すぐキレる人の特徴!付き合い方・対処法は?

突然スイッチが入ったかのように急にキレ出す人が周りにいませんか。怒る・キレると言う行為は、とてもエネルギーを要して疲れる行為である割には周りにいる人の気分を害するだけでなく、自分の価値までもを下げてしまう行為でもあります。

そんな、何のメリットもないキレると言う行為。わかってはいてもすぐにキレてしまう人とはどのような特徴を持つのでしょう。

できれば近くにいたくはないものですが、職場や家族・親戚付き合いなど、どうしても避けられきれない場面もありますよね。できるだけ穏やかにかわせるように、すぐキレる人への対処法や付き合い方なども覚えておきましょう。

すぐキレる人の特徴

すぐキレる人

「キレる」と言う行為にメリットなどない事は、少し冷静になれば誰でもわかりそうな事ですが、それでも自分の感情を抑えられずに「すぐキレる人」とは、いったいどのような人なのでしょう。すぐキレる人の特徴を見てみましょう。

すぐキレる人は熱しやすく覚めやすい

すぐキレる人

すぐにキレる人は、何事にも「熱しやすく冷めやすい」と言う特徴があります。

「キレる」と言う行為に限らず基本的に何でも、一度「こう」と思ったら一気に火が付いて熱く燃え上がるタイプなので、自分の思い通りにいかない事があった場合にはそれが「キレる」と言う行為として火が付いてしまうのです。

その場の気分で言いたい事を言いきってしまうので、熱が引いた後は忘れるのが早いのも特徴です。キレられた方がいつまでも言われた事を気にしていてもキレた本人はとっくに忘れて言う事も珍しくありませんので、気にするだけ損なところもあります。

すぐキレる人はプライドが高くメンツを保とうとする

すぐにキレる人はプライドが高いと言う特徴もあるため、自分のメンツを保つためにキレ出す場合もあります。自分の間違いを指摘された場合などに、間違っていると言う事はわかっていてもそれを認めたくないがために「キレる」と言う行為で無理やり乗り切ろうとするのです。

人にからかわれたり小バカにされる事も嫌いなので、間違いを指摘される事が「自分の事を小バカにされた」と感じるためにキレ出す人もいます。

すぐキレる人は自分が大好き・ナルシスト

すぐにキレる人は、とにかく自分が大好きでナルシストだと言う特徴もあります。

自分が人よりも劣っているなどとは思ってもいないのですが、自分が認めた相手以外の人からは「対等」や「互角」だと思われる事でさえ受け入れられない場合もあるのです。

「頭一つ抜き出た存在」として扱われる事が当然だと思っているので、自分を特別視しない相手に対してはより攻撃的な態度を示してくる場合もあります。

すぐキレる人は視野が狭く自分の意見が正しいと思っている

すぐキレる人は視野が狭いので、自分の意見だけが絶対に正しいと信じて疑いません。そのため、自分とは違う意見を持つ人が自分の意見に反対を唱えた場合や、周りの人が自分の考えとは違う行動をとった事でキレ出すと言う特徴もあります。

「こうゆう時にはこうするべき」と言う事はみんなが共通して持っている考えだと思っているので、人には人のやり方があるなどと言ってみたところで聞きいれる事もなく、話し合いにもならないでしょう。どっちでもいい事の場合は自分の方が折れておく方が賢明です。

すぐキレる人は自分に不利益なことを受け入れられない

すぐにキレる人は、自分が損をする・自分に不利益が生じると言う事に敏感だという特徴もあります。常に「少しでも得する事を」と考えながら動いているにも関わらず、周りの人間が自分の思い通りの行動をとらなかった事で不利益が生じる事が受け入れられないのです。

この場合、実際に不利益が生じた原因が別のところにあるかも知れないとは考えもしないので、すぐキレる人にとって不利益が生じた理由は大したことではなく、キレる矛先は「自分の考えとは別の行動をとった人」に向くのです。

すぐキレる人は自分が中心で報告や相談を過度に求める

すぐキレる人は自分の頭で考えた順序通りにその場を回したいので、事あるごとに報告や相談を求めてくると言う特徴があります。

これは、すぐキレる人は視野が狭く臨機応変な対応が取れないので、事前に状況全てを把握しておいて頭の中で行動を組み込んでおきたいと言う不安の表れでもあるのですが、当の本人が自分の能力の低さを認める事はありません。そのため、周りの人間が「これくらいの事なら」と、自分の判断で行動すると、頭の中で組み込んでおいたシナリオが狂ってくるのでパニックになって「キレる」と言う行為に出るのです。

すぐキレる人はキレることで自分の立場を守ろうとする

すぐにキレる人が上司や先輩、あるいは年長者など立場が上の人である場合、キレると言う行為で自分の威厳や立場を守ろうとしていると言う特徴もあります。

本来なら「キレる」と言う行為を抜きにしても最終的には立場が上である人の意見を尊重せざるを得ないと言う場面がほとんどなのですが、今まで「キレる」と言う行為で自分の思うように事が進んできた経験が積み重なっているため、本人は、キレる事が自分の立場を守る事になっているつもりでいるのです。論理的な説明が下手な人にも見られる特徴です。

すぐキレる人は細かく他人に厳しい

すぐにキレる人は、常にストレスを抱えてイライラした状態でいる事が多いのが特徴です。そのため、普通の人なら気にならないような些細な事が気になってしまうのです。

常にストレスを抱えているので、自分が気になる事を気にならない他人の行動には余計にイライラします。そのため、他人の行動の細かいところをつついはキレているのです。

すぐキレる人は繊細で小心者

すぐにキレる人は実は繊細で小心者な人が多いのも特徴です。本当は弱い自分を周りに悟られたくなくて、大きく見せるために「キレる」と言う行為で虚勢を張っているのです。

そのため、誰から構わず感情を爆発させているように見えて実際には相手を選んでいるのです。動物的な本能の表れでもありますが、その証拠に、すぐキレる人が自分よりも明らかに強そうな人やキレる事で自分の立場がまずくなりそうな人にキレると言う事はありません。

すぐキレる人は体調不良や疲労を感じている

すぐキレる人は、常に体調不良や疲労を感じていると言う特徴もあります。寝不足だったり疲労が溜まっている時は、普段なら気にならない些細な事でもイライラしてしまうものです。自分の体調とメンタル面を結び付けて考える人も少ないので本人でさえ自覚していない事も多いのですが、すぐキレる人は自分で思う以上の体調不良や疲労を抱えている事もあるのです。

すぐキレる人はストレスへの対処が下手

すぐキレる人はストレスへの対処が下手だと言う特徴もあります。自分で自覚があるにしろ無いにしろ、すぐキレる人は溜まったストレスを表へ出そうとして「キレる」と言う行為に出る事があるのです。

ストレスが溜まってイライラするから感情をそのまま吐き出すとどうなるか。冷静に考えれば、余計な問題を増やすだけだと言う事はわかりますが、すぐにキレる人にはそこまで頭を働かせて対処するだけの余裕がないのです。

すぐキレる人は相手に期待しすぎている

「相手が自分の思うような行動をとらないからキレる」と言う事は、逆に言えば「相手は自分の思うような行動をとってくれる」と期待していたとも言えます。相手が期待通りの行動をとってくれなかった事に、期待が裏切られたと言うストレスを感じるのです。

すぐキレる人は他人と自分とを分けて考える事ができず、みんなが自分と同じ考え方であると期待しすぎていると言う特徴があります。

すぐキレる人は身内に甘えやすい

「すぐキレる人」の中でも、見ず知らずの人に突然キレ出すと言う人は稀でしょう。大抵の人は「キレる」と言っても、家族や恋人の前や職場内など、自分のテリトリーの圏内での出来事だと言うのが特徴です。

街中で見ず知らずの人に突然キレ出したら「やばい人」だと思われる事は容易に想像がつきます。「やばそうな人」に自らキレる事でさらに問題が大きくなりそうな事も同様です。

つまり、ほとんどの「すぐキレる人」は「キレても大丈夫な人」を無意識に選んでいるのです。身内に対する甘えだとも言えるでしょう。

すぐキレる人は怒ることがかっこいいと思っている

学生時代に多くの生徒達から一目置かれていて、先生や大人からも特別視されていた不良グループに密かな憧れを持っていた人の中には、人から「恐い」と恐れられる事がかっこいい事のように思っている人もいるのが特徴です。

学生時代はどちらかと言えば目立たず、自己主張もしてこなかった自分にコンプレックスを持つ人などが、大人になって自分が自由に振る舞えると言う立場を手に入れると、怒る事でかっこいい自分になったように気になるのでしょう。

すぐキレる人は執着心が強くいつまでも根に持つ

すぐキレる人は執着心が強く、一度敵だと見なした人に対してはいつまでも根に持ち続けると言う特徴もあります。すぐキレる人は、キレるだけキレた後は何事もなかったかのようにケロッとしている事が多いので一見さっぱりとした性格のようにも見えますが、自分の思い通りの行動をとらない・自分に不利益を与えたなど、一度「敵」として認識した相手に対してはキレる沸点が低くなっていますので、普段以上に些細な行動が気になってしまい、結果、次から次へとキレる要素が出てくるのです。

すぐキレる人はすぐに結論を求めようとする

すぐキレる人は、いつもストレスが爆発しそうなギリギリの状態でいるのが特徴です。他人の些細な行動を気にしてはピリピリと殺気立っているので心が休まる時がありません。これは、心が常に急かされているようで、いつも「何かやっていないと落ち着かない」と言う心理的なプレッシャーがかかっている状態でもあるのです。

そのため、すぐキレる人は、人に対しても自分と同じスピードで物事を展開させる事を要求してきます。すぐに結論を求めたり行動を急かしたりしてくる人がいるのはそのためです。

すぐキレる人はプライドが高く冗談を間に受ける

すぐにキレる人は、プライドが高い上に物事を言葉の通りにしか受け取る事ができないので、冗談を冗談だと捉えられない事があるのも特徴です。

そもそも、周囲の人よりも優れた立場でいたいと言う気持ちが強いにも関わらず「場を和ませようとするために自分が使われる」と言う行為が理解できないので、冗談だとわかっていたとしても受け入れようとする気はありません。

すぐキレる人に見られる行動

すぐキレる人の行動には特徴などあるのでしょうか。

自分の事を「この人にはキレにくい」と認識させる事ができれば被害を受ける事も少なくなりますが、すぐキレる人がキレないようにするためにできる事はないのでしょうか。

相手を選んでキレている

すぐキレる人はキレる相手を無意識に選んでいると言う特徴があります。

キレる事で自分に不利益が出るような相手や、自分よりも権力者に対してはキレないのはもちろんですが、すぐキレる人は、大勢の人の中から自分がキレる事で相手よりも有利な立場に立てそうな人を無意識に選び抜いてターゲットにしている事もあります。

キレる相手にいちいちキレ返すと言うのも面倒な事ではありますが、キレる事で相手の言いなりになったりキレさせない様にお膳立てをしていてはますますキレやすい環境を作ってあげているようなものです。ほどほどに距離を置くようにしましょう。

せっかち

すぐにキレる人は、常に何かに追われているようにせっかちだと言う特徴もあります。これは、自分の心に余裕がないがために行動にも現れてしまっているのですが、そんな人の前でのんびりマイペースを貫いていては火に油を注ぐようなものになってしまいます。

キレる人のペースにのって自分まで余裕を無くす必要はありませんが、仕事中ならば「楽しそうに会話するのは避ける」など、目に付くような行動を控えるだけでも被害を受ける事を減らせるでしょう。

自分がキレていることに気がついていない

すぐキレる人の中には、自分がキレていると言う自覚がなくてもそのように思われてしまうと言う人がいるのも特徴です。元々の声が大きかったりぶっきらぼうな話し方をするだけで本当に怒っているわけではないと言う場合もあるでしょう。

そんな人に「何怒ってるの?」と言う言葉をかけてしまったがために喧嘩に発展すると言うのもよく聞く話です。恋人同士や夫婦など何でも言い合える関係であるほどありがちです。余計な衝突を避けるためには、冷静さを欠いている相手に挑発と取られる発言は控える事です。

すぐキレる人との付き合い方や対処法は?

職場での人間関係や、恋人・夫婦など、自分と相手との関係によっても付き合い方や対処法は変わってきますが、すぐキレる人と上手く付き合っていくためには、まずはキレ方の特徴やキレるポイントを見極める事です。その上で適切な対処法を取っていきましょう。

キレられても自分のせいではないことを理解する

すぐキレる人にキレられた方は「何か怒らせる事をしたかな」「あの時どうして欲しかったんだろう」と、後々までその時の事を引きずりがちですが、キレている方はその場で言いたい事だけ言えばそのこと自体をすっきり忘れてしまうと言う特徴があります。

キレられた理由が何にしろ、その事に対して怒鳴る・キレると言う行為を選ぶのはキレた方の責任であってキレられた方が悩む事ではありません。自分の行いに問題があったのだとしても、その事を「キレる」と言う以外の行為で伝えなければ伝わるはずもありません。

自分の行動に明らかな非がある場合以外は自分のせいではないのだと言う事を理解して、あまり深く考えないようにしましょう。

重要ではない話は聞き流す

すぐにキレる人と言うのは、感情だけで思いついた事を口にすると言う特徴があります。つまり、口に出して言っている事のほとんどは「どうでもいい事」なのがほとんどなのです。

キレている方は「キレる」と言う行為で満足しているところもあります。あからさまに態度に出してしまうとさらに面倒な事になってしまいますが、真剣に聞く事が自分にとってプラスになる事だけを選んで聞くようにし、さほど重要でない話はさっと聞き流すようにしましょう。

すぐキレる人と距離を置く

可能であるならば、キレている相手とは怒りが収まるまで距離を置くのが一番です。

怒りのピークと言うのは長く続くものではありません。時間にして6秒程だと言う特徴があります。いったんその場を離れる事が可能なら、部屋を出るなり電話を切るなりして物理的な距離を取りましょう。

物理的に距離を置くのが難しい状況に有効なのが「沈黙」です。相手が落ち着くまでは自分をキレている相手と同じ土俵にあげてはいけません。反論するのはもちろん、キレている相手をなだめるような声掛けなどもせず、相手が少し冷静さを取り戻すまではひたすら沈黙を守る事で心理的に距離を取りましょう。

否定的な言葉を使わない

キレている相手が少し落ち着いたところで自分の意見を伝える時に「でも」「だけど」と、相手の意見を否定するような言葉を挟まないようにしましょう。

普段から些細な事が気になってイライラしている事の多いすぐキレる人ですので、少し落ち着いた状態だとは言え、自分の意見を否定されるかのようなこのような言葉には敏感に反応してしまうと言う特徴があります。また怒りが湧いてキレ出しては話が進みませんので、お互いに話し合いが必要な時には特に、言葉選びには注意しましょう。

相手がキレる原因を考えてみる

今後も生活を共にしなければいけない家族や職場の上司などの場合は、なぜキレたのか原因を追究していく事で今後の対策が考えやすくなります。本人が冷静さを取り戻した後で聞いてみると言う方法もとってみましょう。

すぐにキレる人にも、その人なりのキレるポイントと言うものがあるのが特徴です。その都度相手にしていたらキリはありませんが、キレる相手の機嫌にいちいち振り回されていては自分の本来やるべき事に集中できません。冷静に話ができそうな状況を狙って、キレるポイントを抑えておけば不用意に時間を取られると言う事を回避する事も可能です。

逆切れしてみる

あまりに理不尽な事でキレられる事が多いのならば、たまには逆切れしてみると言う手も有効です。すぐキレる相手は無意識にキレやすい人を選んでキレていると言う特徴があります。

他にも人がいる中で自分ばかりがキレる対象にされていると感じるのならば、自分はその人にとってキレやすい人なのかも知れません。「何も言い返してこない」「好きな様に振る舞っても自分から離れていかない」など存在を軽く見られて、都合よくストレスのはけ口にされている可能性もあります。言動がエスカレートするのにストップをかけると言う意味でも、どこかで「何を言っても大丈夫」だと言う空気を壊しておく必要もあります。

前もって相手と約束しておく

すぐキレる人が職場の上司やあまり関りのない人の場合、あるいは身内など近すぎる距離の人の場合は難しい事もありますが、友達や恋人など「大切だけど自分の意志で離れていける人」である場合は、相手が冷静な時を狙って事前に約束しておくのも良いでしょう。

すぐキレる人は気分にムラがあると言う特徴がありますので、タイミングを見極める事が重要となりますが、機嫌のよい時なら耳の痛い話でも多少聞く姿勢を示してくれるでしょう。「キレてしまった時はとにかくその場を離れる」と言う事を約束させておくだけでも、多少改善にはつながるでしょう。

情報を分かりやすく整理してあげる

すぐにキレる人は短気であると言う特徴があります。ですので、話している内容量が多すぎたり難しすぎたりして自分の頭で整理しきれなくなると癇癪を起してしまうのです。

少し難しそうな話をする場合にはできるだけわかりやすい言葉を選んで説明をしたり、例えを上手に使うなどして相手が情報を整理しやすくなるように工夫をしてあげましょう。

毅然とした対応をとる

すぐキレる人は「キレやすい相手を選んでキレる」と言う特徴があります。ですので、キレている相手をなだめようとして低姿勢な態度をとってしまうと「キレる事で自分の言う事を聞きやすい相手」と認識されてしまう可能性もあります。

相手の態度に反論するかのような態度をとるとますます怒りを加速させてしまう可能性もありますが、必要以上に機嫌を伺う必要はありません。なぜキレられているのかわからないと言う時ほど毅然とした態度で冷静に話を聞くと言う姿勢を貫きましょう。

ハラスメントとして相談する

キレている本人にとっては「キレる事は当たり前」だと思っていると言う特徴があります。今までも同じようにキレてきたけど誰もそれを問題視する事がなかった場合、周りもそんな自分を受け入れているものだと安心しているところもあるでしょう。自分だけで何とかしようとせずに、その人に影響を与えられそうな人に相談してみると良いでしょう。

公共機関に相談する

すぐにキレる人が職場の上司である場合などは自分の意見を伝える事すらできず、ただ相手からの攻撃を受け続けるだけの関係が出来上がってしまいます。そうなれば、仕事に行くのが辛いと言うだけでなく心まで病んでしまう可能性もあります。上司よりも更に上の役職の人などに相談できる場合などは良いのですが、そうでない場合は公的な機関に相談すると言う方法をとっても良いでしょう。

理不尽なキレられ方を受け入れてしまう人の特徴としては「これくらいの事で人を巻き込むのも」と考えてしまいがちですが、自分の仕事や生活に影響が及ぶのなら問題として堂々と持ち込むべきです。理不尽にキレられる事を素直に受け入れてあげる必要などないのです。

まとめ

すぐキレる人に「キレない様にさせる」と言う事は難しいです。ですので、上手く付き合うためには自分の方から適切な距離を見極める事が重要となります。

「キレる人」は感情を表に出して話すと言う特徴がありますので、自分がキレられた場合でもそのキレ方ではなく「キレている内容」だけに注意を向けるようにしましょう。

「キレる」と言うのは本人の問題ですので、キレられる側が気を使ったりする必要もありません。自分に非がある事ではない場合は適度に受け流して距離を置くようにしましょう。

【関連記事】

ストーカー気質のある男女の特徴!対処法は?

自分本位な人の特徴!メリット・デメリット・改善方法・対処法は?

器が小さい人の特徴や心理は?セリフや付き合い方・対処法は?

【プライドが高い人】の心理・特徴・良い面・治す方法・付き合い方

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク