精神的に弱い人の特徴!原因や強くなる方法・接し方は?

精神的に弱い人

些細なことで落ち込んだり、「もうダメかも…」なんて感じてしまう、精神的に弱い人。

メンタルが弱いことから、メンヘラなんて呼ばれることもあるようです。

精神的に弱いのは性格だから仕方がない、直せないと思っていませんか?

確かに精神的に弱いのは性格の一部ではありますが、実は考え方1つで変えることもできるのです。

ここでは、精神的に弱い人の特徴や原因を探り、精神的に強くなるための方法について紹介します。

また、精神的に弱い人への接し方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

精神的に弱い人の特徴

まずは、精神的に弱い人の特徴から見ていきます。

精神的に弱い人には様々な特徴がありますが、ここで紹介する特徴がすべて当てはまるとは限りません。

中には自分には当てはまらないなというものもあるかもしれませんが、もちろん当てはまるものもあるはず。

早速見ていきましょう。

1,精神的に弱い人はネガティブに物事を捉えがち

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人はネガティブに物事を捉えがちなことが挙げられます。

物事は、捉え方次第でポジティブにもネガティブにもなりますよね。

たとえば大きなプロジェクトを任されたとき、

・どうやったら成功するだろうか?うまくいくためにはどうすればいいか?

と考えるのと、

・こうなったら失敗だ。失敗したらどうしよう

と考えるのとでは、メンタルがかなり違ってきますよね。

精神的に弱い人は、大抵のことをネガティブに考えてしまいます。

2,精神的に弱い人は周りと自分を比較してしまう

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は周りと自分を比較してしまうことが挙げられます。

精神的に弱い人はネガティブなので、比較したことで負の感情が生まれることは言うまでもありません。

「自分はあんなふうにはできない」

「どうせ自分なんて…」

周りと自分を比べて落ち込み、余計にネガティブになってしまうのです。

3,精神的に弱い人は完璧主義で細かいことが気になってしまう

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は完璧主義で細かいことが気になってしまうことが挙げられます。

完璧主義なことは悪いことではありませんが、度がすぎるためにうまくいかなかったときの反動も大きく、落ち込む要因になってしまいます。

完璧主義すぎて、本来ならば気にしなくてもいいところまで気になってしまうことも。

精神的に弱い人は、「気にしすぎる」性格だと言えるでしょう。

スポンサーリンク



4,精神的に弱い人は気を遣いすぎて自分の意見を言わない

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は気を遣いすぎて自分の意見を言わないことが挙げられます。

精神的に弱い人というのは、失敗を恐れる気持ちがとても強く、「こんなことを言ったら気まずくなるかも…」と常に考えてしまいます。

そのため自分の意見を言うことができません。

その結果、本意ではない流れになることでストレスを溜めてしまうというわけです。

5,精神的に弱い人はLINEやメールがスクロールするほど長文

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人はLINEやメールがスクロールするほど長文であることが挙げられます。

仕事以外で時間と労力を使って文章を作るのは、「嫌われたくない」という気持ちの現れ。

もしくは、自分がその人からどう思われているのかが気になって仕方がないのです。

人の顔色を伺う癖のある人、とも言えますね。

精神的に弱い人は、相手に不快な思いをさせないようにと考えすぎるために、LINEやメールが長文になってしまうのです。

6,精神的に弱い人はLINEのプロフィール画像を頻繁に変える

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人はLINEのプロフィール画像を頻繁に変えることが挙げられます。

こちらも同様、精神的に弱い人が他人からの評価を気にしている証拠。

自分以外の人に向けて発信するSNSにおいて、その情報をコロコロと変えるのは、人から注目されたいと思っているからです。

自分の評価を自分自身ですることができないので、他人からのいいね!やコメントで、自分の価値を見いだしているのでしょう。

スポンサーリンク



7,精神的に弱い人は相手が返信していないのに送ってしまう

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は相手が返信していないのに送ってしまうことが挙げられます。

忙しくて、メッセージを見てもなかなか返信できないことってありますよね。

そんなとき、精神的に弱い人は「返事が来ないのは何か気に障ることを言ったのかも」とネガティブな考えを持ってしまうのです。

そのため、相手から返事が来る前に「なんか怒ってる?」「嫌なことしちゃってたら言ってね?」なんて内容のメッセージを、立て続けに送ってしまいます。

8,精神的に弱い人は人の悪口や愚痴を言って喜ぶ

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は人の悪口や愚痴を言って喜ぶことが挙げられます。

人の悪口や愚痴を言うのは、自分の自尊心を保つため。

そのため人をおとしめるような発言が必然的に増えるのです。

人の悪口を言うことで、自分の方がその人よりも勝っていると錯覚したいのでしょう。

自己を守るためにしているとはいえ、人の悪口を言って喜ぶことはむなしいことだとわかってほしいものです。

9,精神的に弱い人はうまくいかないのを人のせいにする

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人はうまくいかないのを人のせいにすることが挙げられます。

何かうまくいかないことがあったとき、精神的に弱い人は自分の努力不足を認めることができません。

できなかったのは人のせい、自分は悪くないと思うことで、楽な方に逃げているのです。

努力不足を認めるということは、自分で自分を叱責する行為。

怒られたら落ち込んでしまう精神的に弱い人は、なかなか自分を叱責することなどできないでしょう。

スポンサーリンク



10,精神的に弱い人は感受性が強い

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は感受性が強いことが挙げられます。

感受性とは、物事を感じる能力のこと。

人が持つ、優れた能力の1つです。

感受性が強いことは悪いことではなく、芸術家やアーティストなどに該当するものでもありますね。

しかしながら、精神的に弱い人の場合は周りの気持ちが分かりすぎてしまい、自分の心が振り回されるきっかけになることも。

人の顔色を伺って自分の意見が言えなくなるのも、感受性が強すぎるからかもしれません。

11,精神的に弱い人は趣味が少なくストレス発散できない

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は趣味が少なくストレス発散できないことが挙げられます。

人は、ストレスが溜まるほどネガティブになるもの。

趣味などでストレスを発散することで気持ちを切り替えるわけですが、精神的に弱い人にはこれといった趣味もないため、ストレスを発散することができません。

そのためネガティブな心理状態が続いてしまいます。

12,精神的に弱い人は自信がなくて相手に依存してしまいがち

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は自信がなくて相手に依存してしまいがいなことが挙げられます。

自分に自信がないため、他者に自分を重ねて自尊心を保とうとしています。

たとえば

・ステータスの高い男性とお付き合いをする

・人気のあるグループに属する

など。

こういうことをして他人に依存し、自分も人気があると思い込んでいるのです。

スポンサーリンク



13,精神的に弱い人は努力をしない

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は努力をしないことが挙げられます。

精神的に強い人というのは、努力をして自信を得ています。

努力をして何かを成し遂げることで、成功体験から自信になっているのですが、精神的に弱い人は努力をしません。

努力をしないので成功体験も乏しく、努力の末に成功したというビジョンも頭に浮かんでこないのです。

14,精神的に弱い人は不規則な生活をしている

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は不規則な生活をしていることが挙げられます。

体の調子が悪いと、どうしてもネガティブな気分になりやすいもの。

精神的に弱い人というのは体調不良がジャマをし、突然やるべきことが面倒になってしまったり、些細なことで落ち込んだりしてしまいます。

不規則な生活をしていると体調にも悪影響を及ぼしますから、まずは規則正しい生活をすることから始めたいものですね。

15,精神的に弱い人はリスクを恐れる

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人はリスクを恐れることが挙げられます。

新しいことや変化に対して不安が募るばかりで、自信を持つことができません。

「どうせムリ」

「やらないほうが安全」

こんな考えを持っているので、新しいことにチャレンジすることはほとんどないでしょう。

失敗したときのリスクを恐れるがゆえの行動なのですが、始める前から何でもシャットアウトしてしまうのは、非常にもったいないですね。

スポンサーリンク



16,精神的に弱い人は嫉妬心が強い

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は嫉妬心が強いことが挙げられます。

嫉妬心は誰もが少なからず持っているものですが、精神的に弱い人は人一倍強いと言っても過言ではありません。

自分に自信がないから、相手のことを信じることができないのです。

恋人に対しては異常なほどの嫉妬心を発揮し、

「何で連絡くれないの?」

「今何してるの?」

と思ってしまいます。

これは、自分で自分の感情をコントロールできていない証拠と言えるでしょう。

17,精神的に弱い人は同じ失敗を繰り返す

精神的に弱い人の特徴には、精神的に弱い人は同じ失敗を繰り返すことが挙げられます。

精神的に弱い人は、新しいことを始める勇気がありません。

そのため新たな一歩を踏み出すことができず、何度も同じ失敗を繰り返してしまいます。

過去の恋愛の失敗を活かせずに同じ理由でフラれたり、挙げ句の果てには別れて復縁してまた別れて…と繰り返してしまうこともあるでしょう。

精神的に弱い人になる原因は?

精神的に弱い人になる原因とは、一体何なのでしょうか。

精神的に弱い人になってしまうのには、こんな原因が考えられています。

1,育った環境に原因がある

精神的に弱い人になる原因は、育った環境に原因があることがあります。

ここでいう育った環境とは、幼少期の環境のこと。

褒められて育った子供と、叱られて育った子供では、大人になったときの考え方が全く違うという話をきいたことがあるでしょう?

まさに、それがこれです。

・他人と比べられてダメなところ、劣っているところを指摘されてきた

・叱られてばかりで褒められた記憶があまりない

このような環境で育った人は、ネガティブになりやすい、つまり精神的に弱い人になりやすいのです。

とはいえ、今から過去を変えることはできませんので、これからどう過ごしていくかが重要だといえそうです。

2,自分に強みがない

精神的に弱い人になる原因には、自分に強みがないことが挙げられます。

あなたは、自分のいいところを挙げてと言われたとき、すんなり思い浮かべることができますか?

誰かに誇れるような強みがないと、自信を持つことができません。

それゆえ自分自身を卑下してしまい、結果としてネガティブになってしまうというわけです。

3,仕事でストレスが多い

仕事でストレスが多いことも、精神的に弱い人になる原因だと言われています。

現代はストレス社会と言われるほど、ストレスが溢れています。

そんな中ですから、誰もが多少はストレスを感じながら生活しているもの。

しかし、仕事でストレスが多すぎるとしたら問題です。

仕事は1日の大半を占めるものでもあるため、ストレスが多すぎると精神的に参ってしまうことでしょう。

もしも自分ではどうすることもできないほどのストレスがあるのだとしたら、思い切って転職するのも1つの方法かもしれません。

精神的に弱い人のための落ち込んだときの考え方

精神的に弱い人のための、落ち込んだときの考え方を紹介します。

精神的に強いなと思える人でも、生きていれば、当然ながら落ち込むときはあるもの。

しかしながら、落ち込んでも這い上がるだけの力をそういう人は持っているのです。

考え方1つでポジティブにもネガティブにもなれるわけですから、まずは落ち込んだときの考え方から変えていきましょう。

1,クヨクヨと悩まない・時間の無駄だと思う

落ち込んだときの考え方は、クヨクヨと悩まない、時間の無駄だと思うことが挙げられます。

クヨクヨと悩んでも、現実を変えることはできません。

起こってしまったものはどうすることもできませんし、失敗したことを取り消すこともできません。

そういうときこそ、前向きになるのです。

悩んでいる暇があったら、その悩みを克服するための行動に移ったり、悩みを忘れるくらい何かに没頭してしまうのもおすすめ。

後ろ向きなことに時間を使っても無駄なので、前に進むために時間を使うようにしましょう。

2,自分に「大丈夫!」と言い聞かせる

落ち込んだときの考え方は、自分に「大丈夫!」と言い聞かせることが挙げられます。

心理学では、言葉は精神的に影響を与えると言われています。

どういうことかというと、前向きな言葉を連想すればポジティブに、後ろ向きな言葉を連想すればネガティブな気持ちになるということ。

このことから、落ち込んだときこそ自分自身に「大丈夫」「落ち着いて」といった言葉を言い聞かせましょう。

そうやって気持ちを奮い立たせることで、前を向けるようになるはずです。

3,ミスや失敗は成功のチャンスだと思う

落ち込んだときの考え方には、ミスや失敗は成功のチャンスだと思うことが挙げられます。

ミスや失敗をするとひどく落ち込んでしまうものですが、考え方を少し変えれば、ミスや失敗は成長するチャンス。

人は、ミスを繰り返さないようにする習慣があると言われています。

今ここで失敗したからこそ、もっと大きな失敗をすることを防げたのだと思ってみてください。

この失敗は、成功のために必要なものだったと思うことができるのではないでしょうか。

ミスや失敗から学んだことを、別のことに活かせると思いましょう。

4,現状を整理してできることを考える

落ち込んだときの考え方には、現状を整理してできることを考えることが挙げられます。

前向きな気持ちで行動するためには、なぜ失敗したのか?、なぜこんなことになったのか?といった理由を理解する必要があります。

漠然とした部分を理解するため、頭の中を整理しましょう。

そうすれば問題点が見えてきますから、その問題点を改善するためにできることを考えればいいのです。

5,どうようもないときは冷静になって頭を切り替える

落ち込んだときの考え方には、どうしようもないときは冷静になってあたまを切り替えることが挙げられます。

考えても答えが見つからないとき、解決策が見いだせないときもありますよね。

そんなときは、考えても無駄なので、一度寝て頭を冷やしましょう。

一晩たって冷静になってから改めて考えてみると、別の視点から解決策が見つかることもあるもの。

ひたすら考えて答えが出せるものばかりではありませんので、「今はダメだな」と思ったときには、ダラダラ考えずに頭を切り替えることが大切です。

精神的に弱い人が強くなるための方法は?

では、精神的に弱い人が強くなるための方法について紹介しましょう。

精神的に弱いというのは、考え方1つで変えることができるもの。

具体的には何をすればいいのでしょうか。

精神的に弱い人が強くなるための方法は、こちらです。

1,自分が夢中になれる趣味や仕事を見つける

精神的に弱い人が強くなるための方法には、自分が夢中になれる趣味や仕事を見つけることが挙げられます。

毎日が充実していると、それだけで精神的な余裕が生まれるもの。

特に社会人の場合、1日の大半を費やすことになる仕事が夢中になれるものかどうかは、非常に重要だといえるでしょう。

仕事が夢中になれると、毎日が充実するものです。

そうすれば無駄なストレスも溜まらず、精神的に追い詰められることもなくなりますね。

また、息抜きのための趣味を見つけておくこともおすすめです。

2,自分を受け入れる

精神的に弱い人が強くなるための方法には、自分を受け入れることが挙げられます。

普段、見栄を張ったり必要以上に背伸びしていたりしませんか?

本当の自分を隠していると、そのギャップで精神的に疲れてしまいます。

まずは、ありのままの自分を受け入れてあげましょう。

ありのままの自分を認めることができないと、自分を否定し続けることになってしまいますからね。

精神的に強くなるためには、今の自分を受け入れるというのが第一歩なのです。

3,SNSを見る時間を減らす

精神的に弱い人が強くなるための方法には、SNSを見る時間を減らすことが挙げられます。

SNSは、見方によってはネガティブになる要素がたくさんあるもの。

特に他人と自分を比較して落ち込む癖のある人は、SNSはあまり見るべきではありません。

なぜなら、たとえばあなたが欲しくても高価で買えなかったものを持っている人の投稿を見たり、贅沢な暮らしをしている人を見たりしたとき、妬みや羨ましさといった感情が生まれませんか?

そういうものを見て落ち込むのなら、SNSは見ない方がいいですよね。

SNSを見なければ落ち込むこともないわけですから、SNSを見る時間は減らすが正解です。

4,嫌なことを先延ばしにしない

精神的に弱い人が強くなるための方法には、嫌なことを先延ばしにしないことが挙げられます。

先延ばしにしてやらなくてすむのであればかまいませんが、大抵のことは先延ばしにしても結局やらなくてはならないもの。

それならば、早めにやってしまいましょう。

嫌なことでもすぐにやったというのは、自己肯定感を高めることにもなりますし、自信をつけることにも繋がります。

先延ばしにしても不安は消えませんので、それならばさっさと片付けて不安をなくした方がいいですよね。

スポンサーリンク



5,明確な目標や目的を持ち人生の軸を決める

精神的に弱い人が強くなるための方法には、明確な目標や目的を持ち、人生の軸を決めることが挙げられます。

明確な目標や目的があるのとないのでは、物事に対する取り組み方やスタンスも大幅に変わるもの。

目標があると、その目標を達成するために取り組みますから、無駄なことを考える時間は減るのです。

明確な目標があるからこそ、困難があっても「目標のため」に立ち直れるというわけです。

6,何事にも感謝の気持ちを持つ

精神的に弱い人が強くなるための方法には、何事にも感謝の気持ちを持つことが挙げられます。

何事も、受け取り方次第でポジティブにもなれば、ネガティブにもなるもの。

精神的に強くなりたいのなら、ポジティブに捉えられるようにならなくてはなりません。

そのために一番簡単なことが、何事にも感謝の気持ちを持つということ。

人に何かをしてもらったら、「ありがとう」と言いましょう。

たったこれだけのことで、私たちはポジティブな気持ちになれるものです。

7,自分の言いたいことをはっきり言う

精神的に弱い人が強くなるための方法には、自分の言いたいことをはっきり言うことが挙げられます。

たとえ自分が不利になるとしても、自分の意見や気持ちはきちんと伝えましょう。

周りに流されずに自分の意見を言える人というのは、誰が見てもかっこいいですよね。

人に流されずに意見を言うというのは、自分を認めることでもあります。

他人に合わせて無駄なストレスを溜めるより、言いたいことはきちんと言うようにしていきましょう。

8,落ち込んだときのルーティーンを決めておく

精神的に弱い人が強くなるための方法には、落ち込んだときのルーティーンを決めておくことが挙げられます。

落ち込んだときは気分転換をするのが一番なのですが、気分転換の方法がすぐに思い付かない…なんてこともありますよね。

そんなときのために、あらかじめ落ち込んだときのルーティーンを決めておくのもおすすめ。

たとえば、

・○○の入浴剤を使う

・○○のアイスを食べる

・好きなアーティストの曲をかける

など、何でもいいので決めておいてください。

そうすれば、いざ落ち込んだときに気分転換の方法を考えずに実行することができますね。

9,身体を動かす

精神的に弱い人が強くなるための方法には、身体を動かすことが挙げられます。

精神的に弱い人は体調を崩しやすいので、日頃から身体を鍛えておくことはおすすめです。

また、身体を動かして汗をかくことで気持ちがスッキリとし、前向きな気持ちになれるもの。

ただし、普段運動をしていない人が、いきなり激しい運動をすることはやめましょう。

少しずつ、できる範囲で行うことが重要です。

10,他人は他人と割り切る

精神的に弱い人が強くなるための方法には、他人は他人と割り切ることが挙げられます。

他人と自分を比べてしまう人は特に、「他人は他人」と割り切ることをおすすめします。

なぜなら、自分自身は変えることができるとしても、人を変えることはできないから。

どんなに羨ましいと思っても、他人を変えることはできません。

比べても意味がないということを理解しましょう。

どうしても気にしてしまうときは、その人と距離をとって「相手を見ない」ようにすることもおすすめです。

精神的に弱い人への接し方は?

最後に、精神的に弱い人への接し方についてお話しします。

もしも、あなたの恋人や親しい友人に精神的に弱い人がいるときには、このように接してあげてください。

1,精神的に弱い人が傷つくようなことを言わない

精神的に弱い人への接し方では、精神的に弱い人が傷つくようなことを言わないことが挙げられます。

他の人なら笑ってやり過ごせるような冗談も、精神的に弱い人は深く傷ついて引きずってしまうこともあります。

そのため、気にしていることや傷つくかもしれないことは言わないようにしましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」です。

気にしていることをからかうのではなく、そのことを遠回しに肯定してあげると良いですね。

2,精神的に弱い人をたくさん褒めて自己肯定感を上げてあげる

精神的に弱い人への接し方では、精神的に弱い人をたくさん褒めて自己肯定感を上げてあげることがあります。

精神的に弱くなる根源は、自己肯定感の低さからなるもの。

自己肯定感が低いために、自分に自信が持てないのです。

ですから、そんな精神的に弱い人へは良いところをたくさん褒めてあげましょう。

褒めることで、相手も少しずつ自信を持てるようになるはずです。

3,ストレス解消につきあってあげる

精神的に弱い人への接し方では、ストレス解消につきあってあげることが挙げられます。

親しい間柄であるなら、気分転換につきあってあげましょう。

おしゃべりでもカラオケでもスポーツでも何でもいいので、一緒に楽しむことで落ち込みを解消してあげてください。

4,精神的に弱い人の話を聞く

精神的に弱い人への接し方では、精神的に弱い人の話を聞くことが挙げられます。

相談に乗り、相手が悩みを克服するための手助けをしてあげましょう。

精神的に弱い人は、大抵の場合一人で溜め込んでいるので、ゆっくり話を聞いてあげてください。

そのとき、相づちを打ちながら話を聞き、「分かるよ」「大変だったね」と共感してあげることが大切です。

共感してあげることで、精神的に弱い人も気持ちが楽になることでしょう。

まとめ

精神的に弱い人の特徴や原因、精神的に強くなるための方法などについて紹介しました。

精神的に弱いというものは、考え方1つで変えることができます。

すぐには難しいかもしれませんが、少しずつ物事をポジティブに捉えられるようにしていきましょう。

精神的に弱い人が強くなるためにはかなりの時間がかかりますので、焦らずゆっくり、自分のペースで進んでいくことも忘れずに。

【関連記事】

我が強い人の特徴!恋愛や原因・対処法は?

未練がましい男の特徴や心理!原因や見極め方・付き合い方

自己主張が強い人の特徴!扱い方は?

メンヘラ男の特徴!対処法や直し方・好かれる女性のタイプは?

かまってちゃんの特徴・心理!対処法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク