【しつこい人】心理や特徴・恋愛・対処法・話を流す方法は?

しつこい人

しつこい人に困っているなら、話を流す方法など、適切な対処法を知っておく必要があります。しつこい人をそのまま放置しておくと、あなたの人生を狂わせるような、強いストレスを与えてしまうからです。

それにしても、しつこい人は、相手からしつこいと思われているにもかかわらず、どうしてしつこくなってしまうのでしょうか。その心理や特徴などを知った上で対処法を考えてれば、しつこい人に対するストレスは、大きく軽減するはずです。

しつこい人の心理

しつこい人

しつこい人には、心理的に何らかの問題があるのかもしれません。しつこい人の心の中にどういった問題が潜んでいるのか、一つずつ整理してみましょう。

しつこい人は寂しがり屋・かまってちゃん

しつこい人

しつこい人の多くは寂しがり屋で、寂しいという気持ちへの耐性が低い。つまり寂しさに弱く、寂しいときには誰かにかまってもらうことによって、寂しさを紛らわせようとします。

そのため寂しいときに少しでもかまってくれそうな人を見つけると、ついついしつこくしてしまう。いわゆる「かまってちゃん」になってしまう傾向にあるのです。

しつこい人は心配性不安な気持ちが強い

しつこい人には、心配性で、不安な気持ちが人一倍強いという傾向も見られます。

心配性であるがために、自分が不安に思うことを、何度も何度もしつこく確認せずにはいられません。

多少しつこくとも、不安を解消するためには、そうする方がいいという基準で動いているのです。

自分の欲求を満たそうとしている

自分の欲求を満たすために、しつこくしているタイプの人もいます。「自分が、自分が」という気持ちが強く、他の人から認められることを過剰に求めてしまいます。きちんと認められているという実感を得るまでは、しつこく付きまとうことも苦ではありません。

しつこい人は感情的・気分屋

しつこい人は総じて心が繊細で、感情的な場合が多いようです。

一言で言うなら、気分屋さん。心をうまくコントロールすることができないため、必要以上に執着してしまう傾向にあるわけです。

相手の立場を考えることができない

相手にしつこいと思われてしまう人には、相手の立場を考えることができないという一面もあります。相手が今どのような状況であるか、何を考えているかは二の次になっているために、自分の思いや主張ばかりを押し通すことに、何の疑問も抱かずにいられるわけです。

自分に対する自信がない

自分に対する自信がないときも、人にしつこくなりがちです。

自信がないときほど、ささいなつながりでさえも、蜘蛛の糸のように頼りにしてしまうのです。自分に向けられた好意に対して過剰に信頼を置き、しつこく連絡をしてしまったりするわけです。

人を信じることができない

しつこい人は、人を信じることができない人であることも考えられます。信じられないがために、確認に確認を重ねないと不安になってしまうのです。

裏切られた経験がトラウマになっている場合も、しつこく確認を繰り返してしまうことがあります。

暇な人間である

ただ単純に暇で、人にしつこくしてしまう場合もあるでしょう。

暇を持て余しているため、次から次へと自分にとって楽しい計画を思いつき、お誘いしたくなってしまうのかもしれませんね。

プライドが高く傷つけられたくない

プライドが高くて傷つけられたくない人は、自分のプライドを守るために人にしつこくなっている時もあります。

予定通りに事がすすまず恥をかきたくない場合など、プライドを保つために、しつこく念を押すということもあるでしょう。

また相手より優位に立っていることを確認したくて、しつこく接してしまうこともあります。

過去の行動にトラウマを抱えている

過去にトラウマがあり、それが、しつこさにつながっているケースもあります。

信じていたことが覆ったことで大きなショックを受けている場合は、無意識でも、しつこく接してしまうことがあるかもしれません。

自分がしつこいと分かっていても止められない

人から繰り返し指摘されるなどして、自分にしつこい傾向があると分かっていても、止められない人もいます。その人がしつこくなってしまうのには、ここまで説明してきたような、さまざまな理由があります。病的な場合もあれば、もともと生まれもった性質の場合もあります。自覚していても、自分ではなかなかコントロールできないというケースの方が多いでしょう。

引き下がらない相手によりしつこくなる

接する相手の全員に対してしつこいわけではなく、ある特定の人にだけしつこくなってしまうときもあります。

特に、引き下がらない相手に対しては、一層しつこくなる傾向が見られるでしょう。「なかなか手に入らないものほど欲しくなる」という心理と同じです。否定や拒否を繰り返されることで、かえってしつこく執着してしまうこともあるわけです。

しつこい人の特徴

ここからは、しつこい人にはどんな言動があるのか、しつこい人によくありがちな特徴について具体的にチェックしていきます。

LINE・メール・電話がしつこい・意味がない連絡

しつこい人の特徴として、よくあるのが、意味がないLINEやメール、電話が多いということです。特に具体的な意図のない連絡は、よっぽどの好意を持たれている相手でない場合は、しつこいと感じさせます。みんな忙しいのです。意味のない連絡に対して、煩わしく感じてしまうのは当然のことです。

同意を求める

過剰に同意を求める人も、しつこい印象を与えます。それはまるで小さな子どもの相手をするようなかんじです。「すごいでしょ、ね?」「そうだね」。「あなたもそう思うでしょ?」「そうだね」。あまりにも繰り返されると、相手をするのが大変で、しつこいと感じてきてしまうものです。

恋愛体質

いわゆる恋愛体質の人は、相手にしつこいと思われやすい人です。恋をすると周囲が見えなくなり、相手に対して一直線。そんな人は、無意識のうちに連絡をとる回数も、同意を求める回数も、増えていってしまいます。

しつこい人は独占欲・支配欲が強い

しつこい人は、相手を束縛しようとします。つまり、独占欲・支配欲が強いのです。それゆえに、相手につきまとってしまうわけです。自分が独占したいと思っている相手を自由にしておくことに対して、許しておけないタイプなのです。

しつこい人は諦めが悪い・執着心が強い

しつこい人には諦めが悪く執着心が強い傾向もあります。どんなに努力しても手に入らないものがあるとしても、その現実を受けいれられないのです。「粘着質」という言葉にも、言いかえられるでしょう。

自分が執着することで相手が不快になっていたとしても、「最後まで諦めない」というキレイゴトにしてしまうようなタイプは要注意です。

しつこい人は我慢ができない

しつこい人は結局、我慢ができない人であるとも言えます。連絡をしたい気持ちを我慢できない。独占したい気持ちを我慢できない。我慢できないから、最後にはストーカーのようにつきまとってしまうわけです。

しつこい人は人の話を聞かない

さらに、しつこい人は人の話を聞かないという特徴もあります。「しつこくしないでほしい」とダイレクトに伝えても、人の話を聞くことができないため、きちんと伝わらないのです。そのため、しつこいと思われていても、状況を変えることができないのです。

しつこい人は自分の話ばかりする・話が長い

しつこい人は人の話を聞けない一方で、自分の話ばかりをします。しかも、その話が長い! 世界は自分中心に回っているような人は、周囲にしつこい印象を与えてしまいがちです。

しつこい人は怒りやすい

しつこい人のなかには、怒りっぽい人も多くいます。

心理学的に見ると、怒りやすい人は、実は不安な気持ちになりやすいという一面があります。

不安な気持ちを怒りの裏側に隠して、いつまでもしつこく同じことに対して怒っていたりするのです。

しつこい人の恋愛の特徴

しつこい傾向がある人の対人関係の中でも、特に恋愛となるとどんな特徴があるのでしょうか。

しつこい人との恋愛に陥る前に知っておきたい、しつこい人の恋愛の特徴についてまとめてみます。

しつこい人は束縛が激しい

しつこい人は、当然、束縛が激しいものです。

アプローチされている時は一途な面が嬉しく感じることもあるかもしれませんが、お付き合いが続くにつれ、束縛を負担に感じることが増えそうです。

たとえば別行動をとりたい週末など、どこで何をする予定なのか、同じ説明を何度も繰り返しても納得してもらえず、結局予定を変更しなければいけなくなるなどいうことは普通にあることでしょう。

しつこい人はわがまま

しつこい人は、つまるところわがままでもあるわけです。

いつだって自分の思い通りにしたい人なので、恋愛においても相手の事情をかんがみることは滅多にありません。

パートナーとなる人は、まるで小さな子どもを相手にするように、しつこい相手をなだめなければいけない場面も多々あることでしょう。

しつこい人は思い込みが激しい

しつこい人は思い込みが激しいので、勝手に「この人は自分に好意を持ってくれている」と、思い込むことができてしまいます。

そのため、相手が明らかに拒否をしているときも周囲が見えず、自分の気持ちを押し通そうとしてしまえます。

恋愛関係になってからは、相手の行動に対して勝手に思い込むことがあるでしょう。根拠のない疑いをかけられ、なかなかその疑いが晴れないということもありそうです。

しつこい人は自分の都合優先

しつこい人は結局、自分の都合が優先なのです。

自分がこうしたい。自分がこう思う。ということが、すべてにおいて最も大切なことになるわけです。

そのため、すべて自分の思い通りにコントロールするために、しつこく接していかねばならなくなってしまうのです。

しつこい人は浮気性

一途に見えるしつこい人ですが、実は浮気性な一面もあります。

自分の気持ちを我慢できず、欲望を抑えられないわけです。

自分にはいつだって都合が良いのが、しつこい人の特徴です。

しつこい人は恋愛トラブルを起こす

しつこい人は対人関係に問題を抱えることが多いものですが、こと恋愛に関しては非常に難しく、トラブルを起こしやすいといえるでしょう。

恋愛においては、相手を思いやる気持ちが第一です。しかしながらしつこい人は、相手を思いやれず自己都合で動くのですから、トラブルが起こって当然です。

しつこい人の対処法

ここからは、しつこい人に対して、どのように接していけばいいのか。対処法について具体的に考えていきましょう。

しつこい人は相手にしなくて良い・無視する

しつこい人に対してストレスを抱えないでいるために、一番てっとり早いのは、相手にしないということです。無視すればいいのです。

相手にしなくても相手にとっては小さな問題です。相手だってしつこくし続けたいわけではなく、ただそうせずにはいられないだけかもしれません。それならば、無視するのも優しさかもしれません。

しつこい人の話に乗らない

しつこい人の話を無視できないとしたら、話に乗らないでおくことです。

しつこい人は相手に同意を求めますので、同意されない関係が続けば、自然と距離が生まれてきます。

しつこい人には連絡をしない

しつこい人に対して、こちらから連絡をすることはやめておきましょう。何回も着信が残っていて、たまには、と、こちらから連絡をするとします。その1回の連絡を相手は喜び、過大に捉え、さらにしつこい連絡がエスカレートしていくことが考えられます。

相手をしつこいと思っているなら、自分からは絶対に連絡しない方がいいと心得ておきましょう。

しつこい人への連絡の回数を減らす

しつこい人に対して時々はこちらから連絡をしなければいけない関係性(血縁関係など)があるときは、せめて回数を減らすようにしましょう。

こちらから連絡する回数が多い限り、相手は自分が相手にとって煩わしい存在だという自覚ができません。

しつこい人への返信は緩急をつける

しつこい人からの連絡に、すぐに返事はしなくてもいいと思っておきましょう。

すぐに返事していると、「連絡を楽しみにしていてくれている」と、勝手に自分に都合よく解釈されてしまう恐れもあります。

かといって無視し続けることで相手がストーカー化する恐れがあるときは、緩急をつけて返信しながら、相手の連絡をうまくかわしていくことを考えましょう。

しつこい人には「しつこくしないで」と伝える

しつこい人のことがよっぽど嫌だったら、「しつこくしないで」とはっきりと伝えることにしましょう。

はっきりと伝えてもわかってくれないしつこい人も多いですが、はっきりと言われればわかる人もいます。

しつこい人とは二人きりにならないこと

しつこい人とは二人きりにならない方が良いです。

二人きりになったとたん、しつこい人の妄想がエスカレートし、しつこさがさらに増長する恐れがあるためです。

相手に対してしつこいと感じているのなら、二人きりにならないことは守るべき鉄則です。

しつこい人を勘違いさせない

しつこい人は、勘違いしやすいのです。だから二人きりになってはいけないし、こちらが誘っていると勘違いされやすいような言動は慎むべきです。

ファッションを褒めたり、笑顔を向けたり、小さなことでも相手は好意だと自己都合で勘違いしてしまうのです。

SNSの話はしない

しつこい人とSNSで繋がることも、避けた方がいいでしょう。

そのためにも、SNSの話はしないこと。

話題に出れば、すかさず繋がりを求められることでしょう。その時にうまくかわせる自信がなければ、SNSの話は最初から避けることを考えておいた方が賢明です。

しつこい人について他の人に相談する

しつこい人の存在が自分の中で大きくなり、耐えられないほどのストレスになってきたら、他の人に相談するのも手です。

しつこい人への対処法はケースバイケースです。しつこい人のことをよく知っている人に相談することで、一般論だけでは解決できない解決法が見つかるかもしれません。

しつこい人は相手にすればするほど近づいてくる

どんなしつこい人であっても、相手にすればするほど近づいてくるものです。

少しでも相手にすれば、相手は「もっと近づくことを相手が望んでいるのだ」と勘違いしてしまうのです。

しつこい人には希望をもたせない

結論を言うと、しつこい人に希望をもたせてはいけません。

しつこい人は、超ポジティブ。断られても断られても、それは相手の本心ではないと捉えて、希望を持って積極的にアプローチすることができてしまう人たちなのです。

しつこい人には情を与えない

しつこい人を無視し続けて、それがかわいそうだと思って少しでも相手にすれば、それは相手の思うツボです。

しつこい人に情を与えてはいけません。情を与えて勘違いさせることは、かえって相手にかわいそうな思いをさせます。

しつこい人なんだなと割り切る

最後に明らかにしておきたいのは、しつこい人に対して自分が責任を感じる必要性はないということです。

しつこい人は「そういう人なんだな」と割り切って接することも大切です。自分の力で相手を変えることはできませんし、自分のせいでそうなっているわけでもないと割り切って考えましょう。

しつこい人をさらにしつこくさせてしまうNGな断り方

しつこい人への対処法を間違えると、しつこい人を、さらにしつこくしてしまうことがあります。しつこい人から身を守る方法ためにも、しつこい人に対してNGな、やってはいけない断り方をリストアップしておきます。

はっきり言わない・遠まわしに伝える

しつこい人に対して、遠回しな伝え方は通用しません。

たとえば「また機会があったらお誘いしてくださいね」という遠回しな言い方で断ったとします。こちらとしては「またの機会はない」と思っていても、相手は即座に「またの機会」を作ろうとします。この場合、はっきりと「もう誘わなくていいです」と伝えてあげた方がよいのです。

笑いながら伝える

伝える時の態度にも注意が必要です。

「もう誘わないで」と笑いながら伝えても、相手に真意は伝わりません。冗談の一種と捉え、逆に「また誘わなくちゃ」とまで思ってしまう恐れもあります。

一回しか伝えない

しつこい人の誘いを断るときは、こちらもしつこくいきましょう。

伝える回数が一回では、相手に本気だと捉えられません。相手に「本気なんだ」と気づかせるには、二回、三回と、念押しして伝えた方が伝わります。

相手に配慮しすぎる

しつこい人に対して、配慮しすぎることはありません。余計なことは考えずに、はっきりと断りましょう。

遠回しな言い方をすると、かえって相手を混乱させ、失礼になります。

しつこい人への対処を誤るとどうなるのか?

しつこい人への接し方を間違えると、深刻な問題につながることもあります。どんなトラブルが生じる恐れがあるのかを、リストアップしてみました。

しつこい人はあなたのストーカーになる恐れがある

しつこい人とのトラブルで最も恐ろしいのが、相手がストーカーになってしまった時です。

執拗なストーカー行為は犯罪です。つきまとい方が常軌を逸する場合は、警察に相談することも検討しなければいけなくなります。

しつこい人はあなたに逆恨みしてくるかもしれない

前述した通り、しつこい人たちには自己中心的な傾向があります。いくら好意を持っていたとしても、その気持ちが裏切られたと感じ、傷つけば、今度はあなたを逆恨みしてくるかもしれません。

しつこい人から嫌がらせを受けるかも

あなたを逆恨みする挙句、しつこい人から嫌がらせを受けることもあるかもしれません。好意的な態度が一変し、暴言を吐かれたり、無言電話をしてきたりということもあるでしょう。

しつこい人はあなたに大きな迷惑をかけるかも

嫌がらせが、自分に直接関わることだけなら、適当にかわせるかもしれません。しかし、家族や友達にまで嫌がらせが及んだり、地域や会社で悪評を立てられることも考えられます。

そうなると日常生活を送るにあたり、大きな迷惑がかかってくることもあるという覚悟が必要です。

しつこい人はリベンジポルノの可能性

しつこい人が考えることとして最もやっかいなのは、リベンジポルノの可能性です。

恋愛関係にあったときの写真などを持ち出され、ネット上などで公開されてしまわぬよう、少しでもしつこいエッセンスが感じられる人とおつきあいする時は、十分に注意しておく必要があります。

しつこい人の話を流すためには

しつこい人は刺激しすぎると、恐ろしい存在に変貌する恐れがあります。適度な距離を置き、うまくつきあっていくために心がけたいポイントは、以下の通りです。

しつこい人の話を否定しない

しつこい人は、自分の話を否定されることが苦手です。

本心は違っても、「そだねー」と否定せずに受け流していけば、大きな問題には発展しません。

話の話題を変える

自分が興味のない話題だったり、ツッこんで話したくない話題などの時は、あたりさわりのない世間話に話題を変えてしまいましょう。浅い付き合いにとどめておくことを、意識すべきです。

しつこい人はASDの可能性がある

しつこい人に関して、ASD(自閉症スペクトラム障害、アスペルガー症候群)である可能性を探ってみたほうがいい場合もあるかもしれません。

ASDの人は脳の機能に障害があり、空気を読むことが得意ではありません。そのために、自分がしつこいと思われていることに気づきにくいのです。

一つの物事への執着が強すぎる場合もASDかもしれません。

ASDに関しては脳の障害なので、心がけで簡単に修正できるものではないので、寛容な心で受け流すのがベストです。

まとめ

ここまで、しつこい人の心理や特徴・恋愛・対処法・話を流す方法について細かく見てきました。

結局のところしつこい人は、そういう人なので仕方がありません。

もし身近にしつこい人がいる時は、決して相手を勘違いさせることなく、嫌な時は嫌だとハッキリと伝えることが大切です。

なおかつ、話を流せる時などはうまく流して付き合っていくことも必要です。

それが相手との関係を悪化させて大きなトラブルに発展させないために注意すべきことだと意識しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク