【水瓶座男性】性格・恋愛・好きなタイプ・アプローチ・結婚・セックス・他の星座との相性・仕事の特徴は?

水瓶座男性の記事へようこそ。

西洋占星術における水瓶座は、黄道十二星座の11番目の星座にあたり、1月20日から2月18日生まれの人が該当します。

ギリシャ神話によると、主神ゼウスに宴会の給仕としてスカウトされた絶世の美少年・ガニュメデスが星になった姿だとされています。

今回は水瓶座の男性について、性格や恋愛の特徴、好きなタイプや他の星座との相性など、様々な事を紹介します。

水瓶座の方はもちろん、意中の相手や伴侶が水瓶座の男性という方の参考になれば幸いです。

水瓶座男性の性格

まずは水瓶座の男性の性格の特徴について紹介します。

水瓶座の男性の性格の主な特徴は、下記の8つです。

水瓶座男性の性格:人に優しい

水瓶座の男性の性格の特徴その1は、人に優しい事です。

一般に水瓶座は個性的な人が多い星座とされています。

実際に水瓶座の人は男性女性問わず、「人と同じ事をしたくない」「自分の個性を大事にしたい」という気持ちが強い傾向があります。

でもその一方で、他人の個性を受け入れる度量が大きく、どんな人にも優しくできる人でもあるのです。

水瓶座の男性の優しさは、ギリシャ神話の水瓶座にまつわる逸話でもうかがい知る事ができます。

水瓶座の元となったガニュメデスは「身体が金色に輝いている」と言われたほど美しい少年でした。

その美しさからゼウスにスカウトされたのですが、そのスカウト方法がかなり強引なものだったのです。

神々が住まう聖地・オリンポスで催される宴会の給仕は、元々はゼウスの娘である青春の女神・ヘベが担っていました。

ですがヘベがヘラクレスに嫁ぐ事になり、給仕を担当する者がいなくなってしまいます。

ヘベが大変美しい女神だった事から、次の給仕も美しい者が良いだろう、と考えたゼウスが見つけたのがガニュメデスでした。

そしてゼウスがどうやってガニュメデスをスカウトしたのかと言うと、何と大鷲に変身してガニュメデスをオリンポスへと連れ去ってしまったのです。

ゼウスは変身を解いて正体を明かし、ガニュメデスに理由を説明すると「宴会の給仕を引き受けてくれないか」とスカウトを持ちかけました。

するとガニュメデスは「神々に仕えられるなんて光栄な事だ」と快諾したそうです。

いくら相手が神様とは言え、こんな強引なスカウトを受けるなんて優し過ぎますよね。

でも、相手の事情や立場などを理解し受け入れる水瓶座の心の広さは、こんな風に神話の頃から知られていたのかもしれません。

水瓶座男性の性格:独特の個性・発想を持っている

水瓶座の男性の性格の特徴その2は、独特の個性や発想を持っている事です。

上記の「水瓶座の男性の性格の特徴その1」でも説明したように、水瓶座の男性はどんな人でも受け入れる度量の大きさを持っています。

これは水瓶座の男性が「他人の個性を尊重する」という思考の持ち主である事にも繋がります。

そして同時に水瓶座の男性は、自分の個性もとても大切にしています。

また、水瓶座の人は頭が良く視野も広いので、発想力が豊かです。

強い個性とあいまって、斬新なアイデアをどんどん創出するでしょう。

上手に活かす事ができれば、仕事でもプライベートでも大いに活躍できます。

スポンサーリンク



水瓶座男性の性格:他人の考えを受け入れる・話を聞く

水瓶座の男性の性格の特徴その3は、他人の考えを受け入れる・話を聞く事です。

これは上記にある通り、水瓶座の人は男性女性を問わず、他人の個性を大切にしていて、相手の理由や立場を受け入れる度量がある事が関係しています。

また、個性を重視する傾向が強い水瓶座の男性は偏見もありません。

そのため、大抵の思考や意見を聞き入れる事ができるのです。

水瓶座男性の性格:頑固な一面を持っている

水瓶座の男性の性格の特徴その4は、頑固な一面を持っている事です。

他人に優しく、大抵の事は受け入れる度量を持つ水瓶座の男性ですが、一方で頑固でこだわりが強い一面もあります。

上記でも少し触れましたが、基本的に個性を重視する水瓶座の男性は、他人の個性を重んじると同時に、自分の個性をとても大切にしています。

そのため「他人と同じ事はしたくない」というこだわりも非常に強いのです。

度量が広いと言われている水瓶座の男性ですが、自分の個性や考え方について他人から批判されたり、干渉される事は激しく嫌います。

もしも意中の人が水瓶座の男性だという方は、この点に注意しましょうね。

スポンサーリンク



水瓶座男性の性格:人との距離感をとるのが上手

水瓶座の男性の性格の特徴その5は、人との距離感をとるのが上手な事です。

水瓶座の男性は頭が良く、冷静に状況を判断し、その場で最善の方法を取る事ができます。

社交性も高いので、自分にとっても相手にとても程よい距離感をとって接するのが上手です。

これは水瓶座の神話にも表れています。絶世の美少年だった事から、神々の宴会の給仕になったガニュメデスでしたが、給仕と言う仕事は美貌だけでは務まりません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク