両想いの雰囲気の特徴は?男性からのサインは?

好きな人がいると、どうしても両想いなのか気になりますよね。

でも、自分じゃ全然わからない、という場合もよくあることです。

ただ、自分じゃわからなかったとしても周囲の人にはわかってしまいます。

それって、両想いの雰囲気が出ているということなんです。

そこで、男性が出す両想いのサインや両想いの雰囲気の特徴をご紹介します。

しっかりと理解して、恋愛を成就させましょう!

両想いの雰囲気の特徴

両思い 雰囲気

両想いの雰囲気の特徴をご紹介します!

両想いの二人って、お互いが知らぬ間に両想いの雰囲気を出しているので、周囲も意外にわかるんです。

特徴を知っていると、気になる男性が両想いの雰囲気を出しているかどうかの判断がつくので、恋愛に活用できます。

比較的多くのサインがあるので、頭の片隅に覚えておいてくださいね!

両想いの雰囲気は話しているときの距離が近い

両思い 雰囲気

両想いの雰囲気の特徴は、話しているときの距離が近いことです。

両想いの2人って、自然と一緒にいる回数も増えますし、何かと話をする機会も多くなります。

話をする時、2人の距離がとっても近いことも特徴です。

両想いなので、自分達が意識していなくても自然に体や顔の距離感が近くなります。

周囲とは違う雰囲気が2人から流れてくるので、誰が見ても「あの2人って恋愛関係?」と思うのは不思議なことではありません。

女性は、好きな男性じゃなければあまり距離感が近くなることもないため、わかりやすい特徴だとも言えます。

両想いの雰囲気では目が合って笑顔になる

両想いの雰囲気の特徴は、目が合って笑顔になることです。

両想いの2人は、お互いのことが気になって仕方がありません。

男性も女性も好きな人のことは視線が追うのをやめられない、という特徴があるので視線がよく合うということも特徴的です。

さらに、両想いの場合は目が合うと思わず笑顔になってしまいます。

好きな人と目が合えば、嬉しくなるのは当然ですよね。

照れ臭さはあるかもしれませんが、好きな人に気に入られたいという気持ちから笑顔になります。

よく笑ってくれるな、と思ったら両想いの雰囲気が出ていると思ってもいいかもしれません。

両想いの雰囲気は2人きりでいることが多くなる

両想いの雰囲気の特徴は、2人きりでいることが多くなります。

男性は、女性よりも好きな相手に対しては積極的な部分が出てきます。

そうなると、どうしても好きな女性の周りをうろうろしてしまい、両想いなのであればそのことに女性も嫌な気持ちにならないので、自然と2人きりでいることが多くなってくるんです。

「なんかいつも2人で楽しそうだね」なんて周囲から言われるようになると、両想いの雰囲気が周囲にも分かってしまうくらいに思いが溢れていると思ってください。

実際、2人きりでいるというのは無意識な状況なので、誰かに言われて初めて気付いた場合、距離感をどんどん縮めていっていいのかな?と積極的になってもいいですよ。

一緒にいる時に、どんな雰囲気なのかということも恋愛を予感させられるかどうかを意識して見極めてみましょう。

両想いの雰囲気では他の人と違う態度になる

両想いの雰囲気の特徴は、他の人と違う態度になることです。

両想いの雰囲気では、好きな相手の前でだけ態度が変わります。

男性は好きな相手の時はとっても優しくなりますし、女性は好きな相手の時は逆に冷たくなってしまうこともあるんです。

好きだからこそ、迷いが出てきますし、どう接していいのかわからなくなります。

好きだからこそ、気持ちが溢れ出して他の人には見せないような態度をとるかもしれません。

恋愛対象なので、やっぱり他の人と態度が違うのはしかたのないことなんですよ。

両想いの雰囲気では頻繁にLINEをしている

両想いの雰囲気の特徴は、頻繁にLINEをしています。

男性って、通常LINEって全然続きません。

本来であれば、LINEはただの連絡ツールとした意識なので、用事がない限りLINEをしたいと思わないんです。

でも、好きな女性の時は別だと言えます。

好きな女性とは、いつだってLINEをしていたいですし、他愛のない会話でも続けてくれます。

女性は、なんてことない会話でも続けるタイプが多いですが、男性は考え方から全く違うので、LINEが続くというのはそれだけ両想いの雰囲気になっているからこそだと思ってくださいね。

両想いの雰囲気では一緒に話をしていてとても楽しい

両想いの雰囲気の特徴は、一緒に話をしていてとても楽しい気持ちになります。

両想いの2人というのは、雰囲気が似ていることも多く、そもそもの相性が良いということも多くあります。

なので、話が合うので話をしていて楽しい!と思う人がほとんどです。

男性も女性も、共通の話題があると親近感が湧きますし、恋愛に発展するきっかけが多くなる傾向が強いです。

自分に似た人を好きになるというのは、人間心理として変なことではないので、当然のことだと言えます。

スポンサーリンク



両想いの雰囲気ではお互いのプライベートを知っている

両想いの雰囲気の特徴は、お互いのプライベートを知っていることです。

職場で両想いの雰囲気を醸し出してる2人によくあることですが、やたらお互いのプライベートを知っています。

休みの日に何をしていたとか、趣味は何か、好きなことは何かなど、お互いのことをなんでも知っているんです。

男性は、基本的に仕事モードの時は無駄な話をすることがありませんが、好きな女性に対してはなんでも話してしまいます。

なので、職場内では「あの2人、仕事以上の関係なんじゃない?」と噂されるような雰囲気を出しているんです。

両想いの2人は、2人で会話をすることも多く、仕事以外の話をすることだって多いです。

なので、周囲が思わず付き合っているのかと勘違いするくらいの親密さな雰囲気を出しています。

両想いの雰囲気では自然なボディタッチがある

両想いの雰囲気の特徴は、自然なボディタッチがあることです。

両想いの場合、距離感が近くなって相手との視線の交わし合いや笑顔の回数が増えます。

それだけ、雰囲気が良くて魅力的な空気感が2人の間で漂っているので、自然なボディタッチも多くなるんです。

通常、男性は気軽に女性の体には触れませんし、女性も触れることはありません。

ですが、両想いの2人は、やたら肩や腕などに気軽に触れ合います。

ボディタッチが多いというのは、勘違いされることを嫌だと思っていない、触れられることが嫌だと思っていないということにつながりますので、両想いの可能性が高いと思ってください。

両想いの雰囲気では視線が合う回数が増える

両想いの雰囲気の特徴は、視線が合う回数が増えることです。

視線というのは、自分の気持ちの雰囲気を出していると言えるので、周囲が感じることもそうですが、見られている側としてもわかりやすんです。

特に両想いであれば、それだけ相手のことが気になっているのでやたら視線が合うということは普通に増えていきます。

男性は、女性が他の男性と仲良さそうに話していないか気になってついつい視線を送ってしまいますし、女性も好きな人のことは見てしまうのはしかたがないことです。

視線が合う回数が増える、というのはそれだけお互いが好きだからという意味がなので両想いに確信をもってもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク



両思いの雰囲気では相手の考えていることが手にとるように理解できる

両想いの雰囲気の特徴は、相手の考えていることが手にとるように理解できます。

そのため、相手がどんなことで悩んでいるのか、楽しいのか辛いのかをすぐにキャッチすることができて、相手との感情のやりとりがとてもスムーズに行えるんです。

ただ、あまりにもわかりすぎてすぐに心配してしまうのも周囲に両想いだという雰囲気を出しすぎてしまう理由にもなるので、注意しましょう。

知られて困るようなことでもないかもしれませんが、わかりすぎるのもどう思われてしまうかわからないので、意識はした方がいいです。

また、男性って普通は全然女性に対しての気遣いができません。

でも、好きな女性に対してだけはとっても目が行き届くのです。

なので、案外わかりやすい特徴だと言えますよ。

両思いの雰囲気では周りから「良い感じだね」と言われる

両想いの雰囲気の特徴は、周りから「良い感じだね」と言われます。

両想いの雰囲気って、男性からとか女性からとか問わずに周囲になんとなくバレてしまうものなんです。

だから、両想いの2人に対してちょっと茶化すような気持ちで「あの人と良い感じだね」なんて言葉をかけてくる人も多くいます。

自分達が無意識のうちに恋愛関係を感じさせるような空気を出している、ということになるので、周囲からそのような言葉を言われるようになったら、相手も好意を持っているのかな?と思ってもいいかもしれません。

ただ仲が良いのと恋愛関係のような雰囲気が出ているのとは、全く違う感覚なので、それだけ空気感が濃厚だということです。

職場で両想いの男女の雰囲気は?

職場での両想いの男女の雰囲気ってどんなものかをご紹介します。

男性も女性も職場内で恋愛関係に発展することも多く、仕事での関わり合いが知らぬ間に好意を抱いていたなんてことはよくある話です。

毎日顔を合わせるので、周囲も両想いの2人の雰囲気を感じ取りやすく、何かしら言われるかもしれません。

自分が気になっている相手が、両想いの特徴に当てはまっているか確認してみてくださいね。

両想いかも、とわかることによって、自分としての行動も変わってきますし、相手への気持ちの伝え方も全然変わってくるので、意識してみましょう。

頻繁に2人きりで行動している

職場で両想いの男女の雰囲気は、頻繁に2人きりで行動しています。

あからさまじゃない?と思うかもしれませんが、そういうわけでもないのです。

やはり、好きな人とは多くの関わりを持ちたいと思っているので、男性も女性も職場内で好きな人がいる場合は、距離感が近くなります。

さらに、職場なので業務上の関わりは多いですが、なかなか2人きりで行動する機会はないかもしれません。

ですが、何かにつけて2人で行動できるように意識的、もしくは無意識に共通点を作っていきます。

頻繁に職場で2人きりで行動している、ということはそれだけ2人きりになるようなシチュエーションを意識しているわけです。

なので、やたら好きな男性と2人になる機会が多いな、と思った時は雰囲気的に両想いの可能性が高いと思っても不思議なことはでありません。

話す距離が近くて楽しそうにしている

職場で両想いの男女の雰囲気は、話す距離が近くて楽しそうにしてることです。

両想いの2人というのは、ちょっとしたことでも笑い合い、楽しそうな時間を共有しています。

この雰囲気は、かなり両想いの可能性が高く、周囲の人が見て取れるくらいに仲良しな空気感が漂っているんです。

周囲からすれば「そんなことでそんなに楽しい?」と思うくらいの話題でもいつまでも話していたり、笑っているような間柄であれば、両想いなのかもしれません。

男性は女性と違って、仕事上でそこまでのコミュニケーションを求めていないんです。

なのに、女性と一緒にいるときはとっても楽しそうにしていますし、話している距離もまるで恋人のような近さなので、周囲もすぐにわかりますよ。

もしかすると、ここまで仲良くなっている状況だと本人達も理解しているかもしれません。

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは?

両想いの雰囲気で男性が見せるサインをお伝えします。

男性って、意外に両想いの時にわかりやすいサインを見せてきます。

女性の方がちょっと気持ちを隠すことが得意ではありますが、男性の場合は両想いの時にかなりサインを見せてくれるのでよく見極めるようにしてください。

両想いの雰囲気が出てきた時、本当に両想いだって信じていいのかな?と不安に思うこともあるかもしれません。

でも、恋愛を成就させるためにはしっかりと男性を見ていた方がいいですよ。

男性から頻繁に連絡が来る

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、男性から頻繁に連絡が来ることです。

男性は、最初こそ頻繁に連絡をくれたとしても好きじゃなかったらだんだん連絡がおろそかになってしまう人も多いんです。

でも、好きだからこそいつだって女性と連絡をしたくなりますし、どうでもいいことでも報告したくなります。

両想いの雰囲気を出したい男性は、連絡を頻繁にして自分のイメージを女性に刷り込みたい気持ちが行動に移させています。

女性は、いろんな人といろんな会話ができますが、男性はそういうわけではなく無駄なやりとりを嫌いタイプがほとんどです。

連絡が多いというのはそれだけ相手を好きという意味だと理解してくださいね。

仕事が忙しくても時間を作ろうとする

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、仕事が忙しくても時間を作ろうとします。

男性は基本的に仕事モードに入ると、他のことが目に入らないですし、考えられなくなります。

なので、よく男性は付き合った女性でも仕事が忙しいと連絡をしなくなったり、デートをしなくなって「私と仕事どっちが大事なの?」と言われてしまうこともあるんです。

このような状況は、交際しているからこそで、内心女性に対して甘えているわけです。

ですが、両想いの女性に対してはまだそこまで関係が進展していませんし、女性側の気持ちもわからないため、どれだけ忙しかったとしても連絡する時間は確保しますし、会おうとします。

通常、仕事で忙しい時だと平日は当然会えないでしょうし、休みだとしても家でゆっくりしたいと思いますよね。

でも、両想いの女性に対しては、自分が好意を持っているという雰囲気を出したいがために、是が非でも時間を作ります。

女性との休みが合わなかったら、仕事の後食事だけでも時間を作ろうとします。

休みが合えば早い時間から一緒にいたがるなど、完全に好意を見せて来るのでわかりやすいかもしれませんね。

2人きりのデートに誘われる

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、2人きりのデートに誘われることです。

友達の期間が長い2人の場合、仲が良いことは普通のことかもしれないので、あまり両想いの雰囲気を感じ取ることができないかもしれません。

ですが、男性としては両想いだということを雰囲気で伝えたいと思うことがほとんどなので、何かしら変化をつけてきます。

わかりやすいのは、今まで集団で会っていたのに、急に2人きりのデートに誘われるなどです。

みんなの輪の中だと、なかなか距離を縮められないと思っているので、まずは2人きりで会ってちょっとずつでも仲を進展させたいと考えるのは普通のことです。

どうでもいい相手なら、別にみんなで遊んでいたって楽しいわけなので、そこをあえて2人きりで会おうとしているのであればそれだけ好意があると考えて不思議ではありません。

デートの時も、きちんと女性のことを考えたプランを考えたり、希望を聞いたりするので見極めてください。

悩みを打ち明けられる・相談される

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、悩みを打ち明けられる・相談されることです。

男性は、女性に弱さを見せません。

でも、それが好きな女性の前だと一気に変わります。

自分の状況を知ってほしい、こんな風に思っているなどいろんな自分の感情を女性に話したがります。

これは、両想いの雰囲気で見せるサインだと理解してください。

同性の友人ではないので、仲が良かったとしても、好意を持っていて信頼していなければなかなか自分の悩みを打ち明けたり相談するようなことはないんです。

悩みは、自分の置かれている状況を素直に話すことなので、それだけ裏表なく相手に見せることになります。

人として信頼していない場合、相談なんかしたくないですよね。

男性からプライベートな悩み相談を受けた時は、それだけ信頼されていて好意を持たれていると思ってもいいと言えます。

心配してくれる

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、心配してくれるということです。

男性は、仕事中でもみんなで遊んでいる時も、目の前のことに意識が集中するタイプがほとんどなので、あまり周囲に細かな気遣いができません。

それは、男性という生き物の習性のようなものなので仕方がないことなのですが、両想いの女性に対しては全く違います。

好きだからこそ、じっと見ていますし、見ているからこそ、相手が今どんな気持ちになっているかがわかるんです。

そのため、女性の体調が悪そうだったり、元気がない表情を浮かべているとすぐに気付いて心配してくれます。

男性が女性を心配するのは、珍しいことだと思ってください。

常に女性に対して紳士的な態度を取ってくれる場合、両想いの雰囲気が出ているのだと理解しておきましょう。

LINEの返事が早い

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、LINEの返事が早いことです。

両想いの雰囲気を感じられる大きなポイントなので、よくよく見ているようにしてください。

通常、男性はLINEや電話というのはただの連絡ツールとしての印象しかなく、何か用事がなければほとんど使わないようなものです。

しかし、好きな女性からのLINEや電話というのはかなり嬉しくて、その嬉しさを隠しきれないからすぐに返事をしなくてはいたたまれなくなります。

すぐに返事をしないと、女性がスマホから目を離して、会話のテンポが悪くなったり、自分のこと忘れてしまわないか心配という気持ちもあるので、すぐにLINEの返事をしたくなるんです。

一般的に、男性はスマホをこまめにチェックしたり、好きでもない相手に対してマメな連絡はしませんので、返事が早いということはそれだけ相手に好意もっている証拠だと考えておきましょう。

恋愛の話が多くなる

両想いの雰囲気で男性が見せるサインは、恋愛の話が多くなることです。

両想いの男性というのは、基本的に女性が自分のことをどう思っているのか、好みの異性はどんな人なのかが気になっています。

なので、必然的に恋愛の話が多くなりますし、恋愛の話をすることによって自分との恋愛をイメージしてほしいという雰囲気を出してくるんです。

相手の話を聞いた上で、自分の話もして、どんどん2人の間に恋愛モードを出せたらいいな、と思っているので脈ありサイン的な意味合いももっています。

恋愛の話や異性の話がやたら多い時は、自分を意識しているのかな?興味があるのかな?と思って間違いないですよ。

両想いなので、しっかりと自分の好みはあなたですって伝えてください。

恋愛に発展する鍵は、男性に自信を持ってもらうことなので、女性から積極的にイメージさせてあげましょう。

両想いの雰囲気から付き合うに発展させるためには?

両想いの雰囲気から付き合うに発展させるためには何をしたらいいのか?ということをご紹介します。

両想いの雰囲気は感じるけど、なかなか関係が進展しない……と悩んでいる人は案外多くいます。

本当なら男性から告白してきたり、積極的になって欲しいのに最近の男性って雰囲気は出せるけどそこから先の勇気が全然ないってこともよくある話です。

そこで、恋愛に発展させるために女性はどんなことをしたらいいのかを理解しておきましょう!

お互いが消極的なままでは、いくら好きでも進展することはありえません。

なので、意識することはとっても大事なことですよ。

両想いの雰囲気になったら告白してみる

両想いの雰囲気から付き合うに発展させるためには、両想いの雰囲気だなと思った時点で告白してみるのも1つの手です。

男性側も、両想いかもしれない?と思いつつも自信がなくて踏み出せないという状況はよくある話です。

ただお互いがもやもや仲良しのままを続けていても意味がないので、女性の方から「好きかも」というような告白をしてみましょう。

その時に、驚いた表情を見せるだけであれば「冗談!」と笑って済ませてもいいですし、男性の方もそこから好きだという話に発展するかもしれません。

1つ前に踏み出したら、一気に進み出すのが恋愛関係なので、勇気を出してみましょう。

会う回数を増やしてみる

両想いの雰囲気から付き合うに発展させるためには、会う回数を増やしてみてください。

男性は、いつも一緒にいる人に恋愛感情を強く持つ傾向があります。

もちろん、もともと両想いの女性であればなおさら会う回数が増えたら増えるだけ恋愛感情が高まっていきます。

会う回数が多いと告白するタイミングも多くなるので、男性としても自信をつけたり、タイミングをはかる回数も増えるんです。

それだけ、きっかけを多く持てることは関係を進展させるには十分にメリットになるので、両想いの雰囲気から進展を希望するのであれば会う回数は絶対に増やした方がいいですよ。

もっと甘えたり特別感を出してみる

両想いの雰囲気から付き合うに進展させるためには、もっと甘えたり特別感を出してみることです。

両想いの雰囲気って、そもそもカップルっぽい感覚が強いですが、ほかの男性にはしないような態度をとることも大事です。

男性は、基本的に自信がないタイプが多いので、女性からの好意をしっかり感じることができないとどうしても告白したり、進展するような行動がとれない人が多いのも事実です。

なので、女性が「あなたのことが好きなんです」というアピールをした方が格段に関係は進展します。

男性のことを頼ってみたり、甘えることによって関係を深めることができるので、おすすめですよ。

両想いの雰囲気では「もし付き合ったら」の話をする

両想いの雰囲気から付き合うに進展させるためには、両想いに雰囲気の時に「もし付き合ったら」の話をしてみることも有効的です。

男性と2人で一緒にいる時に「もしも付き合ったらこんな感じなのかな?」とか「付き合ったら、きっとすごく楽しいだろうね」なんていうカップルを意識させることを言ってみましょう。

もともと異性として意識していた感情が一層意識してしまうはずなので、「じゃあ付き合ってみない?」なんていう話に進展していきやすいです。

この例えばの話から、一気に関係が発展するかもしれません・

両想いの雰囲気では「私たちの関係どうなっているの?」と聞いてみる

両想いの雰囲気から付き合うに進展させるためには、両想いの雰囲気の時に「私たちの関係どうなっているの?」と聞いてみましょう。

こういう言葉を伝えるときは、楽しい時間を2人で過ごしていたり、ちょっと夜に食事をした時などに言ってみると効果的です。

ふっと見せる女性の真剣な表情から、男性は勇気をもらうことができますし、踏み出す決意をするので、女性の方から何かきっかけを作ってあげるというのは必要なことですよ。

まとめ

両想いの雰囲気の特徴的や、男性からのサインについてご紹介しました。

基本的に、多くの場合は周囲からでもわかるくらいに両想いの雰囲気は溢れ出しています。

それだけ、お互いが好きな気持ちが高ぶっている証拠なので、関係がなかなか進展しない時は、女性からきっかけを作ってあげてみてください。

その勇気がない場合は、ちょっと様子をみながら2人の時間を十分に作ることが大事ですよ。

【関連記事】

両思いなのに付き合わない男性の心理や本音は?対処法は?

両思いになるおまじない30選!超強力!

好きな人と両思いになれる方法!高校生・大学生・社会人別・おまじないは?

好きな人と両思いを感じる瞬間・両思いになる方法・おまじない

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク