好きな人をデートに誘う方法は?タイミングや断られる理由は?

好きな人 デートに誘う

好きな人をデートに誘うときどのようにして誘えばいいかわからないですよね。

この記事では好きな人をデートに誘う方法やタイミング、断られる理由は2回目のデートに誘う方法などについて紹介していきます。

好きな人をデートに誘う方法

好きな人 デートに誘う

好きな人をデートに誘う方法について紹介していきます。

好きな人をデートに誘うときには必ず理由をつける

好きな人 デートに誘う

好きな人をデートに誘うときは必ず理由をつけることが大事です。

好きな人をデートに誘うときに理由もなくデートに誘ってしまうと相手は「え!?突然どうしたんだろう…」と不安になったりびっくりしてしまって断れてしまう恐れがあります。

理由をつけて好きな人をデートに誘うことによって断られにくくなったり相手の警戒心を少なくすることができます。

好きな人をデートに誘うときはLINEや電話・直接誘う

好きな人をデートに誘うときはLINEや電話・直接誘うことが大事です。

「恥ずかしいから」という理由で友達を使ってデートに誘っても相手に気持ち伝わらなかったり、本気ではないと思われてしまって断られてしまったり、好きな人にマイナスの印象を与えてしまいがちです。

LINEでデートに誘う方が良いです。

気軽な感じで「今後〇〇行こうよ」と誘うことで「いいよー!」と気軽に返事しやすくなります。

好きな人と仲が良くて相手も恋人がいないのであればLINEでデートに誘ってOKされる可能性は高くなるでしょう。

また電話や対面で直接好きな人をデートに誘うことによってその場の雰囲気や声のトーンによって相手にLINEを使うよりも気持ちが伝わりやすかったり、「うん、いいよ」とOKされやすい状況を作ることができます。

LINEでデートに誘うより断られづらいです。

好きな人をデートに誘うときは誘われた方が行きやすいように気軽な感じの食事に誘う

好きな人をデートに誘うときは誘われた相手が行きやすいように気軽な感じの食事に誘うとOKをもらいやすいです。

自分の気持ちが強くなりすぎて豪華なディナーや旅行に誘うと好きな人は身構えてしまう恐れがあります。

まずは土日のランチに誘うなど相手が気軽にOKしやすいデートにしましょう。

まずは気軽な食事のデートに誘う方が好きな人との関係を徐々に縮めていくことができます。

好きな人をデートに誘うときは相談事があると言う

好きな人をデートに誘うときは相談事があると言うのも方法の1つです。

男性は相手に好意がなくても頼られると嬉しいものです。

相談事があると言ってデートに誘うと男性も「自分が何とかしてあげたい」と守ってあげたい男性の本能が働きます。

自分の悩みや内面を相手に話すことによって自分の悩みの解決の糸口が見つかったり、また相手も自分のことを話してくれたりして心の距離がグッと縮まっていくでしょう。

ある程度好きな人との関係があれば「相談事がある」と言ってデートに誘うのは自然なことでもあります。

好きな人をデートに誘うときは映画やライブ・イベントを兼ねる

好きな人をデートに誘うときは映画やライブ・イベントを兼ねてみるとOKをもらいやすいです。

記事の冒頭で理由をつけてデートに誘うと良いと紹介してましたが映画やライブ・イベントを兼ねて誘うと自然で相手も楽しむことができるのでおススメです。

映画やライブ・イベントを兼ねてデートに誘うことで相手と同じ時間を共有することでできてこれまで以上に親密度が高まるでしょう。

ただし誘うときは自分の趣味に偏り過ぎず相手の嗜好も考えて誘うと良いです。

好きな人をデートに誘うときは行きたいお店があると言って誘う

好きな人をデートに誘うときは行きたいお店があると言って誘うと良いです。

気軽に誘うことができる食事と同じく理由をつけて気軽にデートに誘うことができます。

「新しくできたお店に行きたい」のを理由にデートに誘うとよりOKをもらいやすいでしょう。

好きな人をデートに誘うときは1人では行けないと言って誘う

好きな人をデートに誘うときは1人では行けないと言って誘うと良いです。

「〇〇に行きたいんだけど××で1人で行けないんだよね」と言って誘うことであなたに身を委ねている、信頼していることをアピールすることもできます。

お互いの距離感が縮まっているときは相手も断りづらい誘い方です。

好きな人をデートに誘うときは彼の趣味に乗っかる

好きな人をデートに誘うときは彼の趣味に乗っかって誘うと良いです。

好きな人の趣味をリサーチしておいて「○○君、××が好きだったよね。

今後××のイベントがあるんだよ。〇〇君行かない?」と誘うことでOKをもらいやすいです。

また彼の趣味に乗っかることで「自分のこと分かっているな」と好印象を与えることができます。

好きな人をデートに誘うときはプレゼント選びを口実に誘う

好きな人をデートに誘うときはプレゼント選びを口実に誘うと良いです。

「弟が大学に入学するんだよね。入学祝いに何か買ってあげたいから買い物に一緒に行ってくれない?」などと言って誘うことも理由をつけて誘う方法の1つになります。

好きな人をデートに誘うときはお礼を口実に誘う

好きな人をデートに誘うときはお礼を口実に誘うのも方法の1つです。「この前〇〇君のおかげで助かった!ありがとう!お礼させて!」と言って誘うことで相手からOKをもらいやすくなります。お礼のデートに誘うことで相手にも「礼儀正しい人だな」「律儀な人だな」と好印象を与えることができます。

好きな人をデートに誘うときは二択で誘ってみる

好きな人をデートに誘うときは二択で誘ってみることも方法の1つです。「〇〇に行こうよ」と答えが「Yes」か「No」の二択になる質問より「今後〇〇と××どっちに行こうよ」と誘うことで簡単に「No」を言わせなくすることになり断られづらい状況を作ることができます。

好きな人をデートに誘うときは具体的な日を3日ほど提案する

好きな人をデートに誘うときは具体的な日を3日ほど提案すると良いです。特定の日にちを決めてデートに誘ってその日がダメだったで断れるよりも、3日ほどの日程を提案することで相手が断りにくい状況を作ることができます。3日ほどの日程を提案することで相手も「計画性がある人だな」とあなたに好印象を持つことができます。3日ほどの日程も相手の都合がよさそうな日を考えると良いでしょう。

好きな人をデートに誘うタイミング

好きな人をデートに誘うと良いタイミングについて紹介していきます。

好きな人をデートに誘うタイミングは相手の仕事が一息ついたとき

好きな人をデートに誘うタイミングは相手の仕事が一息ついたタイミングが良いです。好きな人の仕事が忙しかったりしている状態ではデートをしたいと思う気持ちではなく誘っても「今は忙しい」と断れてしまう恐れがあります。

好きな人をデートに誘うタイミングは相手の仕事が一息ついたタイミングが良いです。仕事が一息ついたときは安らぎを求めるタイミングでありOKをもらいやすい状況と言えます。

好きな人をデートに誘うタイミングは夜

好きな人をデートに誘うタイミングは夜がいいです。夜は仕事も終わって一息つくことができるプライベートな時間です。気持ちが落ち着いていている状態なのでOKしてもらう可能性が高まります。また夜は暗い部屋で携帯を見ることが多いと思いますが暗いときにコミュニケーションをとることでお互いの距離感が縮まっていくことが期待できます。

定期的に夜LINEでコミュニケーションをとっていた状態で夜デートに誘うことで誘いに応じてくれるでしょう。

好きな人をデートに誘うタイミングは晴れている日

好きな人をデートに誘うタイミングは晴れている日が良いです。雨の日はジメジメしたり気圧の影響で気分が沈みがちになってしまいます。雨の日よりも日常的に気分が良くなりやすい晴れの日にデートに誘うことでOKをもらいやすくなります。

好きな人をデートに誘っても断られた理由は?

好きな人をデートに誘っても断れた理由は何でしょうか?

相手の日程や都合を考えずに誘ったから

好きな人をデートに誘ったのに断れた理由は相手の日程や都合を考えずに誘ったからなのが挙げられます。自分の気持ちが高ぶりすぎてしまって自分の都合だけでデートに誘っても相手は「わがままな人だな」「自分勝手だな」「めんどくさそう」とあなたに対する印象がとても悪くなってしまいがちです。

好きな人をデートに誘うときは相手の日程や都合をしっかりと考えて誘いましょう。

「ついで」と言って誘ったから

好きな人をデートに誘っても断れた理由に「ついで」と言って誘ったからなのが挙げられます。「今日元々予定が入ってたけど時間が空いたんだよね。〇〇君ご飯行かない?」とついで系のように誘われても男性は穴埋めをされたような感覚になってあなたに対する印象はとても悪くなるでしょう。

「暇だから」と照れ隠しのつもりで誘ったから

好きな人をデートに誘っても断れる理由で「暇だから」と言って誘ったのが挙げられます。照れ隠しのつもりで「暇だから」と言って誘っても好きな人は「相手の都合を埋めるために誘われた」とあなたに対して幻滅してしまいます。暇つぶし感や適当感も出ていて断られる可能性が高くなる誘い方です。

「おごって~」と言って誘ったから

好きな人をデートに誘っても断られる理由も「おごって~」と言って誘ったからと言うのが挙げられます。「おごって~」と言って誘われても男性は「自分は財布代わりと思われているのかな?」とがっかりしてしまいます。

好きな人をデートに誘って断られたら諦める?

好きな人をデートに誘って断られたら諦めますか?断られたときの対処法を紹介していきます。

もう1回誘ってみる

好きな人をデートに誘って断られたらもう1回誘ってみましょう。好きな人の日程が合わなかったのかもしれませんし、デートに行く気分ではなかったのかもしれません。あなたの誘い方に問題があったのかもしれません。

今度は好きな人が落ち着いていそうなタイミングで相手の都合を考えて誘ってみましょう。

もう1回誘ってみることで違う答えを引き出すことができるかもしれません。

もう1回デートに誘って断れたら脈なしと判断しましょう。

次回のデートの機会の可能性を残しておく

好きな人をデートに誘って断られたら次回のデートの機会を残しておくことも方法も1つです。

断れても「分かった~まだ今後誘うね~」「また今後行けそうな日があったら教えてね~」と次回のデートの機会の可能性を残しておくことで「断った」「断られた」といったしこりやわだかまりをなくすことができて次回のデートを誘いやすくなります。

しつこく連絡をせずに時間を置く

好きな人からデートを断られたらしつこく連絡をせずに時間を置きましょう。相手に対する好意が強すぎると1度断れても「じゃあいつなら空いている?」としつこくデートのお誘いをしてしまいがちです。しつこくされると好きな人も追われている感覚になって逃げてしまいます。

一度時間を置くことで相手にしつこいと思われるデメリットを減らすことができます。もう一度LINEを続けてみましょう。

他の人を誘うと言ってみる

好きな人をデートに誘っても断られた場合には他の人を誘うと言ってみるのも方法の1つです。他の人を誘うと言ってみることで好きな人にヤキモチを焼かせることができたり相手の反応を伺うことができます。

ただし他の人を誘うと言ってみる方法は相手から「他の人と行けば?」と拒絶されるリスクを伴います。

諦める

好きな人をデートに誘って断れたのであれば脈なしだと思って諦めるのも1つです。

お互いに気持ちがあればデートに誘ったら普通は受け入れてくれるものです。

自分が勇気を持ってデートに誘っているのに応えてくれない人と思って次を探した方が良いです。

好きな人を2回目のデートに誘う方法は?

好きな人と1回目のデートをして2回目のデートに誘う方法について紹介していきます。

1回目のデートの話題から2回目のデートへのお誘いに繋げる

好きな人を2回目のデートに誘う方法として2回目のデートへのお誘いに繋げる方法が挙げられます。1回目のデートで話した食事、趣味の話などから「今後は○○に行ってみようよ」と2回目のデートのお誘いに繋げると自然です。お互いに話が盛り上がったのであればデートのお誘いをすんなりと受け入れてくれるでしょう。

1回目のデートのお礼がしたいと言って誘う

好きな人を2回目のデートに誘う方法として1回目のデートのお礼がしたいと言って誘う方法があります。「〇〇君に××してもらってよかった、今度は私がお礼がしたいな」という風に誘うと良いです。ギブアンドテイクの関係が生まれてより親密な関係になっていくことが期待できます。

「楽しかったから」と伝える

好きな人を2回目のデートに誘う方法として「楽しかったから」と伝えるのも方法の1つです。シンプルに「楽しかった」と伝えることで好きな人も「自分と一緒にいて楽しんでくれたんだな」とポジティブな印象を受けることができます。

「楽しかった」といわれて誘われるのは相手にとっては次のデートを受ける十分な理由になります。

「また会いたい」「居心地が良かった」「一緒にいたい」と伝える

好きな人を2回目のデートに誘う方法に「また会いたい」「居心地が良かった」「一緒にいたい」と伝えるのが挙げられます。

「また会いたい」「居心地が良かった」「一緒にいたい」というシンプルでストレートな自分の胸の内を伝えることで相手の気持ちを動かしてお互いの心の距離感をグッと縮めることが期待できます。

「また会いたい」「居心地が良かった」「一緒にいたい」といった胸の内を伝えられると嬉しいものです。

好きな人を2回目のデートに誘うときに注意するべきことは?

好きな人を2回目のデートに誘うときに注意するべきことは何でしょうか?

ガツガツしない・しつこく誘わない

好きな人を2回目のデートに誘うときはガツガツしない・しつこくしないことが大事です。ガツガツしたりしつこくデートに誘うと相手の性格が悪いと「俺に気があるのかな?遊んでやろう」と弄ばれたり、アピールの強さのせいで逆に逃げられてしまうといった状態になりがちです。

しつこくせずに少し引いた状態で誘う方が良いです。

1回目のデートが楽しかったことを伝えて誘う

好きな人を2回目のデートに誘うときは1回目のデートが楽しかったことを伝えて誘うと良いです。ただ2回目のデートを誘うより1回目のデートが楽しかったことを自分の感情を加えて誘うと相手の気持ちにも響く可能性が高くなります。

好きな人にも「自分と一緒にいて楽しんでくれたんだな」とポジティブな印象や自信を与えることができます。

遊びだと思われないように誘う

好きな人を2回目のデートに誘うときは遊びだと思われないように誘いましょう。ただ居酒屋デートに誘う、デートのときはいつも飲みといった状態では遊びだと思われてしまいます。

遊びだと思われないように誘わないと相手は「なんで自分のこと誘ってくるんだろう」「遊びなのかな」とあなたに対して悪い印象を持ったりがっかりしてしまいます。

お互いをもっと知ることができるデートに誘う

好きな人を2回目のデートに誘うときはお互いをもっと知ることができるデートに誘いましょう。

2回目のデートになるとどうしても3回目のデートの告白を意識し始めます。2回目のデートではお互いのことをより知ったり親密になっていくデートが一般的です。

食事デートよりは遊園地デートなどお互いの素の姿を引き出すことができるデートに誘いましょう。

まとめ

ここまで好きな人をデートに誘う方法について紹介してきました。

お互いの距離がそこまで縮まっていないのであればまずは軽い食事デートに誘ってみましょう。軽い食事デートでお互いを知ってから距離を縮めていくのがベストです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

【関連記事】

初デートの話題!使える・喜ぶ・しない方がいいのは?

初デートでカラオケデートに誘う男性心理!注意点は?

【初デートの失敗】会話・行動&対処法は?

初デートを成功させたい!服装・場所・会話・食事を解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク