好きな人がバツイチ!恋愛対象になる・結婚?

好きな人 バツイチ

好きな人がもしバツイチだとした場合、あなたはどのような印象をお持ちになりますか?

もちろんバツイチの男性と付き合って恋愛対象になること自体は法律的に問題はありません。

中には、結婚歴のない人との比べて経験値があるだけ、恋愛の方法や行動にややちがいがあるのではという考え方の女性もいるようです。

そこで今回は、好きな人がバツイチだった時の、恋愛や結婚についての特集です。

好きな人がバツイチ!恋愛対象になる理由は?

好きな人 バツイチ

好きな人がバツイチだとしても恋愛対象になるという女性がいれば、バツイチの男性は恋愛対象にしないという女性もいることは事実です。

その区分の仕方にはどのような女性の心理が働いているのでしょうか?

ここでは、好きな人がバツイチでも恋愛対象になるという女性のそれぞれの意見や考え方を見ていきましょう。

彼女たちは、このような理由があることでバツイチの男性を好きになるようです。

好きな人がバツイチでも好きなら関係ない

好きな人 バツイチ

好きな人がバツイチだとしても好きになったら関係ないという方が、かなりの数いると思われます。

自分が好きであれば好きな人の過去のことなど気にならないという声が目立ちます。

それに自分が相手の男性のことを素敵だと思ったのだから、その気持ちを大切にしたい。

バツイチだろうとなかろうと全く関係ないことだという意見もあります。

意外と相手の男性がバツイチであることには執着心を持たない女性のほうが多いようです。

好きな人がバツイチでも一度結婚できている人だからと考える

バツイチであるからこそ、好きな人は結婚に至るまでの可能性があると感じることができます。

バツイチだということならば、その人は結婚できるだけの十分な人柄が保証できる人だと思える、あるいは、一度結婚できてい男性ということなので、女性を含めて他人との人付き合いが上手だという証拠にもなるという女性の意見もあります。

好きな人がバツイチであることを、肯定的に捉えている意見だと言えます。

好きな人がバツイチでも経験があると感じるから

好きな人がバツイチだとしたら、それだけ経験値が多いのだろうと感じる女性もいます。

少なくとも相手の男性が結婚に対してまだ抵抗感を持っていたとしてもそれまでに体験したことが活かされ、きっと次は上手くやっていこうとするはずだと考えるようです。

バツイチのほうが経験豊富で、いろいろとアドバイスや意見が出て正しい方向に行く気がするという考えをするようです。

相手と自分の年齢を考えると好きな人がバツイチでも仕方ないと感じるから

好きな人がバツイチでも構わないのは、自分の年齢のことを考慮した場合、それもあり得るからという女性もいます。

今の自分の年齢から考えてみても、初婚で自分よりも年上の男性を見つけることのほうが、かなりハードルが高いのではと思っているそうです。

なので、自分の年齢のことを考慮したラ、やはりバツイチの男性との恋愛も十分アリだと思うようになったということです。

好きな人がバツイチだと恋愛対象にならない理由は?

好きな人がバツイチだとしても一向に構わないという女性がいるのに対して、バツイチの男性と恋愛をすることがデメリットになると感じている女性も存在します。

ここでは、好きな人だとはいえバツイチであるとしたら、恋愛対象にならないと考えている女性の意見についてご紹介します。

好きな人がバツイチだと前の相手のことなど心配することが多くなるから

好きな人がバツイチだとしたら、やたらと心配事が増えるような気がするという理由からです。

もし好きな人がバツイチだと、その男性の過去のことから始まり、今後の二人の将来についてもきっと気になることが増えてしまうかもしれないからです。

また、現実的には子供がいたり前の奥さんもいることに変わりがないので、それらとの含みを考えて心配なことが多くなって素直に付き合えないかもしれないという意見があります。

好きな人がバツイチだとまた離婚するのではないかと不安になるから

好きな人がもしバツイチだとしたら、自分と結婚してもうまくいかないかもしれないと思っています。

それは、一度失敗している人というレッテルがあり、また同じようなことを繰り返しうまくいかないのではという恐れがあるからです。

一度の失敗を重く受け止めてしまい、どうしても前向きに対処するには時間が掛かりそうだという、やや慎重な意見を述べる女性もいるということです。

好きな人がバツイチだと前妻と比較されるのが不安だから

好きな人がバツイチだと、恋愛対象として付き合った後で前妻の女性と比較されそうだという不安を持っている方もおります。

そもそも前の奥さんとの離婚の原因が分からないとしたら、そうなった結果は誰が一番悪かったのかさえ判断できないという怖さがあると言います。

そのため、前の奥さんと自分がやたらと比較されてしまいそうなので嫌だという意見です。

それに結婚ともなれば、家同士の問題にも関わり自分だけでは決めることが難しいのではという不安があるということです。

好きな人がバツイチだと周りから反対されると思うから

好きな人がバツイチだとしたら、きっと周囲の身内から反対されると思うという女性も多く存在します。

好きな人との交際が長く続けば続く程、いつかは結婚できればという願望を抱くこともありえます。

ところが、その男性がバツイチであることを前提に結婚を視野に入れて行動すると、必ず一人二人の反対者が登場するものです。

しかもそれは多くの場合、自分に最も近い位置の人々の中から出やすいという現象があります。

そのような反対を押し切ってまで結婚に至る覚悟ができるかどうかに関わってきます。

これは、今のところそこまでは考えられないという女性の意見ということです。

好きな人がバツイチ女性を恋愛対象にする理由は?

では次に逆な立場で考えていきましょう。

好きな人はバツイチ女性を恋愛対象にするのかどうかということです。

その際の言動や考え方は、女性と違いはあるのでしょうか?

一般的に男性は、バツイチ女性についてどう思っているのかというバロメーターにもなります。

好きであれば過去は気にしないから

相手の女性がバツイチでも好きなら気にしないという男性は、全体のほぼ半分くらいだとされています。

その女性を好きになれば、どんな過去があるにしても一向に構わないという派です。

離婚経験の有無で女性を判断基準になどしない、今現在のその女性が自分にとって魅力的であればそれでいいからだという意見があります。

また、性格や気が合えばいいし、容姿が好みならばなおさらいいと思うので、過去よりも今を大切にする男性も多いと言えます。

人生経験が豊富で魅力的だと感じるから

好きな人がバツイチ女性を気にしない理由の一つは、自身に経験がないことを既に経験済みな女性へのリスペクトを感じているからという方もおられます。

ある意味、離婚したことがあるということは、合理的な価値観でものごとを捉えた結果なのだろうと判断できると言います。

それに離婚が悪という考え方そのものがおかしいと思うし、その女性が悪いとは到底思えないからという意見もあります。

一度失敗をしたという経験こそが、かえって見る目がある女性だと言えるので、良い方向に考えているということです。

自分が愛してあげたいと思うから

好きな人がバツイチ女性のことをどう思っているのかを気にするのであれば、お互いの結婚願望についてや、どういう関係性で交際を続けていきたいのかなどを、よく話し合っておくことは重要です。

その上で、好きな人がバツイチであろうとなかろうと、自分が愛してあげたいと思っていると言ってくれるのであれば、その男性とは、あなたも誠心誠意に、真正面からお付き合いするようにしなくてはなりません。

あなたを心から愛してくれている男性です。

中途半端に過去を引き摺って生きてはいけないと言えます。

好きな人がバツイチ女性を恋愛対象にしない理由は?

お互いが愛し合って理解をしていれば、好きな人がバツイチ女性であっても気にしないという男性がいる中、その逆も存在します。

やっぱり自分は初婚になるし、バツイチ女性との恋愛はちょっとハードルが高そうだと考えている男性側の傾向についても簡単に触れていきましょう。

自分も離婚されるのではないかと不安になる

一度離婚経験があるバツイチ女性、その理由によりけりではありますが、結構同じことを繰り返すのではという不安がつきまとうと言います。

何とか変えようとしても習慣や癖はなかなか変わらないもの、その深い理由にまで踏み込んでいけそうにないという意見があります。

それに相手の女性が妥協できないくらいの強い信念を持っているようでいて、恋愛や交際、夫婦生活以上に大切にしていることがある気がすると言います。

近年、女性の進出がクローズアップされることによる、バツイチに対しての考え方とは違った側面とも言えます。

離婚した理由を聞いて嫌になったから

好きな人とはいえどもバツイチ女性に抵抗感があるのは、離婚した理由を伺ってみたらあまり良い内容ではなかったからという意見もあります。

正当な理由ならばバツイチであろうとも恋愛対象になります。しかしそうとも限らないと言います。

例えば、元の旦那さんは真面目で浮気も何もしない人だったのにもかかわらず、刺激のない生活に飽きたので離婚したという場合です。

そのような離婚に至った理由を聞かされてしまうと、つい引いてしまうということです。

何か大きな欠陥を抱えているように感じる

好きな人がバツイチ女性だったとして、どうしても付き合いきれないという理由の一つは、あまりにもその女性に謎が多いと思えるからだという方もいます。

そもそも、以前に離婚に至った理由をちゃんと話してくれなかったりする場合が該当します。

きっと、その女性は、自分にも言えないような隠し事や、何かわけのわからない大きな欠陥があるような気がするので、それが一番の不安になるということです。

仮にしばらくうまく交際してきたとしても、いつどこで表出するか分からない恐ろしさがあると言えます。

子供がいると面倒

好きな人がバツイチ女性を恋愛対象にしないのは、子供が既にいる場合はいろいろと面倒なことやプレッシャーを感じてしまうからということです。

当然、そのことで親権についても将来的には考えなくてはなりませんし、今現在の経済的事情も考慮しないといけません。

それらをトータルで考えてみたところ、バツイチで子持ちの女性と恋愛に至るのは賢明ではないという考えのようです。

それに一番気がかりになるのはその子供当人です。

果たして、自分を新しい父親として受け入れてくれるのかどうか、そんな自信もないという方もおります。

好きな人がバツイチのときの相手の見極め方は?

どのような相手であろうと、結婚をするというのは、社会へ宣言することです。

人生を共に過ごすと決めたパートナーを認知してもらい、法的手続きを踏むことによって夫婦としての責任を負うと覚悟することです。

ですので、好きな人が離婚経験があることを含めて、過去の経歴を無くすことではありません。

バツイチ男性との恋愛はリスクを伴う場合もあります。

そこで好きな人がバツイチの時、どのような見極め方法を考えたらよいのかをご紹介します。

なぜ離婚したかを聞く

好きな人がバツイチだという時、なぜ前妻と離婚をしたのかを素直に聞いてみることです。

少なくとも将来を誓い合ったパートナーだったにも関わらず、なぜ離婚に至ったのかは、これから正式に付き合う以上は、ちゃんと耳にしておく権利があると言えます。

もちろんバツイチ男性であろうと過去は過去だと割り切ることは大切ですが、理由を知っておくこと、それに相手の男性も、打ち明けることは必要だと言えます。

もし、理由を曖昧にしてしまうようなら、離婚協議書や公正証書を見せてもらうという方法もあります。

仮に男性側の浮気やDVが原因だった場合、危険性を伴いますのでしばらく距離を置くべきかもしれません。

自分に対する気持ちを聞く

好きな人がバツイチだとしたら、これからの二人の将来なども含めていろいろな協議が必要となります。

その中でも、ごくシンプルながら大切なこと、それは相手の男性の率直な気持ちです。

自分に対してどう考えているのかを確認することです。

一応は結婚経験がある相手ですが、事情はどうあれ失敗もしているわけです。

それでも自分という女性を選んで恋愛や結婚も視野に入れているのであれば、どのような考え方を基本にして生きているのかを聞いてみて、お互いの価値観を確かめ合うことが大切です。

結婚していた期間を聞く

好きな人がバツイチの場合、前妻とどのくらいの期間を過ごしたのかを聞いておくことも大切です。

一般的には慰謝料や年金分割といった金銭的なことは結婚生活の期間で決められます。

金銭支払いについて取り決めをしなかったのに、数年経過して請求が来たというケースもあります。

また婚姻期間が長い分だけ生活スタイルが染み付いています。

前妻と比較されて意見が食い違うといったトラブルに見舞われることも考えられます。

好きな人の婚姻期間を確認して、それに見合った対処をできるかどうかを、自分で判断しなくてはなりません。

前妻との関係を聞く

好きな人がバツイチという場合、前妻とは現在どんな関係性なのかも把握しておくと良いでしょう。

離婚後は全く関わりがないのであれば安心です。

しかし、円満離婚という言葉は聞こえがいいのですが、それは別れた以降でも連絡を取り合うような関係性も考えられます。

共通の知人も多いでしょうし、何もなくても、自分の知らない場所で会っている可能性も考えられます。

そのような状況下で、あなたはその人を、ずっと好きな人として受け入れることができるのでしょうか?最終的には、あなたが覚悟を決めるしかありません。

子供について聞く

好きな人がバツイチだというのであれば、子供についての話題も触れておくべきです。

それには二つあります。一つは、前妻との間に子供がいるのかどうかです。

これは、将来的にも大きく関わることですので、あやふやにするような男性であれば、例え好きな人だとしても結婚をすべきかどうかを一度思い止める必要があります。

もう一つは、バツイチで一度失敗しているのですから、それを分かった上で自分との間に子作りをする気があるのかどうかです。

万が一、また離婚ということになったら、二人だけの問題では済まなくなります。

子供というキーワードを踏まえた上で、真面目な協議は欠かせないと思ったほうが良いでしょう。

お金について聞く

好きな人との将来を考えた場合、お金の問題は大切です。

財産分与、慰謝料の支払いによって貯金が全く無い、もしくは借金がある男性ということも考えられます。

前妻との間に子どもがいれば養育費についても含まれてきます。

バツイチ男性との交際というのは、女性側のほうでも経済的リスクについて考えていく必要性があります。

しかし、お金については細かく聞きにくいものです。なので一方的に聞き出すのでは不公平ですから、自分の経済状況も話してオープンする姿勢を見せることです。

好きな人がバツイチでも結婚を決意するポイントは?

好きな人がバツイチでも関係ない、心から信頼できるのだし愛し合っていると自負している、

そもそも自分と前妻とは違うのだと、バツイチ男性との交際や結婚に前向きになりたい気持ちは分かります。

しかし結婚は生ぬるいものではありません。

そこで好きな人がバツイチ男性である場合、結婚を決断するポイントについて自分なりに整理しておきましょう。

バツイチ関係なく好きかどうか

ごくシンプルな質問を自分にしておくべきです。

好きな人がバツイチであれどうあれ、あなたはそれでも愛していますか?

結婚したいと思うほどに、彼の人間性に惹かれているのでしょうか?

中には、影のある訳ありの人が好みだから、という安易な発想で選んでいないでしょうか?

そもそも、彼の人間性に惹かれているのであれば、バツイチかどうかは関係のないことです。

その点をもう一度考えてみてください。

子供を作っても大丈夫な状態かどうか

好きな人がバツイチだということなら、なおさら将来について考えるはずです。

特に子どもを作るかどうかをきちんと話しあうことは大切です。

バツイチ男性の場合、結婚や家庭への免疫が多少はあるため、子作りに前向きさがない場合も想定できます。

既に子どもがいればなおさらです。

単に恋愛として付き合っているだけならいいのですが、いずれ結婚ともなれば、子どものことを考えるのは必然です。

お互い初婚ならまだしも、好きな人がバツイチ男性という現実も踏まえ、先の将来まで考えてみてください。

子供がいても愛情を注げるかどうか

もし好きな人と前妻との間に子どもがいるとした場合、しかもその子を引き取って育てるという状況下で、あなたはその子に愛情を注いでいける自信がありますか?

心から自分が女性として産んだ子どものように、その子を育てていく気持ちや覚悟があるのかを慎重に考えてみて欲しいのです。

子持ちバツイチ男性と結婚すると、いきなり母親になることになります。

彼の子供とも良好な関係性を保っていく努力をしていかなくてはなりません。

前妻との関係が大丈夫かどうか

好きな人がバツイチということであれば、もちろん前妻との今の関係性がどうなっているのかが大変気になるところです。

前妻とはどんな関係なのかを確認しておくことが重要です。

これも前述した通りではありますが、親権問題や金銭的問題をクリアできているのかが焦点になります。

そのことで思わぬ二次的被害が出てしまってはなりません。

また、関係性は既に断ってはいるものの、友達同士のように頻繁に会っているという間柄ということもあり得ます。

その点についても問題がないかどうかを確認し、自分でもいざという時のことを覚悟しておく必要があります。

好きな人がバツイチ!恋愛で注意することは?

好きな人がバツイチだという場合でも、あなたにとってみたら、好きで付き合っている交際相手であることには変わりありません。

そこでここでは、好きな人がバツイチ男性だとした際の、女性としての交際時の注意点をご紹介していきます。

バツイチ男性は過去の離婚から再婚を躊躇しがち

バツイチ男性は結婚に臆病だという傾向が強いとされています。

その理由として、現実に打ちのめされているため、もう結婚に幻想を抱かなくなっていると言えます。

女性は結婚してしまうと、すっかり変わってしまうという苦い経験からそう思わせています。

もう一つの理由は、一度離婚した負い目を感じているため、もう結婚生活に自信が持てなくなっているという点です。

結婚をする責任を知っているので、世帯主としての覚悟と責任を負うことに臆病になっています。

交際時はまだしも、結婚願望についてどう考えているのかをチェックすることです。

男性が何かしらの問題を抱えている場合がある

好きな人がバツイチであれば、離婚原因などの原因とその影響を確認することが大切です。

離婚をする原因として考えられるのは不倫、暴力、借金、マザコン、経済観念、セックスレスなどが考えられます。

それらの根本的原因がどこにあったのかを知っておくことです。

なかなかプライバシーに関することを話してくれないかもしれません。

しかし交際中であれば、多少はその片鱗が窺える可能性も十分あります。

経済的に問題を抱えている場合がある

好きな人がバツイチだとしたら、その人が今現在に経済的問題を抱えていないかどうかをチェックしておく必要もあります。

離婚時に発生する金銭的処理にマイナス面が伺えないかどうか?

養育費支払い・離婚における財産分割・慰謝料・婚姻費支払いなどでのトラブルを抱えていないかを、できる限り知っておく必要があります。

万が一でも、あなたに借金の申し出をするようなことがあったら、いくら好きな人とはいえども要注意と考えておくべきです。

結婚して今まで見えなかった面が一気に見える可能性がある

もし好きな人がバツイチだとした場合、原因によりけりですが一度失敗をしているという事実は変えられないものだと思っておくことです。

つまり、交際時ならまだなんとかなりますが、もし結婚をするということになると、一緒に同じ屋根の下で生活するわけですので、今まで見えてこなかった本音・本性までもが垣間見れ、それが恒常化していくわけです。

結婚してみたけど、あんな人だとは思わなかったと後悔してからでは遅いからです。

バツイチ子持ちとバツイチ子なしの違いは?

好きな人がバツイチ男性だと言っても、前妻との間に子どもがいるのかいないのかはかなり影響があることです。

そのことで交際の仕方も違ってくるのではと思われます。

では、好きな人がバツイチで子持ちか子持ちではないかによる違いについて、ここでは述べていきます。

経済状況に違い

好きな人がバツイチ男性で子持ちだとした場合、経済的状況に違いが出てくることは顕著です。

子供のための養育費・教育費といった負担が必ず考えられるからです。

またそれまでの経緯にも関心を寄せなくてはなりません。

前妻との財産分割・離婚までの婚姻費負担により経済状況です。

余程の収入を得ている男性ならともかく、一般的には負担が大きいと思ったほうが良いでしょう。

あなたについても結婚後に共働きを望んだり、そうしなくてはならないことも想定されます。

男性の子供に対する気持ちの違い

好きな人がバツイチで子持ちだとした場合、子どもへの考え方についてもよく話し合わなくてはなりません。

少なくとも元の奥さんとの間での繋がりを一切断っているわけではないと言えます。

子供を巡っての養育などの取り決めもしているはずです。

そこへあなたが彼の家庭に入っていくという図式になるからです。

そうなると、あなたとの間に子どもを改めて作ることを望まない場合も考えられます。

とにかく相手の男性が、子供についてどんな気持ちを抱いているのかを、しっかり聞き入れて決めるしかありません。

自分の気持ちの違い

好きな人がバツイチで子持ちかどうかによっては、あなた自身が女性としてどう振る舞っていくのかに掛かっていると考えるべきです。

前妻や子どもの影を感じながら共に暮らしていくということも考えられます。

それは自身の精神の自立が必ず必要となっていくからです。

どうしても結婚すると、女性は相手の男性の収入などに依存する傾向が出てしまいがちです。

収入だけではなく、一家の大黒柱というイメージは、むしろ男性のほうに主導権があるというのが日本の風潮でもあります。

すべての原因とまでは言いませんが、女性が自立できないのはそのような風潮の渦中にいるからだと言えます。

結婚生活が破たんする可能性の一つは、自立との関連性があるからです。

どのような状況でも、その男性や子供と共に生きるという覚悟をすることが大切です。

好きな人がバツイチ子持ちの場合の注意点

好きな人がバツイチ男性で子持ちの場合、いろいろと将来を考えて話し合い決めごとを作らなくてはなりません。

あなたとの子どもを望んでいるか、今いる子供の養育費や教育費、前妻との面会状態の確認など、あなたにも負担になる部分が出てきます。

ここでは、さらにバツイチ子持ちの男性と付き合う際の注意点についてご紹介します。

好きな人が子育てをしているとき

好きな人が子供を引き取って育てているという場合、彼の責任感も強くて子供を大事にするタイプだと言えるでしょう。

なので、その家庭にあなたが新しい母親となって入っていく覚悟が必要となります。

また母親が子育てを代行していることも考えられます。

もし結婚するとなったら、子どもと義母との別居なども併せて話し合い確認する必要があります。

すべての人々がともに仲良く暮らせるのが理想ではありますが、各々には考え方があるはずですので、どこで妥協点を見出すかを確認しましょう。

好きな人が元妻に養育費を支払っていない場合

好きな人バツイチで子供と離れて暮らしている場合、前妻に養育費など何もしていないことも考えられます。

事情によりけりなので一概には言い切れませんが、もしかすると責任を放棄している可能性も考えられます。

その分、経済的負担は少なくて済むというメリットもあり得ます。

そのような男性は再婚に対しても臆病でないことも考えられます。

やはり先ずはその男性の離婚の原因や経過を冷静に判断し、あなたがそれを受け入れるかどうかを決めるしかありません。

前妻が子育てをしている場合

好きな人がバツイチで子どもの親権を前妻が持っていて育てている場合、きっと定期的に面会をしている可能性があります。

月の面会回数や場所、決定方法といった詳細を確認しておきましょう。

その際は子どもだけと面会しているのかといった具体的なことも知っておくようにします。

元の家族と彼とのメンタル的な繋がりを把握しておくことは現実的に大切だからです。

現状ではその子とは離れて暮らしていますが、今後子どもが訪ねてきたり引き取る可能性も十分あり得るからです。

まとめ

以上、好きな人がバツイチだという場合の、あなたの女性としての振る舞い方についてご紹介してきました。

恋愛感情だけで楽しく過ごせれば幸せなのですが、やはり一度離婚をしている相手ともなれば、お互いが慎重に考えて落とし所を見出していかなければなりません。

実際に暮らしていくのはハードルが高いものです。

愛情があれば、バツイチであろうとなかろうと関係ないというのは確かにその通りです。

ただし、それだけで済むわけにはいかない諸事情も含まれていることを念頭に置かなければなりません。

あなたにもそれ相応に覚悟がいるということを忘れないでいて欲しいです。

【関連記事】

好きな人が結婚してたらどうすればいい?気持ちを整理する方法は?

好きな人が結婚したら諦める?気持ちの切り替え方は?

好きな人との結婚は正解?結婚を考えるポイントは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク