好きな人に中学生がとる態度!脈ありサインや告白・落とす方法は?

好きな人 中学生

恋愛に興味を持ち始める年頃でもある、中学生。

好きな人の話をしていると、毎日がとても楽しくなりますよね。

そんな中学生は、実は好きな人への態度がバレバレであることも多いもの。

本人はバレてないと思っていても、実はバレバレかもしれませんよ?

ここでは、そんな中学生(男子、女子それぞれ)が好きな人にとる態度について紹介していきます。

中学生の脈ありサインや告白の方法、中学生が好きな人を落とす方法とは一体何なのでしょうか。

好きな人が中学生にとる態度(男性編)

好きな人 中学生

好きな人が中学生にとる態度、まずは男性編から紹介します。

思春期真っ只中の男子中学生は、好きな人にどんな態度をとることが多いのでしょうか。

男子中学生は素直なので、とても分かりやすい脈ありサインを出しているんですよ!

1、好きな人と目が合うと思わず逸らしてしまう

好きな人 中学生

男子中学生が好きな人にとる態度には、好きな人と目が合うと思わず逸らしてしまうということがあります。

好きな人のことを見ていたいと思うのは、大人も中学生も変わりません。

そのため男子中学生も好きな人のことは見ているのですが、目が合うとぱっと横に目線を逸らすことが多いです。

これは、好きな人と目が合って恥ずかしいという気持ちや、自分の気持ちを知られたくない(バレたくない)という心理から来るもの。

焦って目を逸らすので、とてもわざとらしいところが特徴です。

2、好きな人をからかう・いたずらしてしまう

男子中学生が好きな人にとる態度には、好きな人をからかう、いたずらしてしまうというものがあります。

「好きな子をいじめる男子」の話は、聞いたことがありますよね?

男子中学生は好きな人と接点を持ちたいと思う反面、自分の気持ちを悟られたくないと思っています。

そのため、照れ隠しが激しく好きな人を泣かせるまでからかってしまうことも。

執拗にからかったりいたずらをしたりするので、好きな人が「嫌われているのかな」「いじめられている」なんて勘違いしてしまうこともあるようです。

3、好きな人が近くにいるとかっこつけようとしている

男子中学生が好きな人にとる態度には、好きな人が近くにいるとかっこつけようとしているというものがあります。

好きな人に自分を良く見せたいと思う気持ちは、男子も女子も変わりません。

クールに見せるためにわざと素っ気なくする男子もいれば、必要以上に張り切る男子など、「かっこつけようとする」方法は様々。

どんな方法であっても、中学生男子なりにかっこよく見せたいという気持ちの現れなのです。

4、好きな人が近くにいるとテンションが高い・声が大きくなる

男子中学生が好きな人にとる態度は、好きな人が近くにいるとテンションが高い、声が大きくなるということがあります。

男子中学生は、良くも悪くもとても素直。

好きな人が近くにいると、それだけで嬉しくて舞い上がってしまうのです。

さっきまでつまらなそうにしていたのに、好きな人が視界に入った途端に元気になる、楽しそうになるなんていうのは、わりとよくある話。

自分のいいところを好きな人に見せたいという気持ちから、ハイテンションになったり声が大きくなったりするわけですが、直接好きな人に話しかけるなどのアクションを起こすことはほとんどありません。

話しかけるのは恥ずかしいので、声が聞こえるように大きな声になるのです。

スポンサーリンク



5、好きな人と話すと口数が多くなる

男子中学生が好きな人にとる態度には、好きな人と話すと口数が多くなるということがあります。

好きな人と話ができるチャンスが嬉しくて舞い上がると同時に、会話の「間」が怖くて仕方がありません。

そのため早口で口数が多くなったり、一方的に話し続けたりすることがあります。

息をする暇もないくらい、喋り続けることもあるでしょう。

「間」を作りたくない一方で、自分のことを話したい気持ちも大きいので、いつしか自分の自慢話や武勇伝などを話していることも多いです。

6、好きな人から物を借りる

男子中学生は、好きな人から物を借りることが多くなります。

「消しゴム貸して」

「教科書見せて」

など、些細なものでも頻繁に貸してというようになります。

これは、単純に好きな人と話したい、からみたいと思っているから。

好きな人と話したいけれど何を話したらいいのか分からない…というモヤモヤがたどり着いた結果が、「物を借りる」ということなのです。

物を借りれば、借りるときと返すときの二度は話しかけるチャンスができますからね。

男子中学生は好きな人から頻繁に物を借りるようになるので、同じ男子から頻繁に貸してと言われるのであれば、その男子はあなたのことが好きである可能性が高いですよ!

スポンサーリンク



7、好きな人に冷たくしたり優しくしたりする

男子中学生は、好きな人に冷たくしたり優しくしたりするなど、態度が一定ではないことがあります。

目を合わせない、会話をつまらなそうにする、避ける、素っ気ないなどの「冷たい態度」をとったかと思えば、急に優しく話しかけてきたりするのです。

どういうこと?と思ってしまいますが、男子中学生は好きだという気持ちを知られたくないので、あえて好きな人には冷たい態度をとってしまいます。

しかしその結果、「やりすぎたかな」「嫌われたかも」と後悔し、優しくすることでフォローしているというわけです。

8、好きな人へのlineが積極的

男子中学生が好きな人にとる態度は、好きな人へのlineが積極的だということが挙げられます。

会うときにはそっけない態度であることが多いのに、lineではすごく積極的に話してくるのです。

これはシャイな男子中学生に多いのですが、顔を見て話すのは恥ずかしいけれど、lineならば顔を見ない分からみやすいですよね?

好きな人とはからみたい、話したいと思っているので、自分にとって難易度の低いlineでは積極的になっているパターンです。

9、たまに意味不明なlineを送って気を引こうとする

男子中学生は、好きな人にたまに意味不明なlineを送って気を引こうとすることもあります。

突然、何の前置きもなく話題を振ってくるので、

「え、なんのこと?」

「いきなりどうしたの?」

と思ってしまうことも。

しかしこれは、好きな人の気を引きたいためにわざとやっていること。

小さな子供が、親の気を引きたくてわざと怒られることをやるなんて話がありますが、感覚としてはそれに近いものがあるでしょう。

好きな人の気を引きたいがために、時々意味不明なlineを送ってくることがあるのです。

好きな人に女子中学生がとる脈ありの態度

では続いて、好きな人に女子中学生がとる脈ありの態度について見ていきましょう。

男子中学生同様、女子中学生の脈ありサインも素直でとても分かりやすいものばかり。

大人であっても見習いたいサインもありますので、ぜひチェックしてみてください。

1、好きな人をずっと見ていたら脈あり

好きな人に女子中学生がとる脈あり態度は、好きな人をずっと見ていたら脈ありです。

好きな人のことは、いつでも見ていたいもの。

大人になっても、その傾向は強いですよね。

ずっと見ていたり、目で追うのは間違いなく脈ありのサインだと言えるでしょう。

教室の窓から校庭にいる好きな人を見るなど、女子中学生は好きな人のことをいつでも見つめているのです。

2、好きな人と目が合ったときに視線を逸らしていたら脈あり

女子中学生が、好きな人と目が合ったときに視線を逸らしていたら脈ありだといえます。

男子中学生はぱっと目を横に逸らすのですが、女子中学生の場合は照れ臭そうに視線を斜め下にずらすことが多いです。

男子中学生のようにわざとらしくではなく、恥ずかしそうにうつむく感じですね。

大人の女性になると、好きな人と目が合ったときに微笑むなんて技を使うこともありますが、中学生ではそれはほとんどありません。

大抵は、恥ずかしそうに視線を逸らします。

スポンサーリンク



3、好きな人がよく話しかけてきたら脈あり

女子中学生は好きな人によく話しかけるので、好きな人がよく話しかけてきたら脈ありだといえます。

中学生くらいの年頃は、男子よりも女子の方が恋愛に対して積極的なので、女子中学生は好きな人には毎日のように話しかけることが多いです。

話しかけること、会話をすることが小さなアピールになることを知っているのです。

恋愛においてコミュニケーションは欠かせませんから、よく話しかけてくる女子がいたら、それは脈ありだと言えるでしょう。

4、好きな人の変化に気が付いていたら脈あり

女子中学生が好きな人の変化に気が付いていたら、脈ありのサイン。

女子中学生は、好きな人のことをとにかくよく見ています。

そのため、些細な変化にも気がつくもの。

たとえば王道の髪の毛を切ったということから、ノートを変えた、ペンを変えたなどの些細な変化にも気づくことができるのです。

これは、好きな人のことをよく見ていなければできないことです。

毎日のように見ているからこそ、些細な変化にも気がつくことができるのでしょうね。

5、好きな人がボディタッチをしてきたら脈あり

好きな人がボディタッチをしてきたら、脈ありだといえるでしょう。

女子は、嫌いな人にはボディタッチなどしません。

ボディタッチをするのは、少なからず好意がある証拠。

とはいえ、あからさまなボディタッチは女子中学生はしません。

呼ぶときに肩を叩いたり、横を通るときにさりげなく腰を叩くなど、さりげないボディタッチが多いです。

悪ふざけの延長のようなボディタッチも、女子中学生には多いと言えるでしょう。

スポンサーリンク



6、好きな人が優しくしてくれたら脈あり

好きな人が優しくしてくれたら、脈ありだといえます。

女子中学生は、好きな人には良い印象を与えたいと思っていますので、好きな人にだけ優しくすることがあります。

何かあったときに「大丈夫?」と声をかけたり、「元気だして」と励ましたりしてくれるのは、脈ありサインの1つ。

好きでない人には優しくすることなどありませんから、優しくするのは好きな人のみ。

いつも好きな人のことをよく見ているので、体調が悪そうなときや落ち込んでいるときの変化にも気づくことができるため、優しい言葉をかけることができるのです。

7、好きな人があなたと会うときに外見に気を遣っていたら脈あり

好きな人があなたと会うときに外見に気を使っていたら、脈ありの可能性が高いです。

女子中学生は、好きな人にはかわいいと思われたいという気持ちを常に持っています。

また、中学生くらいの年頃になると、メイクやダイエットなどにも興味を持ち始めることが多いですよね。

中学生なら校則があるため、堂々とメイクをしたり髪型を楽しむことは難しいかもしれません。

そんな限られた中で必死におしゃれをして、外見に気を使っているとしたら、それはあなたにかわいいと思われたいから。

会う直前に前髪を直すなどの些細なことも、好きな人限定だと言えるでしょう。

8、好きな人のことを調査していたら脈あり

女子中学生が、好きな人のことを調査していたら脈ありです。

好きな人のことは何でも知りたいと思うので、誕生日などのプロフィールはもちろん、好きな人はいるのか、なども調査しています。

直接好きな人に聞いてくることもありますが、大抵は友達を通じて情報を集めているのでしょう。

特に誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントの前になると、好きな人のことを調査する女子中学生が増えてくるようです。

スポンサーリンク



9、好きな人を前にして逃げ出してしまったら脈あり

女子中学生が、好きな人を前にして逃げ出してしまったら脈ありだといえます。

一見「嫌われてる?」と勘違いしてしまいそうな態度ですが、これはいわゆる「好き避け」というもの。

好きな人と近くにいるのは緊張してどうしていいか分からなくなるあまり、逃げる、避けるという行動に出るのです。

逃げても、必ず視界に入る程度の距離にいることが特徴ですよ。

一定の距離を保ち、あなたのことを見ているのなら間違いなく脈ありでしょう!

中学生が好きな人に告白する方法

では続いて、中学生が好きな人に告白する方法について紹介します。

好きな人にアピールをしたら、やはり告白しなくてはもったいないです。

中学生ならではの告白方法には、こんなものがありますよ。

1、直接会って告白する

中学生が告白する方法は、直接会って告白するということがあります。

直接顔を見て言うのは勇気が必要ですが、その分気持ちも伝わりやすいと言えるでしょう。

自分でどこかに呼び出してもいいですし、呼び出すところは友達に頼んでもOK。

ただし、友達に好きな人に告白することを打ち明けるときには、限られた人だけにしましょう。

あまり多くの人に言うと、どうしても騒いでしまう可能性があるからです。

恥ずかしくて緊張するかもしれませんが、告白するときは堂々とした態度ではっきりと気持ちを伝えるようにしましょう。

2、ラインで告白する

中学生が告白する方法は、ラインで告白するというものもあります。

大人になるとラインで告白と言うのはあまりおすすめできませんが、中学生ならアリ。

顔を見るとうまく話せない、ラインの方が素直に気持ちを伝えられるのであれば、ラインでの告白もOKでしょう。

ラインで告白をするときは、一発目から告白するのはNG。

まずは何気ない会話で盛り上がり、好きな人から確実に返信が来ることを確認します。

何度かやり取りをしてから、告白しましょう。

そうしないと、返事をスルーされてしまう可能性があるからです。

3、電話で告白する

中学生が告白する方法は、電話で告白をするというものもあります。

電話での告白は、顔を見て言う勇気は出なくても、きちんと自分の言葉で伝えたいという人におすすめの方法。

顔が見えない分多少は緊張の度合いも減りますので、言いたいことや自分の気持ちをきちんと伝えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



4、ラブレターで告白する

中学生が告白する方法は、ラブレターで告白することもあります。

言葉で伝える勇気が出ないのなら、自分の手で手紙を書きましょう。

言葉ではなく文字でも、直筆であるなら気持ちを伝えることはできます。

ただし、ラブレターの場合は「返事がもらえない可能性」も考えておかなくてはなりません。

直接同じ空間でのやり取りではない分、返事をもらえなかったり、返事をはぐらかされる可能性もあるでしょう。

5、友達に好意があることを伝えてもらう

中学生が告白する方法は、友達に好意があることを伝えてもらう方法もあります。

どうしても自分で言えないときには、友達に助けてもらいましょう。

ただし、友達に気持ちを伝えてもらうと、信じてもらえない可能性もあるので要注意。

友達に気持ちを伝えてもらったときには、あとから自分の口でしっかりと告白し直すという必要がありますよ。

スポンサーリンク



6、友達とダブルデートをしたときに告白する

中学生が告白する方法は、友達とダブルデートをしたときに告白するという方法があります。

仲良し4人ほどで遊びに行ったとき、友達に協力してもらって2人きりにしてもらいましょう。

ダブルデートなら好きな人も楽しんでいるはずなので、その楽しい気持ちのまま告白するのです。

好きという言葉を言えないときには、

「今度は2人で遊びに行かない?」

と、デートに誘う言い方でもOK。

少しずつ距離を縮めていき、最終的には告白できるようにしましょう。

中学生が好きな人を落とす方法

中学生が好きな人を落とす方法について紹介します。

まだあまり駆け引きなどもしらない中学生は、どうすれば好きな人を落とすことができるのでしょうか。

中学生が好きな人を落とすための方法は、こちらです。

1、好きな人には笑顔で接する

中学生が好きな人を落とす方法は、好きな人には笑顔で接することが挙げられます。

笑顔でいると、相手に親しみやすい印象を与えることができますよ。

また、好きな人と話すときに笑顔でいないと、「つまらないのかな?」と思われてしまうことも。

とはいえ、中学生くらいの年頃では、好きな人に笑顔で接するのは恥ずかしいという人もいるでしょう。

そんなときは、まずはリアクションをすることから始めてみてください。

好きな人が何かを言ったときに、「へー、そうなんだ!」ときちんと返してあげることで、徐々に距離が縮まっていくはずです。

2、好きな人の友達・周りの人と仲良くなる

中学生が好きな人を落とす方法は、好きな人の友達や周りの人と仲良くなる方法があります。

好きな人の周辺からせめていき、少しずつアピールしていく作戦です。

好きな人の友達や周りの人と仲良くなれば、自然と好きな人の近くにも行けますよね。

好きな人の周りで自分の評判が良くなれば、それだけ好きな人を落としやすくなると言えるでしょう。

スポンサーリンク



3、好きな人の連絡先を直接聞く

中学生が好きな人を落とす方法は、好きな人の連絡先を直接聞く方法があります。

仲良くなり、距離を縮めるためには学校で会える時間以外も有効に使わなくてはなりません。

そのためには連絡先をゲットすることは必須ですよね。

好きな人の友達や周りの人と仲良くなれば、自然と好きな人ともある程度仲良くなれるはず。

そうすれば、連絡先を聞くことはそんなに難しいことではないでしょう。

連絡先を聞いたら、必ずその日のうちに連絡をすることが大切です。

4、好きな人に絡む・LINEする

中学生が好きな人を落とす方法は、好きな人に絡む、LINEする方法があります。

やはり仲良くなるには、コミュニケーションが欠かせません。

好きな人には、とことん絡んでいきましょう。

相手が、あなたがいないと寂しいと思えるほどになれば、落ちるのも時間の問題です。

とことん絡んだあと、少しだけ引いてみることもおすすめ。

好きな人から「何かあったの?」「俺、何かした?」なんて連絡があったのなら、あなたのことを気にしている証。

落ちるのはすぐでしょうね。

5、好意を伝えてみる

中学生が好きな人を落とす方法として、好意を伝えてみるのもおすすめです。

鈍感な男子は、あなたがどんなにアピールをしていてもあなたの気持ちに全く気づいていないかもしれません。

そこで、告白まではいかないまでもその前段階として「好きかも」という好意を伝えるのです。

あなたが好意を伝えたことによって、彼の気持ちにも変化が出るかもしれませんよ!

深刻な雰囲気にならないよう、さらっと伝えるのがおすすめです。

スポンサーリンク



6、外見に気を遣う

中学生が好きな人を落とす方法は、外見に気を遣うことも挙げられます。

中学生なので、身だしなみをきちんとする、程度のことでかまいません。

寝癖を直す、制服のシワをなくすなど、普段の学校生活でできることって意外と多いもの。

外見に気を遣うというと、メイクをしたり髪型を変えたりなどを思い浮かべるかもしれませんが、中学生という年齢でそんなことはできません。

あくまでも最低限の身だしなみを整えることは、必要不可欠なことなのです。

7、好きな人を特別扱いする

中学生が好きな人を落とす方法は、好きな人を特別扱いするということ。

グループとして仲良くなったら、好きな人だけ特別扱いをするのです。

いかにもバレバレ、というのではなくても、好きな人にだけ他の人には見せない優しさを見せるなど、さりげないものでOK!

さりげなく特別扱いをして、彼にアピールしていきましょう。

8、好きな人を褒める

中学生が好きな人を落とす方法は、好きな人を褒めることも挙げられます。

褒められて嫌な気持ちになる人などいません。

特に男子は競争意識が強く、女子よりも褒められたいという欲求が強いもの。

そのため、自分を褒めてくれた人の印象は良くなると言われているのです。

ただし、あからさまな褒めやわざとらしいものはNG。

ちょっとした褒め言葉で十分なので、わざとらしくならないようにだけ気を付けたいところです。

中学生が好きな人とのlineを自然にする方法

中学生が好きな人とのlineを自然にする方法について、紹介します。

今や中学生でもスマホを持っている人が大半で、そのほとんどはlineをしています。

お互いの距離を縮めるためにもlineは必需品ですが、「lineの始め方が分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。

中学生ならではの、lineを自然にする方法はこちらです!

1、学校や部活のことを聞いてみる

lineを自然にする方法としては、学校や部活のことを聞いてみることがおすすめ。

学校や部活のことについて確認する内容のlineであれば、好きな人にも送りやすいですよね。

ただし、「そんなの聞かなくても分かるでしょ」というような当たり前の内容を送ると、めんどくさいと思われてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

2、受験を応援し合う

lineを自然にする方法は、受験を応援し合う内容にすること。

中学生であれば、いつしか高校受験がやってきます。

中学3年生であるなら、「もうすぐ受験だね」「お互い頑張ろうね」といった流れなら話もしやすいですし、「○○君はどこ受けるの?」と、さりげなく好きな人が狙っている高校を知ることもできます。

ただし、受験シーズンになったら勉強に集中するためにも、lineにばかり夢中にならないようにしてくださいね。

3、共通の友達について質問する

lineを自然にする方法は、共通の友達について質問することもいいでしょう。

「○○と喧嘩しちゃったんだけど、まだ怒ってるかな」

など、送るのは重くなりすぎない内容にします。

このとき、間違っても共通の友達の悪口は言わないようにしてください。

悪口は聞く方もいい気分にはなりませんし、あなたの好感度が下がるだけです。

スポンサーリンク



4、動画や画像を送ってみる

lineを自然にするのなら、動画や画像を送ってみるのもいいでしょう。

YouTubeなどで流行っている画像をシェアして、「これ知ってる?」とメッセージを送ったり、イベントのときに撮った好きな人が写っている画像を送るのもOK。

いざというときに好きな人に写真が送れるよう、頻繁に写真を撮っておくといいかもしれませんね。

5、些細なことでも「ありがとう」「ごめんね」を伝える

lineを自然にする方法は、些細なことでも「ありがとう」や「ごめんね」を伝えることが挙げられます。

学校にいるときに好きな人に何かをしてもらっていたら、夜改めてlineで「今日はありがとう」と送るのです。

改めてお礼や謝罪のlineをすると、「律儀な人なんだな」という良いイメージも与えることができるでしょう。

6、好きな人の得意分野について質問する

lineを自然にする方法は、好きな人の得意分野について質問することもおすすめ。

勉強でもスポーツでも、好きな人が得意としていることなら何でもOK。

大切なのは、「自分も興味があって知りたい」という雰囲気を出すこと。

無理に自分の苦手なジャンルに手を出すのではなく、ちょっと興味があるな、というものについて質問してみるのがおすすめです。

好きなことや得意なことに関する質問ならば、彼も喜んで答えてくれると思います。

中学生が好きな人と両想いになる方法

中学生が好きな人と両思いになる方法について、お話しします。

中学生が好きな人と両思いになるには、どうしたらいいのでしょうか。

気になるその方法は、こちら。

1、好きな人と毎日会話をする

1つ目は、好きな人と毎日会話をすること。

些細なことでもいいので、好きな人とは毎日会話をしてください。

毎日会話をするということは、毎日会うということ。

好きな人に、自分との会話や時間を「楽しい」と思ってもらえるようにしましょう。

2、好きな人にだけ相談事をする

2つ目は、好きな人にだけ相談事をすること。

中学生ならば、習い事や部活、進路のことなど身近なものがいいでしょう。

「あんまり人には言えなくて」

「なんか親にも相談しにくいんだよね」

など、相談するのはあなただけ、という雰囲気をかもし出すことが重要です。

自分だけ、秘密の話という印象が、あなたと好きな人の関係をより親密なものにしてくれるはずですよ。

3、好きな人と体育祭や文化祭などの学校行事を楽しむ

3つ目は、好きな人と体育祭や文化祭などの学校行事を楽しむということ。

特に中学生くらいの年頃は、体育祭などで目だった人がとてもかっこよく見えるもの。

一緒に楽しむことができれば、いい意味で目立つことができますし、思い出を増やすこともできます。

共通の思い出があると、それだけ2人の親密度も高まるものです。

4、好きな人と一緒に帰る

4つ目は、好きな人と一緒に帰ること。

中学生のうちは、好きな人と下校することがちょっとしたデートになることも少なくありません。

2人で下校するシチュエーションに、憧れを抱いている中学生も多いのではないでしょうか。

勇気を出して、「一緒に帰ろう」と誘ってみましょう。

OKであるなら、ほぼ両思いとみていいかもしれませんよ。

5、好きな人が困っているときに助けてあげる

5つ目は、好きな人が困っているときに助けてあげること。

困っているときに助けてあげると、あなたの印象はとても良くなります。

中学生なら勉強のことなど、日常でも困ることはあるでしょう。

好きな人が困っているなと思ったら、積極的に助けてあげるのがおすすめです。

好きな人と両想いになるおまじない

では最後に、好きな人と両思いになるおまじないを2つ、紹介します。

絶対に好きな人と両思いになりたい!という人は、ぜひ試してみてください。

1、相合傘のおまじない

1つ目は、相合傘のおまじないです。

小さめの紙に、赤かピンクのペンで自分の名前と好きな人の名前を書きます。

その紙を丁寧に折り畳み、身近なものに入れて持ち歩きましょう。

本来ならば財布の中などがいいのですが、中学生ならポーチの中や筆箱の中がおすすめ。

絶対に他の人には見られないようにして、持ち歩いてくださいね。

2、小指の爪のおまじない

2つ目は、小指の爪のおまじないです。

こちらは、右手の小指の爪を7ミリ伸ばすことができたら好きな人と両思いになれるというもの。

爪の白い部分が7ミリなので、相当な長さになると思います。

服装チェックなどがあるときには小指の爪を絆創膏で隠し、カモフラージュしましょう。

折れずに7ミリ伸ばすことができたら、好きな人と両思いになれると言われています。

まとめ

中学生が好きな人にとる態度や告白の方法、落とす方法などについて紹介してきました。

中学生だからといって、特別なことはなにもありません。

ただ、男子中学生は考え方がまだ幼い人も多く、とても素直。

それゆえ、好きな人への脈ありサインもとても分かりやすいものばかりなのです。

中学生くらいの学生の頃の恋愛は、一生の宝物になること間違いなし!

どんどん恋をして、好きな人を落とすため、両思いになるためにアプローチをしていきましょう。

好きな人の脈なしパターン!脈ありにする方法・LINEでの注意点

好きな人へアプローチする方法35選!効果的なモテテクニックを紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク