慎重な人の特徴!長所や短所・向いている仕事は?

慎重な人

何をするにもよく考えてから行動する、慎重な人。

あなたの周りにも、きっと慎重な人はいることでしょう。

もしかしたら、あなた自身が慎重な人かもしれませんね。

ここでは、そんな「慎重な人」にフォーカスを当ててみたいと思います。

慎重な人の特徴や長所、短所の他、慎重な人が向いている仕事についても紹介していきますよ。

身近にいる慎重な人と上手に付き合っていくための方法を知りたい!という人、必見です。

慎重の意味とは?

慎重な人

まずは、慎重の意味から見ていきましょう。

慎重とは、注意深いことを指します。

軽々しく行動しないでいつでも落ち着いている人、常に冷静沈着な対応をとっている人のことを指すことが多いですね。

慎重な人は、確実性がないことはしません。

しっかりと地に足がついている人、というと、分かりやすいのではないでしょうか。

慎重と臆病の違い

慎重な人

慎重な人は、たびたび臆病と言われることがあります。

確かに混同されることが多い「慎重」と「臆病」ですが、この2つには明白な違いがあるのです。

まず臆病ですが、臆病とはちょっとしたことでも怖がり、尻込みしてしまうこと。

思考もネガティブであることが多いので、悪いことばかりを考えてしまい、「もしそうなったら‥」と怖くて行動することができません。

一方慎重は、意味もなく怖がることとは違います。

しっかり考えてから動くので、理由もなく怖がったり、怖くて行動できないなんてことはありません。

自分にとって確実な方法が見つかれば、しっかりと行動するのです。

慎重と臆病は違う意味がありますが、元々臆病な人が、その性格から慎重になってしまうことは少なくないようです。

慎重な人の特徴

では早速、慎重な人の特徴について見ていきましょう。

慎重な人には、どんな特徴があるのでしょうか。

1,慎重な人は心配性で何度も後ろを振り返る

慎重な人は、心配性で何度も後ろを振り返るという特徴があります。

日々の生活の中、そして行動している最中でも常に考えています。

「家の鍵をかけたっけ?」

「○○忘れたかも」

こんなことばかりを考えていて、振り返っては確認ばかりしているため、行動ペースは遅いです。

2,慎重な人は相手の気持ちを考えるのが得意

慎重な人は、相手の気持ちを考えるのが得意という特徴があります。

慎重な人は考えを巡らせるのが好きなので、物事を深く考えないと気がすみません。

想像する力もありますから、相手の気持ちに寄り添うこともできるのです。

主観的な考えばかりではないので、人間関係を無難にやり過ごせるというのも特徴と言えるでしょう。

3,慎重な人は相手に質問して素性を知ろうとする

慎重な人は、相手に質問して素性を知ろうとするという特徴があります。

慎重な人は、知り合ったばかりの人やよく知らない人のことを信用しません。

信用するかどうかは、相手について知り、理解してからと決めているからです。

そのため、相手を知るために質問をしますが、自分のことはほとんど話したりしません。

慎重な人は、心を許すまでに時間がかかるのです。

4,慎重な人は過去に失敗した経験がある

慎重な人は、過去に失敗した経験があることが挙げられます。

過去に失敗したことがなければ、あえて石橋を叩いて渡るようなことはしないでしょう。

失敗したからこそ、次は失敗したくないという気持ちから慎重になるのです。

確実にいきたいというのは、自身の経験から学んだことなのです。

5,慎重な人は事前のリサーチをして行動する

慎重な人は、事前のリサーチをして行動するという特徴があります。

調べてからでないと、行動したりはしません。

そのため慎重な人が行動するまでには時間がかかりますが、確実性があって失敗しにくいと言えるでしょう。

慎重な人は、小さなことでもしっかりとリサーチしてから行うのです。

スポンサーリンク



6,慎重な人は想像力がある

慎重な人は、想像力があるという特徴があります。

慎重な人というのは、たとえば寝る前などに

「今地震が起きたら」「家事になったら」「泥棒が入ったら」などと考え、そのときにふさわしいシチュエーションを考えているのです。

癖のように想像しているのですが、慎重な人の想像が現実になることは、ほとんどないと言えるでしょう。

7,慎重な人は用心深い

慎重な人は、用心深いという特徴があります。

慎重な人というのは、その場ですぐに答えを出すことはありません。

危険を察知する能力にも優れているので、リスクを避けるためトラブルにも巻き込まれにくいのです。

こういう特徴は、責任ある仕事を任されるようになったときこそ、必要な資質と言えるでしょう。

8,慎重な人は誰かがやってから行動する

慎重な人は、誰かがやってから行動することが挙げられます。

未知のことや初めてのことに遭遇したとき、慎重な人は先陣を切るのは苦手です。

情報がないため、動けないのです。

そのため、まずは誰かが先にやるのを見て観察してから自分も動くということ。

それは、人によっては「卑怯な人」と思われてしまうかもしれません。

9,慎重な人は突然の出来事やドッキリに弱い

慎重な人は、突然の出来事やドッキリに弱いことが挙げられます。

慎重な人が何よりも苦手としているのは、

・突然の

・不意の

・急な

出来事。

下調べしていないので、ドッキリを仕掛けられたときには心底驚くことでしょう。

そうして、ドッキリだと知ったときには笑うのではなく、怒ったり不機嫌になったりするのです。

スポンサーリンク



10,慎重な人はリスクを嫌う

慎重な人は、リスクを嫌う特徴があります。

リスクを嫌がるからこそ、慎重になっているのです。

普段から無難で安全な道を選んでいる慎重な人は、先の見えないことやリスクのあることを、何よりも嫌うのです。

11,慎重な人はリスク管理が上手

慎重な人は、リスク管理が上手なことが挙げられます。

あらゆるリスクを回避しているので、もしもリスクが発生したときにどう対応するか?もきちんと頭に入っているのです。

リスクを嫌う性格ではありますが、もしものときのことも考えていますので、リスクが発生したときでも冷静に対応することができるでしょう。

12,慎重な人は仕事ができる

慎重な人は、仕事ができるという特徴があります。

時間や納期を守ることはもちろん、集中力も長く続く上、処理も的確なので、ミスやトラブルは少ないといえます。

失敗をすることもほとんどないので、周りからも仕事ができると評価されているでしょう。

仕事を確実にこなせるのは、慎重な人だからと言えそうですね。

13,慎重な人は自分の本音を言えない

慎重な人は、自分の本音を言えないという特徴があります。

慎重な人はその性格から、他人を信用するまでに時間がかかります。

心から信用する人が少ないこと、そして本音を言うことで無用なトラブルが発生するかもしれないと思い、本音が言えません。

いつも本音を隠しているので、慎重な人はストレスが溜まりやすいともいえるのです。

14,慎重な人は周りの意見に左右されやすい

慎重な人は、周りの意見に左右されやすいという特徴があります。

1つの物事をあらゆる角度からリサーチできる慎重な人は、たくさん調べて自分なりに判断をしています。

しかし情勢は周りの反応を見て決めるところがあるので、周りの意見に左右されやすいことも‥。

特に、噂や真実かどうか分からない情報がたくさんあると、どれが正しいのかを見極めるまでに時間がかかってしまいます。

スポンサーリンク



15,慎重な人はたまに説教臭い

慎重な人は、たまに説教臭いことがあります。

無謀な人、無茶なことばかりする人、無鉄砲な人など、自分と正反対な人は慎重な人が苦手とする人。

しかし、そういう人が部下や友達であるなら、放っておくことができません。

そういう無謀なことに対して注意をすると、時に説教臭くなってしまうこともあるのです。

相手のためにと思ってしていることなのですが、相手からは「また説教が始まった」とうざがられていることも少なくありません。

16,慎重な人は自分は頭が良いと思っている

慎重な人は、自分は頭が良いと思っていることが挙げられます。

慎重な人は、浅はかな考えで失敗する人のことを愚かだと思っており、そういうことをしない自分は賢いと思っていることも。

しっかりと考えてミスをしないこと、正しい判断ができることは頭が良いと思っているのです。

17,慎重な人は学歴や資格を持ちたがる

慎重な人は、学歴や資格を持ちたがることが挙げられます。

常に確実性を求めるので、何かを学ぶときには資格や学歴を持ちたがります。

形から入るタイプ、とも言えるかもしれません。

自分が学んだという証拠がほしいので、資格や学歴を求めるのです。

18,慎重な人は相手の顔色を伺う

慎重な人は、相手の顔色を伺うことが挙げられます。

相手の気持ちや状況などを考えた上で、発言や行動をする慎重な人。

自分の発言で相手の表情が変わったら話の軌道を修正するなど、不要なトラブルを防ごうとしています。

咄嗟のことは苦手だと思われる慎重な人ですが、想定内ならば軌道修正も得意分野なのです。

19,慎重な人は人間関係でストレスを感じている

慎重な人は、人間関係でストレスを感じていることが挙げられます。

人間関係にも慎重なので、常に周りに気を遣って生活しています。

敵を作ったり、不要なトラブルは避けたいという気持ちの現れですね。

周りに合わせることもできるため、人間関係は比較的うまくいくことが多いでしょう。

ただし、その分ストレスも溜めやすいので、適度なところで息抜きをすることが大切です。

20,慎重な人は普段は大人しいのに大事なところでハキハキする

慎重な人は、普段は大人しいのに大事なところでハキハキすることが挙げられます。

入念なリサーチをした上で自信が持てたのなら、率先してハキハキと発言することも珍しくありません。

動くまでに時間はかかるのですが、一度自信を持ってやり始めたら、早いのも慎重な人の特徴なのです。

21,慎重な人は頑固

慎重な人は、頑固なことが挙げられます。

慎重な人の言動は、すべて自分がしっかりと考えて決めたこと。

そのため、自分で考えて決めたことは正しいと思っていますから、頑固なのです。

一度腹を決めると、他人の意見を聞かないこともあるでしょう。

慎重な人の長所は?

慎重な人の特徴が分かったところで、続いて慎重な人の長所について紹介します。

慎重な人には、どんな長所があるのでしょうか。

1,慎重な人は騙されにくい

慎重な人は、騙されにくいという長所があります。

慎重な人というのは、何をするにも何を決めるにも、よく考えてからでないと行動しません。

あらゆることを考え、リスクのない結論を出します。

たとえば誰にでもできるようなもうけ話があったとしても、そういうのは大抵が詐欺であったり、裏があったりしますよね?

つい「簡単ならやってみようかな」と流されそうになる話も、慎重な人は騙されることがありません。

2,慎重な人は周囲から信頼されやすい

慎重な人は、周囲から信頼されやすいという長所があります。

慎重な性格でまじめであるなら、信頼を得やすいのは言うまでもありません。

信頼は、人生において必要なもの。

失うのは簡単ですが、得るのは難しいのが信頼ですよね。

慎重な人は、何でも考えてから行動するためミスも少ないので、信頼を得やすいのは大きな強みと言えるでしょう。

3,慎重な人は問題点を見つけることが得意

慎重な人は、問題点を見つけることが得意という長所があります。

慎重な人は落ち着いて分析をしたり、計画を立てたりすることができるため、問題点を見つけて明確に対応することができるのです。

問題点を小さなうちに見つけてなくせるので、大きなミスになりません。

チームに1人はいてほしい、心強い存在ですね。

4,慎重な人は失敗が少ない

慎重な人は、失敗が少ないという長所があります。

注意深く観察し、物事を多方面から見ることができる慎重な人。

軽はずみに軽率な行動はしません。

周りのことを見ることができるので、失敗することはほとんどありません。

失敗する前に、その失敗する可能性を見つけることができるのは慎重な人ならではの強みと言えるでしょう。

スポンサーリンク



5,慎重な人は失敗したときのリスクが低い

慎重な人は、失敗したときのリスクが低いという長所があります。

慎重な人は、できるだけ失敗の少ない方法を選びます。

そのため、たとえ失敗したとしても大きなミスにはなりません。

小さなミスなので、自分で解決したり修正したりすることができるのです。

6,慎重な人は思考力がある・頭がいい

慎重な人は、思考力がある、頭がいいという長所があります。

慎重な人には、人並み以上の思考力があります。

人の気持ちを考えることや想像力を働かせることも得意なので、人間関係のトラブルも少なくてすむでしょう。

また、頭がいいことも自分自身で自覚しているので、自分のレベルに合った資格などをとることもできます。

7,慎重な人はある程度のことが想定内で落ち着く

慎重な人は、ある程度のことが想定内で落ち着くという長所があります。

慎重な人というのは、他の人が驚くほど色々と考えているもの。

あらゆるパターンを考えているといっても、過言ではありません。

それゆえ、行動した結果として起こることは、大抵が「想定内」なのです。

そのため、周りからするとトラブルが起こったように見えても、落ち着いて対処することができるでしょう。

8,慎重な人は想像力がある仕事が向いている

慎重な人は、想像力がある仕事が向いているという長所があります。

営業や企画、アドバイザー、コンサルタントなどは、あらゆる出来事を想定できる人でないと、務めることはできません。

こういう仕事は、誰にでもできるものではないですよね。

想像力がある仕事ができるというのは、慎重な人の立派な長所と言えるでしょう。

9,慎重な人はリーダーの素質がある

慎重な人は、リーダーの素質があるという長所があります。

リーダーになる人はカリスマ性がある人というイメージがありますが、それだけではできません。

周りの人の能力を引き出すことができる人こそが、真のリーダーなのです。

慎重な人は観察力が高く周りを理解することもできるので、平等に評価することもできます。

これはまさに、リーダーの素質があるからでしょうね。

スポンサーリンク



10,慎重な人はギャンブルをしない

慎重な人は、ギャンブルをしないという長所があります。

自分の能力から可能性を導き出すことはしても、慎重な人は自分の人生を運任せにしたりはしません。

ギャンブルは運の要素も強く、失敗したときのリスクもかなり大きいですよね。

慎重な人はリスクを何よりも嫌いますから、ギャンブルなんて一切しません。

11,慎重な人は長期的には運がいい

慎重な人は、長期的には運がいいという長所があります。

リスクを回避する能力が非常に高いので、失敗も少ないもの。

そのため、長い目で見れば運がいいと言えるでしょう。

慎重な人は、自ら運が向くように努力しているのですが、周りから見ると「運がいい」と思われていることも少なくないようです。

12,慎重な人は気が利く

慎重な人は、気が利くという長所があります。

常に周りを見ているので、他人に気を遣えるのが慎重な人。

本人は無難な人間関係を築くために行っているだけなのですが、結果として「気が利く」ことを周りにアピールできるため、自分の評価を上げることもできるのです。

慎重な人の短所

慎重な人の短所について紹介します。

慎重な人にはたくさんの長所がありましたが、もちろん短所もあることを忘れてはなりません。

一体、どんな短所があるのでしょうか。

1,慎重な人は友達ができにくい

慎重な人は、友達ができにくいという短所があります。

浅く広くの付き合いはできても、慎重な人は本音を話せる友達がなかなかできません。

親友と呼べるような人が、できにくいのです。

これは、慎重な人が相手を信用するまでに時間がかかってしまうため。

誰とでも仲良くなれる人とは違い、信頼関係を築くまでに時間がかかるので、なかなか友達ができにくいのです。

2,慎重な人は遊びやギャンブルを楽しめない

慎重な人は、遊びやギャンブルを楽しめないという短所があります。

人生は、時にスリルや羽を伸ばすことも必要ですよね。

しかし慎重な人は、常にリスクを回避してしまうので、気にせず心の底から楽しむということができません。

遊んでいても、別のことを考えてしまうのでむなしく感じてしまうこともあるようです。

3,慎重な人は行動力に欠ける

慎重な人は、行動力に欠けるという短所があります。

慎重な人は何でもかんでも頭で考えすぎてしまうので、行動するまでに時間がかかることも少なくありません。

そのためにチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

慎重さに加えて臆病なところもある人は特に、考えすぎて何も行動できないということもあるようです。

4,慎重な人はこもりがちになる

慎重な人は、こもりがちになるという短所があります。

自分にとって最もリスクが少ない方法を選ぶので、たとえば休日まで会社の人に会いたくないな‥と思ったら、確実に会わない方法として「出掛けない」を選ぶのです。

あらゆるリスクを回避した結果として、家にこもるということは、慎重な人にとってはわりと良くある話です。

5,慎重な人はたくさんの人といるとストレスを抱えがち

慎重な人は、たくさんの人といるとストレスを抱えがちという短所があります。

慎重な人は、常に周りに気を遣って生活しています。

人数が多ければ多いほど、気を遣う相手も増えるということ。

気を遣うことばかりだと、当然ストレスも溜まりますよね。

慎重な人は、大人数でいるとたとえ1時間であってもかなりのストレスを感じてしまいます。

6,慎重な人は嫌いなものが多い

慎重な人は、嫌いなものが多いという短所があります。

慎重な人は、自分が安心して確実だと認めた方法しか行いません。

それは、どんなに選択肢があったとしても、選ぶのは1つだけなのです。

自分が選んだ方法以外は、すべてリスクがあるものとして嫌悪してしまいがち。

こういう考え方から、嫌いなものが増えてしまうのも納得ですよね。

人間関係においても、好き嫌いが偏っているため自ら「この人は嫌だな」と決めつけてしまうこともあるのです。

7,慎重な人は自己評価が低い・自己嫌悪に陥りやすい

慎重な人は、自己評価が低い、自己嫌悪に陥りやすいという短所があります。

小さなことでも徹底的に考えてから行動するのは、自分に自信がないからともいえます。

そうして、少しでも失敗すると「器じゃなかったのかも」と自分を責めてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうことも。

自分のダメなところを徹底的に分析してしまい、余計にダメな人間だと思い込んでしまうこともあるでしょう。

慎重な人が活かせる仕事は?

慎重な人が活かせる仕事には、どんなものがあるのでしょうか。

慎重なその性格と特徴を活かした仕事には、こんなものがあります。

1,開発や研究

慎重な人が活かせる仕事には、開発や研究があります。

開発や研究は、優れた分析力が必要な仕事。

じっくりと時間をかけて結果を出すことが苦ではない慎重な人には、向いている仕事の1つです。

軽率な行動はしないので、近年問題視されているデータ改竄などの心配もないでしょう。

2,職人

慎重な人が活かせる仕事には、職人があります。

職人はどんなときでも妥協せず、1つ1つの作品を作り上げる仕事。

慎重な人は1つのことを熱心に分析するのが得意なので、職人も向いていると言えるでしょう。

3,人事の仕事

慎重な人が活かせる仕事には、人事の仕事があります。

人事の仕事は、処理を間違えると給与や年金などの間違いにもつながるので、絶対に間違いが許されません。

しっかり確認して、ミスをしない人が向いています。

社会保険や税金関連は専門知識も必要としていますので、慎重な人のスキルアップにもいいですね。

4,コンサルタント

慎重な人が活かせる仕事には、コンサルタントがあります。

コンサルタントは、相手が必要としているアドバイスをしなくてはなりません。

慎重な人は相手の気持ちを読むことも得意ですから、人と接することが苦痛でなければ、向いている仕事です。

5,学者

慎重な人が活かせる仕事には、学者があります。

優れた分析力と、長期間に渡ってひたすら答えを求め続ける学者は、並大抵ならぬ忍耐力も必要ですよね。

学者は専門知識を必要とするだけでなく、物知りで思慮深く、洞察力と観察力が必要な職業。

慎重な人にはぴったりです。

6,プログラマー

慎重な人が活かせる仕事には、プログラマーがあります。

プログラマーは、細かく時間がかかることを、1人で黙々とこなしていく仕事です。

慎重な人にしか、できない仕事と言えるかもしれません。

7,事務や経理

慎重な人が活かせる仕事には、事務や経理があります。

事務や経理の仕事は、ミスが絶対に許されない仕事です。

計算を間違えたりすれば、会社に膨大な被害を与えてしまう可能性があるからです。

そのため、会社側も事務や経理の人には慎重な人を探しているんですよ。

慎重な人には、事務や経理の仕事は最適と言えるでしょう。

8,ネットワーク監視作業

慎重な人が活かせる仕事には、ネットワーク監視作業があります。

ネットワーク監視作業は、細かいところまでチェックしなくてはならない仕事です。

ネットワークに問題がないか確認するには、ちょっとした異変に気づける人でなければなりません。

慎重な人はあらゆる角度から物事を観察できますから、ちょっとした異変にも気づくことができるでしょう。

慎重な人が満足できる仕事の特徴

最後に、慎重な人が満足できる仕事の特徴を紹介します。

慎重な人は、こんな仕事ならば満足できるようです。

1,誠実さが評価される仕事

慎重な人が満足できる仕事の特徴は、誠実さが評価される仕事です。

職種に関わらず、誠実な人のほうが信頼されますよね。

たとえ医療関係の仕事であっても、誠実な人のほうが信頼されるのは当たり前のこと。

慎重な人は、誠実さをきちんと評価される仕事のほうが満足できることは、間違いないでしょう。

2,正確に作業をこなすことが求められる仕事

慎重な人が満足できる仕事の特徴は、正確に作業をこなすことが求められる仕事です。

スピードよりも正確さを評価してもらえないと、慎重な人は満足することができません。

早くてもミスだらけの人が評価されるのではなく、多少時間がかかっても間違いのない仕事のできる人、つまり慎重な人を評価してもらえる職場がいいですね。

3,ルーティンワークが多い仕事

慎重な人が満足できる仕事の特徴には、ルーティンワークが多い仕事があります。

慎重な人は、突然の出来事やスピード解決するような仕事は向いていません。

そういう仕事よりも、ルーティンワークの仕事のほうが向いているのは言うまでもありませんね。

4,計画的な仕事

慎重な人が満足できる仕事の特徴には、計画的な仕事があります。

慎重な人はしっかりと計画を立てるので、その通りに進めていくことを何よりも求めています。

できるだけ計画を計画通りに進めることが何よりなので、計画通りに事が運ばない仕事は向きません。

5,命令系統・上下関係がはっきりしている

慎重な人が満足できる仕事の特徴には、命令系統、上下関係がはっきりしていることが挙げられます。

会社などの組織は、特定の役目に振り分けてありますよね。

慎重な人は、そういうシステムの職場のほうが向いています。

なぜなら、組織の上下関係がはっきりしていないと、臨機応変な対応が必要になるからです。

6,事実・根拠を大事にする仕事

慎重な人が満足できる仕事の特徴には、事実や根拠を大事にする仕事があります。

人間関係というのは、臨機応変さが必要不可欠。

慎重な人には、臨機応変な対応というのは難しいですよね。

そのため、事実関係を重視する仕事のほうが合うのです。

7,1つのことの時間をかけても良い仕事

慎重な人が満足できる仕事の特徴には、1つのことの時間をかけても良い仕事があります。

慎重な人は、色々な角度から物事を考えて、綿密な計画を立てています。

そのため、1つ1つの物事には比較的時間がかかってしまうもの。

そのため、時間がかかっても大丈夫な環境を求めているのです。

まとめ

慎重な人の特徴や長所、短所、慎重な人が向いている仕事について紹介しました。

慎重な人は、人一倍物事を深く考えており、リスクのない人生を歩もうとしています。

リスクを回避してばかりなのでつまらないと言われてしまうこともありますが、それだけ安定した人生を送れるということでもありますね。

そんな慎重な人の特徴をしっかりと理解して、上手に付き合っていきましょう。

【関連記事】

腰が低い人の特徴!低くする理由・付き合い方は?

策士な人の特徴!意味・仕事・恋愛・歴史家や名言は?

内気な人の印象や特徴!いいところ・克服する方法は?

情に厚い人の特徴!長所・短所・なる方法は?

感情がない人の特徴!原因は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク