暗い人の心理や特徴は?原因や嫌われるor好かれる理由は?

周りから「あの人って暗いな…」と思われてしまう人には、どんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、暗い人の心理や特徴について見ていきたいと思います。

暗い人は仕事で嫌われやすいですが、逆に好かれることもあるようです。

学生の頃は「暗い人は嫌だから関わらなければいいや」と思えるかもしれませんが、社会人になればそうも言っていられません。

暗い人と上手に付き合っていく方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

暗い人の心理

まずは、暗い人の心理から紹介していきます。

暗い人は、どんなことを考えているのでしょうか。

暗い人の心理1:過去のトラウマや失敗から自分に自信がない

暗い人の心理には、過去のトラウマや失敗から自分に自信がないことが挙げられます。

実は暗い人には、過去に嫌な経験やトラウマになるような経験をしてきたという人が多いもの。

たとえば恋人や友人に裏切られたなどの経験があると、「自分なんてダメなんだ」と思ってしまいますよね。

こうした経験から自信をなくし、ネガティブな思考になることで「暗い人」になってしまうのです。

暗い人の心理2:人と関わりたくない

暗い人の心理には、人と関わりたくないことが挙げられます。

人付き合いが苦手でできることなら避けたいと思っているので、積極的に周囲から孤立しようとしていきます。

周囲で笑い声などが聞こえると、つい「自分のことを笑っているのではないか」「バカにされているのではないか」などとマイナスなことばかりが頭をよぎってしまいます。

スポンサーリンク



暗い人の心理3:今まで辛い人生を送ってきた

暗い人の心理には、今まで辛い人生を送ってきたことが挙げられます。

たとえば小さい頃、家族の仲が悪かった、両親が離婚したなどのヘビーな経験が引き金になっていることもあります。

暗い人は周りから嫌なやつだなと思われてしまいがちですが、それは単純に気持ちをオープンにしたくないから。

気持ちをオープンにしてまた辛い経験をしたくはないため、心が拒否してしまっているのです。

暗い人の心理4:自分のことを知られるのが恥ずかしい

暗い人の心理には、自分のことを知られるのが恥ずかしいというものが挙げられます。

自分のことを知られるのは恥ずかしいので、できるだけ知られたくないと思っています。

そのため周囲を拒絶したり、口数が減ったりしてしまうのです。

また、言葉を交わすと緊張してしまうことから、口数が減ってしまうことも。

このケースでは、「話しはしたいけれど、何を話したらいいのか分からない」という気持ちも加わっていますので、より暗い人と思われてしまうかもしれません。

暗い人の特徴

暗い人の特徴について、お話しします。

暗い人には、共通する特徴がいくつかあるのですが、それは一体何なのでしょうか。

暗い人に共通する特徴は、こちらです。

暗い人の特徴1:後ろ向きで悪いことばかり想定する

暗い人の特徴には、後ろ向きで悪いことばかり想定することが挙げられます。

暗い人の頭の中は、基本的に「後ろ向きな考え」に支配されているといっても過言ではありません。

「もしこんなことが起こったら」

「もしミスをしたら」

など、本当に起こったら嫌なことばかりを語ってしまいます。

暗い人の特徴2:全てが否定的

暗い人の特徴は、全てが否定的なことが挙げられます。

暗い人は、基本マイナス思考です。

頭の中は否定的な考えのみなので、暗いオーラが漂っているといってもいいでしょう。

何かを勧められても、「でも…」「だって」と否定的なことを言うばかりで、チャレンジしようとしないのも、暗い人の特徴の1つです。

暗い人の特徴3:ネガティブな内容の会話ばかりする

暗い人の特徴には、ネガティブな内容の会話ばかりすることが挙げられます。

暗い人と話していると、常にその会話の内容はネガティブなものばかり。

ネガティブなことばかりを繰り返すので、周囲の人まで暗い気持ちにさせてしまいます。

人と話すときに、自分の頭の中にあるネガティブなことを言葉にしてしまうため、周囲が引いてしまうことも少なくありません。

暗い人の特徴4:目立たないようにする

暗い人の特徴には、目立たないようにすることが挙げられます。

暗い人は、基本的に目立つことを避ける傾向が強め。

自分をオープンをさらけ出すことをしないので、できるだけ自分の存在を主張しないようにしています。

自分をさらけ出すことにはデメリットしかないと思っているので、いかに目立たないようにするか?を常に考えているのです。

スポンサーリンク



暗い人の特徴5:悲愴感が漂っている

暗い人の特徴には、悲壮感が漂っていることが挙げられます。

ネガティブな感情ばかりに支配されていても、ネガティブなことを言うときに冗談っぽく笑えるようなタイプなら、「暗い人」とは思われないでしょう?

こういうタイプの人は、頭の中はネガティブであっても、自己否定感が高くはないのです。

自己否定感が強く、なおかつ悲壮感が漂っていると、その人がネガティブなことを考えているかどうかに関わらず、暗い人と見えてしまうのかもしれません。

暗い人の特徴6:笑顔が少なく無表情

暗い人の特徴には、笑顔が少なく無表情なことが挙げられます。

暗い人は、楽しそうに笑うことがほとんどありません。

そもそも表情を崩すことがほとんどないため、「何を考えているのか分からない」と思われがち。

笑顔がなくて無表情のままでいると、暗い人と思われてしまうのも納得ですよね。

暗い人の特徴7:自宅に引きこもりがち

暗い人の特徴には、自宅に引きこもりがちなことが挙げられます。

暗い人は、外に出てアクティブに活動するよりも、自宅に引きこもっているほうが好きな人が多いです。

自宅に引きこもり、もくもくと趣味に没頭していることでしょう。

周りの人に遊びにいこうと誘われても、出掛けることを面倒だなと思ってしまい、「用事があるから無理」と断ることも少なくありません。

スポンサーリンク



暗い人の特徴8:口数が少ない

暗い人の特徴には、口数が少ないことが挙げられます。

ただ単に人と話したくないと考えている人もいますが、「話したいけれど何を話したらいいのか分からない」ため、結果として口数が少なくなるケースもあります。

相手とどう接していいか分からず、接し方を考えているうちに口数が減ってしまうのです。

暗い人の特徴9:人とどのように接していいか分からず黙る

暗い人の特徴には、人とどのように接していいか分からず黙ることも挙げられます。

口数が減ることと似ているのですが、接し方が分からなくて一言も言葉を発することができない、なんてことも。

人とどう会話に入ればいいのかが分からなくて黙っているので、つい周りからは「不機嫌」「怒ってる」などとあらぬ誤解を受けてしまうことも少なくありません。

暗い人の特徴10:初対面の人や新しい環境に適応できない

暗い人の特徴には、初対面の人や新しい環境に対応できないことが挙げられます。

初対面の人とは接し方が分からず、新しい環境にはなじめません。

どうコミュニケーションをとればいいのかを悩んでいるうちに、次第に陰気なオーラが漂ってしまい、周囲から敬遠されてしまいます。

本人は新しい環境になじめないだけでも、周囲からは「変な人」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

スポンサーリンク



暗い人の特徴11:周りの人に合わせようとしない

暗い人の特徴には、周りの人に合わせようとしないことが挙げられます。

たとえば自分の周りで楽しそうにワイワイ盛り上がっているとしても、暗い人はポーカーフェイスを貫こうとします。

自分の周りでワイワイ騒いでいる人のことは、正直なところ「うっとうしい」としか思いません。

よく、本当は楽しいとは思わないのに、仲間に入るために楽しいふりをして過ごす人もいますが、暗い人はそんなふうに周りに合わせようとはしないのです。

暗い人の特徴12:自分中心で他人に興味がない

暗い人の特徴には、自分中心で他人に興味がないことが挙げられます。

暗い人は、基本的に「他の人のことはどうでもいい」と感じています。

他人に興味がないのです。

そのため他人の意見や考えを寄せ付けようとしません。

「こんなふうにしてみたら?」と提案されたとしても、自分の考えを否定してまでやってみようとは思わないのです。

暗い人の根底には自分中心という気持ちがあるため、他人に興味はありません。

暗い人の特徴13:自分で物事を完結させようとする

暗い人の特徴には、自分で物事を完結させようとすることが挙げられます。

他人のこと、そして他人とコミュニケーションをとることが得意ではないので、人に相談することは大の苦手。

そのため何かあっても、自分の中で結論を出して、自分だけで物事を完結させてしまいます。

他の人の意見を聞くことで、もっと良いものになるとしても、相談することができないのです。

自分だけで物事を完結させてしまいますから、チームワークが重要な仕事では、たびたび煙たがれることも多いです。

スポンサーリンク



暗い人の特徴14:受け身で待ちの姿勢が多い

暗い人の特徴には、受け身で待ちの姿勢が多いことが挙げられます。

暗い人は、自分から話しかけることはほとんどありません。

自発的に何かをすることが苦手であるため、人と協力することも苦手です。

そのため、仕事などで何か分からないことがあったときでも、自分から聞くことができずに、「どうしたの?」「何か分からないところがあった?」と聞かれるのを待っています。

暗い人の特徴15:猫背気味

暗い人の特徴には、猫背気味であることが挙げられます。

人は、自信に満ち溢れているときには胸を張って堂々としているもの。

しかし逆に自信がないときには、うつむきがちで猫背気味になってしまいます。

猫背で姿勢が悪いと、なんとなく負のオーラが漂っているような気がしますよね?

暗い人は、姿勢も悪く猫背気味の人が多いのです。

暗い人と思われてしまう原因は?

では続いて、暗い人と思われてしまう原因について見ていきましょう。

たとえ本心では楽しいことが大好きであっても、周囲からは「暗い人だよね」と思われているかもしれません。

暗い人と思われてしまう原因には、こんなものがあるようです。

1,ボソボソとした喋り方・声が小さい

暗い人と思われてしまう原因には、ボソボソとした喋り方をしたり、声が小さいことが挙げられます。

明るい人は、元気よく大きな声で話すイメージがあるでしょう?

つまり、明るい人のイメージと真逆な人は、暗い人だと思われやすくなります。

確かに、小さな声でボソボソと喋っていると、何を言っているのか分かりません。

人とのコミュニケーションにおいて、会話が成立することは最低限の条件といっても過言ではないでしょう。

ボソボソと小さな声で喋っている人は、その最低限のことすらもできないため、暗い人だと思われてしまいます。

2,暗い・笑顔が少ない・表情がない

暗い人と思われてしまう原因には、暗い、笑顔がない、表情がないことが挙げられます。

笑顔がなく表情もないと、愛想がなく気持ちも伝わりません。

楽しいなら笑う、嫌なら怒るという当たり前のことすらもできないと、暗い人と思われてしまうのは仕方がないですよね。

周囲からも、「何を考えてるか分からなくて不気味」「場を盛り下げる人」といった、不快感を与えてしまうことも多いです。

3,話の内容がネガティブ

暗い人と思われてしまう原因には、話の内容がネガティブなことが挙げられます。

「でも、だって、どうせ」といったマイナスな言葉がすでに口癖になっており、人からどう思われているかが気になって仕方がないのです。

自分や他人にネガティブな言葉でダメ出しばかりをしているので、周囲までネガティブな気分にしてしまうことも。

話すことが常にネガティブだと、「一緒にいて楽しい」という印象は与えません。

話の内容がネガティブなものばかりであることは、真意に関わらず暗い人と思われてしまいますので気を付けましょう。

スポンサーリンク



4,集団に属さず自分の世界に入っている

暗い人と思われてしまう原因には、集団に属さず自分の世界に入っていることが挙げられます。

特に女性は、グループを作って行動しがち。

集団に群がることなく自分の世界に入っていると、明らかに周りから浮いて見えますよね。

本来ならば協力するべきところでも、一人で動こうとするため、「協調性がない」「自分勝手」と思われてしまうこともしばしば。

自分の世界に入ることは悪いことではありませんが、大人として、協力するべきところでは協力しなくてはいけません。

5,誘われてもノリが悪い

暗い人と思われてしまう原因には、誘われてもノリが悪いことが挙げられます。

飲み会などで同じように盛り上がれなかったり、遊びに誘われても断ってしまったり。

日本人は、周りの意見に同調しない人を「ネクラで嫌な人」「空気が読めない人」として避ける傾向があります。

そういうイメージがついてしまうため、ノリが悪いと暗くて嫌な人だと思われてしまうのかもしれません。

6,黙っていて何を考えているのか分からない

暗い人と思われてしまう原因には、黙っていて何を考えているのか分からないことが挙げられます。

自分の考えを言葉にして伝えられないと、それだけで「暗い」と思われてしまいます。

時には、何を考えているのか分からないので不審者扱いされてしまうことも。

私たちはエスパーではないので、他人の考えていることや気持ちを読み取ることができません。

きちんと言葉にしないと、相手には伝わりませんよね。

黙っていると変な人と思われるので、周囲からも孤立しがちになってしまいます。

暗い人が仕事で嫌われる理由は?

暗い人は仕事で嫌われやすいのですが、その理由とは一体何なのでしょうか。

職場に暗い人がいると、「あの人とは一緒に仕事をしたくないよね」と言われがちですが、それほどまでに嫌われる理由について、調べてみました。

1,仕事を任せにくい

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、仕事を任せにくいことが挙げられます。

暗い人は行動力がなくコミュニケーション能力も低いと思われやすいため、「しっかり仕事をしてくれないのでは」と不安がられてしまいます。

確かに暗い人は初めてのことになかなかなじめないことが多いので、仕事を回しにくいのです。

2,楽しくない・気が滅入る・自信が削がれる

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、楽しくない、気が滅入る、自信が削がれるというものがあります。

暗い人はネガティブなことばかりを連発しますので、一緒にいても楽しいとは思えません。

仕事は楽しくやったほうが効率がよくなると考える人も多いので、ネガティブなことばかり言われていたのではうんざりしてしまいますよね。

気分の滅入ることが続くと、疲れてしまいます。

スポンサーリンク



3,チャレンジ精神が少なく仕事が進まない

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、チャレンジ精神が少なく仕事が進まないことが挙げられます。

暗い人は何でも無理だと思っているので、新しいことにチャレンジしようと思いません。

仕事では、常にチャレンジ精神が重要な場面が多いですよね?

暗い人といるとその人にチャレンジ精神がないため仕事が進まないどころか、一緒にいるこちらのチャレンジ精神まで削がれてしまいます。

4,声が小さく何を喋っているか分からないから

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、声が小さく何を喋っているか分からないからというものがあります。

暗い人は小さな声でボソボソと喋るため、何を言っているのか分かりません。

仕事において、会話でのコミュニケーションや意志疎通は必要不可欠。

それすらもできないためイライラしやすく、一緒にいると嫌になってしまうのです。

5,協調性がなく目標達成の意思を感じないから

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、協調性がなく目標達成の意思を感じないからというものがあります。

暗い人はノリが悪く、人に合わせることをしようとしません。

仕事は集団で行うプロジェクトもありますから、そこでノリが悪くて周囲に合わせようとしない人は、チームとしてマイナスのイメージを持たれてしまっても仕方がないですよね。

「一緒に頑張ろう」「目標を達成するために頑張ろう」という意志が見えず、一緒に仕事をすることをためらわれてしまうのです。

6,職場の雰囲気を悪くすると思われるから

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、職場の雰囲気を悪くすると思われるから、というものがあります。

暗い人からはネガティブなオーラが漂っており、その人の周りの空気まで暗く陰湿な感じがすると感じる人も少なくありません。

そういうイメージから、職場全体の空気もネガティブになり、雰囲気が悪くなると思われてしまいます。

7,暗い人が集まると悪口になってしまう

暗い人が仕事で嫌われやすい理由には、暗い人が集まると悪口になってしまうということが挙げられます。

暗い人の発することは、基本ネガティブなこと。

そういうネガティブなことというのは、集まると悪口に聞こえることも少なくありません。

職場で悪口を言うのは論外ですので、こちらも雰囲気が悪くなるという理由から、嫌われやすいのだといえそうです。

暗い人が好かれる理由は?

しかしその一方で、暗い人が好かれる理由についても調べてみました。

暗い人は嫌われやすいイメージが強いですが、実は暗い人だからこそ好かれるなんてことも。

暗い人が好かれる理由はこちらです。

1,物静か・喋らないので聞き上手

暗い人が好かれる理由には、物静かで喋らないので聞き上手というものがあります。

暗い人は自分からがつがつと話したりしないので、会話の中では基本的には聞き役に回ることが多いでしょう。

また、口も軽くないため秘密を守ってくれそうということもあり、「話しやすい」のです。

普段は誰にも言えないようなことも、暗い人が相手なら話せるという人も少なくありません。

2,一緒にいて疲れない・安心感がある

暗い人が好かれる理由には、一緒にいて疲れない、安心感があることが挙げられます。

暗い人は日常においてもテンションが高くはないので、こちらも一緒にいても疲れることがありません。

基本的な会話のキャッチボールですら全力投球でくる人がいますが、普通の会話から全力投球では疲れてしまいますよね。

暗い人はテンションが高くないため、話していても疲れると感じることがほとんどないのです。

スポンサーリンク



3,積極的ではない分思慮深い

暗い人が好かれる理由には、積極的ではない分思慮深いことが挙げられます。

コミュニケーションに積極的に参加しないということは、言い換えれば他人の話をよく聞き、話の中身について考えているということ。

物事について深く考えることができるため、うわべで判断することもありません。

4,独自の世界観がある

暗い人が好かれる理由には、独自の世界観があることが挙げられます。

暗い人は、人と関わるよりも自分の時間を過ごすことに重きを置いています。

その人にしかない世界観や雰囲気を、魅力的だと感じる人も多いものです。

悪くいえば暗い人は陰湿な感じですが、良くいえばミステリアスな雰囲気があるということなのでしょう。

5,よき理解者になってくれる

暗い人が好かれる理由には、よき理解者になってくれることが挙げられます。

暗い人は自分自身が過去に嫌な経験などをしていることも多いので、人生や人間関係に悩んだとき、その苦しさを理解して受け入れてくれる人が多いのです。

聞き上手で話しやすいことも重なって、暗い人はよき理解者になってくれることでしょう。

暗い人との付き合い方

暗い人との付き合い方についてお話しします。

暗い人と付き合わなくてはならないとき、どうすればうまく付き合うことができるのでしょうか。

1,暗い人の好きなことや趣味の話で盛り上がる

暗い人との付き合い方には、暗い人の好きなことや趣味の話で盛り上がることが挙げられます。

暗い人も、自分の好きなことや趣味についての話題であるなら、話しやすいのではないでしょうか。

暗い人の好きなことや趣味についてリサーチしておき、会話のネタにしていきましょう。

2,質問を中心に会話を広げていく

暗い人との付き合い方には、質問を中心に会話を広げていくことがおすすめです。

暗い人は他人にはあまり興味がないため、あなたが自分のことをいくら話しても聞き流してしまうことでしょう。

しかし暗い人も、自分のことについては話してくれるかもしれません。

そのためあなたが暗い人への質問を中心に話題を振っていき、暗い人が答えやすくしてあげればいいのです。

そうすれば、ある程度は会話も続くようになるはずですよ。

3,自分が会話をリードする

暗い人との付き合い方では、自分が会話をリードするようにします。

暗い人が自分から積極的に話せないタイプであるなら、なおさらあなたが会話の主導権を握るようにしましょう。

会話が途切れたら別の話題にするなど、上手に会話をリードしてあげることが大切です。

その人その人の性格に合ったコミュニケーションを心がけていきましょう。

スポンサーリンク



4,無理して深い関係を築かない

暗い人との付き合い方では、無理して深い関係を築かないことも大切です。

もしかしたら相手も、誰かと深い関係にはなりたくないと思っているかもしれません。

同じ職場であるなら、最低限仕事の話が差し支えなくできる関係であればいいわけです。

それなりの距離感を保つことも、お互いを尊重した結果になることもある、ということを覚えておきましょう。

5,暗い人に根拠のない励ましはしない

暗い人との付き合い方では、暗い人に根拠のない励ましはしないようにします。

暗い人は基本マイナス思考ですから、根拠のない励ましをされても余計に不安になるだけなのです。

場合によっては、バカにされていると感じることもあるかもしれません。

もちろんフォローは大切ですが、その際は根拠のあるフォローをするようにしてください。

暗い人が明るい人になるために

暗い人が明るい人になるためには、どうすればいいのでしょうか。

暗いことはデメリットになることがあっても、明るいことがデメリットになることはほとんどありません。

明るくなりたいと思うのなら、まずはこれらから実践してみましょう。

1,姿勢を良くする

暗い人が明るい人になるためには、姿勢を良くすることがあります。

うつむきがちで猫背だと、自信がなさそうで暗く見えてしまうもの。

胸を張って堂々としているだけでも、印象はかなり変わるはずです。

まずは姿勢を良くして、堂々とすることから始めてみましょう。

2,自分が困ってることを素直に口に出す

暗い人が明るい人になるためには、自分が困ってることを素直に口に出すようにします。

たとえば、人とコミュニケーションをとりたいけれど、どうやればいいのか分からない、何を話せばいいのか分からないのなら、素直にそのことを口に出すのです。

そうすれば、少なくとも周りからあらぬ誤解を受けることはなくなりますよね。

「何を話していいのか分からない」と伝えておけば、周りも上手に会話をリードするなどして、暗い人が話しやすい環境を作ってくれることでしょう。

3,大きな声で笑ってみる

暗い人が明るい人になるためには、大きな声で笑ってみるようにします。

ネガティブな考えばかりをしていても、笑っていれば暗い人だとは思われません。

嬉しいときや楽しいときは、大きな声で笑うようにしましょう。

笑っていれば、暗さとは無縁になれるはずです。

暗い人が向いている仕事

そんな暗い人が向いている仕事には、どんなものがあるのでしょうか。

暗い人は仕事では嫌われやすいと言いましたが、暗い人の性格が重宝する仕事もあるのです

1,アート・芸術系

暗い人が向いている仕事には、アートや芸術系の仕事があります。

暗い人は独自の世界観があるので、自分の中のイメージをアートの世界で具現化することができるのです。

唯一無二の作品ができあがることでしょう。

2,開発などの技術職

暗い人が向いている仕事には、開発などの技術職があります。

技術を必要とする職業では、黙々と集中する気質が発揮されるもの。

打ち合わせなども専門的な内容がメインになるため、暗い人独自の考えを発揮することができるでしょう。

3,個人事業

暗い人が向いている仕事には、個人事業があります。

パソコンやメールを使ってやり取りをする仕事、個人事業であれば、自分で仕事を完結することができます。

誰かと一緒に何かをやり遂げるのは苦手でも、一人で黙々と作業をすることは好きなので、個人事業ならばストレスなく仕事に打ち込めると思います。

まとめ

暗い人の心理や特徴、嫌われるor好かれる理由について紹介しました。

暗い人には、自ら進んで他人との関わりを絶っているタイプもいれば、どう接していいか分からずに気づいたら暗い人と言われていたというタイプもいます。

どちらにせよ、仕事ではマイナスのイメージが先行して嫌われやすいので、気を付けなくてはなりません。

【関連記事】

無関心な人の特徴!仕事や心理・接し方は?

自己肯定感が低い人の特徴は?原因や高める方法は?

誠実な人の特徴!男性・女性の恋愛・仕事や誠実になる方法は?

奥手男子の特徴!恋愛観・アプローチ方法・脈ありサインは?

優男の特徴!外見・損をする理由・モテる&モテない人の違いは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク