なんでもできる人の特徴・性格!仕事や悩み・なるためには?

なんでもできる人

あなたの周りにも「なんでもできる人」が一人くらいいることと思います。

子どもの頃はクラスのリーダー的存在であり、なんでもできるために目立っていたことでしょう。

そんななんでもできる人には、どのような特徴があるのでしょうか。

また、なんでもできる人の性格や悩みを紹介するとともに、「なんでもできる人になるための方法」についても触れていきたいと思います。

なんでもできる人になりたい!というあなたは、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

なんでもできる多才な人ってどんな人?

なんでもできる人

なんでもできる多才な人とは、どんな人のことをいうのでしょうか。

私たちの考える「なんでもできる人」とは、仕事や勉強、スポーツ、恋愛などジャンルにとらわれず、なんでもそつなくこなすことのできる人のことを指しています。

どんなジャンルであっても、全てにおいてそれなりの結果を出すことができるため、周囲から「あの人すごいよね!」と憧れの視線を向けられることも。

なにをやっても、器用にこなすことのできる人が、「なんでもできる多才な人」と言えるのでしょう。

なんでもできる人の特徴や性格

なんでもできる人

なんでもできる人の特徴や性格について、見ていきます。

なんでもできてすごい!と周囲から尊敬と憧れの眼差しを向けられることも多い「なんでもできる人」ですが、どんな特徴があるのでしょうか。

また、なんでもできる人になりやすい性格についても紹介していきますよ。

1,なんでもできる人は負けず嫌いな性格

なんでもできる人は、負けず嫌いな性格をしているといえます。

常に「絶対に負けたくない」という気持ちを持っていて、その気持ちこそがすべての原動力になっているといっても過言ではありません。

一度決めたら必ずやりとげるという、自分にも厳しい性格をしているのです。

ある意味、ストイックな性格ともいえるでしょう。

とにかく負けず嫌いな性格であるため、誰よりもうまくやろう、できるようになろうという意思は強いといえます。

そのため、「なんでもできる」という結果を残すことができているのです。

2,なんでもできる人は好奇心旺盛でとにかくやってみる性格

なんでもできる人は、好奇心旺盛でとにかくやってみる性格をしています。

人は、今いる環境が落ち着いていて過ごしやすいものであると、そこから変化することや新しい環境に変わることを恐れることが多いです。

新しい環境に変わるときは、どこか不安な気持ちが強くなりますよね?

しかしなんでもできる人は、新しいことに対する不安な気持ちやマイナスな先入観がありません。

変化や新しい環境になることを楽しむことができる、つまりプラスに考えることができますので、様々な事柄で良い結果を出すことができるわけです。

やはり不安やマイナスな先入観があると、一歩を踏み出すのが遅くなってしまいますからね。

なんでもできる人は、難しいかどうかに関わらず、興味を持ったことはとにかくやってみるのです。

3,なんでもできる人は行動力がある

なんでもできる人は、行動力があるといえます。

「百聞は一見にしかず」ということわざがあるように、なんでもできる人は経験に勝るものはないと考えています。

あれやこれやと頭で考えていても、実際にやってみるまでどうなるかは分かりません。

何事においても、考えるより行動したほうが良いと分かっているので、失敗を恐れずになんでも行動してみます。

この「とりあえず行動する」という性格が、なんにでもチャレンジするという気持ちに繋がっているのでしょう。

スポンサーリンク



4,なんでもできる人は臨機応変な対応ができる

なんでもできる人は、臨機応変な対応ができることが挙げられます。

臨機応変とは、「そのときの状況に応じて適切な行動をとる」こと。

その場その場に応じて、どうすれば一番いいのか?を柔軟に頭を働かせることができるのです。

臨機応変な対応ができれば、その分失敗することも少なくなりますよね。

また、なんでもできる人はたとえ失敗したとしても、「失敗したからこそ次に活かせる」というポジティブな視点も持っているので、周りから見ると失敗したように見えないところもあるといえるでしょう。

5,なんでもできる人は客観性がある

なんでもできる人は、客観性があるといえます。

行動派なので後先考えずに突っ込んでいくのでは?と思うかもしれませんが、なんでもできる人は、意外と一歩下がって冷静に物事を見ることができるのです。

主観的にしか物事を見ることができないと、予想外の出来事が起こったときに、スムーズに対応することができません。

しかしなんでもできる人は客観的に物事を見ることができていますから、アクシデントやトラブルが起こっても成功への道に邪魔が入りにくいです。

たとえば、Aの方法がダメならBにすればいいと、いくつかのパターンを用意しておけることも、物事を客観的に見られるがゆえのこと。

「急がば回れ」ということわざの通り、客観的に物事を見ることが短距離で成功できる秘訣なのかもしれません。

6,なんでもできる人は粘り強く諦めない

なんでもできる人は、粘り強く諦めない性格をしています。

つまり、「できるまでやる」ということ。

できるまでやるから、結果としてなんでもできるわけです。

そりゃあできるまでやれば、誰だって何だってできるでしょ…と思った人もいるかもしれませんね。

確かにその通りなのですが、「できるまでやる」ことは意外と難しいもの。

たいていは途中で諦めてしまったり、本来のゴールよりも手前で満足してしまったりするのではないでしょうか。

なんでもできる人は、負けず嫌いな性格ともリンクして、諦めずにやり遂げる忍耐力を持っています。

この忍耐力こそが、「なんでもできる」ことを後押ししているのです。

スポンサーリンク



7,なんでもできる人は目標の立て方が上手

なんでもできる人は、目標の立て方が上手なことも挙げられます。

叶えることの難しい、遠い未来の目標だけを掲げてもなかなか叶わないので途中で嫌になってしまいますよね。

逆に簡単に達成できる目標ばかりでは、張り合いがなくて中弛みしてしまいます。

やる気を引き出し、そのためのモチベーションを維持し続けるためには、目標の立て方が上手でなければならないのです。

なんでもできる人は、その目標の立て方がとても上手。

「近い目標、間の目標、遠い目標」の3段階で目標を立てるわけですが、これをさらに細かくしていくのです。

たとえば「将来オリンピック選手になりたい」という遠い目標があるとします。

この場合、間の目標は「全国大会で活躍する」ことになるでしょう。

すると、必然的に近い目標は「全国大会で活躍するために何をしたらいいのか?」ということになるわけです。

毎日トレーニングをする、毎日走り込みをするなど、今からできることを目標にすることで、遠い目標を達成するために動き出しているのです。

目標の立て方はやる気の維持にはとても重要なので、なんでもできる人は目標の立て方がとにかく上手と言えるでしょう。

スポンサーリンク



8,なんでもできる人は親切

なんでもできる人は、親切な人が多いです。

フレンドリーで、「教えて」と言われれば嫌な顔をすることなく、持っている知識を最大限に生かして教えてくれることでしょう。

誰にでも親切で優しいので、周りからも好かれる性格だと言えます。

人に親切にできるということは、周りに目がいくということ。

自分のことだけでなく、周りにも目をやることができるため、様々な点で良いことを吸収することができるのです。

9,なんでもできる人はスポーツが得意

なんでもできる人は、スポーツが得意という特徴もあります。

スポーツをするためには、もちろんそのための技術も必要ですが、頭の回転も重要なこと。

なんでもできる人は頭の回転が早くて呑み込みも早いので、どんなスポーツであってもそこそこ以上にはこなすことができるのです。

「できる」という自信もあるので、より完璧に近くこなすことができるでしょう。

初めてやるスポーツであっても、他の人がやっているところをある程度見ていれば、やり方やより効率の良いやり方を習得することができます。

そのため、なんでもできる人はスポーツも得意なのです。

なんでもできる人の仕事の特徴

続いて、なんでもできる人の仕事の特徴について見ていきましょう。

なんでもできる人は、仕事においても活躍しているイメージがありますが、仕事における特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

1,なんでもできる人は仕事が早い

なんでもできる人の仕事の特徴には、なんでもできる人は仕事が早いという特徴があります。

頭の回転が早く効率が良いやり方を習得することができているので、急ぎの仕事でなくてもその日のうちに終わらせることができます。

経験や知識も豊富であり、基礎ができているため応用することも可能。

どんな場面においてもテキパキと仕事をこなせますので、「あの人に任せておけば大丈夫だよね」と、色々な仕事を回してもらえるのも「なんでもできる人」の特徴だといえるでしょう。

元々後回しにすることが嫌いな性格でもあるので、与えられた仕事はその場でこなすことができるのです。

2,なんでもできる人は覚えが早い

なんでもできる人の仕事の特徴には、なんでもできる人は覚えが早いことが挙げられます。

一言でいうと、「記憶力がいい」のです。

覚えるべきところのみ、必要なところのみをテキパキと覚えることができるため、ストレスを溜めることもありません。

実は、ストレスと記憶力には深い関係があることをご存じでしょうか。

ストレスを溜めないことは、頭を柔らかくして記憶力を上げることができる、という実験結果があるのです。

現代はストレス社会であり、ストレスを感じずに生活することなどできません。

だからこそ、いかにストレスを溜めないようにするかはとても大切なこと。

記憶力を高めることは、これからの人生においても役に立つことでしょうから、まずはストレスを溜めないように心がけてみるのがいいかもしれませんね。

3,なんでもできる人は要領がいい

なんでもできる人の仕事の特徴には、なんでもできる人は要領がいいことが挙げられます。

覚えの早さや仕事が早いことも、元をたどれば、全てこの「要領の良さ」からきているもの。

要領の良さは、ビジネスシーンでは特に光るものがありますよね。

たとえば仕事で新人研修のとき、真新しいテキストを読まなくてはなりません。

このとき、ほとんどの人は「テキストを端から端まで覚えなくては」と躍起になってテキストを読むことでしょう。

もちろん、速読できるような特技のある人なら、テキストを端から端まで覚えることなど容易いことだと思います。

しかし一般人では、なかなか一度で覚えるのは難しいですよね。

そんな中で隅々まで覚えなくてはと思うと、ものすごく労力も使いますし、ストレスも溜まってしまうはずです。

なんでもできる人は要領がよく、必要なところだけ、ポイントだけを覚えることができますので、ムダな労力を使うことがありません。

最低限の力でやるべきことをやれるので、目の前の仕事だけでなく他のことにも手がつけられるようになるのです。

スポンサーリンク



4,なんでもできる人はコミュニケーション能力が高い

なんでもできる人の仕事の特徴には、なんでもできる人はコミュニケーション能力が高いことが挙げられます。

コミュニケーション能力の高さが仕事の成果につながるといっても、あながち否定はできませんよね?

いくら事務的な仕事をテキパキとこなせて、なおかつ知識も豊富で仕事も早いとしても、人とのコミュニケーションがとれなければ大事な場面では何の役にも立ちません。

ある営業マンの話を例にしましょう。

彼は自社の製品についての知識は全くなく、もちろん自社の製品を使ったこともありません。

それなのに、毎月の売り上げ件数では常にトップクラスにいるのです。

それはなぜだと思いますか?

それはずばり、彼のコミュニケーション能力が非常に高いからだといえるでしょう。

自社の製品について何も知らなくても、コミュニケーション能力が高くて口がうまければ、営業マンとしての成績は良いわけです。

もちろん自社の製品について全く知らない、つまり知識がないことは良いことではありません。

しかし、知識の足りないところも、コミュニケーション能力が高ければ補うことはできますよね。

さらに、人とコミュニケーションを頻繁に取ることは、脳を刺激して活性化するためにも役に立つのだとか。

脳が活性化すれば記憶力などにも良い影響を与えますので、色々な意味でもコミュニケーションを取ることは大切だといえそうです。

5,なんでもできる人は周囲を見渡すことができる

なんでもできる人の仕事の特徴には、なんでもできる人は周囲を見渡すことができることが挙げられます。

なんでもできる人は視野が広いので、ごく自然に周囲を見渡すことができています。

そのため、大きな失敗も未然に防ぐことができるでしょう。

とはいえ、「周囲を見渡す」ということは、口でいうほど簡単なことではありません。

学生の頃、部活やサークルで部長を努めていた人などは、自然と周囲を見渡すことができるかもしれません。

しかし、そういう経験のない人は、いきなり周囲を見渡そうとしてもなかなか難しいことと思います。

同時に2つのことを行えるタイプならば問題ないですが、周囲を見渡そうとして自分の仕事がおろそかになっては意味がありません。

なんでもできる人になりたいと思っても、まずは「目の前の仕事をきちんと片付ける」ことから始めるようにしましょう。

なんでもできる人は自然と周囲を見渡すことができますので、視野が広く失敗も防ぐことができるのです。

6,なんでもできる人は信用度が高い

なんでもできる人の仕事の特徴には、なんでもできる人は信用度が高いことが挙げられます。

なんでもできる人は仕事も早く、覚えも早いので、どんな仕事を任せてもほぼ完璧に仕上げてくれます。

頼んだことを後回しにせずにその場でやるということは、それだけ上司からの信頼を得られるということ。

仕事を後回しにして「この間頼んだ書類、まだできてないの?」と言われてばかりの人は、残念ながら信頼度が高いとはいえませんよね。

言われなくてもやれる人、失敗せずに取り組める人にはどんな仕事も任せることができます。

仕事には失敗が許されないこともありますから、失敗せずにやり遂げてくれるというのは上司からの信頼も厚く、なおかつそれが「なんでもできる人」なのです。

なんでもできる人が抱えている悩み

ではここで、なんでもできる人が抱えている悩みについて見てみたいと思います。

一般人からすると、「なんでもできる人に悩みなんてないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それは違います。

なんでもできる人であっても、悩みはあるんですよ。

なんでもできる人は、こんなことに悩んでいるようです。

1,なんでもできる人は強みがない・器用貧乏だと思っている

なんでもできる人は、自分には強みがない、器用貧乏だと思っていることが挙げられます。

器用貧乏とは、ある程度のものは一通りできるものの、特別秀でたものは1つもなく、どれもが中途半端だという意味。

なんでもできる人は、確かに「なんでもできる」んです。

しかし、これだ!というずば抜けてできることはありません。

どれかに1つのことに特化している人のことを羨ましく感じたり、自分にはこれといった強みがないと感じてしまうことも。

どれも平均よりはできているとしても、飛び抜けてできるものがないので、「自分には何もない」と思ってしまうのです。

2,面白みや充実感がない

なんでもできる人の悩みには、面白みや充実感がないことが挙げられます。

なんでもできる人は、特別な努力をしなくてもある程度のことは人並みかそれ以上にこなすことができます。

どれも簡単にできてしまうので、悔しい思いをしたり壁にぶち当たることがありません。

そのため何につけても面白みがなく、「やりきった!」という充実感も得ることができません。

要領良くなんでもこなしてしまうため、結果を出すまでに無我夢中で走り抜けたり、がむしゃらに頑張るということがないのです。

周りからすると嫌みに聞こえてしまうこともありそうですが、「なんでもできてしまう」がゆえの悩みといえるでしょう。

3,努力しているので何もしなくてもできると思われるのが嫌い

なんでもできる人の悩みには、努力しているので何もしなくてもできると思われるのが嫌いということが挙げられます。

よく勘違いされがちなのですが、なんでもできる人は始めから完璧に物事をこなせるわけではありません。

負けず嫌いな性格もあって、「できるまで努力している」のです。

誰も見ていないところでは必死に努力をしていることもあるのに、いかにも簡単そうにこなしてしまうため、周りからは「努力をしなくてもできる人はいいよね」と思われてしまうことも…。

本当は努力しているのに…と内心では思っていることも多いので、全く努力していないと思われるのが嫌でたまらないのです。

なんでもできる人になるために

では、そんな「なんでもできる人」になるためには、何をすればいいのでしょうか。

みんなの憧れであり、周りからの信頼も厚い「なんでもできる人」になりたい!という人も多いのではないかと思います。

なんでもできる人になるためのポイントを、まとめてみました。

1,悔しさやハングリー精神を持つ

なんでもできる人になるためには、悔しさやハングリー精神を持つようにしましょう。

ちょっとしたことに対してで良いので、「悔しい」という気持ちを持ってみてください。

悔しさは、必ずやる気を芽生えさせるきっかけになります。

うまくいかなかった、できなかった、失敗してしまったことに対して「悔しい」と思うことができれば、自然ともう一度やってみようという気持ちになりますよね?

そうやって何度もチャレンジすることが、なんでもできるようになるための第一歩なのです。

2,有言実行を意識する

なんでもできる人になるためには、有言実行を意識するようにします。

口から出た目標は、必ず達成するようにしましょう。

まずは簡単なことでいいので、たとえば「毎日5時に起きる」「夕飯は自炊する」「1週間に1冊本を読む」などから始めてみてはいかがでしょうか。

自分でできそうなもの、自分にとってメリットのあることを目標にするのがおすすめです。

決めたことは必ずやり遂げられるよう、周囲の人に「こういう目標を立てた!」と宣言し、逃げられないように外堀を固めておくとgood。

やると決めたことを最後までやる、有言実行を意識することで、なんでもできる人に近づけるはずです。

3,今までの自分を捨てる

なんでもできる人になるためには、今までの自分を捨てることも必要です。

今までのやり方を捨てて、違う方法で改めて試してみましょう。

仕事の効率をよくするためにも、この方法は試してみる価値があるといえます。

また、集中力や記憶力を高めるためにも、規則正しい生活をすることも忘れずに。

スポンサーリンク



4,なんでもできる人の真似をしてみる

なんでもできる人の真似をしてみることも、おすすめです。

なんでもできる人と自分を比べて劣等感を抱くのではなく、なんでもできる人の良いところを認めて真似してしまうのです。

同じようにやってみることで、効率の良いやり方が分かったり、今までできなかったことができるようになるかもしれません。

5,人から話を聞いて客観性を持つ

なんでもできる人になるためには、人から話を聞いて客観性を持つことが挙げられます。

なんでもできる人は、人との関わりを大切にしています。

自分の考えだけでなく、人の考えにも耳を傾けることにより、「こういう考え方もあるんだ!」と客観性を磨くことができるのです。

自分の考えと全く違う考えこそ、なんでもできる人は吸収していると思ってください。

そうして、常により良い方法を模索しているのです。

あなたも、まずは人の意見に耳を傾け、客観性を磨くことから始めてみましょう。

6,聞き上手になる

なんでもできる人になるためには、聞き上手になることも挙げられます。

人の話を聞くためには、人があなたに「話をしやすい」と思えるようにならなくてはなりません。

聞き上手で話がしやすい雰囲気を出すことができれば、周りの人もどんどんあなたに話をしてくれるようになるでしょう。

なんでもできる人が嫌われる理由

なんでもできる人は、みんなの憧れでもありますが、それと同時に「嫌われる」こともあります。

仕事でもプライベートでもメリットばかりのように思える、なんでもできる人。

なぜ嫌われてしまうのでしょうか。

なんでもできる人が嫌われる理由には、こんなものがあります。

1,なんでもできる人は嫉妬されやすい

なんでもできる人は嫉妬されやすいため、嫌われることがあります。

よく、「好きな芸能人ランキング」と「嫌いな芸能人ランキング」の上位に、同じ人の名前が入っていることがあるでしょう?

これは、まさに憧れと嫉妬は表裏一体、紙一重の関係であることを裏付けています。

すごい、かっこいい、羨ましいという感情は、次第にズルい、何であの人ばっかりといった嫉妬心に変わってしまうもの。

これはどうしようもないことなので、あまり気にしないほうがいいでしょう。

2,なんでもできる人はウザい・上から目線と思わやすい

なんでもできる人は、ウザい、上から目線と思われやすいため、嫌われることがあります。

なんでもできる人からのアドバイスは、どうしても「上からの意見」と取られがち。

偉そうに何なの?そんなことわかってるよ、と思われてしまうのです。

これは、なんでもできる人が「努力なしに今の地位を築いてきた」と思われているために起こるものでもあります。

人は、努力の末に今の地位を築き上げた人の意見やアドバイスというのは、自然と聞き入れることができるもの。

しかしそうではない場合には、「あなたにそんなこと言われたくない!」と逆上されてしまうのです。

あなたに対して劣等感や嫉妬心を抱いている場合に起こりやすいので、こういう人とは一定の距離を置いて関わりを持ったほうがいいかもしれません。

まとめ

なんでもできる人の特徴や性格、なるための方法などについて紹介しました。

なんでもできる人は、確かにはた目には「努力をしなくてもなんでも上手にできてしまう」と思われやすいのですが、決してそんなことはありません。

絶対に負けたくないという強い気持ちを持っていたり、出来るまで諦めないという強い忍耐力を持っているのです。

なんでもできる人になりたい!というのなら、努力する気持ちを常に持って行動してみましょう。

諦めずに努力をすれば、いつか必ずなんでもできるようになりますよ。

【関連記事】

誠実な人の特徴!男性・女性の恋愛・仕事や誠実になる方法は?

本当に優しい人の特徴は?習慣・しないこと・見分け方・どんな異性に惚れるか・恋愛などを紹介!

【洞察力が鋭い人】特徴26選!恋愛の傾向・本当にモテるの?&洞察力の鍛え方を紹介!

暗い人の心理や特徴は?原因や嫌われるor好かれる理由は?

無関心な人の特徴!仕事や心理・接し方は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク