【繊細な人】特徴・性格18選!恋愛や相性&向いている仕事・適職&快適に生きる方法は?

こんにちは!繊細な人の記事へようこそ。

この記事を訪れて頂いた方は自分が繊細な人間だと感じていて悩んでいるのかもしれません。

ただ繊細な人は強い人です。もちろん短所もありますが多くの長所があります。

ここからは繊細な人の特徴や恋愛、向いている仕事や適職、繊細な人が日々を快適に活きるための心構えについて解説していきます。

繊細な人の特徴・性格

それでは繊細な人の特徴について見ていきましょう。

繊細な人の特徴・性格1:人の気持ちを理解するのが上手

繊細な人は人の気持ちを理解するのが抜群に上手です。

感受性がとても強く今あの人は何を考えたのかを察知するのが非常に得意としているので相手が今何を欲しいのか、何を求めているのかといった事を感覚的に察知する事ができます。

繊細な人の特徴・性格2:人に優しい・愛情深い

繊細な人は人の気持ちを理解する能力に長けているので共感能力が非常に高く人にとても優しく振舞います。

周囲の人間が悩んでいる、悲しい思いをしているときには話を聞いてあげたり、力になってあげたいと考える性格でとても優しいです。

悲しいときに力になってくれるので相手から強く信頼されます。

強い信頼を築くので自分が困っているときにも助けてくれるでしょう。

また繊細な人は人の嫌がる事をすると自分に返ってくるのではないかと深く考えているために人に対して攻撃的になることもありません。

その点も人から好かれやすい、一緒にいて安心すると思われやすい点になります。

スポンサーリンク



繊細な人の特徴・性格3:とても気を遣い疲れやすい

繊細な人はとても人に気を遣います。

人の気持ちにとても敏感なので人が何を考えているのかを終始気にしています。

人の求めている事を察知して求めている事を与えるのは得意ですが、人が多く集まるパーティーや職場ではとても気を遣うのでかなり疲れやすくなります。

ひどい人になると人込みに入るだけでとても気分が悪くなったり眩暈を感じたりする方もいます。

繊細な人は多くの人が集まる場所に行くと疲れるのを自覚しているために1人でいるのを好みます。

繊細な人の特徴・性格4:細かい点に気が付きやすい

繊細な人はちょとした変化、細かい点に気が付きやすいのが特徴です。

繊細な人は物事を感じる力が優れています。

周囲の人間関係のちょっとした変化や物が置いてある位置の変化などを敏感に察知します。

細かい点、変化に気が付くので繊細な人は騙されにくいです。

相手の話が本当か嘘かを見分ける能力が高いのも繊細な人の特徴です。

スポンサーリンク



繊細な人の特徴・性格5:些細な発言で深く傷つく恐れがある

繊細な人は些細な発言、何気なく言った一言がものすごく自分に響いて深く傷つく恐れがあります。

繊細な人は自分の発言に物凄く気を遣います。

言葉を選びながら話をしているのですので反対に人から言われる言葉にもすごく敏感に反応します。

人から言われた言葉には受け流すこともできないものもありその場合はドキッと自分の心をえぐられたような気持ちになり深く傷つきます。

トラウマになる場合もあります。

繊細な人の特徴・性格6:精神の状態が体・顔つきにすぐ現れる

繊細な人の特徴に精神の状態が体、顔にすぐに現れるのがあります。

繊細な人は感受性がとても強く嬉しいことを凄く嬉しいと思い、悲しい出来事に対しては深く落ち込みます。

そのときの精神の状況が明るい顔、暗い顔になって現れやすいので人から見れば分かりやすいです。

繊細な人は体調面にも現れやすくお腹が痛くなったり、頭痛を感じやすいです。

また繊細な人は食品添加物が多く含まれた食べものを食べたり、お酒、タバコなど体に良くないものを取り入れるとすごく敏感に体が反応します。

体が本能的に悪いものを寄せ付けないのです。

そのため体に変化、異常を感じやすいので病気を早期発見しやすい傾向にもあります。

スポンサーリンク



繊細な人の特徴・性格7:プライドが高い

繊細な人はプライドが高い傾向にあります。

自分の価値観がしっかりしている人が多く、人に指示されたくないと思っています。ただ現実社会で生きていると人から指示されることも多くあります。

ひどい事を言われて落ち込むこともあるでしょう。

繊細な人はプライドが高いので何かを言われる度にプライドを傷つけられたと感じる傾向にあります。

人を傷つけるのは嫌ですが自分のプライドを守るためであれば喧嘩もします。

繊細な人の特徴・性格8:自分の感情を溜め込む

繊細な人は自分の感情を内側に溜め込みます。

繊細な人は内向的な性格です。

人に自分の気持ちをベラベラと話すことはなく自分の中に閉じ込めておきます。

自分の気持ちを悟られるのが嫌なのです。

また普通に会話はできますが、肝心な自分の気持ちの確信を話さないので心を開いてくれていないと思わる場合があります。

また自分が感じた嫌な感情をずっと溜め込んでしまってかなりのストレスになってしまう場合もあります。

スポンサーリンク



繊細な人の特徴・性格9:決断力が乏しい

繊細な人は決断力が乏しいです。

繊細な人は物事を敏感に反応して深く考えようとする人です。

人間は考えると物事の表と裏を考えてしまって中々決断ができなくなります。

繊細な人は決めるよりも考えることを優先してしまいがいちなので、決断が先送りになってチャンスを逃してしまう傾向にあります。

また優柔不断な人と思われて周囲からは苛立ちを覚えられてしまうかもしれません。

繊細な人の特徴・性格10:人の頼みを断れない

繊細な人は人の頼みを断れません。

繊細な人は優しい性格と気が弱い性格が同居しています。

優しさゆえに「人の力になりたい」部分と「断ったら嫌われるのかな」と気が弱い面を持っているので頼みを断れず受け入れます。

周囲からは「あの人は頼んだらやってくれる」と信頼を得ますが本人はアップアップだったり精神的な負担を感じている場合が多いです。

繊細な人の特徴・性格11:大事な場面で極度に緊張して何もできない

繊細な人は大事な場面で極度に緊張して何もできない、自分の力を出せない場合が多いです。

繊細な人は感受性が強く気持ちの浮き沈みが激しい傾向にあります。

そのため勝負の場面、例えば学校では発表会、試合、入学試験、好きな異性への告白や

社会に出てからだと就職試験、プレゼン、プロポーズなどに直面すると気持ちが入りすぎて

「失敗したらどうしよう」という気持ちがとても強くなって自分の力を思う存分に発揮することができません。

繊細な人の中には緊張を大きな力に変えることができる人もいれば一気に負の連鎖に入ってしまう人もいます。

スポンサーリンク



繊細な人の特徴・性格12:長い目で見るとネガティブになりやすい

繊細な人が緊張して結果を出せないことが続くと失敗の過去が頭の中に強くインプットされて長期的にはネガティブになりやすい傾向にあります。

繊細な人は悩みやすい面もあるので「できない」自分にについて深く考えることによって負のループにはまっていく可能性もあります。

ネガティブな人の特徴についてまとめた記事がありますので一度ご参考にしてみてくださいね。

【ネガティブな人】特徴・心理13選&疲れる理由&付き合い方&ネガティブであるのが悪くない理由は?

繊細な人の特徴・性格13:空想にふけるのが好き

繊細な人の特徴に空想にふけるのが好きなのがあります。

繊細な人は感受性が強い人です。

右脳という想像力を膨らませることができる力が強いです。

1人で海や川などの自然が多い場所に足を運んで物思いや空想にふけるのを好みます。

また空想にふけることで日常とは違った空間を体験して精神のバランスをとるところもあります。

繊細な人の特徴・性格14:絵を描く・詩を書くのが得意

繊細な人は絵を描いたり、詩を書くのが得意です。

空想が好きなのでイメージ能力が高く絵を描くのを得意としています。

繊細な人は趣味を聞くと「絵を描くこと」と答える人が多いのが印象的です。

また美術館に通うのが好きな方も多いです。

また繊細な人は感受性が強く自分の中の気持ちが言葉になって現れてくるので詩や文章を書くのを得意としています。

趣味で小説のようなストーリーを考えていたり、書くことが好きなので出版社で働いたり作家を目指したりする方がいます。

作家は人の感情についての鋭い洞察力が求められるので繊細な人にはぴったりの職業といえます。

繊細な人の特徴・性格15:料理が好き

繊細な人は料理が得意です。

料理は一種のアートです。

食材と食材を組み合わる事は創作活動と似ています。

繊細な人は何かを通して自己表現をするのが好きなので料理で自分の中の感情を表現していこうとします。

特に女性で繊細な人は料理が好きな人が多いのが印象的です。

料理が上手になると男性からの評判も良くなります。

スポンサーリンク



繊細な人の特徴・性格16:一度悪い状況になると抜け出すまでに時間を要する

繊細な人の特徴に一度悪い状況になるとその悪い状況を抜け出すまでに相当の時間を要してしまうというデメリットがあります。

繊細な人は気持ちの状態で自分のパフォーマンスが大きく変わってきます。

物事が順調に行っているときは運気の良い流れを敏感に察知して一気に自分が想像してしなかった高いところまで自分をのし上げることができます。

ただ一旦悪い状態に陥ると悪い流れも敏感に察知して「なんでうまくいかないんだろう」「もうダメだ」と悪い方向に物事を捉えてしまって一気にやる気や自信を失っていきます。

繊細な人が自信を失ってしまうともう何年も悪い状態を引きずりそのまま自信を失ったような状態になりやすいです。

昔の失敗をずっと引きずってしまうと人生を無駄にしてしまいやすいのが繊細な人です。

繊細な人の特徴・性格17:うつ病になる可能性がある

繊細な人は悪い状態を引きずりやすく、また自分の中の負の感情を延々と引きずってしまい深く悩み更に自分を傷つけてひどい場合にはうつ病になってしまう可能性があります。

これは普通の人だけに当てはまる話ではなく、何かを繊細に扱うクリエイターなどにも当てはまります。

昔の小説家は自殺が多かったり、世界的映画監督黒澤明は一時映画が思ったようにヒットせずに自殺未遂を起こした過去もあります。

その後は精神的に回復して「影武者」「乱」などの名作を生み出しました。

繊細な人は「もうダメだ」と思うときもあるかもしれませんが絶対に誤った行動はとってはいけません。

自分の部屋にいる時間が長すぎるのかもしれません。

毎日1時間ほど外に出て散歩するのを始めてみてはいかがでしょうか。

繊細な人の特徴・性格18:心を許した人にはわがままになる場合が

繊細な人は日々自分の感情をため込んでいます。

猫をかぶっておとなしくしていることも多いです。

そんな中で自分を信頼してくれた人には対しては「自分を理解してくれる」「この人は自分を見捨てないという安心感からこれまで溜めていた気持ちを爆発させてわがままに振舞う場合があります。

繊細な人の中にはわがままをいう事で自分を解放したり試したりしているところがあるのです。

繊細な人の恋愛・相性

ここからは繊細な人の恋愛や相性が良い相手について解説していきます。

繊細な人の恋愛・相性1:自分に興味があるのかないのかが分かる

繊細な人は恋愛においてはその感受性の強さが顕著になります。

繊細な人は人の気持ちがとても分かります。

それは異性に対してはかなり強くなります。

相手の話し方や雰囲気、目の開き具合、言葉の使い方、選び方を感覚的に察知して「ああこの子は自分に関心を持ってくれているな」という事を理解します。

特に自分に関心がない人に対してはすごく反応します。

「自分に心を開いていない」と思うと繊細な人は傷つくのがイヤなのであまり関わろうとはしないでしょう。

繊細な人は恋愛においては自分の感覚を頼りに人を選んでいくところがあります。

繊細な人の恋愛・相性2:愛について考え愛されたいと思っている

繊細な人は自分の人生について多くのことを考えます。

「どのように生きていきたいのか」「どんな人生を歩んでいきたいのか」ついて深く考えています。

人生について考えていくと自然と愛について考えるようになります。

繊細な人は愛について考える機会が多く「人を愛したい」「愛されたい」と思っています。

愛があるので人に優しいので異性からも好意的に思われやすいです。

また愛について考えるので恋愛に対してはとてもまじめです。

一途に恋人を人生の目的のひとつだと考えています。女性であればセックスも簡単には許しません。

愛が確認できるまでは自分を許さないのが繊細な人なのです。

スポンサーリンク



繊細な人の恋愛・相性3:信頼してくれれば強く愛する

繊細な人はパートナーから強く信頼されれば自分もその信頼に応えたいと思い強くパートナーを愛していきます。

繊細な人は傷つくのを恐れています。

また感受性が強かったり物事を深く考える習慣があり自分の中で確証がなければ自分からは積極的にアプローチできません。

プライドが高い面があるので優しさを持っていて異性から好意的に思われる反面、なかなか恋人ができない傾向にあります。

ただ繊細な人は「自分を愛してほしい」という思いが強いので自分を求めている人、特に自分を強く信頼してくれる人に会うと「自分も愛したい」という思いを強くしていき人を愛そうとします。

相手がそれに応えてくれるかどうかで恋人になるかどうかが決まります。

行き当たりばったりの恋愛になることは少ないでしょう。

繊細な人の恋愛・相性4:鈍感な人とは合わない

繊細な人との相性ですが鈍感な人、感受性が弱い人とは合いません。

繊細な人は芸術肌で独特の雰囲気を兼ね備えているところがあります。

そのため少々変わった人と思われます。

また色々な事が気になる性格なので鈍感で感受性が弱い人に対しては「疎い人」と思い合いません。

鈍感な人も感受性が強くて様々なことが気になる人に対しては「めんどくさい」「生きるのが下手」と思いお互いに合わないと感じて逃げていきます。

繊細な人は一緒にお互いの感覚を共有できる人と合います。

結局は同じように繊細な人とお付き合いをする事が多くなるでしょう。

繊細な人が向いている仕事・適職

ここからは繊細な人が向いている仕事・適職について解説していきます。

繊細な人が向いている仕事・適職1:芸術・創作系のお仕事

繊細な人は芸術や創作系のお仕事が向いていますし、本人もそのような仕事に就きたいと思っています。

絵に関する仕事、アパレル、デザイナー、陶芸、クリエイターなどの創作系の仕事が適職です。

もちろん世の中は数字を追うことが仕事ですが数字を追いながらも感性をもとめる仕事が向いています。

繊細な人が向いている仕事・適職2:サービス業・接客業

繊細な人はサービス業や接客業が向いています。

繊細な人は人の気持ちに対して敏感に心を動かすことができる人間だと述べましたがサービス業や接客業はまさに相手が何を求めているのかを察知して提案したり問題解決をするお仕事です。

感性を研ぎ澄ませて相手の立場に立つ必要がありますが元々そのような能力が備わっている繊細な人に適した仕事になります。

繊細な人が向いている仕事・適職3:経営者・自営業

繊細な人は経営者や自営業が向いています。

経営者や自営業は自分で仕事を貰ってきて相手のために誠心誠意尽くした仕事をすることで更に新しい仕事を貰ってきて信頼関係を積み重ねていく必要があります。

繊細な人は「仕事で絶対に失敗できない」と昼夜問わず仕事のことばかりを考える事ができるので高いレベルの仕事をすることができます。

また時間の縛りなく仕事ができる点も向いています。

また繊細な人は人を動かすのが上手です。

リーダーになれる人物とは人の気持ちに敏感に心を動かすことができる人間です。

人の心に敏感に心を動かすことができないと独りよがりのワンマンプレーに走ってしまってチームがうまくいかないときには一気に落ちぶれてしまいます。

繊細な人は人の気持ちを捉えるのが上手なのでマネジメントスキルがとても高くリーダーに向いています。

むしろ繊細に人の気持ちを察知することができないと強いリーダーになることはできないでしょう。

スポンサーリンク



繊細な人が向いている仕事・適職4:医者・看護師

繊細な人は医者や看護師が適職になります。

医者や看護師は人の命を扱うお仕事です。

患者の痛み、不安に向き合い適切なアプローチをしていく必要があります。

患者の痛みや不安にアプローチするのは繊細な心がないとできません。

患者に触れて痛そうか痛そうではないかを判断するためには心がないとできません。

繊細な人は心を持っているので医者や看護師として向いています。

激務で自分が精神的に疲れてしまうことも多いかもしれませんが、患者から必要とされる医療従事者になるでしょう。

繊細な人が向いている仕事・適職5:福祉系・保育士

繊細な人は福祉や保育士も適職です。

福祉系のお仕事は身体的に何か不安や障害を抱えた人にお世話をしてあげる仕事です。

適当な人の気持ちはどうでも良いと考えている人がなるべき仕事ではありません。

人の気持ちに敏感な繊細な人が就くべき仕事と言ってよいでしょう。

ただ福祉系のお仕事は人の気持ちに無頓着な人が働いている職場もありますのでしっかりと職場を見極める必要があります。

繊細な人が向いている仕事・適職6:料理人

繊細な人は料理人も向いています。

料理は物凄く繊細な心を必要とします。

食材の切り方、保存方法、味付け、ラッピング、見せ方など料理はすればするほど奥が深く終わりがない世界です。

一流の料理人は大変繊細な人が多くまた繊細でないと仕事ができません。

物事を極めようとして職人気質な繊細な人には料理人は大変向いているお仕事です。

料理の腕に自信があると感じている方は目指してみても良いのではないでしょうか。

繊細な人が快適に生きるために

繊細な人は社会で生きづらいと感じている人が多いです。

かなりのストレスを溜めて日々職場を辞めたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは繊細な人が快適に生きるために必要なことを紹介していきます。

繊細な人が快適に生きるために1:繊細さは強さだと知ろう

繊細な人は自分の繊細さを弱み、欠点だと思っています。

「なんで自分はこんなに傷つきやすいんだろう」「いつも大事なところで緊張するんだろう」と自分の繊細なところにマイナスな印象を抱いています。

自分の繊細さを意識すればするほど体が負のループに入っていきます。

自分の繊細さを自分の弱みと感じるのではなく強みだと思いましょう。

「自分は繊細だから拘りのあるレベルの高い仕事ができるんだ」「緊張するのは自分がしっかりと物事に取り組んできたからだ」とポジティブに捉える癖をつけるべきです。

適応能力が高い繊細な人なので割と早い段階で慣れるでしょう。

ポジティブな人になるための記事を紹介しますので是非一度参考にしてみてくださいね。

ポジティブな人の特徴・考え方・恋愛・ポジティブな人になる方法を超一流スポーツ選手から学ぶ!

繊細な人が快適に生きるために2:他人と心の距離を保つ

繊細な人が快適に生きるためには他人と心の距離を保つ必要があります。

繊細な人は自分を持ってはいますが割と人の意見に胸を痛めたり左右されるところがあります。

他人と同調するところがあるので自分と他人は違う人間で違う意見を持っていて当然だという考え方を身に着ける必要があります。

他人と一定の心の距離を保つことによって「こんな考え方もあるんだ」「あの人はこれを良くないと思うんだ」と気持ちのコントロールをする技を身に着ける必要があります。

最初は違和感を感じるかもしれませんが他人と心の距離を保つことを覚えるだけでも気持ちが少し違ってくるでしょう。

スポンサーリンク



繊細な人が快適に生きるために3:一人でゆっくりできる時間を持とう

繊細な人が社会に出ると数字、売上、お金に追われたり人間関係の悪化を過度に病んでしまって日々辛い思いをする可能性があります。

社会に出たばかりのピュアな学生の頃はよりその傾向が強くなります。

そのため一度は1人で自然が集まる場所や好きな事ができる場所に行って心のバランスを保つ必要があります。

まとめ

ここまで繊細な人について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

繊細な人は思いが強い人です。

人生に対する目標意識が高く、もっと良い人生を送りたいと思っていために気持ちが強くなるのです。

気持ちが強くなるのは素晴らしいことです。

気持ちが強いからこそもっともっとと努力していく気持ちが強くなり緊張に繋がるのです。

緊張が嫌だと感じる方もいらっしゃると思いますが緊張がなくなった人生は楽しくありません。

無感動、無神経で生きる喜びを感じることができなくなるでしょう。

繊細さはあなたの大きな長所だというのを覚えておきましょう。

最後に感受性が強い人、努力家の特徴についてまとめた記事を用意しておりますので参考にしてみてくださいね。

【感受性が強い人】15つの特徴&感受性が強い原因&快適に日々を過ごす方法&適職は?

努力家の特徴・長所10選&短所や努力家になるための方法を紹介!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク