負けず嫌いな人の特徴や心理!長所や短所・なる&直す方法は?

負けず嫌いな人

何かにつけて、絶対に負けたくないという強い気持ちをもっている人を負けず嫌いな人といいます。

負けず嫌いな人はあなたの傍にもいるでしょうし、もしかするとあなた自身が負けず嫌いということもあるでしょう。

負けず嫌いであることは、決して悪いことではないのですが、行きすぎると周りから疎まれてしまうかもしれません。

ここでは、改めて負けず嫌いな人の特徴や心理についてまとめてみました。

長所や短所、良い意味でなる方法、そして負けず嫌いを直す方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

負けず嫌いの意味とは?

まずは、負けず嫌いの意味から確認していきましょう。

負けず嫌いとは、人に負けることが嫌いな性格のことをいいます。

何につけても負けたくないというよりは、自分の得意分野について「負けたくない」という気持ちが強いです。

負けず嫌いな人の競争心は、表に出る人もいれば出ない人もいるので、目に見えてわかる人だけが負けず嫌いというわけではありません。

「負けたくない」という気持ちは誰しもが多少は持ち合わせているものだと思うので、誰でも多少は負けず嫌いだとも言えそうです。

負けず嫌いな人の特徴

負けず嫌いな人

まずは、負けず嫌いな人の特徴から見ていきましょう。

負けず嫌いな人とは、「人に負けることが嫌いな性格」の人だという話をしましたが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。

負けず嫌いな人の特徴は、こちらです。

1,負けず嫌いな人は向上心が強く大成する人が多い

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は向上心が強く大成する人が多いことが挙げられます。

負けず嫌いな人は、負けないため、勝つために目標をしっかりと立てて、それを達成するための努力を惜しみません。

目標を達成できなければ、自分自身に負けることになるからです。

また、負けず嫌いな人は立てた目標を1つクリアすると、すかさず次の目標を立てます。

そうして次の目標も達成するべく努力を重ねますので、結果として大成する人が多いと言われているのです。

何につけても、上を目指すというのは素晴らしいことですね。

2,負けず嫌いな人は人にアドバイスをしたがる

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は人にアドバイスをしたがることが挙げられます。

負けず嫌いな人は、人に負けたくないという気持ちが人一倍強いです。

そのための努力もしているので、自分の経験値が周囲より高いと自負しているところも。

周囲で何かに困っている人、迷っている人がいたら、自分の経験を活かしたアドバイスをしたがるのです。

アドバイスをするというのは、自分のほうが優れている、優位に立っていると実感できるからかもしれません。

もちろん、アドバイスをしてあげるのは良いことなのですが、負けず嫌いな人のアドバイスは、基本的に上から目線になりがちなので気を付けなくてはなりません。

いくら良いこと、その人のためになるアドバイスをしているとしても、それが上から目線であると反感を買ってしまいます。

3,負けず嫌いな人はプライドが高い

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人はプライドが高いことが挙げられます。

負けず嫌いな人は、周りよりも自分のほうができる、優位な存在でいたいという意識を持っています。

口には出さないにしても、「自分のほうが優位な存在だ」と無意識に感じているもの。

そのため、必然的にプライドが高くなるのです。

間違いを認めなかったり、人から指摘されるのを嫌がるのも、プライドが高いためと言えるでしょう。

スポンサーリンク



4,負けず嫌いな人は見栄っ張り

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は見栄っ張りなことが挙げられます。

人より優位に立つため、自分のほうが凄いと思わせるために、負けず嫌いな人は一生懸命努力をしています。

しかし、努力をしても完璧にできるようにならなかった、なんてこともあるでしょう。

そんなとき、つい「そのくらい簡単にできるよ」と見栄を張ってしまうわけです。

もしくは、マスターするまでに1週間かかったものを、「3日でできたよ」なんてサバ読んでしまうこともあります。

これらはみな、人よりも優位に立ちたいという気持ちの現れだと言えるでしょう。

5,負けず嫌いな人は嫉妬深い

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は嫉妬深いことが挙げられます。

ここでいう嫉妬深いとは、恋愛におけるドロドロとしたものではありません。

恋愛ではなく、仕事やスポーツ、勉強、成績などが負けず嫌いな人の嫉妬の対象。

たとえば負けず嫌いな人の同僚が、上司に褒められて絶賛されているところを見かけたとします。

そんなとき、つい同僚を気にしてしまい、

「あいつ、あんなに褒められてる」

「できるやつだと思われている」

なんて思ってしまうことも。

これだけならいいのですが、負けず嫌いな人はこのあと、「自分のほうができるのに」と相手に対して嫉妬します。

そうして、自分のほうができるということを証明するために、更なる努力を始めるのです。

そのため、結果としては褒められていた同僚よりも良い成績をあげることも少なくありません。

6,負けず嫌いな人は人を見下す

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は人を見下すことが挙げられます。

負けず嫌いな人は、周囲よりも「できること」が多いですが、それは自分がしっかりと努力をしているから。

努力の結果として、今の自分があるわけです。

だからこそ、負けず嫌いな人は「できない人」を見下してしまう傾向にあります。

「できない人は努力をしていないからだ」

と思ってしまうのです。

確かに努力をせずに諦めてしまうタイプの人もいますが、人によって得意不得意はありますし、興味の有無も違います。

興味のない分野に一生懸命になれと言われても、正直難しいですよね?

そういうことは一切考慮せず、負けず嫌いな人は「できないのは努力が足りない」と決めつけてしまい、できない人を見下してしまいます。

7,負けず嫌いな人は間違いを認めない

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は間違いを認めないことが挙げられます。

負けず嫌いな人にとって、自分の間違いを認めるということは、すなわち「負けを認める」ことと同じこと。

人に負けたくないという気持ちが強い負けず嫌いな人にとって、間違いを認めることは屈辱的なことでもあるわけです。

そのため間違いを認めず、なんとか乗り切ろうとすることも多いです。

周りから見ていると「ありえないよね」と思われてしまうような、苦しい言い訳をすることもしばしば。

間違いを認めることも大切なのですが、負けず嫌いな人にはそれができないのです。

スポンサーリンク



8,負けず嫌いな人は他人の自慢話を聞くと競争心を隠せない

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は他人の自慢話を聞くと競争心を隠せないことが挙げられます。

誰かが自慢していると、張り合わずにはいられないのです。

負けず嫌いな人は、心の中では「自分が一番すごい」と思っていますから、自分以外の人が注目されるのが嫌というのもあるのでしょう。

日常レベルのことでも張り合おうとしてきますから、周りの人は正直たまったものではありません。

9,負けず嫌いな人はリーダーシップをとりたがる

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人はリーダーシップをとりたがることが挙げられます。

負けず嫌いな人は、人に指図されることを嫌います。

そのため、できる限り指図を受けなくてすむような位置、つまりリーダーになろうとするのです。

負けず嫌いな人は向上心が強く努力家ですから、こういう人がリーダーになるとチーム全体のモチベーションも高まりますよね。

ただし、威張っていたいだけでリーダーの素質がまったくない人であると、チームもガタガタになってしまうので気を付けなくてはなりません。

10,負けず嫌いな人は間違いを指摘されるのを嫌がる

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は間違いを指摘されるのを嫌がることが挙げられます。

負けず嫌いな人は、唯我独尊に陥って人の話を聞かないところがあります。

自分は正しいと思っているので、間違いを指摘されると急に不機嫌になることもあるでしょう。

間違いを認めるのは負けを認めることと同じですので、指摘されることも極端に嫌がるのです。

11,負けず嫌いな人は競争心を秘めている

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人は競争心を秘めていることが挙げられます。

負けず嫌いな気持ちを表に出さないタイプの人は、心の中に競争心を秘めているもの。

見たり聞いたりしたものに対しては競争心を抱くものの、面と向かっては冷静さを保つのです。

その場では何でもないように振る舞うものの、裏では相当な努力をしていることも少なくありません。

内に秘めた競争心を、ポジティブな方向に活かすと良いでしょう。

12,負けず嫌いな人が競争心を抱く対象は限定されている

負けず嫌いな人の特徴には、負けず嫌いな人が競争心を抱く対象は限定されていることが挙げられます。

負けず嫌いな人は、見るもの聞くものすべてに競争心を抱いているわけではありません。

負けず嫌いな人が競争心を抱くポイントというのがあり、それは「自分の得意なもの」「自信があるもの」に限定されています。

知識や財力、特技などポイントは人それぞれではありますが、どこに競争心を抱くのかが分かれば、負けず嫌いな人と付き合うときにも不要な争いを防ぐことができるでしょう。

負けず嫌いな人の心理

続いて、負けず嫌いな人の心理について紹介します。

負けず嫌いな人には、一体どんな心理があるのでしょうか。

1,負けず嫌いな人の競争相手は少し背伸びをすれば届く人

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人の競争相手は少し背伸びをすれば届く人というものがあります。

負けず嫌いだからといって、すべての人が競争相手になるわけではありません。

負けず嫌いな人が競争心を抱くのは、「自分と同じくらいのレベルの人」であり、少し背伸びをすれば届くような人になります。

同じくらいのレベルだから、負けたくないと強く思うのでしょう。

仕事場では、まさに同僚や同期がそれに当たります。

2,負けず嫌いな人は努力を人に知られたくない

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は努力を人に知られたくないと思っています。

負けず嫌いな人は努力を惜しみませんが、「頑張ったからできた」というのは負けた気になるため、努力は人には知られたくありません。

自分よりも努力をしていない人ができても負けた気分になるため、努力している姿を人に見せることはないでしょう。

「練習していないけど、できた」

「勉強してないけど、100点だった」

という状況が、負けず嫌いな人にとって理想的なのです。

3,負けず嫌いな人は向上心が強い

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は向上心が強いです。

負けたくないので、常に上を目指します。

もちろん上には上がいるわけですが、負けず嫌いな人はそんなことおかまいなし。

常に向上心を持っていますので、周りのモチベーションを高めることもできるでしょう。

スポンサーリンク



4,負けず嫌いな人はマウントをとりたがる

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人はマウントをとりたがることがあります。

負けず嫌いな人は、とにかく「自分のほうが凄い」という意識を持っていますので、何につけても自慢して優位に立とうとする傾向が強め。

誰かが自慢をしていると、すかさず「私は○○だよ」と上乗せをしてマウントをとりたがるのです。

本人に悪気はないのでしょうが、聞いている方はあまりいい気分にはならないので、思い当たる節のある人は気を付けたほうがいいでしょう。

5,負けず嫌いな人は人間関係より勝ちをとる

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は人間関係より勝ちをとることが多いです。

たとえば遊びのスポーツや楽しみたいだけのイベントであっても、負けず嫌いな人はすぐに勝ち負けにこだわってしまいます。

遊びの中でも本気モードになってしまうのは、負けず嫌いな人の良くないところの1つ。

空気が読めず、人間関係を崩してしまうこともあるので注意が必要です。

6,負けず嫌いな人は評価されたい

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は評価されたいと思っています。

向上心が強く、「自分は頑張っている」「向上できている」ことを実感するためにも、人からの評価は必要不可欠。

ただし、上から目線での評価は、余計に負けず嫌いさを発揮するきっかけになってしまいます。

上司や立場が上の人からの評価であれば、素直に受け止めて更に上を目指して向上していくことでしょう。

7,負けず嫌いな人は無理をする

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は無理をすることがあります。

向上心が強いので、負けず嫌いな人は時に体を壊すまで頑張りすぎてしまうことも。

気持ちが折れるということはほとんどないのですが、気持ちが常に上を向いているからこそ、体の疲れに気がつかないこともあるのです。

無理をしすぎて体を壊さないように、頑張りもほどほどにしていきたいですね。

スポンサーリンク



8,負けず嫌いな人は理想が高い

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は理想が高いです。

これは他人に対してもそうですし、自分に対してもそう。

特に自分に対しては、理想と現実のギャップを埋めるために努力をするので、結果として良い方向に進むことが多いです。

しかし、その理想を他人に押し付けるタイプの人もいるので、そういう人は周りからウザいと思われてしまうかもしれません。

9,負けず嫌いな人は恥をかきたくない

負けず嫌いな人の心理は、負けず嫌いな人は恥をかきたくないと思っています。

負けず嫌いな人にとっての「恥」は、負けること。

もしくは、間違いを指摘されることです。

恥をかきたくないという気持ちが強いからこそ、恥をかかないために努力しているわけです。

しかし、誰かに恥をかかされるようなことがあると、素直に認められないので相手に怒りを覚えたりしてしまうことも。

恥をかきたくないという気持ちも大事ではありますが、強すぎる場合は少し問題かもしれません。

負けず嫌いな人の長所

負けず嫌いな人の長所について、お話しします。

負けず嫌いな人の中には短所ばかりが目立ってしまう人もいますが、実はこんなにたくさんの長所があるのです。

早速、負けず嫌いな人の長所について見てみましょう。

1,負けず嫌いな人の長所は努力できること

負けず嫌いな人の長所は、努力できることが挙げられます。

負けず嫌いな人の場合、「負けたくない」という気持ちがきっかけではあるのですが、負けないため、勝つために相当な努力をしている人も少なくありません。

努力をするというのは、口でいうほど簡単なことではありませんよね。

短期間ならば努力を続けることができても、長期間となると途中でやめてしまう人もいるのではないでしょうか。

負けず嫌いな人は、

「ここでやめたら負けてしまう」

「結果は出たけど、やめたら抜かされるかもしれない」

という気持ちから、粘り強く努力をすることができるのです。

これは、負けず嫌いな人の最大の長所といってもいいでしょう。

2,負けず嫌いな人の長所は成果を出しやすいこと

負けず嫌いな人の長所は、成果を出しやすいことが挙げられます。

先ほどの「努力ができる」こともあり、負けず嫌いな人は結果が出るまで頑張り続けます。

自分の求めている結果が出せるまで、頑張ることをやめません。

また、小さな目標を立ててそれを次々にクリアしていくため、どんどん上を目指せるというところも長所と言えるでしょう。

3,負けず嫌いな人は諦めない

負けず嫌いな人の長所には、負けず嫌いな人は諦めないことが挙げられます。

負けず嫌いな人は、決して途中で諦めることはありません。

なぜなら、諦めることはすなわち負けたということであるから。

負けず嫌いな人は、勝つこと、負けないことがすべてであるため、負けに繋がることはしないのです。

負けている自分は許せないというストイックさも持ち合わせていますから、負けず嫌いな人は決して途中で諦めることはないでしょう。

4,負けず嫌いな人は仕事で先頭に立てる

負けず嫌いな人の長所には、負けず嫌いな人は仕事で先頭に立てることが挙げられます。

負けず嫌いな人は人に指図されることが嫌いなので、指図されなくてすむように努力をします。

リーダーシップもあり、人を引っ張っていく力もありますので、仕事で先頭に立てるのは言うまでもありません。

また、努力を惜しまない姿は周りの人を信用させますので、周りも信頼して着いてきてくれるというわけです。

負けず嫌いな人の短所

続いて、負けず嫌いな人の短所についてお話ししましょう。

負けず嫌いな人は、その特徴や心理からもわかるように、度が過ぎると他人から疎まれてしまいます。

そんな負けず嫌いな人の短所には、どんなものがあるのでしょうか。

負けず嫌いな人の短所は、こちらです。

1,負けず嫌いな人は他人の結果に敏感で振り回されがち

負けず嫌いな人の短所には、負けず嫌いな人は他人の結果に敏感で振り回されやすいことが挙げられます。

負けず嫌いな人は、身近な人、自分が競争心を抱く相手の結果にとても敏感に反応します。

たとえば、仕事の同期が自分よりも素晴らしい成績を上げ、上司からも褒められていたとしましょう。

負けず嫌いな人は負けている状態を嫌いますから、この状態は耐えられないほどの屈辱を感じているはずです。

まずは

「なんであいつばっかり評価されるんだ」

「あいつはろくに努力もしていないのに」

なんて良い結果を出した相手を羨ましがり、その次に

「なんで自分じゃないんだろう」

「なんで自分の努力は認めてもらえないんだろう」

「どうせ自分はダメなんだ」

と落ち込むのです。

根っからの負けず嫌いであるなら、落ち込んだあとに次は勝つために努力を始めるのですが、そこまでの感情のアップダウンが激しいのは否定できません。

人の結果ばかりを気にして振り回されるので、疲れてしまいますね。

2,負けず嫌いな人は人間関係に支障をきたしてしまう恐れがある

負けず嫌いな人の短所には、負けず嫌いな人は人間関係に支障をきたしてしまう恐れがあることが挙げられます。

負けず嫌いな人は、とにかく誰かに負けることを嫌います。

もしも他人が自分よりも素晴らしい結果を出したとき、ライバル心をむき出しにしてしまったり、イライラから人のアドバイスを聞けなくなってしまうとしたら問題です。

また、自分が少しでも優位に立つために、相手をコントロールしようとするなんてことも…。

ここまでになってしまうと、人間関係に支障をきたすのは言うまでもありませんよね。

負けず嫌いなだけなのですが、「自己中心的」「わがまま」といった印象を与えてしまうかもしれません。

3,負けず嫌いな人は何かと競争してうざい

負けず嫌いな人の短所には、負けず嫌いな人は何かと競争してうざいことが挙げられます。

負けず嫌いな人は、とにかく何につけても勝ち負けにこだわり、競争してしまいます。

もちろんスポーツなどにおいては、人と競争することでお互いに切磋琢磨することができますから、競争することは必ずしも悪いことではありません。

ただ、負けず嫌いな人の場合は「何でもかんでも」競争して勝負にしてしまうのです。

遊びやゲームもそうですし、ただみんなで楽しみたいだけの場合も、融通が利きません。

そのため周りからは「空気が読めない人」という印象を持たれてしまうこともあるでしょう。

さらに競争相手のターゲットにされてしまうと、事あるごとに競争相手にされてしまい、しかも負けず嫌いな人が勝利するまでやめてもらえません。

これでは、うざいと思われてしまうのも無理はありませんね。

4,負けず嫌いな人は間違いや負けを認めない

負けず嫌いな人の短所には、負けず嫌いな人は間違いや負けを認めないことが挙げられます。

負けず嫌いな人にとって、間違いを認めることは、すなわち「負ける」ということ。

負けたくないという気持ちが人一倍強いので、誰かから間違いを指摘されても苦しい言い訳をして逃れようとすることも少なくありません。

「いやでも、それは…」

「この間まではこれであってたんだけど」

なんて、苦しい言い訳をしているのは、はっきりいって見苦しいだけですよね。

間違いや負けを認めることも必要なこともありますが、負けず嫌いな人にはそれができないのです。

良くも悪くも、負けず嫌いな人は強情な性格なのだと言えるでしょう。

ただし、負けず嫌いな人の中には、人前では間違いを認めないものの、内心ではきちんと認めていることもあるようです。

5,負けず嫌いな人は人間関係を壊しがち

負けず嫌いな人の短所には、負けず嫌いな人は人間関係を壊しがちなことが挙げられます。

「何でもかんでも競争する」ということと被っているのですが、負けず嫌いな人は時に空気を読めずに勝ちにこだわってしまうことがあります。

遊びでやっているだけなのに、本気で勝ちにこだわってきたとしたら、「あの人、空気読めないよね…」となるもの。

勝ち負けにこだわることも必要なときもありますが、何でもかんでもというのは少し困ったものです。

「あの人がいると場の空気が悪くなる」

「空気読めないし、なんでも勝負してきてうざい」

「あの人がいると楽しくない」

こんなふうに思われてしまい、人間関係を壊しがちなのです。

負けず嫌いになる方法は?

良い意味で負けず嫌いになる方法には、どんなものがあるのでしょうか。

負けず嫌いな人は努力を惜しまず、結果が出るまで諦めないという強い忍耐力も兼ね備えています。

すぐに「できないから」「自分には無理だから」と諦めてしまう人にとって、負けず嫌いな人の性格は憧れるものがありますよね。

特に、精一杯頑張ったのに思うような結果が出なかった、ダメだったときが怖いために、競争心を抑圧している人も多いのではないでしょうか。

過去に努力をしたのにダメだったという経験があると尚更、「頑張っても意味がない」と思ってしまうもの。

そんな人は、小さな目標を立てるようにしてみましょう。

すぐに諦めてしまう人は、一発大逆転を狙うような大きな目標を立ててしまいがちですが、そうではなくてすぐに達成できるような低めの目標を設定するのです。

「目標を達成できた」という自信がつけば、次第に諦めない心を身に付けることができるようになるでしょう。

負けず嫌いを直す方法

最後に、負けず嫌いを直す方法についてお話しします。

負けず嫌いであることは良い面もありますが、行きすぎると他人からウザいと思われてしまうこともあります。

負けず嫌いの短所が強い人は、自己肯定感が低く他人の粗を探しがち。

他人を低く評価することで、自分が優位に立ちたいと思っているのです。

このタイプは「周りの人はみんな自分の敵」という意識が強いのですが、そんなことはありません。

敵ばかりではなく、味方も作ってみましょう。

人の良さを認めても、あなたの価値が下がるわけではないのですよ。

負けず嫌いを直したいのから、人の良さを認めてみることが大切です。

まとめ

負けず嫌いな人の特徴や心理、長所、短所などについてお話ししました。

負けず嫌いであることは、長所にも短所にもなりうるもの。

向上心があって努力家、諦めないというメリットもあれば、勝つことがすべてで空気が読めず、他人からウザいと思われるデメリットもあります。

度が過ぎる負けず嫌いな人は、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけてしまっているのかもしれません。

これをきっかけに、自分自身を見直してみるのもいいかもしれませんね。

良いところは伸ばし、悪いところは直していくといいでしょう。

【関連記事】

ダメンズの特徴や性格!好きな女性の心理や寄ってくる・はまってしまう

保守的な人の特徴!性格や心理・恋愛の傾向や付き合い方は?

大雑把な性格の人の特徴!長所・短所・モテる?仕事や改善する方法

キョロ充の意味や特徴!リア充との違いや周りからどう思われているの?

口答えする人の心理!タイプ別診断・部下・友達・上司への対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク