能動的な人の特徴!なるためには?

「あの人毎日楽しそう」「生き生きと輝きながら仕事をしている」そんな人たちに共通しているのが「能動的である」と言う事です。

能動的とは「自分の方から積極的に他に働きかける様」の事を言います。受け身で人からの働きかけを待つのではなく、何事も自分の頭で考えて取り組んだり、積極的にアプローチを仕掛けていくので何をするにも楽しそうで生き生きと輝いているようにすら見えるのです。

そんな「能動的な人」の特徴を取り入れて毎日の生活をキラキラと輝かせましょう。

能動的な人の特徴

能動的な人

能動的な人とはどのような人の事なのでしょう。まずは、能動的な人の特徴を知って自分に足りないものは何なのかを見てみましょう。

能動的な人は色々なことに積極的

能動的な人

能動的な人は色々な事に積極的です。大抵の人は新しい事を始める前には、やってみたい気持ちはある「けど」「でも」などと、やらなくて済む方のいいわけ探しが始まるものですが、能動的な人は、やった後の事を考えるよりも先に「とりあえずやってみよう」と言う方に意識が向くので行動を起こすまでが早いのです。

とりあえずやってみた結果がどうなるのかはやってみないとわかりません。能動的な人は、やってみた結果がどんなものになろうがそれが自分の経験の一部となる事は間違いがないと言う事実を知っていますので、とりあえず行動を起こしてみるのです。

能動的な人は周りの目を気にしない

能動的な人が何事も「とりあえずやってみる」と言うスタンスをとれるのは、周りの目を気にしていないからだとも言えます。

人は、自分が周りからどのような目で見られているのかを意識するあまり行動に制限がかかってしまう事も多いのですが、能動的な人は自分が周りからどのような目で見られているのかなどと言う事は全く気にしていないので、思いのままに行動ができるのです。

能動的な人は人を引っ張っていくのが得意

能動的な人は人を引っ張っていくのが得意です。

とは言え、本人は「自分についてこい」などと言う意識はありません。ただ自分がやりたいと思う事をやっているだけで、時には「楽しいから一緒にやろうよ」と、自分がやりたい事に周りを巻き込むだけなのですが、いつも生き生きと楽しそうにしている姿を見て「この人についていったら楽しそう」と、周りが自然とついていきたくなると言う魅力があるのです。

スポンサーリンク



能動的な人は失敗を恐れない・失敗から学ぶ

能動的な人は失敗を恐れていません。

人が新しい事を始めるのを躊躇する理由として「失敗を恐れる」と言う事が挙げられますが、そこにも「人の目を気にする」と言う事が絡んでいるのです。

「失敗したら格好悪い」「笑われたらどうしよう」と言うのは人からの視線を意識している考えですが、能動的な人は周りの目を気にして自分の行動に制限をかけると言う事がありませんので、失敗を恐れる事がないのです。

仮に失敗したとしてもそこからも学べるものがあると言う考えですので、失敗する事を恐れて行動を躊躇するよりも「後の事はその時に考えよう」と言うスタンスなのです。

能動的な人はたくさんのアイデアを持っている

能動的な人は、新しいアイデアが次から次へと浮かんできます。

普通の人なら面白い事が思いついても「でも、無理かな」と、浮かんできたインスピレーションを形にする前に諦めてしまいがちなところを、能動的な人は自分の行動に制限をかける事がないので、一見実現不可能に思える事でも「それを実現させるためにはどうすれば良いのか」まで考えているうちにさらに面白い事が浮かんでくると言った様子なのです。

また、普段から自分が興味のある事以外にも積極的に取り組んでいる能動的な人ですので、理由をつけては新しい事を始める事を拒んでいる人に比べて知識も経験も豊富なので、その分、色々な視点から物事を見る事もできるのです。

能動的な人は自分に自信がある

能動的な人はしっかりとした自信を持っていると言う特徴もあります。

これは、ただ単に「自分が好き」「自分はすごい」と言ううぬぼれからくる根拠のない自信ではなく、今まで自分で培ってきた経験からくる自信です。「何事も自分で決めて、自分で行動を起こしてきた結果として今がある」と言う事が根源にあるので、少しくらい上手くいかない事があったからと言って揺らぐような薄っぺらい自信ではないのが特徴です。

能動的な人は考えすぎずに動く

人は大人になって経験が増えるにつれ、行動を起こす事にためらいを感じる事も増えていくものです。これは、新しい事にチャレンジする前に過去の失敗した経験が蘇ってきて「あの時もダメだったし」などと行動に制限をかける事で自分の身を守ろうと言う意識が働くからです。

能動的な人にはそのような考えはありません。色々考えすぎて自分で自分の行動に制限をかけてしまう前にとりあえず動いているからです。動きながら「あの時はダメだったから今度はこうしてみよう」と考え始めるので、考えすぎて何も行動が起こせないと言う人に比べて経験値がどんどん増えていくのです。

スポンサーリンク



能動的な人はとてもポジティブ

能動的な人はとてもポジティブです。

これは、能動的な人の視線の先には常に未来が見えているからです。そのため、過ぎた事にいつまでもクヨクヨと悩んだり「物事を悲観的に捉えて落ち込む」と言う概念がないのです。

「どんな経験でも自分の糧にしてしまう」能動的な人は、普通の人なら落ち込んでしまうような失敗をした時ですら、その物事から次に生かせる教訓のようなものを得ようとしているので、反省はしたとしてもその事に対してネガティブな感情を引きずる事はしません。

失敗に対しての切り替えが早く、すぐに前を向き直す事ができるためにいつもポジティブな気持ちでいられるのです。

能動的な人は時間を無駄にするのが嫌い

能動的な人は時間を無駄にするのが嫌いです。

自分の頭で考えて動く事をしない受動的な人にとっては、やってみて失敗したら「それをやっていた時間が無駄」だと考えるので、動く前にあれこれ考えては「やらなくて済む方法」を探し出しているのですが、能動的な人にとっては、頭の中で色々考えすぎて行動が起こせなくなると言う事が一番無駄な時間であると考えるので「とりあえず動く」のです。

能動的な人は自分の価値基準をしっかり持っている

大きな失敗をしてしまったり心が弱っている時などは「自分なんていてもいなくても同じ」「自分は何のために存在しているのだろう」などと「自分の存在価値の意義」が脳裏に浮かんでくる事もありますが、能動的な人はそのような意味のない問いかけを持つ事がありません。

「ただ」存在しているから「今」やるべき事をやる。それ以上でもそれ以下でもないと言う当たり前の事を当たり前にこなす。自分の価値基準をしっかりと持っている能動的な人は不必要に自分の価値基準を落とす事がないので、常に毅然とした態度でいられるのです。

能動的な人が好かれる理由は?

自分の人生を自分で切り開いていくため、いつも生き生きとした輝きを放っている能動的な人。見ているだけでこちらまで気分が良くなるような能動的な人が好かれる理由はそれだけでも十分ですが、一緒にいる事でさらにメリットも与えてもらえるようです。

「一緒にいたい」「この人についていきたい」と思われる能動的な人の魅力や人から好かれる理由などを見てみましょう。

能動的な人はプラス思考で明るい

明るくポジティブな人と一緒に過ごしていて嫌な気持ちにさせられると言う人はいないでしょう。自分が落ち込んでいたりネガティブな気分を引きずっている時ならなおさらです。

そんな気分の時にネガティブな発言しかしないような人と過ごしていると、お互いに愚痴が止まらなくなって負のループに落ち入ってしまうところですが、明るく、プラス思考の能動的な人と過ごしていると悩みすらもちっぽけな事のように思えてくるものです。

一緒に過ごしていると、明るく楽しい気持ちを取り戻させてくれるだけでなく、自分の価値を落としてしまいそうな行為を止めてくれている事にもなる能動的な人が人から必要とされ、好かれるのは当然の事だとも言えるでしょう。

スポンサーリンク



能動的な人は力強く引っ張ってくれる

能動的な人は「言葉に説得力がある」と言う特徴があります。そのため、失恋や失敗をして落ち込んでいる時に「次があるっ!」「次行こっ!」と、言葉少なめに励まされたとしても、決して投げやりな感じでも適当に慰められている感じでもない印象を与えるのです。

同じような励まされ方を能動的でない人にされたとしても、自分の事じゃないから適当な言葉で切り上げようとされている感じがして反発を招いてしまいがちなところですが、能動的な人は普段の行動で「考えすぎない」「悩まない」と言う態度を自らが実行しているので、言われた方も「そうだね」と、すんなりと受け入れる事ができるのです。

能動的な人は失敗しても落ち込まない

能動的な人は、人から見て「失敗したな」と思うような事をしてしまったとしても、下手に自分を卑下したり落ち込んで何も手に付かなくなってしまうと言う事がありません。

失敗や挫折をした時に明らかに暗い雰囲気を出して周りの気分まで滅入らせてしまう人がいますが、そういった人の近くに居合わせてしまうと、気を使って自分だけが楽しそうにしているのが悪い事のように感じてしまう事もあります。

能動的な人はそういった事を態度に出さないので、近くにいる人に変な気を使わせる事がありません。他人の感情に振り回されなければいけないのは疲れる事です。能動的な人は、たとえ何かがあったとしてもいつもと同じように接する事ができるので、一緒にいて疲れを感じる事がないので人から好かれるのです。

能動的な人はプラスのオーラを分けて貰える

人にはそれぞれが発するオーラと言うものがあります。マイナス感情がたっぷり詰まった負のオーラを発している人の近くにいると、自分まで気が滅入ってきたりイライラする事も増えてくるものです。オーラに敏感な人はそれだけで体調が悪くなったりする事もあるのです。

反対に、プラスのオーラを放っている人の近くにいるとこちらの気分まで楽しくなってくるものです。一緒にいるだけで「今なら何でもできそうな気がする」と言う根拠のない自信がわいてきたり、何でもない事が楽しく思えたりして自分までプラスのオーラに包まれたような感覚になれます。そういう時は大抵の物事は上手く進むようにもなりますので、能動的な人の近くにいる事で自分の運気までもが上がってくるのです。

能動的な人が嫌われる理由は?

好かれる理由しか見当たらないような能動的な人ですが、そんな能動的な人を好ましく思わない人も存在します。人は、自分とは違う性質を持つものを好ましく思いませんので、万人から好かれると言う事は難しい事なのです。能動的な人が嫌いだと言う人はどのような人なのでしょう。能動的な人が嫌われる理由も見てみましょう。

受動的な人は能動的な人を妬む

受動的な人は自分にはないものを持っている能動的な人を妬みます。受動的な人と言うのは、主体性がなく人から与えられる事を待っているだけの人です。

今までの人生を自己主張せずに他人に合わせる事で上手く取り繕ってきた受動的な人は、自分のやりたい事を自由にやっている能動的な人の事を素直に受け入れる事ができません。

本心では、自分がやりたいように自由に振る舞う能動的な人が羨ましいのですが、羨ましいと思ってしまうと今までの自分が行動全てを否定する事になってしまうので、素直に羨ましいと言う感情を持つ事ができず、妬んで嫌う事で自分の行動を正当化しようとしているのです。

能動的な人は威張っているように見えるから

自分がやりたい事を我慢して他人に合わせてきた人からすると、人目を気にせずに自分がやりたい事を堂々とやってのける能動的な人の態度が威張っているように見える事もあるのです。

「妬み」の気持ちの延長とも言えますが、どこかで自分の言動に疑問を持っているタイプの受動的な人は、自分ができない事を簡単にやってのけている能動的な人の態度が「こんな簡単な事ができないの?」と自分を見下しているかのように感じてしまうのです。

能動的な人は出しゃばり・目立ちたがり屋に見えるから

大勢の集まりで順番に何かをする時などに、人の目を気にする人たちはお互いに顔を見合わせて誰が先に行くか周りの反応を見合うものですが、そんな暗黙の了解を無視するかのように「誰も行かないなら自分が行こう」と勝手に行動を起こしてしまうのが能動的な人なのです。

誰も何もしないまま時間が経っていくのがもったいないと感じるが故の行動なのですが、常に人の目を気にしながら行動する人からするとその行動が理解できません。自分達はみんなで調子を合わせようとしているのに、その空気を壊すかのように一人でさっさと行動を起こす姿が、目立ちたがったり出しゃばっているように見られる事もあるのです。

能動的な人は失敗しても落ち込まず軽く見られる

人によっては、失敗しても落ち込まずにもう次の手を考えている能動的な人を「反省しない人」と、良く思わない人もいるでしょう。些細な失敗をいちいち重大な事として受け止めて落ち込んでしまうような人からすると、小さな事にクヨクヨ悩まない性格が羨ましいのを通り越して「自分のミスを認めない人」だと取らえられているのかも知れません。

能動的な人からすれば「失敗」と決めつけて「落ち込む」時間が勿体ないので、次の方法を考える方がよっぽど生産的だと考えるのですが、自分にはない考え方を理解する事ができない人からすると「失敗しても落ち込んでもいない」と言う行為が理解できないのです。

能動的な人になるためには?

常にポジティブな思考で前を向いてキラキラと輝いている能動的な人。そんな、人を魅了する魅力を身に付けるためにはまず、自分に足りないものが何なのかを知る事からです。

能動的な人になるための要素から自分に欠けているものを探していきましょう。

能動的な人になるためには自分で考える力をつける

能動的な人になるために必要不可欠な要素が、自分の頭で考える力をつけると言う事です。

メディアの情報をそのまま鵜呑みにしたり、無条件に大勢の意見=正論と結び付けてしまう人は、自分では自覚がないかも知れませんが、人の意見に影響を受けすぎています。

仕事の場面などでは「言われた事しかやらない」「指示があるまで動かない」などと言う人も自分の頭で考える力が足りないと言えるでしょう。自分の頭で考える力をつけるためには、言われた事をそのままやるだけではなく「なぜ、今、この行動が必要なのか」「今、自分に求められている事は何か」を考えながら動くようにすると、言われた事以外にも「これもやっておいた方がいいな」などと自分がやるべき事が見えてくるでしょう。

能動的な人になるためにはとりあえず行動する

能動的な人になるためには「考えるよりもまず行動」です。

「面白そう」と、少しでも心が動く事があればとりあえず情報を集めてみる。「運動しなきゃ」と言う考えがよぎったなら「次の休みの日には」などと先の予定を考える前にとりあえずエレベーターを止めて階段を使ってみる。

とりあえずの行動を起こすためには、自分の直感に従って行動を起こしてみる事です。些細な行動の変化が次の行動のきっかけにもなるのです。「これぐらいやったところで」などと考えている間にとりあえず体を動かしてみましょう。

能動的な人になるためには先読みする

能動的な人になるためには先の展開を読む力も必要となります。能動的な人は考える前にとにかく行動を起こしますが、これは、目の前の事しか見ないと言うわけではありません。

先の事を考えすぎて今行動を起こせなくなるのでは意味がありませんが、とにかく行動を起こしつつ、次に訪れるであろう展開を予測して気持ちの上では先回りしておかなければ、新しい展開が訪れるたびに足止めを食らう事にもなりかねません。

先読みする力を身に付けるためには、物事を複数の視点から見るようにする事です。行動を起こしつつ一つの事を様々な視点から見るようにする事で、起こりうるトラブルも想定でき、それに対する対策もとっておく事ができるのです。

能動的な人になるためには目標を持つ

能動的な人になるためには「自分はどうなりたいのか」と言う目的をしっかりと持つ必要性もあります。自分の意思をはっきりと伝え、思うままに行動に移す能動的な人ですが、そもそも「自分がどうゆう人間になりたいのか」と言う軸の部分が定まっていないままで気の向くままやりたい放題にやっているのではただの空気が読めない気分屋な人になってしまいます。

堂々と意見を伝える割には言う事・する事に一貫性がなく、他人の目から見ても軸がぶれているのがバレバレなようでは行動に説得力がなく、ついていこうと思える魅力ももちろんありません。人の目を意識して能動的な人になるわけではありませんが、能動的な人とは意識していなくとも魅力的な人間として世間にも認められるような人の事なのです。

能動的な人になるためには自信を持つ

能動的な人とは、自発的に考え動けるだけでなく、その言動によって人に影響力を与えられる人の事でもあるのです。能動的な人になるためには、自分の言動で人に影響を与えられるだけの説得力も身に付けなければなりません。

自分に自信がなさそうな人の発言に影響を受ける人はいないでしょう。発言や言動に説得力を持たせるためには、まずは自分が一番に自分の言動を信じられなければいけません。これは、付け焼刃のように表面だけ自信で取り繕えば良いと言うものではありません。内側から滲み出るような自信を身に付けるためには一つ一つの発言にしっかりとした根拠を持たせるなど、自分の行動すべてに責任を持つ覚悟も必要なのです。

能動的な人になるためには人の気持ちを考える

能動的な人になるためには人の気持ちを汲み取れるだけの視野の広さも必要です。

自分が思うままに即座に行動に移せる積極性が必要だとは言え、時と場合を考えずに好き勝手な振る舞いをしているようでは魅力的な輝きを放つ能動的な人だとは言えません。

人に影響力がある能動的な人とは、自分の事を大切にしているのと同じように他人の事も大切にしているからこそ人の心を打つのです。相手の立場や状況に立って人の気持ちを考えられる気持ちの余裕を持つ事も大切です。

能動的な人になるためには興味がないことでも参加してみる

自分に興味がない話を適当に聞いて流しているだけでは視野が広がる事はありません。能動的な人になるためには、興味のない事にも積極的に参加してみましょう。

能動的な人になるためには色々な事に興味を持つ事も必要となってきます。もともと興味がなかったことでも「積極的に学ぼう」と意識しながらとりあえず参加してみる事で興味が持てるようになるかも知れません。

ただ「興味のない事でも参加してみる」と言う事と「何でも安請け合いする」と言う事とは別のものです。誘われるがままに予定を詰め込んで、自分を見失ってしまうようでは魅力的な人間にはなれないでしょう。そうならないためには「自分の軸」をしっかりと持たせ、やるべき事を優先した上で空いた時間を有効に使いましょう。

能動的な人になるためには前向きな人と一緒に過ごす

能動的な人になるためには、いつも前向きで新しい事にチャレンジする事を楽しめるような人と一緒に過ごすようにしましょう。

発言がネガティブで新しい事や変化を受け入れられない人は自分が新しい事を始めようとしないだけでなく、周りの人が先に進もうとする事を邪魔するかのような発言で足を引っ張ろうとしてくる事があります。仲良くしている人がそのようなタイプの人の場合適度に距離を取るなどして、一緒に新しい事を楽しめるような前向きな人と行動を共にするようにしましょう。

能動的な人になるためにはできない人を助ける

能動的な人になるためには「自分の頭で考えて積極的に行動を起こす」事が基本となりますが、本来、自分の頭で物事を考えて行動を起こせる人は、自分の事だけで手一杯になって周りの状況が見えていないと言う事はないでしょう。

「困っている人がいれば手を差し伸べる」「自分ができる事をできていない人がいるなら助ける」自分の頭で考えて「今、何をすれば良いのか」と言う適切な判断ができる人ならこういった事が自然とできるものです。

特別な事をするわけではありません。困っている人がいれば自分にできる事で助けてあげられる事がないのかを考えられる事も、能動的な人になるために必要なスキルです。

能動的な人になるときに気をつけるべきこと

能動的な人になるために自分に足りないものが何なのかがわかれば、そこを補うようにする事で能動的な人に近づく事ができますが、せっかくの魅力を手に入れるのに足を引っ張ってくる敵まで作りたくはありませんよね。

能動的な人になる上で余計な敵を作らないように気を付けるべき事も押さえておきましょう。

偉そうに見られないように自分を客観視する

「自分の意見をはっきりと言う」時に気を付けたい事が「意見の押し付け」になってしまわないようにする事です。「絶対こう!」「こうするべき!」などと言った言い方になってしまうと、受け取り手からすると「偉そうに意見を押し付けてくる人」だと言う印象を持たれてしまう事にもなりかねません。

話に夢中になってしまいがちな時ほど注意が必要です。自分がどのような言動になっているのかを常に客観視できるだけの余裕を持たせましょう。

スポンサーリンク



失敗したら反省する

能動的な人には「失敗」や、その事によって落ち込む事がないのが特徴ですが、そこを真似しようとする時に注意しなければいけないのは「失敗を認めない」わけではないと言う事です。

自分が「失敗した」と思う気持ちだけを否定して「失敗はしていない」と思い込むのではなく、失敗したと言う事実は認めた上で次に生かすための反省をしなければ何の意味もありません。しっかりと反省はした上で上手に気持ちを切り替えられるようにしましょう。

空気を呼んで突然変なことを始めない

「考える前に行動」なのが能動的な人の特徴ですが、自分が思いつくままに自由に行動しても良いと言うわけではありません。行動が薄っぺらい人の特徴は、信念が伴わない行動を思いつくままやるだけやって周りを巻き込んでおきながら、自分がやった事・言った事自体をすぐに忘れてしまうと言う事です。

能動的な人は深く考える前に行動は起こしますが、普段から何も考えていないわけではありません。自分の進むべき道や信念などについては普段からじっくり考えを巡らせていますので、自分に必要な事だと判断した事に対してはすぐに行動を起こしていると言うだけなのです。

周りの人の意見もしっかり聞く

自分と言うものをしっかりと持って自分の意見を言うのが能動的な人ですが、自分の意見がある事と周りの人の意見に耳を傾けない事とは同じではありません。

能動的な人が「こう」と思った事をすぐに始めたり我が道を突き進んでいくのは、自分にしか関係のない事だからであって、人と共同で何かをしなければいけない・周囲の人にも関係がある物事を決める場面で自分勝手に物事を進めていくわけではありません。

自分にしか関係ない事を好きにやっているうちに周りがついてくるのと、みんなに関係する事を一人で決めるのとは別のものである事を間違えないようにしましょう。

真剣に慎重に物事に取り組む

能動的な人は、色々な事に興味を持って「とりあえずやってみる」からと言って適当に取り組んでいるわけではありません。やるからには常に真剣で、慎重に物事に取り組みます。

能動的な人の行動に心が動かされると言う人が多いのは、何事にも全力で取り組むと言う真剣さが周囲にも伝わるからです。とりあえずでも、やるからにはまずは自分が心から楽しんで本気に取り組める事を目標にして取り組みましょう。

まとめ

能動的な人になるためには「考える前に行動」する事が大切だとは言え、能動的な人はただ闇雲に動き回っているわけではありません。行動を躊躇させるために考え込む事はしませんが、普段から何も考えずに過ごしているわけではないのです。むしろ、人一倍色々な視点から物事を考えているからこそ、ここぞと言う時に即座に行動に移す事ができるだけなのです。

人の心を動かすだけの影響力を持ち、自分自身もキラキラと輝ける人になるためには、まずは「自分」と言う人間を確立させながら何事にも挑戦してみる姿勢が大切なのです。

【関連記事】

素直な人の特徴!恋愛・仕事・なるためには?

能天気な人の性格や行動の特徴!長所・短所は?

疎まれる人の特徴!

合理主義者の特徴!長所や短所・付き合い方は?

慎重な人の特徴!長所や短所・向いている仕事は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク