【プライドが高い人】の心理・特徴・良い面・治す方法・付き合い方

プライドが高い人

あなたの周りにも、プライドが高い人がいませんか?

プライドが高い人はけっこう多く存在します。

そして己の人生が生きにくいだけでなく、周囲にもマイナスの影響を与えることがあります。

とはいえマイナス面だけではありません。

プライドが高い人の心理、特徴を理解しておけば、より良い付き合い方ができます。

今回はプライドが高い人について、徹底的に考えていきます。

プライドが高い人の特徴

プライドが高い人

まず、プライドが高い人にはどんな特徴が見られるのか。

よくある特徴をチェックしていきましょう。

プライドが高い人は自意識過剰

プライドが高い人

プライドが高い人は、大抵が自意識過剰な人です。

自意識過剰とは、「自分が周囲からどう見られているか」を必要以上に気にするということです。

自分を他人より良く見せたいという気持ちが、人一倍大きいという特徴があるのがプライドが高い人です。

プライドが高い人は自尊心が強い・自分は特別だと思っている

プライドが高い人は自意識過剰な上、自尊心が強いという特徴もあります。

自尊心とは、簡単に言えば「自分を大切に思う気持ち」のことです。自尊心それ自体は幸せな人生を生きるために、とても大切なものです。

けれども自尊心が過剰になると、周囲に特別扱いを要求しすぎて、ギクシャクの原因になってしまいます。

プライドが高い人は自分の過ち・非を認められない

プライドが高い人が周囲とギクシャクしがちですが、その原因は、自分の過ち・非を認められないということにもあるでしょう。

自分の評価を下げたくないため、ミスがあってもプライドが邪魔をして、過ちを素直に認められないのです。

自分の非を認められないことで、周囲の反感を買いやすいのは言うまでもありません。

プライドが高い人は謝ることができない

プライドが高い人は、謝ることも苦手です。

謝ることは負けだという心理が働き、「ごめんなさい」と謝らなくてはいけない場面でも、謝ることに大きな抵抗を感じます。謝ることは、敗北だと認識するからです。

本心で非は認められなくても表面的に謝ることができてしまう大人はたくさんいますが、プライドが高い人は表面的に謝ることすらも拒みます。

プライドが高い人は負けず嫌い

結局のところ、プライドが高い人は負けず嫌いなのです。

何事も勝負だと捉え、周囲の人との競争で勝つことを自分に無意識のうちに課しています。

プライドが高い人と接していると、「こんなことでまで勝負にしなくてもいいんじゃない?」と感じることが、多くあることでしょう。

それでも勝負にしてしまうのが、プライドが高い人なのです。

プライドが高い人は言い合いをしやすい

プライドが高い人は自分の意見に絶対的な自信があり、何事も勝負だと捉えます。そのため、小さなことでも言い合いになりやすいという特徴もあります。

些細なことでも相手よりも優位に立つために、必死になって相手を言い負かそうとするのです。

プライドが高い人はバカになれない

世渡り上手で人当たりの良い人は、良い意味でバカになれます。ところがプライドが高い人は、バカになることはできません。

自分自身を卑下したり、茶化したり、相手に笑われることを良しとしません。うまくバカを演じて世渡りするなど到底不可能です。

プライドが高い人は自分の生き方にこだわりがある

プライドが高い人は自分の生き方にこだわりがあるのです。

「自分はこんな人物でありたい」という理想像があり、それを大切にしています。

なので、自分の理想に沿っていない自己像を求められても、簡単にキャラを変更できません。

プライドが高い人はいじられたくない・人から笑われるのを嫌がる

プライドが高い人は、他人からいじられることに激しい抵抗を感じます。人から笑われることへの嫌悪感が強いためです。

自分自身をことさら大切に思っているため、いじられたり笑われたりすることで、自分が傷つくように感じやすいのかもしれません。

プライドが高い人は人に弱みを見せない

プライドが高い人は人に弱みを見せません。自分の弱いところを見せることで、相手に自分よりも優位に立たれることを、極端に恐れています。

そのため、人に弱みは見せないようにいつも気を張って緊張しています。

プライドが高い人は傷つくのを恐れる・失敗経験が少ない

プライドが高い人は初めから負けるとわかっている勝負には、参加しようとはしません。決して負けたくないからです。負けたときには人一倍傷ついてしまいます。

こうしてプライドが高い人は失敗するリスクを避けながら成長するため、失敗経験が少ないまま成長します。そのため、失敗からリカバリーする術も知らないままで、失敗を恐れる気持ちがいつまでたってもなくなることはありません。

プライドが高い人は自慢話が好き

プライドが高い人は自慢話が大好きです。話をし始めれば、自然と自慢話にたどり着きます。

自慢話をすることで、自分の力、すごさを誇示し、周囲に認めさせておきたいのです。気がつくといつも自慢話です。

プライドが高い人はエゴ・固定概念が強い・自分が正しいと思っている

プライドが高い人には「こうあらねばならない」という固定概念が強い傾向もみられます。自分の考えは常に正しく、自分の考えに沿って周囲を動かそうとします。

つまり、プライドが高い人はエゴの塊ともいえるのです。自分の正義は周囲に取っても正義だと、信じてやみません。

プライドが高い人は人から攻撃されないように自虐的になる

人に笑われるのが苦手で弱みを見せないはずのプライドが高い人が、一転して、自虐的になる場面もあります。それは、人から攻撃されることを避けたいときです。

明らかに自分よりも能力が高い人物が現れたときなどは、人から評価される前に自虐します。人から評価されるよりは、自分で自虐する方がダメージが少ないと捉え、そうしておくことで自分を守ろうとする心理が働くのです。

プライドが高い人は人よりも心理的に優位に立とうとする

プライドが高い人は、常に、人よりも心理的に優位に立とうとしています。

具体的には、場を仕切り、周囲にいる人たちを自分の思い通りにコントロールしようとします。そうすることで、心理的に優位な立場を実感できるためです。

プライドが高い人は人を褒めることができない

プライドが高い人でも、人を褒めることができれば、人間関係を築きやすいでしょう。しかし残念ながら、プライドが高い人のほとんどは、人を褒めることはできません。

人を褒めて認めることは、自分よりも能力が高いと認めることにつながり、自分のプライドが許さない場合が多いのです。

プライドが高い人は他人の失敗にとても厳しい

プライドが高い人に欠けているものはたくさんありますが、最も欠けているものの一つが他人に対する寛容さです。

プライドが高い人は他人の失敗に対してとても厳しく、ときには激しく叱責することもあるでしょう。

自分とはあまり関係のないことでも、重箱の隅をつつくが如く失敗を指摘しがちな面もあります。その姿は、人の失敗を喜んでいるようで不快なものに見えるかもしれません。

プライドが高い人は人の成功を喜ぶことができない

人の成功を素直に喜べないところも、プライドが高い人にはありがちな残念ポイントの一つです。

プライドが高い人は、常に自分が一番でないと気が済みません。そのため、人の成功は妬みの対象になってしまうのです。

逆に、人の失敗は自分の価値を高めるものだという考え方をしがちです。なので、前述の通り人の失敗に敏感になるわけです。

プライドが高い人は人間関係を上手に築けない

こうしたプライドが高い人は、人間関係を上手に築くことができません。

プライドが高い人は無意識のうちに人を不快にしてしまうため、プライドが高い人と友情を築きたいと考えられる人は稀なのです。

プライドが高い人は自分は大切に扱われて当然だと考えている

プライドが高い人は人間関係が上手に築けないにもかかわらず、自分は大切に扱われて当然だと考えています。そのため、周囲に対する気遣いや感謝が足りないとみなされがちです。

そうした横柄な態度は人間関係をダメにする大きな根本原因の一つとなります。「ありがとう」という気持ちがお互いに感じられない関係は辛いですよね。

プライドが高い人は周りから良く思われようとする

プライドが高い人は周囲の人を悪く見るにもかかわらず、自分は周りから良く思われようとしています。

例えるなら、人の悪口は言うのに、自分は悪口を誰からも言われるわけがないという心理です。

プライドが高い人は自分の思うようにならないとキレる

繰り返しますが、プライドが高い人は、すべての物事を自分の描いたシナリオ通りに進めたいと考えがちです。

そのうえ、思った通りに物事が進まないと、苛立ちを抑えきれず、キレる傾向があります。キレることで、思い通りにならなかった怒りを発散するのです。

プライドが高い人は冷たい態度をとる

プライドが高い人は基本的に人に冷たい態度をとります。

愛想を振りまくようなことはありません。

高圧的で冷たい態度をとることで、相手に対して優位に立とうとするからです。

プライドが高い人は完璧主義者

プライドが高い人が常に自分の思い通りにしたい人に見えます。それは、彼らが完璧主義者だからです。

プライドが高い人は自分が思い描いたビジョンに完璧に沿って実現させていこうとします。例えば子育てをしていても、我が子に自分の夢を押し付けがちなタイプです。

プライドが高い人は臨機応変に対応できず融通が利かない

プライドが高い人はあらかじめ、細かくシナリオを作っていることが多いため、予想外の出来事に対して臨機応変に対応することは苦手だという特徴があります。言うなれば、融通が利きません。

それがまた、プライドが高い人を生きづらする要因の一つです。

プライドが高い人は客観的に物事を見ることができない

プライドが高い人は自己中心的です。

常に世界の中心に自分がいると考えています。そのため物事を客観的に見ることができません。

自分が中心ではない基準で、物事を見ることができないのです。

プライドが高い人はミスを自分のせいではなく人のせいにする

プライドが高い人は、ミスをしたときにも共通の特徴があります。それは、自分のミスを人のせいにするということです。たとえ自分に非があっても認めず、原因を自分以外のところに求めようとします。

プライドが高い人は型にハマった固い考え方をする

プライドが高い人は、「こうでなければいけない」と、一度決めた考え方に固執しがちです。そのときの考え方は、たいてい型にハマった固い考え方(ステレオタイプ)である傾向が強い印象です。

プライドが高い人はプロフェッショナルに憧れる

プライドが高い人は常に完璧を目指す完璧主義なので、失敗のないプロフェッショナルな姿に憧れています。

プライドが高い人の完璧を求める姿勢には、高いプロ意識の表れという一面もあるのです。

プライドが高い人は学歴・社会的地位にこだわる

プライドが高い人は自分の価値を高めるステータスとして、学歴や社会的地位にこだわるという特徴があります。

学歴や社会的地位で、周囲とのマウンティング合戦を心の中で静かに繰り広げていたりします。出身大学の偏差値をチェックしたり、年収を推測して、一喜一憂したりしているかもしれませんね。

プライドが高い人は人との付き合いをステータスだと思っている

プライドが高い人には、人との付き合いをステータスだと思っている特徴も見られます。

例えば、facebookでつながっている友達の地位を気にしています。自分の友達に有名人や地位が高い人を揃っていることに、満足していたりします。

あたかも友達を収集しているような印象です。

プライドが高い人は頼みごとができない・頭を下げられない

プライドが高い人は人に物事を頼むことは苦手です。頭を下げて、お願いができないのです。

人に頼んで借りを作ることに抵抗があるほか、些細なことでも自分ですべて完璧に把握しておきたいという意識も強いようです。

プライドが高い人は大きな失敗をすると立ち直ることができない

前述した通り、プライドが高い人は、失敗経験があまりありません。そのため失敗に弱く、大きな失敗をすると立ち直れなくなるという特徴もあります。

プライドが高すぎると、うつ病などメンタル系の病気になりやすいともいわれています。

プライドが高い人はブランド物が好き

プライドが高い人は、ブランド物が大好きです。自己顕示するためにブランド物の力を借りることもあるためです。

より高級で、周囲からの評価の高いブランドを選び、ブランドのランクで、他人と競い合おうとする特徴もみられます。

プライドが高い人は告白ができない

プライドが高い人は、自分から愛の告白をするなんて信じられません。

優秀な自分は人から告白されて当然だと考えているほか、内心、「断られたときに立ち直れない」と、自分を守りたい気持ちが働いていることもあります。

プライドが高い人になる理由

次に、プライドが高い人はどうしてそうなったのか。

プライドが高い人たちのプライドを、高くした理由に迫ってみます。

プライドが高い人は心に傷を持っている

プライドが高い人は、とてもデリケートで傷つきたくない人たちです。そうした人たちの中には、厳しい親に罵倒されながら育ち、心の傷を持っている人が多く見られます。

これ以上、自分を傷つけないための鎧として、プライドを高く保っているのかもしれません。

プライドが高い人は育ちが良く挫折を知らない

プライドが高い人は育ちが良く挫折を知らないタイプの人も多くいます。家柄も良く、幼い頃から優秀で、挫折するチャンスがなかった人たちです。

挫折を経験していないため、子どもの頃からのプライドが折られないまま、プライドの高い大人になってしまったのです。

プライドが高い人は親に褒められて育てられた

親にひたすら褒められて育てられた人たちも、プライドが高くなりがちです。何をしても周囲からチヤホヤされて褒められ続けることで、自己愛が肥大化してしまったのです。

世界の中心は自分だと、幼い頃から刷り込まれ続けたタイプです。

プライドが高い人は自分だけの世界で生きてきた

プライドが高い人は、自分が中心の世界で生きてきたのかもしれません。その世界の住人は自分だけです。

周囲の人たちは、あくまでもその他大勢。中心にいる自分を盛り立てる存在でしかないわけです。

プライドが高い人の良い面

プライドが高いことは、マイナス面ばかりではありません。

プライドが高い人には良い面もあります。

プライドが高い人には良い面について考察してきます。

プライドが高い人は自分の信念・誇りを持っている

プライドが高い人は「こうありたい」という理想を強く持つ特徴があると前述しました。それは、自分の信念・誇りを強く持っているとも言えます。

簡単には揺らがない信念を持っていることは、ときに、素晴らしい道標を周囲に示すこともあるでしょう。

プライドが高い人は他人にコントロール・利用されにくい

プライドが高い人は簡単に人の意見を聞き入れません。それはつまり、簡単に他人にコントロールされたり、利用されにくい傾向にあります。

自分の基準で、自分で納得したことにしか動きません。

プライドが高い人は仕事で成功する傾向にある

そうしたプライドが高い人は、プロフェッショナルな仕事で成功する傾向にあります。企業経営などにおいても、即断即決で、筋のとおった方向性を示すことが得意です。

プライドが高い人は自分が決めたことを何としてもやり通す

プライドが高い人は、やり通す力も強く持っています。いったん自分が決めたことを、途中で放り出したりすることを自分のプライドが許しません。何としてもやり通すために、必死で努力できます。

プライドが高いのを治す方法

プライドの高い人には良い面もあることがわかりました。

とはいえやっぱり、生きにくい部分も多いのがプライドの高い人です。

良い面は生かしつつ、マイナス面を治していくには、どんな心がけが必要なのかをまとめてみました。

プライドが高い人は感謝の気持ちを忘れないようにする

プライドが高い人が、まず意識すべきは「感謝の気持ちを忘れないこと」です。人への感謝の気持ちを持っても、自分のプライドは傷つくわけではありません。

むやみやたらに対抗意識を燃やすよりも、感謝すべきときは感謝し、素直に「ありがとう」と言えるようにしたいものです。

プライドが高い人は自分だけで生きている訳ではないのを理解する必要がある

世界の住人は、自分だけではないのです。自分だけで、生きている訳ではありません。

相手には相手の世界があり、自分の基準や自分の正義を、周囲に押し付けてはいけないと理解しておくと、ぐっと楽になるはずです。

プライドが高い人は他人の失敗を許す必要がある

プライドが高い人は、周囲に対する寛容さも身につけるべきです。具体的には、他人の失敗を許せるようになりましょう。

失敗しない人などいません。失敗した後にどうするかを考えられるようになる必要があります。

プライドが高い人は一度大きな失敗をする必要がある

プライドが高い人が周囲の失敗を許せるようになるためには、一度、自分自身が大きな失敗をする経験が必要不可欠です。

失敗したそのときは辛いかもしれませんが、それを乗り越えてこそ、何事もマニュアル通りにはいかないという現実を学べます。

そして、周囲に対する寛容さと、協力することの大切さも学べれば、プライドが高い人に対する周囲からの評価も変わってくることでしょう。

プライドが高い人は自分の非を素直に認める必要がある

プライドが高い人が変わるためには、自分が間違えたときは、素直にそれを認められるようになることも必要です。

自分が間違えたことを人のせいにするよりも、自分で潔く認めること。その方が自分のプライドは守られるという意識に変えていければ、周囲との関係がよりよくなっていくことでしょう。

プライドが高い人は失敗はネタになるのを理解する必要がある

プライドが高い人は自分の失敗から目を背けがちです。しかし、その失敗は貴重なネタになると理解できれば、失敗しても傷つきにくいメンタルを得られるのではないでしょうか。

人は、失敗話が大好きです。自分の失敗をネタにできるぐらいになれば、プライドが高い人の印象もたいぶ変化することでしょう。

プライドが高い人との付き合い方

周囲の人がプライドが高くて困っている。なおかつなかなか変わってくれないというときは、接し方を変えることで少しずつ変化をもたらせることがあります。

プライドが高い人とどんなふうに付き合っていけばいいのか、ポイントをまとめました。

プライドが高い人は褒めてあげる

プライドが高い人は承認欲求が強いので、しつこいくらいに褒めてあげましょう。

プライドが高い人も、褒めてくれる人に対しては緊張がとれて態度が軟化していきます。そうすれば、安心感のある関係性が築けて、本音で向き合える機会も増えることでしょう。

プライドが高い人とはある一定の距離感を保つ

プライドが高い人に接するのが少し難しいと感じたら、深入りはせず、ある一定の距離感を保つことも一手です。

一定の距離感を保つことで、お互いに冷静に、不快な思いをしないでお付き合いができるはずです。

まとめ

プライドを持っていない人などいません。

重要なのは、自分のプライドを良い方向にコントロールできるかどうかです。

人を下に見たり、人に対抗することでプライドを維持するのではなく、自分自身の生き方に誇りを持ち、周囲に良い影響を与えられるような良いプライドを高く持っていける人が増えるといいですね。

【関連記事】

【一匹狼の人】特徴!男性女性別&仕事・恋愛&一匹狼になるための方法は?

嫉妬深い人の特徴・心理25選!行動・恋愛・性格を直す方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク