マリーゴールドの花言葉の意味!黄色・オレンジなどを紹介!

目に映るだけで元気をもらえそうな美しいマリーゴールドの花。単体だけでなく寄せ植えの花としても大変人気のある品種です。

今回は日本でも春から秋にかけて楽しめる花、マリーゴールドの世界を花言葉の意味と共にご紹介します。

マリーゴールドの花言葉の意味と由来

明るく生き生きとした花色とは対照的に、暗くネガティブな意味を多く持つのがマリーゴールドの花言葉です。全般には「嫉妬」「悲しみ」「絶望」「悪をくじく」「別れの悲しみ」と残念ながらどれを取っても見た目の印象とは結びつかないダークな世界。かろうじて「友情」や「健康」の意味で表されることもありますが、どうしてもマイナスな意味の方が勝っているように感じます。

実はこれ、マリーゴールドに限ったことではなく、なぜかイエロー系の花色に多い花言葉の傾向と言ってもいいものです。例えばレッド系では愛や情熱を表すバラも、黄色になると「薄らぐ愛情」といった風に意味合いがズレてきます。

花言葉は、見たままの姿を言葉にしたものと由来となるエピソードにちなんだものなど多種多様ですから一概に良い意味ばかりとは限りません。贈り物としてはポピュラーな花も、その色だけに注目してみればかなりニュアンスの違うものもあって時に注意を必要としそうです。

スポンサーリンク



英語のマリーゴールドの花言葉

では花言葉発祥の地である海外ではどういった表現が使われているのか見てみましょう。英語では嫉妬を意味するjealousy、絶望のdespairに加え悲嘆を表すgriefという表現が用いられています。やはりこちらもマイナス思考の意味が多いようですね。

イエロー系の花にネガティブな意味が多い理由の一つに、キリスト教との関係性が言われています。

新約聖書には、キリストの13人の弟子の一人であるユダという人物が登場します。ユダはキリストが十字架刑に処せられるきっかけを作った裏切り者として描かれており、キリスト教におけるユダの存在は裏切りを表す代名詞と言ってもいいくらいなのです。

黄色はこのユダが着ていた衣の色でもあることから、この色をまとった花にはネガティブな花言葉が付いていると言われています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク