。

こじらせ男子に粘り強くアプローチする

こじらせ男子を誘うときは、一度断られてもあきらめてはいけません。相手は一度断ることで、相手の気持ちを試しているかもしれません。「断る」という選択は、相手の本心ではない可能性もあるのです。

なので、こじらせ男子には粘り強くアプローチするようにしましょう。何度も何度もアプローチして、やっと気持ちが伝わるということもあるのです。

かといって強引に迫ると引くだけなので、謙虚に優しく粘り強くがコツです。

スポンサーリンク



こじらせ男子を褒める

こじらせ男子は、褒められて伸びるタイプです。褒めても褒めても褒めすぎるということはありません。

もともとが異常なほどにネガティブなため、徹底的に褒められ続けることによって、ようやく自分は「褒められるに値する存在なんだ」と意識できるようになります。

こじらせ男子を甘えさせてあげる

こじらせ男子は甘えたいけれど、甘えられない。そんな素直ではない一面があり、「優しさ」に弱いところがあります。

なので、こじらせ男子を好きになったら、優しいお姉さんのように接して、とことん甘えさせてあげるといいでしょう。

こじらせ男子にストレートに思いを伝える

こじらせ男子に、まわりくどいことを言っても無駄です。こじらせ男子に思いを伝えたければ、ストレートに伝えないと伝わりません。

こじらせ男子は空気を読んで良いように察したりはしません。基本的にネガティブベースなので、いくら女性が自分に気があるように接していたとしても、「きっとからかっているだけなのだろう」などと、本気に捉えてはくれないのです。

こじらせ男子を癒してあげる

こじらせ男子は常に神経を繊細に尖らせて、ビクビクしながら生きています。なので、本能的に癒されたいと欲しています。

そのため、一緒にいて癒しを感じられる女性を見つけると安心して、好意を持ちやすいでしょう。

こじらせ男子を直す方法は?

ここからは、「こじらせ男子を直す方法」について考えていきます。ネガティブベースなこじらせ男子は、生きづらさを感じている場合が多いのです。少しでもこじらせ具合が直ってくれば、もっと魅力的な男子になれるかもしれません。

自分を受け入れて長所を探してみる

「こじらせ男子を直す方法」のステップ1としては、まず、自分自身のありのままを受け入れることです。「自分はこれでいい、このままでいいんだ」ということを、心に言い聞かせるのです。

そうすることでネガティブな感情に支配されず、心が強くなってきます。その上で、自分の長所を探してみましょう。どんな小さなことでもいいので、紙に書いていくと分かりやすいでしょう。

今話題の、マインドフルネスなどに取り組んでみてもいいかもしれません。

外見を変えてみる

外見から変わるのも、効果的な方法です。見た目を整えて、自分に自信を持てるようにしてみるのです。

かっこいいブランド物を持って見てもいいでしょう。髪型やメガネを今時仕様にすれば、かなり印象は変わります。

とにかく外見に自信を持てるようにすれば、中身も伴ってくる確率は高いのです。

ポジティブな言葉を使うことを意識する

使う言葉を変えることも有効です。「だって」とか「でも」という否定言葉を使わないように心がけ、できるだけ前向きな言葉を使うように意識してみるのです。

そして、何事においても「良かった」で追えるように心がけてみてはどうでしょうか。たとえば、ちょっと嫌なことがあっても、「今嫌なことがあったから、あとはいいことばかりになるはずだから良かった」など、できるだけポジティブに物事を捉えるように心がけるのです。いきなり変わるのは難しいかもしれませんが、意識するだけでもいいので、心がけてみましょう。

こじらせ男子との接し方

同僚や友達にこじらせ男子がいると気になりますよね。なんとかして励ましてあげたいという気持ちにさせられる人も多いかもしれません。

ここでは、そんな身近にいるこじらせ男子に対して、どのように接していけばいいのかを考えてみましょう。

褒めて少しずつ自信をつけさせてあげる

ここでもやはり大切なのは、「褒める」ということです。

こじらせ男子は褒められないと、どんどん弱くなっていってしまいます。こじらせ男子にとって褒められることは、食事で栄養をとることと同じです。栄養不足になってしまわないように、常に褒め続けて、こじらせ男子が自信を持てるように接してあげましょう。

こじらせ男子の話を否定しない

こじらせ男子は自分の話を否定されると、一気に自信を失います。坂道を転げ落ちるがごとく、それまでに積み上げてきた自信を、一気になくしてしまうのです。

なので、こじらせ男子とよりよく接していきたいのであれば、こじらせ男子の話は否定しないように気をつけましょう。

こじらせ男子へのNG行動は?

改めて、「こじらせ男子へのNG行動」についてまとめます。

こじらせ男子をさらに面倒な存在にしたくなければ、以下の行動に気をつけて接していくと良いでしょう。

こじらせ男子にダメ出しをする

こじらせ男子へのダメ出しは危険です。できるだけダメ出しはしないように気をつけましょう。

ひとたびダメ出しをされれば、こじらせ男子は一気に生気を失い、心を閉ざします。以後、コミュニケーションをとってもらえなくなってしまいます。

こじらせ男子に説教する

こじらせ男子に説教することもまた、やめた方がいいでしょう。

説教されてもマイナスに捉えて、「どうせ自分なんて」と落ち込むだけで状況の改善にはつながらず、それどころかさらに状況を悪化させるだけで、説教する側から言えば、説教する甲斐がないといえるでしょう。

こじらせ男子に嘘をつく

こじらせ男子に嘘をついてはいけません。

こじらせ男子は周囲を信頼しておらず、常に疑ってかかっています。そのため嘘をつかれているとわかれば、回復できないところまで関係が壊れてしまいます。

こじらせ男子を見放す

こじらせ男子に対して、見放すような言動も避けるべきでしょう。前述したように、こじらせ男子は「かまってちゃん」なので、見放されるとかなりショックを受けてしまいます。

こじらせ男子との人間関係を大切にしたければ、見放すことはせずに常に親身になってかまってあげるように心がけましょう。

こじらせ男子に迫る

こじらせ男子は無視されるのは嫌なのですが、かといって常につきまとわれたり、強く迫られることはもっと嫌だったりします。

特にグイグイと強く迫られたりすると、困って思考を止めてしまいます。

こじらせ男子が話を聞いていないと断定する

こじらせ男子がぼーっとしているように見えても、話を聞いていないと断定するのはやめましょう。話が噛み合っていないように感じるときもあるかもしれませんが、同様です。

こじらせ男子なりに、努力して話を聞いているつもりかもしれません。断定する前に、本当は聞いているのかもしれないと、きちんと確認してあげましょう。

スポンサーリンク



こじらせ男子の人格を否定する

こじらせ男子は全般的に否定されることを嫌いますが、中でも最もされたくないことは、人格の否定です。

人格を否定されることは、こじらせ男子だけでなく、すべての人が嫌なことですよね。

こじらせ男子だって、好きでこじらせているわけではないのかもしれません。まずは、こじらせてしまっている本人のことを受け入れ、人格まで否定しないようにしましょう。

こじらせ男子に理屈で返す

こじらせ男子に理屈で返すこともNGです。

こじらせ男子は、自分なりの理屈を持っていることが多いものです。なので理屈で戦おうとすると、さらに理屈で返されて、理屈と理屈の応戦となり収拾がつかなくなります。

まとめ

ここまで、「こじらせ男子」について、さまざまな角度から分析してきました。参考になりましたか?

「こじらせ男子」とより良く付き合っていくためには、まず、共感して、「自分はあなたの味方なのだ」としっかりアピールしていくことがポイントです。

身近な人がこじらせ男子の場合でも、深く知ることで、相手との関係性が変化することもあります。もしもこじらせ男子に好意を持っているのなら、ぜひ相手の得意分野に入り込んでみましょう。そうしたステップを経て、相手の心を開くようにしていけるといいですね。

【関連記事】

うさぎ系男子の特徴!恋愛の傾向や落とし方・攻略方法は?

サブカル男子の特徴!髪型やファッション・恋愛・落とし方は?

ツンデレ男子の特徴!恋愛や相性の良い女性・アプローチ方法&脈あり・なしは?

ヤンデレ男子の特徴!恋愛や女性が付き合いたい理由・付き合い方は?

奥手男子の特徴!恋愛観・アプローチ方法・脈ありサインは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク